白 日 意味。 白(クリア)色

King Gnu『白日』歌詞の意味を考察・解釈

白 日 意味

「スポンサーリンク」 母の日のカーネーションは白はダメよ。 若い私たちは、母の日に、「カーネーションなら何で良い」とつい好きな色を選んでしまいがちですが、白いカーネーションは、「故人に贈る花」とされています。 例えば亡くなったお母さんへ贈る場合は、白色のカーネーションを贈るのです。 お寺へ持っていったり仏壇やお墓へ白を飾ることもあります。 昔は幼稚園や学校でもご健在のお母さんのいる子には赤を、亡くなられたお母さんを持つ子には白をと教えていたそうですが、近年になって差別化が時に批判を呼ぶ場合もあることから、みんな同じ赤で母の日の催しを学ぶようになりました。 今尚私たちの母世代以上の方々は知っていらっしゃる方も多く、もちろん私の母も知っていました。 (私はしばらく知らなかった) もし、もう既に贈ってしまったのであれば、「意味を知らなくて、ごめんね」と一言声をかけてあげるのもいいかもしれません。 カーネーションの色の意味を知ろう カーネーション自体の由来は 花ことば:魅惑、魅力、愛情、卓越、名声 カーネーションは古代ギリシアの時代から愛されてきた花です。 当時は香料を採るために栽培されていました。 キリストが十字架に張り付けられて、聖母マリアが流した涙が落ちた場所から咲いた花とされています。 もともとアメリカで母親へ贈る習慣が出来、1950年前後から日本にも風習が伝来しました。 最近花屋さんでもたくさんの種類が出回るようになりました。 色別にも花言葉が異なります。 代表的な色で挙げると、 赤 花ことば:母親への愛、とても会いたいと想う心、深い愛、敬愛 ピンク 花ことば:女性の愛、熱愛、美しいしぐさ、忘れない、母親への愛 白 花ことば:純粋な愛、私の愛は今も生きています、純潔 黄色 花ことば:軽蔑、失望、拒絶、軽蔑 紫 花ことば:誇り、気品、きまぐれ、変わりやすい といったところです。 とはいえ、母が何かのきっかけで知り得えるし、既に知っているかもしれないことですので、私だったら避けますが。。。 どうしてもそれが贈りたいようであれば、「あまりに綺麗だったからこの色にしちゃった」伝えてあげるのもいいかもしれませんが?うーん。

次の

黄色の水引を使う状況とその際のマナー

白 日 意味

sponsored link そろそろ母の日ですね。 普段はなかなか伝えられない事も、母の日なら恥ずかしい事もなく感謝の気持ちを伝えられます。 感謝を形に表すと、やっぱりカーネーション!と言う方も多いですよね。 そして、 わたしもそう。 最近は、赤色だけではなく色々な色のカーネーションがあります。 色には意味がありますので間違えないようにしないと大変なんですよ。 カーネーションの色の意味もふくめ、色々と見ていきましょう。 母の日 カーネーションの由来 まずは、 贈ってはいけない色の事がわかるので、なぜカーネーションを贈るのか?から見て行きましょう。 アンナと言う母親おもいの娘が、亡くなった母へカーネーションを贈った事からと言われています。 古い話しになりますが、アメリカの南北戦争中に敵も見方も区別せず、負傷した兵士へ処置をする活動をしていた女性がいました。 女性の名前は、アン・ジャービス。 そのジャービスが亡くなってしまい、娘のアンナが母が好きだった白のカーネーションを贈った事が始まりです。 その後、娘のアンナが母親のジャービスが働いていた教会で追悼式を皆で行ないました。 その時にも、母親が好きだった白のカーネーションを配っています。 この出来事が、母の日の始まりです。 日本での母の日は、1949年ごろにアメリカの風習から、5月の第2日曜日に行うことがスタートしました。 日本では、亡くなった方へ花を贈るのは『菊の花』が一般的ですよね。 アメリカなどキリスト教信者が多い国は、故人の好きだった花を贈るのが今でも多いそうです。 sponsored link 母の日 赤色のカーネーションの由来 今では色々な色のカーネーションを贈りますが、昔からの色は赤色。 なぜ、赤色なのでしょう? 先ほどのアンナの提案からです。 アンナが母親の追悼式を行なった際には、白のカーネーションを贈っていましたよね。 母親に感謝する人は皆、母親を亡くしているとは限りません。 アンナからの提案で、母親が亡くなっている人は白。 存命している人は赤。 とし、それぞれの胸にカーネーションをつける事になりました。 日本でも最初は白と赤の2色でしたが小さな子供の気持ちを考えて、1960年に赤に統一されます。 この区別が、小さな子供の気持ちを傷つける事になるのでは…との懸念から、赤になりました。 今では、カラフルなカーネーションを贈る方が増えていますが、白色のカーネーションは赤と合わせると、とても映える色なのでうっかり購入する人も多いそうです。 これだけは、覚えておいて下さいね。 sponsored link 母の日 多色のカーネーションの意味 カーネーションは色によって、花言葉があり意味があります。 毎年の母の日に、お母さんの状況や自身の状況によって色を変えても良いですよね。 表にまとめましたので見て行きましょう。 赤 母への愛 愛を信じる 熱烈な愛 濃赤 私の心に悲しみを 欲望 情熱 ピンク 感謝 気品 熱愛 オレンジ 純粋な愛情 清らかな慕情 感動 青 永遠の幸福 紫 誇り 気品 黄 けいべつ 嫉妬 愛情の揺らぎ 白 あなたへの愛は生きている 尊敬 亡き母を偲ぶ どうでしょうか? 赤文字にした色(濃赤・黄色・白)は、ネガティブな意味合いを花言葉で持ちますので、避けたほうが良いですね。 黄色は、赤と一緒だと色も映えてキレイですが、けいべつ・しっと・あいじょうのゆらぎ……こんな意味を持ちます。 感謝を表す母の日には、いかがなものかと。 気を付けてください。 お花屋さんは知っていても教えてくれませんよ。 だって、沢山売りたいですからね。 そんな花言葉より、見た目と売上重視です。 sponsored link カーネーションを買うタイミングは重要 由来や花言葉もわかり『では、買うぞ!』となったと思いますが、買うタイミングには注意点があります。 ネット注文も花屋で購入するのも同じですが、4月の上旬がベスト。 下旬だと遅いことも。 5月は厳しい!花屋にとって母の日が、一年で一番忙しい時期です。 日本中がカーネーションを求めています。 クリスマス時期のいちごと同じですね。 大量の注文に対し、母の日までに届けなければいけません。 しかも、花は生物ですので買い置きも出来ません。 受注・カード・送り状・注文・ラッピング・梱包・配送手続き…… 4月中までに入っている注文だけでも 忙しいので、5月には注文をうけない所も数多くあります。 早め早めで注文して下さいね。 楽天市場で一番売れているカーネーションがこちら。 まとめ• アンナが亡き母に白のカーネーションを贈った事が、カーネーションの始まり。 アンナが追悼式をしたことが、母の日の始まり。 代表色の赤色は、存命は赤。 故人は白。 とアンナからの提案で始まった。 カーネーションの濃赤・黄・白は、ネガティブな意味を持つ花言葉。 カーネーションを購入する時期は、5月では遅い。 いかがでしたでしょうか? 一年に一度しかない母の日ですが、花言葉の意味を理解してお母さんに贈りたいですよね。 くれぐれも、白や黄色のカーネーションは贈らないように。 カーネーションと一緒にプレゼントをする人はプレゼント選びも重要ですが、もっと重要な事もあります。 それは、本当にお母さんが嬉しい事をしているのか…。 母の日に祝ってもらったお母さんのブログやアンケートを調査して、まとめた記事がありますので合わせて見て下さい。 その他、母の日の参考サイト• 父の日も忘れないで(笑)• あなたの感謝をこめて。 ありがとう。 aki.

次の

大安、仏滅、赤口…六曜全ての意味と由来、その信ぴょう性を解説

白 日 意味

96 所属部屋 得意技 右四つ、寄り、上手投げ 成績 現在の番付 東 最高位 第69代横綱 生涯戦歴 1170勝246敗166休(115場所) 幕内戦歴 1076勝198敗166休(96場所) 優勝 幕内最高優勝44回 十両優勝1回 賞 3回 1回 2回 データ 初土俵 3月場所 入幕 5月場所 趣味 読書、チェス、テレビゲーム、ゴルフ、バスケットボール 備考 1個(1個) 現在 目次• 来歴 [ ] 生い立ち [ ] 父親のは(モンゴル相撲)で、 5年連続6度の優勝をした元アヴァルガ(大相撲の横綱に相当)で、代表として の重量級銀メダリスト(モンゴル初の五輪メダリスト)となったモンゴルの国民的英雄である。 母ウルジーウタス・タミルは元外科医でありの流れを汲む家柄の出だという。 モンゴル時代で思い出に残るのは小学生の夏休みであり、毎年1か月を伯父の牧場で過ごした。 ゲルと呼ぶ移動式の住居で目を覚まし、井戸で水をくむ。 馬に乗って羊の世話をし、夕暮れ時にはオオカミの襲来に目を光らせた。 空腹時には(正しくは。 モンゴルではタルバガンと呼ばれている)を狩り、熱した石で、こんがり焼いて食べていたとのこと。 リスに似たこの小動物も草原では大切なタンパク源であり、白鵬は「鶏の手羽先に似た味がしてね。 大好物だった」と後に振り返っている。 祝いの日には羊の丸焼きを頬張り、馬の乳を発酵させた馬乳酒を飲んだ。 草原の食で腹を満たし、馬で駆け巡った日々は、しなやかな足腰の原型を作った。 「あの経験がなかったら横綱にはなれなかった」と、白鵬は後のインタビューで遠い目をして振り返っていた。 来日前にブフは10 - 12歳の時に遊びでやっていた程度で経験らしい経験はなく、に熱心に取り組んでいた。 15歳になったころ、兄のバットホヤグがの教師になったがダワージャルガルは「柔道はイヤだ。 どうしても相撲をやりたい」と固辞した。 ムンフバトは以前からそのダワージャルガルの意向を知っていたようだが母タミルは普通に勉学を重ねて学者にでもなってほしいと願っていたためダワージャルガルの決意を聞いた際にはショックで言葉も出ず、しばらくは入門するかどうかを巡って滅多にしない夫婦喧嘩もしたとのこと。 それでもタミルは内心「きっと激しい稽古が待っている。 経済的にも大きな苦労を知らず、のびのび育ったダワーが、日本での厳しい修業に耐えられるはずがない。 きっと、つらくて戻ってくるに違いない」と考え、早々と帰郷すると予想して入門を許した。 モンゴルの学校を卒業。 ダワージャルガルは初来日からその後2年半に渡り一度も帰郷せず日本で相撲に打ち込んだ。 入門 [ ] 大相撲で活躍していた同じモンゴル出身のをつてに、に6人のモンゴル人と共に来日。 内の摂津倉庫で相撲を習っていた(同社の相撲部には以前、後にに上がるも在籍)。 共に来日した()、()、(式秀部屋)らの入門が決まるなか、結局小柄だった白鵬を受け入れてくれる部屋は最後まで見つからなかった。 その失意の帰国前日、彼を哀れんだ旭鷲山が自らの師匠の(元大関・)と会食中に相談し、大島は友人だった(元幕内・)に受け入れを申し入れた。 当時の宮城野部屋は弱小部屋だった為に厳しいしきたりも少なく、育ちの良い 白鵬には伸び伸びとやれる環境で結果的に良かったのだとされる。 こうした経緯から宮城野が元のに代替わりしたのちも、熊ヶ谷を襲名して宮城野部屋付きとなった先代宮城野の指導を内弟子として受けた(後に熊ヶ谷は再度宮城野を襲名して白鵬の師匠に復帰する)。 こうして入りとなるものの、部屋の先輩力士に「若くてすらっとしている子」という条件で連れてこさせた少年を見た宮城野は、父親の実績を知る由もなく、その小柄な体から大きな期待はしていなかったといい、自らも小さな体で苦労して幕内まで昇進したので「若いから、何とかなるだろう」程度に考えていた。 しかし一方で、大きな手足と腰、柔らかいなどから、もしかしたら化けるかもしれないと思い、入門してからの2か月間は稽古をさせず、毎日吐く程に食べさせ、を飲ませた。 宮城野部屋入門時から大関になるまで、宮城野横須賀後援会が横須賀市内で主催するサマーキャンプに毎年参加し、午前中は横須賀市大津の土俵で稽古を積み、午後は市内の福祉施設の訪問や商店街の夏祭り等で子ども達に胸を貸し、相撲体験を通して 夢や感動を与えてきた [ — ]。 サマーキャンプは、大関となる2006年まで継続された。 は、・とに因んで柏鵬(はくほう)とする案があったが、色白だったことから白鵬と付けられた(元・と四股名が比較されるが、命名は千代白鵬が先)。 3月場所にを踏むが、に名前が載った翌5月場所は身体の小ささもあり3勝4敗の成績で、後の横綱としては異例のでの負け越しを経験する。 しかし、入門当時身長175cm、体重68kgだった体は、食文化の違いを苦にせず大食漢だったことと熱心な稽古によって大きく成長し続けた。 急激な肉体の成長と才能の開花に歩を合わせるかのように番付を駆け上がり、部屋で稽古を付けていたは、「あの白鵬って子、一晩眠るたびに強くなっている。 2 - 3年後には化粧まわしや白い稽古まわし(共に関取の象徴)を身につける身分になりますよ! 」と驚いていた。 実際、皆勤して負け越したのは前述の2001年5月場所と時代の7月場所(3勝4敗)の2場所だけで、これ以降は休場を除いて負け越していない。 時代は1度だけ寝坊して教習所に遅刻しそうになったが、遅刻しないように下駄を持って裸足で走って間に合わせた。 なお、時代に朝帰りをし、土下座し謝り許しを得ようとするも、師匠は激怒しを切り出したことがあった。 この時に部屋付きの親方衆や兄弟子たちが師匠を諫めていなかったら、白鵬は引退に追い込まれ、後の横綱・白鵬は出現しなかったとも言われている。 また、入門後しばらく経過した頃、父のムンフバトは部屋を辞めさせてへ預けたいとに相談を行い、これに対して石浦は「大相撲は一度辞めたら二度と復帰できない」とはっきり言って断ったが、これによって白鵬は鳥取城北高校との縁ができた。 十両 [ ] 11月場所では、東幕下9枚目で6勝1敗の好成績を上げ、関取の定員増もあり翌1月場所に新に昇進し、翌場所、十両2場所目で12勝3敗の成績を挙げとのを制し優勝。 十両はわずか2場所で通過し、入門からわずか3年での入幕となった。 新入幕 [ ] 5月場所で新入幕となる。 19歳1か月での新入幕は(後の横綱・貴乃花)、、(後の大関・貴ノ花)に次ぐ当時史上4位の若さであった(外国人力士としては史上1位の若さ)。 その場所、まで単独で優勝争いの先頭に立っていたをので破り、星1つの差で追っていた同じモンゴル出身の横綱・の「援護射撃」を果たし、自らも12勝3敗の好成績で貴花田の18歳7か月に次ぐ19歳2か月の若さで初(敢闘賞)を受賞した。 新入幕での12勝は、15日制になってから当時歴代3位タイ(現在は歴代4位タイ)。 入幕を果たした際には「親方、一番強い人を倒したときのを持ってきます。 待っていてください」と熊ケ谷親方と約束した。 11月場所11日目、白鵬は朝青龍をで破って初を獲得。 その夜、この一番に掛かった懸賞を持って熊ケ谷親方の前にやってくると、「ここまで来られたのも親方のおかげです。 受け取ってください」と差し出した。 この懸賞は熊ケ谷親方の自宅の居間の一番見えるところに飾ってあるという。 この場所は綱取りがかかっていた魁皇にも勝ち終盤まで優勝を争い、12勝3敗の好成績で初の殊勲賞を受賞した。 幕内 [ ] 入幕1年目にして最有力候補と目され、1月場所は新(西)で、の2大関を破って11勝4敗の好成績を挙げ、初の技能賞を受賞した。 3月場所はに昇進し、直近の2場所で12勝3敗・11勝4敗の好成績を上げていた事から大関獲りの場所と目された。 達成すれば貴乃花を上回る史上最年少での昇進となったものの序盤からまさかの3連敗で、終盤4連勝して8勝7敗と勝ち越しはしたものの、大関昇進を逃がした。 同年7月場所では7日目まで6勝1敗と優勝争いをしていたが、中日の戦で左足関節及び内反の怪我を負い、初土俵以来初めて休場し翌9月場所では、落ちした。 翌11月場所は、2場所ぶりに小結に復帰し栃東、魁皇の2大関を破り9勝6敗と勝ち越した。 大関取り [ ] 関脇に復帰した1月場所では、初日から6連勝し、その後2連敗したが12日目に朝青龍をで破る。 千秋楽では大関昇進で先を越されたに寄り倒しで圧勝し、との優勝決定戦を待ったが、栃東が朝青龍に勝ち優勝決定戦にはならなかった。 それでも13勝2敗の好成績を挙げ、2回目の殊勲賞を受賞した。 この時初めて千秋楽まで優勝に絡んだ。 翌3月場所は、自身2度目の大関獲りの場所であった。 この場所は初日から11連勝し11日目に全勝の横綱朝青龍との相星決戦で、左四つに組み合った後、左手で朝青龍の左ももを払いながらので完勝し、大関昇進の目安といわれる33勝目をあげた。 千秋楽では魁皇に敗れたが、優勝を争っていた朝青龍も栃東に敗れたため13勝2敗同士の優勝決定戦で再び朝青龍と対戦。 左四つからの巻き替えあって右四つがっぷりの体勢になり、白鵬が両まわしを引き付けて寄ってくる瞬間朝青龍は右四つからので白鵬を下した。 朝青龍に敗れて優勝は逃したが、技能賞と殊勲賞を獲得するなど高く評価された。 この一番はモンゴル国内において、瞬間は93パーセントを記録したとされる。 場所終了後の、は大阪市内で番付編成会議を開き、白鵬の大関昇進を満場一致で決め、理事会で承認された。 正使として友綱理事(元関脇・)、副使に春日山審判委員(元幕内・)が、大阪府堺市の西本願寺堺別院に派遣された。 師匠の宮城野(元十両・)夫妻とともに紋付き袴姿で出迎え、「謹んでお受け致します。 大関の地位を汚さぬように、全身全霊をかけて努力します。 本日は誠にありがとうございます。 」と昇進口上を述べた。 自身の方が入幕は先だったのに大関昇進で先を越された琴欧州に対し、怪我 2005年7月場所の さえなければ自分が先に大関だったという悔しい思いを晴らし、わずか2場所で追いついた。 大関 [ ] 新大関で2006年5月場所は初日から4連勝し、5日目にに突き落としで敗れたがその後は白星を重ねて14勝1敗の好成績を挙げた。 本割で唯一負けた雅山との優勝決定戦で、取組前にかいた汗により雅山の突きが滑るという幸運にも恵まれて勝ち、新大関の勝ち星記録更新という快挙も成し遂げて初優勝を果たした。 21歳4か月での初優勝は貴乃花、大鵬、北の湖に次ぐ歴代4位の若さだった。 12日目の帰りの車の中で「」を教わり練習し、初優勝を果たした千秋楽では君が代を歌った。 優勝パレードの旗手は、兄弟子の光法が務めた。 綱取り [ ] 初の獲りへ挑戦となった2006年7月場所初日に、9日目に雅山に敗れたが、その後順調に勝ち星を積み重ね、千秋楽ではここまで全勝の朝青龍にで土をつけ、4場所連続となる13勝以上の13勝2敗で場所を終えた。 横綱昇進が有力視されたが、日本相撲協会の審判部長(元大関・)は、朝青龍の独走を許したという理由で、理事会の招集もへの諮問も行わず、横綱推挙は見送られた。 千秋楽後の朝青龍の優勝インタビューの際、NHKのアナウンサーが白鵬の横綱推挙が見送られたことを朝青龍に伝えると、会場は大きなため息に包まれた。 番付上、東横綱・朝青龍と東大関・白鵬との対戦が組まれるのは千秋楽であるため、そこまで優勝争いがもつれなかったという意味で「独走を許した」という表現となった(14日目の時点では横綱が14勝0敗で優勝決定、白鵬が12勝2敗)。 横綱昇進を見送られた白鵬は、モンゴルの温泉で疲れを取るため帰国した。 翌9月場所で2度目の綱獲りを目指したものの、初日にに敗れ、その際右膝を負傷した。 12日目でようやく勝ち越すが、その後千秋楽まで3連敗して8勝7敗に終わり、横綱への挑戦は白紙に戻った。 翌11月場所は、場所直前の稽古場のある公園内の階段でトレーニング中つまずき、左足親指を怪我、翌日、左母趾基節骨遠位端と診断され内の病院で手術(を入れ4針縫う)し入院。 9日に抜糸し退院したが、同日宮城野親方が会見を開き、怪我の回復を優先させる事から休場を発表、初の全休となった。 次の1月場所は、自身唯一の大関であったが、12日目で勝ち越して角番を脱出、10勝5敗と二桁勝利を挙げた。 3月場所前の2007年2月に当時に在籍中の学生であった出身の和田紗代子と結婚。 このとき夫人は第1子を身ごもっており、同年5月10日に第1子(長女)が誕生した。 義父は実業家で、元全国後援会長の。 3月場所は千秋楽の優勝決定戦で、立合いの変化で朝青龍を下し、13勝2敗で2度目の幕内最高優勝を果たしたが、日本相撲協会や横綱審議委員会ではその相撲内容が十分でないとの意見もあった。 それでも3度目の綱獲りだった翌5月場所では、初日から14連勝で14日目で優勝を決め、千秋楽も堂々たる相撲振りで朝青龍に完勝し、自身初の15戦全勝優勝を達成。 日本相撲協会からの諮問後の横綱審議委員会でも「満場一致」の横綱推薦となり、念願だった第69代横綱への昇進が決定した。 なおは熊ヶ谷親方の推薦もあり、熊ヶ谷の入門時の師匠である元横綱・と同じを選択(白鵬自ら5月場所の全勝優勝インタビューで「部屋の大先輩である横綱吉葉山と同じ不知火型をやります」と宣言していた)。 不知火型を選んだ横綱はその多くが短命に終わってきたが、後述の通り白鵬はそのジンクスを払拭する活躍を見せることになる。 土俵入りの指導は同立浪で、元横綱・の親方(当時)が行った。 土俵入りはせり上がりの際、四股を踏む前と最後の締めの部分の腕の所作に大きな特徴があり、前者は翼をピンと張るように切れのいい動作を、後者は翼を広げるようなゆったりとした構えを見せる。 横綱 [ ] 不知火型の横綱土俵入り 2012年1月 2007年 [ ] 7月場所は横綱として初の土俵。 16連勝の中で初日を迎え、白星を重ねていったが、10日目にに敗れて連勝は25でストップした。 12日目の魁皇戦では、土俵際で魁皇がたが行司・の軍配は白鵬に上がった。 これに物言いが付き協議の結果取り直しとなった。 この日のの解説であった、実況アナウンサーのは、魁皇の勝ちであるように見えたと発言している。 この相撲で魁皇は負傷し、取り直しの一番は一方的に白鵬の勝利。 翌日から魁皇は休場した。 翌13日目の、14日目の千代大海との取り組みに敗れ、横綱として初の連敗を喫し、この時点で3敗に後退して3連覇の可能性が断たれた。 千秋楽は9月場所の - 貴乃花以来、実に4年10か月振りとなる横綱同士の対戦で朝青龍に寄り切りで敗れ、3連敗を喫し11勝4敗に終わった。 翌9月場所は朝青龍が自身の不祥事の為に出場停止処分となり、実質1人横綱となった。 初日に安馬(当時、後の)に敗れ、中日まではを追う形となった。 さらに11日目にはに敗れ(自身初の金星配給)、新入幕のに優勝争いのトップを明け渡してしまったものの、13勝2敗で横綱昇進後初となる通算4度目の優勝を果たした。 9月場所直前、白鵬は出場停止となった朝青龍を気遣い、同情的なコメントを寄せている。 8月23日には朝青龍の外出について感想を求められて「いいんじゃないですか? 」と答え、朝青龍帰国に際しては「けがを治すなら、落ち着いてやるのがいい。 体よりも心の痛みが強いと思う」と語った。 11月場所では朝青龍の休場(出場停止)もあり、自身初の東横綱の座に就いたがこの場所も初日にに寄り切られて黒星スタートとなった。 14日目に11勝2敗の相星対決で負かした大関千代大海が右肘負傷により千秋楽を休場するアクシデントが発生した為、取組を待たずに5回目の優勝が決まった。 その千秋楽結びの一番の琴光喜戦では下手投げで裏返しにされて敗北し、祝勝気分に自ら水を差した格好になった。 なお、日本相撲協会によれば千秋楽に優勝を争う一方の力士が休場することによって幕内最高優勝が決まったのは、(昭和2年)10月の不戦勝制度適用以来初めてのことだった。 また同2007年、自身初となる(74勝16敗)を受賞した。 2008年 [ ] 1月場所、この場所から茶色の締め込みに変更する。 初日から好調で優勝争いのトップを走った。 そして西横綱朝青龍も白鵬に並走し、2002年9月場所の武蔵丸 - 貴乃花以来となる東西横綱同士で13勝1敗同士の相星決戦となった。 注目の一番は白鵬が朝青龍を得意技の左上手投げで下し、14勝1敗で3場所連続6度目の優勝を決めた。 3月場所では4日目の平幕安美錦戦で早くも土がつき、12日目も千代大海に敗北、それまで全勝の朝青龍に引き離されていた。 しかし朝青龍が12日目と13日目で土がつき、14日目の時点で両横綱共に12勝2敗で並んだため、3月 - 5月場所の貴乃花 - 曙戦以来、約13年ぶりの2場所連続の千秋楽横綱相星決戦となった。 結果は朝青龍に右小手投げで敗れ、4連覇を逃した。 2008年5月場所千秋楽、朝青龍と睨み合う白鵬 5月場所は9日目まで全勝だったが10日目の安馬(現・日馬富士)戦で敗れた際に左足首を捻挫、その影響で優勝争いから脱落する。 千秋楽結びの一番で、朝青龍に引き落とされて両手をついて敗れた後、横からされたためか、白鵬が立ち上がり、朝青龍に右肩をぶつけ両者が睨み合うという事件を起こした。 その翌日の5月26日、北の湖理事長は「悪いのは逆上した白鵬だ」との理由で、師匠の宮城野親方だけをに呼び厳重注意したが、横綱審議委員らは「その直後に横綱同士が土俵の中で睨み合うのは。 朝青龍にも問題が有る」と提言。 翌5月27日には当事者の白鵬と朝青龍に対し、それぞれ口頭で厳重注意の処分となった。 その後白鵬は「横綱として非常に申し訳無かった。 深く反省しています」と記者陣に対し謝罪していた(但し朝青龍からのコメントは一切無し)。 7月場所は6日目から朝青龍の途中休場により1人横綱となったが、13日目に魁皇を下し7回目の優勝 、千秋楽には琴欧洲を上手投げで破り横綱昇進後初となる通算2度目の全勝優勝を果たした。 これで各場所すべて優勝()を成し遂げたことになる(歴代10人目、不知火型の横綱では初)。 ちなみに歴代の不知火型の横綱で年6場所制になってからは、の優勝6回を上回り最多となり、以降では年6場所制以前のと並んだ。 が始まって以降の当時の最多記録はの9回だった。 9月場所前の、アジアで初めて「・スポーツ・チャンピオン」の称号が授与された。 翌、第2子(長男)が誕生。 9月場所は3日目の東前頭筆頭のとの取り組みで左上手投げで勝ったが、立合い直後の「琴奨菊の手つき不十分」として放駒審判長(元大関・魁傑)から「」がかかっていた(これは行司も気づかなかった)。 5日目に稀勢の里に横綱になって初めて敗れ、19で連勝はストップし金星を与える。 14日目に、自分の取組前に安馬と琴光喜が敗れ、結びの一番で琴欧洲と対戦、上手投げで相手を屠って8回目の優勝を決めた。 また同時に、年間勝利数が2位の安馬と16勝差となり、11月場所を残して2年連続2回目の年間最多勝(2008年は79勝)を決めた。 千秋楽も琴光喜を破り、14勝1敗で9月場所を終えた。 11月場所は初日に安美錦に敗れるスタート。 この場所の序盤は相撲内容が良くなく、苦しみながら勝つという状況が続いて、12日目に大関昇進を目指す安馬に敗れた。 優勝争いは千秋楽の本割終了時点に於いて13勝2敗で安馬と並び、優勝決定戦となった。 決定戦では両者白熱した攻防の末、白鵬が上手投げで安馬を下し、3場所連続9回目の優勝を果たした。 この優勝で、歴代の不知火型の横綱では史上最多タイの優勝回数となった。 2009年 [ ] 1月場所は初日から9連勝で4場所ぶりの土俵となった朝青龍と並んでいたが、10日目に日馬富士(当時新大関・安馬から改名)に敗れて朝青龍にリードを許した。 その後も全勝の朝青龍との星1つの差は変わらず、優勝争いはこの2者に絞られていった。 千秋楽の本割では朝青龍を寄り倒して、14勝1敗同士の優勝決定戦に持ち込んだが、優勝決定戦で朝青龍に寄り切りで敗れて4連覇を逃した。 3月場所も朝青龍と熾烈な優勝争いを演じていた。 10日目に朝青龍が日馬富士に敗れた後も単独トップを維持し、14日目に10回目の優勝を決めた。 これにより、不知火型の横綱の最多優勝記録を更新した。 翌日の千秋楽も朝青龍を寄り切って自身3度目の全勝優勝で締めくくった。 5月場所は12日目まで日馬富士と全勝で優勝争いのトップを走っていた。 13日目の全勝対決においてで日馬富士を破り、33連勝になった。 この日の勝利で従来羽黒山が持っていた取り直し制度導入後の不知火型の連勝記録(32連勝)を更新した。 だが、14日目の琴欧洲戦で、琴欧洲のを食らい、連勝記録は33で止まった。 千秋楽は朝青龍を寄り切って日馬富士と同成績の14勝1敗で優勝決定戦に臨んだが敗れて優勝を逃した。 しかし、千秋楽の白星で前年7月場所からの6場所間での勝ち星が85となり、年度にこだわらない任意の場所の連続6場所としては北の湖(1977年9月から1978年7月にかけて)に並ぶタイ記録を樹立した。 7月場所は、11日目に琴光喜に敗れ1敗を喫するも 、13日目に同じく11勝1敗で並ぶ琴欧洲との直接対決を上手投げで制し単独トップに立つと 、そのまま千秋楽まで1敗を守り14勝1敗で11回目の優勝を決めた。 9月場所は6日目に平幕のに初顔で金星を許して1敗 、その後14日目まで全勝の朝青龍を1差で追っていた。 千秋楽結びの一番では朝青龍を寄り切って勝利。 14勝1敗同士の優勝決定戦へもつれ込んだものの、決定戦では朝青龍に右掬い投げで敗れて、同年1月場所同様に逆転優勝はならなかった。 この結果、は東京場所での優勝を果たせなかった。 また、年間3場所(1月・5月・9月)の決定戦での敗戦は史上初となった。 さらにこの3場所とも14勝1敗で優勝を逃しており、14勝1敗の成績で優勝できなかった横綱の場所数としては歴代最多となった。 しかし、先場所の時点で(1970年9月 - 1971年3月)や(1988年5月 - 11月)と並んでいた「4場所連続14勝以上」の記録を、千秋楽の勝利で「5場所連続14勝以上」に延ばし、単独トップとなった。 11月場所は14日目に琴光喜を上手投げで下し、12回目の優勝を決めるとともに年間勝ち星の新記録を達成した。 (この場所で同時に史上初の「6場所連続14勝以上」と「9場所連続13勝以上」を記録)更に翌日の千秋楽で朝青龍を左上手投げで下し、2005年に朝青龍が記録した年間最多勝記録84を2勝更新する86勝4敗の新記録を打ち立て、4度目の全勝優勝、九州場所3連覇で2009年を締めくくった。 同時に白鵬自身と北の湖がもつ、年度にこだわらない任意の場所の連続6場所での勝ち星85をも更新した。 2010年 -63連勝- [ ] 1月場所初日は、横綱土俵入りの所作に於いて、四股を自分の足元を見て踏む形に変更したことに気を取られたため、せり上がりを忘れるハプニングがあった。 この日は2007年以来のとなったが 、土俵入りは・の到着前だったため、大きな問題とはならなかった。 7日目にに敗れて連勝が30で止まり 、12日目に日馬富士に敗れて2008年11月場所以来となる2敗目を喫した。 翌13日目も2006年5月場所以降、本割で17連勝中だった魁皇に敗れ、久々の連敗で3敗となった。 14日目は結び前の一番で琴欧洲に勝ったものの、朝青龍がその後結びの一番で日馬富士に勝利し、朝青龍に25回目の優勝を決められた。 翌千秋楽の結びの一番、白鵬は朝青龍を朝青龍戦7連勝としたが、この一番が横綱朝青龍と本場所での最後の対戦となった。 1月場所後のに朝青龍が急遽現役引退を表明したため、3月場所からのは史上9人目のとなった。 不知火型の横綱が番付上でも一人横綱となるのは、現在の型の元祖とされる太刀山以来、史上初のことである。 その2010年3月場所は、大関昇進を目指した関脇・把瑠都との優勝争いとなったが、11日目に把瑠都との全勝対決を制し 、その後も連勝を続けて15戦全勝で13回目の優勝を飾った。 これによって12回優勝のとを抜いて、優勝回数が歴代単独6位となった。 ちなみに東横綱での全勝優勝は自身初。 また地方場所での2年連続全勝優勝は史上初で、場所を問わない4年連続での全勝優勝達成は、双葉山、大鵬、北の湖に並ぶ記録である。 5月場所も、把瑠都ら上位陣が星を落としていく中で連勝を続けた。 そして独走の中で迎えた13日目に琴光喜を破り、に並ぶ14回目の優勝を決めた。 14日目からは、輪島のトレードマークだった黄金色の締め込みで出場。 14日目は琴欧洲、千秋楽は日馬富士を退け、2場所連続6度目の全勝優勝を果たした。 直近4場所で3度の全勝優勝は、15日制の下では初の快挙である。 横綱昇進後の夏場所の優勝も初めてである(横綱の5月場所優勝自体2005年の朝青龍以来5年ぶり)。 なお、横綱昇進後丸3年となるこの場所を終えた段階での横綱勝率は. 900という近代の大相撲では驚異的な数字にまで達した。 この14回目の優勝インタビューにおいて次の目標を聞かれ、「次は平成の大横綱、貴乃花関の記録に並びたい。 その先は大鵬関の記録も追い抜きたい」と答えた。 優勝回数に関しては大鵬という大きな目標を出したが連勝記録については一切触れなかった事に関して、解説の北の富士は「連勝記録について何も言わなかったのは、彼自身、優勝は重ねていけても連勝を伸ばしていくのは難しいと実感しているからじゃないですかね。 」と言っていた。 2010年5月に起きたに関連し、で金を賭けていたことを上申書で申告したが、賭け金が軽微とみなされ、厳重注意以外の処分は行われなかった。 その直後の7月場所では、14日目に日馬富士を掬い投げで下し、輪島を抜く15回目の優勝を果たした。 また、46連勝を達成し、大鵬の45連勝を抜いて昭和以降では歴代3位の記録となった。 千秋楽も把瑠都を上手投げで下して全勝優勝を果たし、連勝記録を47に伸ばした。 1場所が15日制で定着した1949年5月場所以降初となる「3場所連続15戦全勝優勝」という快挙も成し遂げた。 年間3回の全勝優勝も初である。 9月場所は3日目で50連勝を達成。 にあるに名を刻むこととなった。 7日目には稀勢の里を押し出して54連勝とし、千代の富士の53連勝を抜いて昭和以降では単独2位となった。 14日目、自らの取組前に追う2敗力士が敗れたため、16回目の優勝が決定。 更に千秋楽、日馬富士を下し、4場所連続8回目の全勝優勝で双葉山、大鵬に並び、連勝記録も62とした。 また自身がもつ、年度にこだわらない任意の場所の連続6場所での勝ち星記録86を更に塗り替え、87とした。 11月場所は初日にを上手投げで下し、江戸時代の大横綱・に並ぶ63連勝を達成したが、2日目に稀勢の里に右上手を許してしまい寄り切りで敗れ、連勝記録として歴代2位 、昭和以降、横綱として歴代1位の記録となる63で止まった。 このあと呆然とした表情で、報道陣に「 これが負けか」とつぶやいている。 しかしその後は白星を重ねて14勝1敗で平幕の豊ノ島との優勝決定戦を制し、5場所連続17回目の優勝を達成した。 また千秋楽の白星で「2年連続年間最多86勝」を樹立した。 後にこの連勝を止められた一番に関しては2019年の記事で「九州場所をもし全休して調整に専念していたら(休場を挟んだ記録という形でなら)連勝記録がもっと継続していたかもしれない」と冗談交じりに話している。 2011年 [ ] 1月4日「白鵬横須賀後援会」が「宮城野部屋横須賀後援会」に名称変更し、新たに発足すること明らかになった。 後援会関係者が「年末に師匠が交代し、今後は白鵬だけでなく部屋の後援会として発足させたい」。 3代前の()が横須賀出身だったことから、以前は部屋後援会として活動していたが、先代の宮城野親方(元十両・金親)が2004年に師匠になってからは白鵬の個人後援会になっていた。 1月場所は先場所からの連勝を再び延ばし、7日目にを下して自身5度目の20連勝を達成するも 、11日目にまたしても稀勢の里に敗れ、連勝は23でストップ。 11月場所に続く稀勢の里戦の黒星で、横綱になってから同じ力士に連敗したのは、朝青龍、日馬富士に続き、3度目。 しかし14日目には把瑠都を掬い投げで下して自身18回目の優勝を決める。 優勝を決めた翌日(千秋楽)には紗代子夫人に第3子となる女児が誕生、相撲も魁皇を送り出しで破り14勝1敗で終え 、自身2度目の6場所連続14勝以上を達成。 年度にこだわらない任意の場所の連続6場所での勝ち星記録87を88に更新している。 2月に発覚したでは関与は見られず、白鵬自身も記者会見で「ないとしか言えない」と否定しているが、この問題の影響で出演していたCM(など。 )が放映自粛に追い込まれている。 なお春場所で7連覇がかかっていたが、この八百長問題で春場所自体が中止となった。 5月技量審査場所は再び7連覇がかかった場所となった。 2場所連続で敗れていた稀勢の里に勝つなど12日目まで全勝を続けていたが、13日目に日馬富士に敗れた。 千秋楽は魁皇に敗れて、2008年5月以来の千秋楽結びでの黒星となり2敗となったが、追っていた栃ノ心も千秋楽の本人の取組前に敗れたため、7場所連続(朝青龍と並んでタイ記録)19回目の優勝を果たした。 7月場所は新記録の8連覇がかかっていたが、11日目に大関昇進を懸ける琴奨菊に初黒星を喫し、14日目には全勝だった日馬富士との直接対決に敗れ、一人横綱となって以来初めて優勝を逃した。 千秋楽も把瑠都に敗れ、2010年1月以来8場所ぶりの12勝3敗に終わった。 9月場所は琴奨菊と稀勢の里の両関脇と優勝を争う展開となり、11日目まで全勝も終盤に両関脇を相手に連敗(横綱昇進後初めて関脇以下の力士に連敗)。 千秋楽では稀勢の里が3敗を守り2敗だった琴奨菊が敗れたため、3人での優勝決定巴戦の可能性もあったが、日馬富士を破って13勝2敗での優勝を決め、20回目の幕内優勝を達成した。 11月場所は初日から連勝を続け、優勝を争っていた新大関の琴奨菊や大関昇進のかかる稀勢の里らを退け、13日目に琴欧洲を豪快な下手投げで破り優勝を決めた(13日目での優勝決定は自身3度目)。 その後千秋楽で把瑠都に敗れ、全勝優勝とはならなかった。 また、この場所の7日目で5年連続5回目の年間最多勝を確定させたが、5年連続の年間最多勝は史上4人目のタイ記録である。 2012年 [ ] で横綱土俵入りする白鵬(2012年3月2日撮影) 3連覇を懸ける1月場所は2日目、3日目と続けて6人の上位陣全員が勝利するなど、好調な大関陣との優勝争いとなった。 白鵬自身は5日目の雅山戦で以前も負傷した経験のある左足親指を痛めるというアクシデントもありながら9日目まで連勝して星を重ねたものの、10日目にこれまで20戦全勝と圧倒していた鶴竜に初めて黒星を喫し1敗に後退。 全勝の把瑠都を追いかける形となったが、12日目に日馬富士の注文相撲に屈し2敗となり、あっけなく自力優勝が消滅してしまった。 13日目には琴欧洲に約3年ぶりの黒星を喫し連敗。 これで把瑠都との星の差が3つとなり、大関に13日目に初優勝を決められるという屈辱的な展開となった。 千秋楽は前場所に自らの全勝優勝を阻まれた把瑠都に雪辱を果たし把瑠都の全勝優勝を阻止、12勝3敗で場所を終えた。 3月場所は順調な滑り出しで始まり、8日目には玉の海の「6場所連続」を超える史上最多記録の「7場所連続中日勝ち越し」を決めた。 しかし、9日目の鶴竜戦では2場所連続で敗れ 、その後も13日目に稀勢の里にも敗れたが、千秋楽まで1敗の鶴竜と優勝を争っていた。 千秋楽ではこの日敗れて2敗になった鶴竜との決定戦を制し、逆転で貴乃花に並ぶ22回目の優勝を果たした。 しかし5月場所は、初日に小結・安美錦に敗れる波乱の幕開けとなる(この一番で宮城野親方が左手人差し指を剥離骨折した事を後日表明)。 その後5連勝したものの、廻しが引き切れない不完全な状態のまま攻めていく相撲が目立ち、7日目に平幕の豊響に土俵際の小手投げを食らって金星を許す。 8日目関脇豪栄道に攻めきれないまま体を入れ替えられて寄り切られ2連敗、9日目も関脇豊ノ島に土俵際の豪快な首投げで裏返され物言いの末敗北、新横綱だった2007年7月場所以来の3連敗を喫して5勝4敗になった。 これにより、2008年7月 - 2012年3月場所まで続いた幕内連続12勝以上勝利が22場所(史上1位)でストップした。 途中休場も危惧された中、10日目に新大関・鶴竜を破り4日ぶりに勝利を収め 、12日目に8勝4敗とようやく勝ち越し。 14日目で10勝4敗と2桁勝利を挙げ、一時は千秋楽で11勝4敗同士の優勝決定戦進出の可能性もあったが、3敗の栃煌山の不戦勝が確定したために優勝は消滅。 結局は勝ち越しを賭けた日馬富士に敗れ10勝5敗、横綱昇進後ではワーストの成績に終わった。 7月場所で横綱在位数が30場所を迎え、羽黒山と並び歴代10位タイの記録となる。 この場所は初日から14日目まで大関日馬富士と共に14連勝で進んだが、千秋楽結びの一番では日馬富士の寄り切りに完敗して全勝優勝を逃し、一人横綱となってから初めて2場所連続で優勝を逃してしまった。 なお、この一番は、1983年9月場所で日本人横綱同士の対千代の富士戦以来29年ぶりの14戦全勝対決であるが、初めて外国人力士や大関が参加した対決となった。 また、14勝1敗で優勝を逃した横綱として、2009年9月場所に横綱朝青龍に決定戦で敗れて以来、最多の通算4場所目となり(2位は羽黒山、、大鵬、貴乃花の2場所。 白鵬は2009年だけで1月・5月・9月場所の3場所において、いずれも14勝1敗の決定戦で優勝を逃しており、この時点で最多)、不名誉な単独1位の更新となった。 9月場所では横綱在位数が31場所を迎え、歴代単独10位の記録となり、不知火型の横綱では羽黒山を超える史上単独1位の記録となった。 しかし10日目の栃煌山戦で敗れ、7個目の金星配給を許してしまう。 千秋楽も大関で2場所連続全勝で横綱を目指した日馬富士に、大熱戦の末下手投げに敗れ13勝2敗に終わった。 尚白鵬が3場所連続で幕内優勝を逃したのは、横綱に昇進して以降初めてとなる。 翌11月場所は日馬富士が第70代横綱に昇進。 新横綱誕生は2007年7月の白鵬以来32場所ぶり、東西二人の横綱が出揃うのは2010年1月の朝青龍と白鵬以来16場所ぶりとなった。 なお日馬富士も横綱土俵入りは不知火型を選択したが、本場所で不知火型の土俵入りを複数披露する横綱は大相撲史上初めて。 また白鵬の横綱在位数32場所は、と並ぶ歴代9位タイ記録である。 この場所は11日目に大関琴欧洲に初黒星を喫したが翌12日目の大関・琴奨菊戦は勝利し、本人の取組後に日馬富士が敗れたため、大相撲史上初の6年連続での年間最多勝を確定させた。 また14日目に琴奨菊がに勝利したことで、貴乃花を上回る4場所ぶり23回目の幕内優勝(大鵬、千代の富士、朝青龍、北の湖に次ぐ史上5位) 、さらに九州場所6連覇(同場所の史上最多数は千代の富士の8連覇・1981年 - 1988年)を達成した。 2010年1月場所以来となった千秋楽結びの横綱同士の一番でも新横綱日馬富士を破り、14勝1敗で取り終えた。 2013年 [ ] 1月場所で横綱在位数が33場所となり、歴代単独9位に。 しかし序盤3日目、戦で自身8個目の金星を許して1敗。 その後12日目に琴欧洲にも敗れ2敗に後退。 結局同場所を無敗で進む日馬富士を逆転できず、14日目に優勝をさらわれてしまった。 千秋楽も日馬富士に敗れて12勝3敗に終わった。 3月場所は11月場所以来、19場所ぶりに西横綱の地位となった。 この場所は序盤から好調であり中日にを上手投げで下し、中日勝ち越し場所を26場所とし、千代の富士の25場所を抜いて歴代1位となった。 さらに10日目、大相撲の末把瑠都を上手出し投げで下して10連勝、幕内連続2桁勝利記録が37場所となり北の湖と並び歴代1位タイ記録となった。 その後も全勝を守り13日目に豪栄道を上手投げで破り、前の取組で2敗で追っていた隠岐の海が栃煌山に送り出しで破れ3敗に後退したため、歴代4位の北の湖に並ぶ24回目の優勝を千秋楽を待たずに決めた。 千秋楽は日馬富士を上手投げで破り、9度目の全勝優勝を決めた。 これにより全勝優勝回数でも双葉山、大鵬を抜いて歴代単独1位となった。 5月場所も先場所同様無敗で中日勝ち越し。 10日目に豪栄道をで下し10連勝、幕内連続2桁勝利記録が38場所となり、長年北の湖が保持した記録をついに破って歴代単独1位に。 翌11日目の琴欧洲戦も上手投げで下して、横綱勝利数が467勝目に達し輪島を超える歴代4位の記録となった。 そして14日目、稀勢の里と13戦全勝同士の対決は、大熱戦の末白鵬が掬い投げで制し単独トップに立った。 翌日の千秋楽は、結び前の一番で稀勢の里が琴奨菊に寄り倒され13勝2敗となった時点で、歴代3位の朝青龍と並ぶ白鵬の25回目の優勝が決定。 そして結びの一番では日馬富士を寄り切って、大相撲史上初の二桁となる10度目の全勝、さらに2場所連続全勝優勝(3月場所初日から30連勝)も達成した。 場所後に優勝記録で朝青龍と並んだことから本人から祝福された一方で「偉大なる私に追いついたと思うのは100年早いぞ」と朝青龍なりに威厳を誇示するコメントも寄せられた。 7月場所も先場所同様無敗で中日勝ち越し。 10日目に妙義龍をで下し10連勝、史上初となる2回目の40連勝を達成した。 12日目の琴奨菊戦で右わき腹を負傷したが 、痛みを抱えながらも13日目に琴欧洲戦に勝利し、歴代単独3位の26度目の優勝を決め、自身の連勝も43まで伸ばしたが、翌14日目稀勢の里に寄り倒しで敗れ、3年前同様稀勢の里に再び連勝を止められた。 千秋楽は日馬富士に一方的に押し出され、13勝2敗に終わった。 しかし千秋楽一夜明け会見では「あの男を超えられてよかった。 これで、もう文句言わないだろうな。 こういう気分で、しばらく、威張っていたい」と朝青龍の優勝25回の記録を超えたことで上機嫌な様子を見せていた。 9月場所も、初日から8連勝で史上最多の29度目の中日勝ち越しを決めた。 また、中日にはに、3月場所9日目にがに決めて以来、16年ぶりのでの勝利を飾った。 しかし10日目にに押し出され初黒星を喫した。 その後は白星を重ね、14日目に先場所連勝を43で止められた稀勢の里を叩き込みで下し、4場所連続27回目の優勝を14日目に決めた。 千秋楽も日馬富士を小手投げで下し、14勝1敗の成績で締めくくった。 14勝以上の場所は23度目で、共に22度の大鵬、千代の富士を抜いて単独最多となった。 11月場所は2日目の隠岐の海戦に勝利した時点で、7年連続7回目の年間最多勝を確定させる(7回目の年間最多勝は北の湖と並び史上1位タイ)。 また10日目の戦で10連勝、横綱在位中の連続2桁勝利記録が38場所となる(従来は北の湖の37場所)。 さらに11日目の栃煌山戦の勝利で、史上最多となる年間最多勝80勝以上を3回(2009年86勝・2010年86勝・2013年)達成した(過去は北の湖の1977年80勝・1978年82勝、貴乃花の1994年・1995年共に80勝の、各2回が最多記録)。 しかし14日目、稀勢の里を土俵際に追い込んで下手投げを打つも、逆に上手投げで投げ捨てられて初黒星を喫した。 千秋楽結びの一番は日馬富士との13勝1敗同士の相星決戦となったが、立ち合いで変化されて土俵際に追い込まれ、こらえたかに見えたがわずかにかかとが出ており敗れた。 これにより、2010年11月場所以来の5連覇と11月場所での7連覇をも逃した。 2014年 [ ] 1月場所では初日に栃煌山をで破り、大鵬の記録を更新する史上最速の76場所での通算800勝(前相撲を除く)を挙げ 、続く2日目には豊ノ島をで破り、幕内通算707勝としてを抜いて、外国人力士の最多勝利を更新した。 5連勝で5日目で早くも単独トップとなると 、中日には自身2度目の6場所連続での中日勝ち越しを決め 、10日目には10連勝で通算50度目の二桁勝利とした。 しかし、14連勝で迎えた千秋楽の結びの一番では1敗の鶴竜に寄り倒しで敗れ、14勝1敗同士で優勝決定戦となるが、決定戦では鶴竜を寄り切りで破り、2場所ぶり28度目の幕内最高優勝を果たした。 3月場所は初日から12連勝、また8日目には自身と並ぶ「7場所連続幕内中日勝ち越し」の史上1位タイ記録を達成。 しかし13日目に琴奨菊に敗れた時に右手を負傷してしまう。 このケガの影響で14日目に綱獲りを狙った鶴竜に寄り切られて2敗に後退、千秋楽では日馬富士と対戦し同体で取り直しとなるも敗れて3連敗となり、優勝を逃した。 5月場所では「8場所連続幕内中日勝ち越し」を達成し、史上単独1位の記録となった。 11日目に豪栄道に押し出される不覚でついに連勝ストップ。 翌12日目の結びの一番(鶴竜 - 豪栄道)では、勝ち残りで東の土俵下に座っていた白鵬が、行司の判定に異議があるとして物言いをつけた。 協議の結果、豪栄道がはたき込んだ際にまげをつかんだとして、鶴竜が反則勝ちを得た。 幕内の取組で土俵下に控えていた力士が物言いをつけたのは、1996年1月場所の当時大関だった以来18年ぶり。 14日目の新横綱・鶴竜戦でも危なげなく寄り切り、千秋楽結びの一番も日馬富士を豪快な上手投げで破り14勝1敗、2場所ぶり29回目の幕内優勝となった。 7月場所は横綱在位42場所となり、朝青龍と並んで歴代8位タイの記録となる。 同場所で「連続幕内中日勝ち越し」が9場所となり、自身の記録を更新。 しかし11日目に豪栄道に浴びせ倒しで敗れ初黒星を喫した。 13日目も大関・稀勢の里に小手投げで敗れ2敗に後退。 しかし千秋楽に日馬富士を上手出し投げで下し、13勝2敗で史上3人目の幕内優勝30回を達成した。 9月場所は横綱在位43場所を迎え、朝青龍を抜き歴代単独8位の記録に。 同場所も初日から8連勝、「連続幕内中日勝ち越し」が10場所となり、大相撲史上初の2桁記録を達成。 9日目に全勝で単独トップに立ち 、その後12連勝としたが、13日目にここまで2連敗と苦手の豪栄道に敗れ初黒星を喫した。 これにより新入幕で同モンゴル出身のと1敗同士で並んだ。 翌14日目にその逸ノ城と対戦(これにより大関・琴奨菊との取組が消滅)し、上手出し投げで破り再び単独トップに立つと 、千秋楽も横綱・鶴竜を掛け投げで破り、14勝1敗で千代の富士と並ぶ史上2位の通算31度目の幕内優勝を達成した。 11月場所は6日目にに敗れ、自身9個目の金星を許し2年ぶりに前半戦で1敗を喫した。 その後は白星を並べ、7日目に大鵬と並ぶ872勝にならび、8日目の照ノ富士戦に勝利した時点で、史上1位となる8年連続8回目の年間最多勝を確定させる。 13日目に単独トップに立ち、14日目の日馬富士戦で2年連続通算4回目の年間80勝を達成。 千秋楽結びの一番の鶴竜を寄り切りで下し 4場所連続優勝。 大鵬と同じ年間勝利数81勝で、同じく大鵬の優勝回数に並ぶ32回目の優勝を果たした。 2015年 [ ] 1月場所では初日に栃煌山をで破り、続く2日目にも栃ノ心をで負かし、危なげなく着実に白星を挙げていく。 12連勝で迎えた13日目、10勝2敗で白鵬を追う大関の稀勢の里をで破り、大鵬が保持していた幕内最高優勝記録である32回を上回る33回目の優勝。 歴代1位となった。 この優勝は大鵬に続いて大相撲史上二人目の2回目の5連覇で13日目での優勝は2013年名古屋場所以来6度目で自身の最多記録を更新。 続く14日目、横綱日馬富士を破り、史上最速で幕内800勝を達成した。 千秋楽には鶴竜を寄り切りで破り、9場所ぶり通算11度目の15戦全勝を果たし、大相撲史上初の各場所すべて全勝優勝()を成し遂げた。 15日目の懸賞金では史上最多の61本(183万円)を獲得した。 しかし後述の審判批判を行ったことで相撲協会から問題視された。 3月場所では初日の妙義龍戦は、続く2日目の戦ではで勝利し、順当に星を積み重ねる。 6日目の髙安戦ではで勝利し、自身5度目の30連勝を達成する。 13日目に好調の関脇・に敗れたものの、14日目は稀勢の里、千秋楽は敗れれば照ノ富士と優勝決定戦という状況だった。 自身の弟弟子の照ノ富士に援護射撃をしたい日馬富士戦では2分を超える大熱戦の上勝利し、34回目の優勝を果たした他、自身2度目の6連覇を果たした。 史上初の2度目の7連覇を狙った5月場所では初日でいきなり逸ノ城に敗れ、2012年5月場所以来3年ぶりとなる初日黒星スタートで波乱の幕開けとなった。 しかし、2日目以降はをで破り、翌3日目も栃ノ心に寄り切りで勝利し、着実に白星を重ねていった。 5日目には栃煌山をで破り、横綱在位中の勝ち星が626となり、千代の富士を抜いて歴代単独2位となった。 しかし12日目、直近1年の対戦成績が3勝3敗と苦手にしているに土俵際で十八番のを食らって敗れ、2014年7月場所以来6場所ぶりの2敗となった。 さらに14日目には稀勢の里にこれまた土俵際で十八番の突き落としで敗れ、2014年3月場所以来約1年ぶりの3敗となった。 優勝争いのトップとなる3敗が白鵬・照ノ富士の2人、4敗が6人と大混戦で迎えた千秋楽、照ノ富士が敗れて白鵬が勝てば前人未到となる自身2度目の7連覇だったが、照ノ富士が碧山に勝利し、「白鵬が日馬富士に勝てば照ノ富士と優勝決定戦」となった。 自身2度目の7連覇を狙って挑んだ照ノ富士の兄弟子の日馬富士戦。 立ち合いから一気に土俵際まで押し込んで勝負あったかと思われたが、俵を蹴り台に使うという奇襲から体が浮き上がるほどの低い突進を食らって中に潜り込まれ、そのまま何もできずに寄り倒されてしまい、惜しくも優勝はならなかった。 この場所は11勝4敗で取り終え、2012年7月場所から続いた連続12勝以上勝利記録は17場所で途切れた。 白鵬が4敗以上するのは2012年5月場所以来3年ぶりであった。 7月場所では9日目の逸ノ城との対戦に勝利して初日から9連勝を記録。 しかし、勝負が決まった後に逸ノ城に対して右手で顎にアッパーをしたことで、土俵下で審判長を務めた藤島審判部副部長から「見苦しい? 見苦しいでしょう。 相手が(土俵を)出ていないと思って行ったのならダメ押しじゃないけど、出てると思って(やったの)ならダメ押しでしょう。 一番、番付が上なのだから、見本になるような立ち居振る舞いをしてもらいたい」と苦言を受けた。 翌日は栃煌山に叩き込みで敗れるもこの1敗を守り、今場所は14勝1敗で2場所ぶりに35度目の優勝を果たした。 9月場所は初日に小結・、2日目に前頭筆頭・と、過去に一度も負けたことのない相手に2日続けて敗れた。 嘉風に敗れたことで自身10個目の金星配給となり、白鵬が小結時代の11月場所以来、また横綱になって初めての連敗スタートとなった。 場所前の稽古で左膝を痛めており、「左炎で4週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、3日目の戦で不戦敗となり、4日目から横綱昇進後初の休場となった。 これにより昭和以降1位の幕内連続勝ち越し、連続2桁勝利記録はともに51場所でストップ、史上1位の横綱としての連続出場記録は722回で途切れることになった。 横綱昇進後初の休場明け場所となった11月場所は初日から12連勝と好調で、9年連続の年間最多勝を獲得した。 しかし、13日目に1敗で追っていた日馬富士に変化からの一気の寄り倒しに敗れ、1敗に後退。 さらに14日目には照ノ富士との2分を超える大相撲の末に寄り切られ、日馬富士に逆転を許してしまう。 千秋楽では先に日馬富士が稀勢の里に敗れたため、勝てば優勝決定戦であったが、鶴竜にもろ差しを食らって寄り切られてそれは成らず。 2014年春場所以来となる12連勝からの終盤3連敗で日馬富士に優勝をさらわれ、場所を終えた。 白鵬が西横綱の地位で優勝を逃したのは2008年夏場所以来のことで、また2場所連続で優勝を逃したのは2012年5・7・9月までの3場所連続以来のことである。 2016年 -通算1000勝- [ ] 1月場所は大関・琴奨菊と共に初日から10連勝、5日目の碧山戦で北の湖と並ぶ通算951勝(史上4位タイ)となり、6日目の栃ノ心戦で歴代単独4位となる通算952勝目に。 しかし11日目の琴奨菊戦で押し出されてついに初黒星。 さらに14日目の稀勢の里戦でも一方的に押し出されて2敗に。 この敗戦で通算200敗目を喫した。 千秋楽結びの一番の日馬富士戦でも呆気無く上手投げに敗れ3敗。 結局幕内優勝は、日本出身力士として大関・琴奨菊が栃東以来10年ぶりに達成した事により、白鵬は横綱昇進後2度目の3場所連続して優勝を逃す格好となった。 3月場所は自身初の3場所連続西横綱の場所となった。 初日、一度も負けたことのない宝富士に寄り切られ先場所14日目から3連敗に。 2日目は前頭筆頭にまで番付を上げた琴勇輝と初顔合わせの一番を制して北の湖を抜いて単独1位となる横綱通算671勝とした。 その後は白星を続け、11日目にはここまで全勝の稀勢の里を圧倒。 続く12日目には同じく1敗の豪栄道を倒し、14日目には先場所敗れた琴奨菊に快勝し、千秋楽では日馬富士との横綱対決を制し、最終的には14勝1敗で単独優勝、36回目の幕内優勝を果たした。 この場所の千秋楽結びの一番での日馬富士戦での立合いで批判を浴び、表彰式での優勝インタビューでは、涙ながらに謝罪する場面もあった。 また、場所後の会見で「(36度目の優勝を)ずっと目標としてやってましたから。 やっとオヤジにいい報告ができる。 体を悪くして、アルツハイマーの病気をしてますから」と父がアルツハイマー病を患っていることを明かし、「難しいことを言ったら分からないところがある。 最近のことが分からない。 昔のことはよく思い出すみたい」と病状を説明。 「支えてくれて感謝している。 今度は私の番。 親として3人の子供がいますからね。 立派な力士を作っていきたいね」と将来の抱負も話した。 5月場所は前場所2日目からの連勝を継続し、2日目に魁皇の持っていた幕内最多勝利記録879勝を更新。 幕内勝利数が歴代単独一位となる。 4日目には初顔のを押し出して4連勝し初顔27連勝となり歴代単独3位に浮上。 6日目には先場所からの連勝を20に伸ばし自身8度目の20連勝とする。 さらに8日目で勝ち越し、自身が持つストレート給金の最多記録を41(1949年の1場所15日制定着以降)に更新。 13日目には初日から同じく連勝を続けていた大関稀勢の里との全勝対決を左下手投げで制して単独トップに立った。 翌日、日馬富士との横綱対決を寄り切りで制し、1敗で追っていた稀勢の里が鶴竜に寄り切りで敗れたため千秋楽を残して2場所連続37回目の優勝を決めた。 14日目までに優勝を決定させるのは16度目となり、千代の富士を抜いて歴代単独1位となった。 場所前に受け入れ先となってくれた摂津倉庫の浅野毅会長が、4月23日に内臓疾患で死去。 「春場所が終わってから病院で30分くらい話した。 息が詰まって苦しそうだった。 懸賞金をそのときにあげた。 喜んでくれて、奥さんが見える場所に置いてくれた。 天国から見守ってくれれば、と思います。 恥をかかせない、という気持ち」と記者へ恩師にささげる優勝だったことも明かした。 千秋楽も激戦の末にうっちゃりで鶴竜を下して自身の最多記録を更新する12度目の全勝優勝を決めた。 優勝インタビューでは「一年半ぶりの優勝が東京で本当にうれしい。 全勝は気持ちいい。 場所前には古傷を痛め、3日目から足を痛めていてどうなるかと思ったが自分を奮い立たせた。 自分では分からないけど、土俵に上がると違う白鵬がいるようだった。 土俵を下りたら優しいというね。 五月場所が終わったら、横綱に昇進して10年目に入るので、頑張ろうという気持ちで一生懸命やっていた。 大鵬関の32回目の優勝を超えてから目標がなくなり、いろいろ大変な時期があったけど1000勝というものが燃えさせてくれた。 名古屋場所で応援してくれる方に見せられればと思うけど、ゆっくり休みたい」と話した。 7月場所は前々場所からの連勝を継続し、初日に横綱勝利700勝を記録、さらに自己記録更新となる史上6回目の30連勝を記録。 3日目には御嶽海を寄り切り初顔への連勝を玉錦に並ぶ史上2位の28とした。 だが、5日目に宝富士に敗れ33連勝で連勝が止まる。 また、33連勝のスタート前の黒星も宝富士であった。 8日目には幕内勝利900勝を記録したが、9日目に一度も負けたことのない勢に足を滑らせて敗れ2敗となり、通算12個目の金星配給。 9日目までの時点で2敗したのは2012年夏場所以来4年ぶりのことである。 さらに勢戦で古傷だった右足親指を痛めてしまう(場所後に右足親指は骨折だったと判明した )。 10日目栃ノ心に勝利し、初顔合わせから23連勝の歴代2位タイ記録をつくるも 、怪我が影響したか12日目の照ノ富士戦で待ったがかかり取り直したとなった取組で敗戦し3敗に後退し通算1000勝は来場所へ持ち越しになった。 翌日の豪栄道戦は勝利し2ケタ勝利としたものの、14日目は12日目に続いてこの日も待ったがかかり取り直しとなった一番で土俵際で稀勢の里に逆転され優勝争いから脱落した。 取組後「もういいやと思った」と照ノ富士戦に続いての待ったにリズムが崩されたことを明かし「合っているのに…」と際どい待ったで気持ちの整理が出来なかったことも呟いていた。 そして、土俵際まで攻め込んでの逆転負けに「あれで負けたら仕方ない。 相撲に勝って勝負に負けた」と敗戦を認め、千秋楽については「今日みたいに前に出られれば」と気持ちを切り替えていた。 迎えた千秋楽、優勝をかけて土俵に上がった日馬富士に敗れ10勝5敗で場所を終えた。 皆勤での1場所5敗は2012年5月場所以来4年2か月ぶりであり、休場した2015年9月場所を除くと横綱昇進以来、2012年5月場所に並ぶワーストタイの低成績である。 白鵬が日馬富士に敗れたため3敗で追っていた稀勢の里、貴ノ岩は優勝次点で終了し、優勝決定戦にはならず日馬富士は8度目の優勝を決めた。 7月場所後の巡業は怪我を押して出場したものの 、9月場所前には7月場所9日目の怪我の影響で四股やすり足すらできず、9月6日には手押し相撲や足の上げ下げなど軽めの調整をしながら出場を検討していた。 しかし土俵に上がれる状態ではなく、8日に日本相撲協会に「左膝タナ障害」「右母趾(ぼし)伸筋腱(けん)損傷」「右足関節炎」で全治4週間の診断書を提出し、9月場所の全休を発表した。 10月20日、大相撲秋巡業京都場所で復帰し、土俵入りを行った。 11月場所は復帰し自身初の東横綱2の番付で場所に挑む。 そして、2016年11月15日、戦で勝利して通算1000勝を達成した。 取組後のインタビューで、史上初めて通算1000勝を達成したと同様に「(次の目標は)1001勝です」と答えた。 しかし、6日目に遠藤に不覚をとり、さらに10日目にも土俵際で勝利したと思ったところを稀勢の里に脚一本で残され敗れてしまう。 白鵬は「決まったと思った。 休場で勝負勘が足りないのかもしれない」と首をかしげていた。 弟弟子石浦の活躍には「一気に来たね。 うれしいね」とコメントしていた。 また、場所前に痛風を発症し故障の完治が遅れていたことなども判明。 八角理事長は「休場明けにしてはよくやったと思う。 最後に稽古不足が出た。 場所前がいつも通りではなかったわけだから」とコメントした。 翌日は勝利するも12日目から照ノ富士、鶴竜と連敗し優勝争いから脱落。 だが、この場所14日目に優勝争いしていた横綱日馬富士、千秋楽は綱取りだった豪栄道を倒し11勝4敗で休場明けの場所を終えた。 場所後の12月14日、第4子となる三女が誕生。 2017年 -通算最多勝利更新・優勝40回- [ ] 靖国神社奉納大相撲 白鵬関の相手は鶴竜関(2017年4月17日撮影) 前場所と同じく東横綱2で迎えた2017年1月場所は順調に初日から連勝。 4日目に栃ノ心に寄り切りで勝利し同一取組の初顔合わせからの連勝では歴代単独2位を記録した。 7日目には横綱出場回数が歴代1位となる819回目となり並んでいた北の湖の記録を更新しこの日の取組にも勝利している。 しかし、8日目に初顔合わせとなったに立合い変化されそこは素早く対応をするも廻しを取られ劣勢になり、そのあとのこの場所鶴竜戦でも見せていた荒鷲の速攻に勢いよく時計回りに体を回されて不意をつかれて寄り切られる不覚をとり、中日での勝ち越しならず、初顔合わせの連勝も28で止まり1敗に後退した。 荒鷲はここまで鶴竜戦での金星以外の勝ちが無くこの場所2勝目を2個目の金星であげることになった。 白鵬は支度部屋でも何度も首を振り厳しい表情を見せつつ「まあ見ての通り。 こういうこともある」と話し、どこか隙があったことを認めて気持ちを切り替え、1差で追う展開には「もうダメー」と笑う余裕も見せていた。 だが、翌日の小結高安戦は立合いから攻め込まれ連敗。 2敗に後退した。 また全勝だった稀勢の里も敗れたため1差は変わらず。 白鵬は「気合いが空回りした」と稀勢の里の敗戦後の取組を反省しながらも古傷の右足親指を気にするそぶりも見せ体調がまだ万全ではない様子も見せ「立ち合いで勝負あった」「横綱でも、ちょっとズレがあると負けるということ」と相撲の難しさを淡々と語っていた。 そして「一番一番だよ」と勝負どころを見据えて気合いを入れていた。 10日目の勢戦は危なげなく勝利し勝ち越し。 また、昨年の名古屋場所で勢に敗れた際に右足親指を負傷しこの怪我のために左膝の痛みがぶり返した。 それ以来の因縁の対戦とあって「きょうはリベンジというか突いていく意志を固めていった」といつも以上に気合いが入っていたと語っていた。 また、11日目までに日馬富士、鶴竜ともに休場したためこの場所横綱は白鵬のみとなり、14日目は上位陣の休場が相次いだためこの場所優勝争いしていた平幕の貴ノ岩との対戦が初めて組まれる。 実力差からすると勝利が濃厚だったが、一方的に寄り切られるというまさかの展開で敗れ、3敗に後退。 8日目の荒鷲戦に続き初顔2連敗となり、横綱昇進後自身初の結果となった。 この日稀勢の里が勝利したため、横綱昇進後初めて4場所続けて優勝を逃したと同時に稀勢の里の横綱昇進を許す結果となった。 この日敗戦してしまった白鵬は初優勝を決めた稀勢の里について「おめでとう、だね」と祝福の言葉を贈り「強い大関がいて良かった」と稀勢の里の活躍を笑みを浮かべて褒め称えていた。 千秋楽での稀勢の里との直接対決前には「明日もいい相撲取るだけ」と語った。 千秋楽の稀勢の里との対戦は立合いから敢えて稀勢の里得意の左四つに組み一気に攻め込むも、土俵際のすくい投げで敗れ、2場所連続11勝4敗で場所を終えた。 白鵬は稀勢の里を「最初は軽いと思ったが土俵際で残された。 土俵際で強かったね。 強い大関になった感じ」と語り、稀勢の里に「強い人が大関になり、宿命を持った人が横綱になる」と言ってきた白鵬は横綱昇進への最後の壁として「今日は宿命というか、運命に任せたんだけどね。 強い大関が優勝しましたね」と勝利を称えて言葉を贈った。 また、今場所を「取りこぼしがあり過ぎた」と反省。 来場所については「精いっぱいやっていい相撲を取りたい」と語っていた。 3月場所は稀勢の里の昇進で4横綱となり、自身は東横綱として番付最上位で迎える。 しかし、場所前に右足裏を痛め、初日の正代戦で突き落としで敗れた際に傷が悪化。 4日目には勢に圧倒される形で寄り倒され(物言いがついたが軍配通り敗北)、通算15個目の金星配給となる。 患部をかばっているうちに他の場所まで悪化し結局、翌日の5日目から「右母趾捻挫、右大腿筋群損傷で3週間の加療を要する」との診断書を提出して休場した。 5日目対戦予定だった御嶽海が不戦勝。 休場は5度目で、横綱昇進後は3度目。 この休場で横綱になって5場所続けて優勝から遠ざかる格好となってしまった。 その後モンゴルに帰国してリハビリに取り組み、ヨガや食事療法なども行い、春巡業は靖国神社奉納大相撲から参加した。 久しぶりに土俵に上がった白鵬は「春巡業の優勝争いはテレビで見ていた。 稀勢の里は横綱の責任を果たしてくれた。 今度は自分が優勝するという気持ちになりました」と5月場所で1年ぶりの賜杯奪還を果たすことに意欲を見せた。 さらに白鵬は「知人からは40回以上の優勝は誰もいないと言われて体が熱くなりました。 いつ達成できるか分からないが、大台の40回を平成の土俵で見せたいです」と新たな目標に向かう決意を語った。 3月場所後、宮城野から「いっぺんやってみたら」とこれまで主義として行わなかった筋力トレーニングによる強化を提案され、これまで以上に体をいじめ抜き、宮城野に「死ぬかと思った。 こんなにきついのは大関に上がる時以来だった」と漏らすほど自らを追い込んだ。 5月場所は自身初の西横綱2の番付で迎える。 初日から好調で2016年夏場所以来となる中日勝ち越しを記録した。 10日目の高安戦では高安の馬力を警戒して右の張り手から右に動き、左上手を確実に取りに行き、寄り切れないと判断した後は頭を付けた(寄り倒しで白鵬の勝ち)。 この相撲は場所後の尾車のコラムでも触れられている。 そのまま勢いに乗って14連勝で38度目の優勝を決めた。 1年ぶりの優勝に白鵬は「長かったかなと、改めて自分と見つめ合い、土俵に感謝していた」「全部特別だけど、今回はひと味違う」「頑張って努力すれば、こうやってやれると示せた。 休んだ分、暴れてやろうという気持ちでやった」と感慨深げに語っていた。 5月場所は8回目の優勝でこれで大鵬に並ぶ12年連続の優勝となった。 千秋楽も日馬富士を倒し自身の記録を更新する13回目の全勝優勝を決めた。 優勝インタビューでは「ただ今、帰りました!」と挨拶した。 また、5月場所は2年連続の全勝優勝となった。 一夜明け会見では3日目の千代翔馬戦で左足親指を打撲(あるいは脱臼)したことを明かしている。 7月場所は東横綱で迎え、5日目には先場所から20連勝で大鵬に並ぶ9度目の20連勝。 さらに先場所に続き中日勝ち越しを記録した。 さらに9日目には平幕の輝と対戦し勝利。 歴代2位の勝ち星だった千代の富士に並び、翌日の千代の富士の弟子だった千代翔馬に勝利し、千代の富士の記録を抜いた。 番付では東前頭5枚目と対戦する可能性は低いが横綱、大関と休場が相次いだために実現し、白鵬は「巡り合わせというかね。 弟子に勝って恩返しできたのかな」と笑みを浮かべた。 だが、11日目はこの場所横綱稀勢の里を倒すなど好調だった関脇の御嶽海に土俵際で粘るも敗れて黒星。 先場所からの連勝は25で止まった。 白鵬は記録への重圧などもあって硬くなったかもしれないと口にしていた。 しかし、翌日は問題なく関脇の玉鷲を倒し、歴代1位の魁皇に並ぶ1047勝目を記録した。 翌13日目の7月21日、大関の高安を押し倒しで下して 1048勝とし、前人未到の新記録を達成した。 白鵬はインタビューで「満足しています。 硬くはなかったんですけど、ちょっと安心したというのがありましたね。 相撲は奥が深い。 秋場所じゃなくて名古屋場所で応援してくれる人の前で決めることができて良かったですね」とコメントしていた。 このまま勢いに乗り千秋楽まで全て勝利し14勝1敗で39回目の優勝を決めた。 自身9回目の連覇で名古屋場所は7回目の優勝。 白鵬は優勝インタビューで39回目の優勝にかけて「名古屋のみなさん、サン・キュー! 」と言っており 、「11日目に負けてしまいましたが、そのあと(の相撲)が良かったので、もう1番あると信じて、気楽に土俵に上がりました」と、御嶽海に敗れた後に、自らの気力を奮い起こしたことを明らかにした。 インタビューではまた、誰も歩いたことがない道をどんな思いであるくかと聞かれて、子供の頃に過ごしたモンゴルの草原を思い出したのか「ゆっくりあしたからふるさとに帰って休む」と語った上で「幕内1000勝を目指します」と新たな目標を示して飽くなき挑戦心を見せていた。 7月30日から始まった夏巡業では、他の3横綱が休場する中で「自分が休んだ時も他が頑張ってくれた。 今回は託されたと思って」と夏巡業を1人横綱としてまっとうする決意を口にした。 しかし、7月場所前に発症した左膝痛の治療に専念せざるをえなくなり8月13日から無念の帰京となった。 症状は場所前になってもおさまらず結局、9月場所は左大腿四頭筋腱炎、左足関節靱帯損傷で7日から約3週間の投薬リハビリテーション加療を要する見込みとの診断書を提出して休場した。 宮城野親方は左ヒザの炎症で全治3、4週間と説明 し「横綱は無理をして変な相撲を取って途中から休場など迷惑をかけるなら万全で出たいという気持ちがあったのでは」と説明していた。 休場した9月場所中には4日間の断食に取り組むなどして調整し、体重を10㎏落とした。 11月3日、福岡県内の宮城野部屋九州場所稽古場に出稽古に訪れた錣山部屋の十両青狼、阿炎と申し合いを行い、計12番で全勝。 11月場所は西横綱で迎える。 しかし、初日から鶴竜が休場。 さらに3日目から日馬富士が休場し残りの稀勢の里まで10日目に休場してしまい、横綱は自身一人だけになってしまう。 そんな中でも初日から連勝し8日目にストレート勝ち越しを決めた。 白鵬の中日勝ち越しは44回目となった。 そのまま連勝していたが11日目に立ち合いで先に嘉風の顔を張ったがそのまま嘉風に攻められ黒星。 1敗となった。 白鵬は立ち合いが合わなかったと納得がいかないアピールで取組が終わったあともしばらく土俵下に残り物言いをつけたが認められず、翌日審判部から厳重注意と取り組みを行った力士には物言いを付ける権利が無いという規則説明を受け受け、「真摯に受け止めて、きちんとします」と反省の言葉を述べた。 この12日目の取組は休場前の7月場所で不覚を取っていた御嶽海だったが何もさせずに勝利している。 また取組後に「申し訳なかった」とファンに謝罪し「ファンの皆さんもあんな(中途半端な)相撲を見たくなかっただろうし、だから(取組の映像を)見てほしかった」と語っていた。 13日目の宝富士戦は本人もいる人がいなかったという薄氷の勝利でなんとか勝ち2年ぶり10度目の年間最多勝を達成した。 14日目に2敗で追っていた力士が破れ自らは勝利したため40回目の優勝を決めた。 白鵬は「3月に休んだ時に、後援会の方から『30回優勝した人は3人いるが、40回は誰もいない』と言われ、体が熱くなった。 ちくちくするものがあった」と気合が入っていたことを明かし「7年前野球賭博問題に揺れた名古屋場所に大変な場所を経験した。 二度とこういうことがないようにという気持ちを持っていた。 本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。 ファンの温かい声援が本当にありがたい」と語っていた。 千秋楽も勝利し14勝1敗で場所を終える。 優勝インタビューでは改めて東京オリンピックまで現役を続けることを誓い、さらに「場所後に真実を話し、うみを出し切って、(暴行問題の当事者である)日馬富士関と貴ノ岩関を、再びこの土俵に上げてあげたいと思います」と宣言。 また、2017年に取り組んでいたヨガや断食の効果が出ており、稽古は嘘をつかないものだとも話していた。 次なる目標として幕内1000勝を掲げ、最後に観客と共に万歳三唱を行った。 角界が不祥事に揺れており白鵬本人も場所中に自身の取組に「物言い」を求める事態を引き起こした中でのこの万歳三唱に関しては有識者からも批判が出ており、は「暴行現場に同席した当事者の一人という自覚があれば、冗舌に語ることが許されないのはわかるだろうし、万歳をお願いできるわけがない。 独善的な行動で問題の深刻さを全くわかっていない」と朝日新聞の記事で話していた。 また、スポーツ評論家のは「土俵に戻る戻らないは、相撲協会が決めることで、横綱が決めることではない。 最近の白鵬は少し傲慢ではないか。 それを許している協会にも責任がある」と断じた。 2017年は56勝9敗25休(内1敗は不戦敗)で年間最多勝を獲得。 しかし春場所と秋場所を休場し、計26も取組の少ない白鵬が獲得したことについて、朝日新聞の記事は「お寒い限りだった」と評している。 2018年 [ ] 1月4日、日馬富士の貴ノ岩への暴行を現場にいながら止められなかったとして、日本相撲協会は1月の給与不支給。 2月の給与の50%減額という処分を下した。 1月場所直前の1月8日の出稽古から、横綱審議委員会から指摘されたかち上げ、張り手を中心とする取り口を改善する意識をうかがわせた。 1月場所は張り手やかち上げを自粛したことや右足親指を痛めたことが影響し、4日目まで2勝2敗となり5日目から「左母趾MP関節靱帯損傷、右母趾末節骨骨挫傷・爪下血腫で全治2週間を要する」という診断書を相撲協会に提出して途中休場。 2月3日に行われたのに関しては、直前の1月場所で途中休場を喫した都合上、成田山新勝寺の公式ホームページに掲載されていた参加予定者リストからいったん外されたが、場所後に参加を決めて実際に参加。 3月場所番付発表の時点では横綱在位64場所を記録し、これにより単独史上1位の在位記録を達成。 2月11日の第42回では、この時点で本場所では25戦全勝と得意としている栃ノ心から右四つがっぷりからの寄り切りで黒星を付けられた。 この時点では、両足の親指が黒ずんでおり左足首にもテーピングが施されているなど、怪我の状態の悪さが伝えられた。 3月場所は左足親指の怪我が回復しないことを理由に全休。 2場所連続休場は横綱昇進後初となる。 休場明けとなった5月場所は6日目に初対戦のに金星を配給。 12日目はそれまで25連勝中だった大関昇進を狙う栃ノ心に初めて敗れた。 14日目に逸ノ城に敗れて優勝の可能性がなくなり、千秋楽も鶴竜に敗れて11勝4敗に終わった。 5月場所後の巡業では、第68代横綱朝青龍の甥にあたるに稽古をつけた。 稽古を終えた豊昇龍は「横綱にぶつかることができて、うれしいです。 去年、稽古してもらった後、自分はバーンと強くなってインターハイも準優勝できました」と語った。 また、白鵬は、「自分も(朝青龍に)稽古をつけてもらったから、今度は(自分がその甥っ子に)稽古をつけてやってね。 不思議だね、歴史は繰り返すね。 あとは彼次第。 」と、次世代のエースにエールを送った。 7月場所は初日から3連勝していたが支度部屋で足を滑らせて負傷。 日本相撲協会に「右膝蓋腱損傷、右脛骨結節剥離骨折の疑いで2週間の安静を要する」との診断書を提出して休場した。 4日目は不戦敗。 8月1日の夏巡業小松場所では膝に溜まった水を注射4本分抜くなど重症ぶりが伝えられ、8月9日から10日まで巡業を一時離脱。 9月場所では初日から白星を重ね、8日目に中日勝ち越しを決めて横綱800勝に到達。 14日目に14連勝で41度目の優勝を決めた。 また、大鵬の12年連続優勝を更新する13年連続優勝を記録した。 この日の勝利で前人未到の幕内1000勝を達成。 翌日の千秋楽でも鶴竜を破って14度目の全勝優勝を達成した。 24日、都内で一夜明け会見を行い、5日目に対戦したを「大相撲を引っ張っていくのは間違いない力士」と称賛しつつ「(土俵際まで押し込まれたが)痛めていた右足一本で残せた。 あれでやれるなという自信が芽生えた」と貴景勝戦で手応えを語った。 また、稀勢の里については「(横綱として)もっと経験してほしい。 (次の対戦も)私は楽しみという言葉をあまり使わないが、そんな感じです」とエール。 10月中旬に秋巡業を離脱して右膝と右足首の手術を受けた影響で調整が遅れ、11月場所は全休することになった。 横綱昇進後、年間6場所中4場所が休場(全休・途中休場合わせて)となるのも、年間の優勝回数が1回に留まるのも、自身ワーストとなる。 2019年 [ ] 1月場所は3横綱揃って迎えたものの、4日目に稀勢の里が引退、6日目から鶴竜が休場し、一人横綱となる中の取り組みは、序盤は安定性を欠くも白星を重ねて10連勝したが、11日目に再出場の御嶽海に敗れ休場を除いた連勝が28でストップした。 再出場の力士に横綱が敗れるのは68年振りのことである。 この1敗で崩れてしまい、優勝を争っていたここまで負けたことのない玉鷲、先場所優勝の貴景勝と連敗し14日目に4日目の北勝富士戦で足を痛めたとし、休場した。 また、1月場所中に引退した横綱稀勢の里に対し、「寂しいって感じですね。 」と述べ、思い出の一番を聞かれると、「63連勝で止められたときですね。 あのときの負けがあったからこそ自分はここまで来れた。 」と稀勢の里に感謝の意を示し、敬意を払った。 3月場所前の3月5日、の連合稽古で貴景勝と18番取って17勝1敗、玉鷲と11番取って全勝と、スタミナ十分であることを示して好調をアピールした。 また、貴景勝の大関取りに関して、白鵬は、「自分(白鵬)以外との対戦が大事になってくるね。 」と言い放ち、余裕を見せた。 また、白鵬は「邪魔してやろうかな」と言葉にした。 この言葉はかつて横綱千代の富士が当時平幕の貴花田(後の横綱貴乃花)に対して言い放った言葉である。 また、偶然にも千代の富士のときは、昭和から平成へと時代が動き始めたばかりのときであり、それと同様に、平成からへと時代の変遷が行われる中での発言であり、大相撲の変革を予感させた。 そして、万全の状態で迎えた3月場所では、初日から着実に白星を重ね、9日目に小結御嶽海、10日目に同年初場所優勝力士の関脇玉鷲、11日目に大関昇進を狙う関脇貴景勝の挑戦をねじ伏せ、同年初場所の雪辱を果たした。 その後も、白星を重ね、千秋楽の横綱鶴竜戦で右腕を負傷しながらも勝利し、この場所は15戦全勝優勝を飾った。 この場所は、3場所振り42回目の優勝、そして、15回目の全勝優勝となり、平成最後の本場所に花を添えた。 また、優勝連続年数を14年、全勝も5年に更新した。 千秋楽の鶴竜戦で投げを打った際に右腕を痛めたため、賜杯は1人で受け取ることができず八角理事長に受け取りを手伝ってもらった。 優勝インタビュー後、客席に呼びかけて三本締めを行った。 しかし本場所は千秋楽の表彰式後に神送りの儀式を行い終了するという決まりとなっており、25日の横綱審議委員会でもその点が問題視された。 さらに相撲協会の「土俵上の礼儀、作法を欠くなど、相撲道の伝統と秩序を損なう行為」というコンプライアンス規定の違反となったため、2017年11月場所千秋楽に観客に万歳三唱を求めて理事会で厳重注意を受けたことも鑑みられ、理事会で処分の必要性などが審議されることとなった。 結局右腕の怪我が完治せず5月場所は全休。 平成最後の場所を優勝で締めただけに、優勝を目標としていた令和最初の場所は出場すらできず、悔しさを露わにした。 また、この場所は優勝力士に杯が手渡される場所であり、特別な場所として優勝を逃す結果となったのは自身初となった。 5月場所後には自身の内弟子である新入幕のが5月場所で負け越したことを受け、炎鵬に対し、「幕内は甘くないだろ。 稽古つけてやる。 次お前が負け越したら、責任とって俺は引退する」と言い放った。 6月25日の稽古では、痛めた右腕でダンベルトレーニングを行うなど、怪我が快方に向かっていることが報じられた。 6月28日、モンゴル政府筋の話として、大統領が、白鵬が日本国籍取得のために申請したモンゴル国籍離脱申請を認める大統領令を発令したと伝えられた。 また、7月場所前には5月場所優勝力士のを呼びつけ三番稽古を行った。 自身と相撲の型が似ているとし期待を寄せた。 全休明けの7月場所は自身の記録を更新する形で48回目の中日勝ち越しを決めるが、翌日の逸ノ城戦で完敗して連勝が止まる。 14日目に2敗目を喫し、千秋楽は自身が本割、決定戦で連勝をしなければ優勝できないという状況で鶴竜戦を迎え、寄り切りで敗れ12勝3敗で優勝次点の成績を残した。 また、この場所は内弟子の炎鵬が勝ち越したことを受け、白鵬もほっとしたという。 9月3日、により日本国籍を取得したことが同日付の官報で告示された。 帰化後初の場所となった9月場所は初日に北勝富士に敗れ、金星配給。 初日に金星を配給したのは自身初である。 翌日より休場した。 場所後の9月30日に行われた全日本力士選士権大会では、2007年以来12年振りとなる自身2度目の優勝を飾った。 11月場所は初日に前場所で敗れた北勝富士を下し雪辱を果たしたが、2日目にに敗れた。 しかし、3日目から白星を重ね、14日目に4場所振り43回目、横綱として40回目、「令和」および日本国籍を取得後初の優勝を果たした。 九州場所の優勝は9回目となり千代の富士に並ぶ歴代1位タイとなった。 2020年 [ ] 1月場所は前場所に敗れた新小結の大栄翔を寄り切りで下したものの、2日目に平幕の遠藤に切り返しで敗れ、3日目も平幕の妙義龍に突き落としで敗れ、4日目から休場した。 3月場所は感染拡大防止のため75年振りとなる2度目の無観客開催となった。 中日に勝ち越しを決め、49度目の中日勝ち越しとなった。 初日から9連勝まで伸ばしたが、10日目に平幕の阿武咲、12日目に関脇の正代に敗れ、12日目終了時点で平幕の碧山に優勝争い単独先頭を許してしまった。 しかし、13日目に大関昇進を目指す関脇の朝乃山をねじ伏せ、同時に碧山が敗れたことにより、13日目終了時点で鶴竜と碧山と共に再び優勝争い先頭に立った。 14日目に平幕の碧山をねじ伏せ、千秋楽では7年前の九州場所の日馬富士戦以来となる鶴竜との横綱相星決戦を制し、2場所振り44度目の幕内最高優勝を果たした。 さらに、優勝連続年数も15年に更新した。 場所中には「無観客という異例の場所で初優勝力士が誕生したらその力士が可哀想だから自分が絶対に優勝する。 」と発言しており、有言実行の結果となった。 5月場所は4月7日より発令された新型コロナウイルス感染拡大防止によるが5月31日まで延長されることとなり、9年振り3度目の開催中止が決まった。 5月11日、3月場所で獲得した138本の懸賞金で日本・モンゴルの医療関係者に2万5000枚のマスクを贈ることが報道された。 白鵬が相撲協会を通じて発表したコメントによると、ファンをはじめ周囲の支えがあって3月の無観客場所の土俵を全う出来たと感じており「懸賞金を使って世の中のために何かできないか」と考えてのことであるという。 5月23日、大相撲Abema場所にてAbemaTVでリモート出演し、白鵬は、「四つになって自分に勝てる力士はまだいない。 」と語った。 それに対し、3月場所後に大関昇進を決め7月場所を新大関として迎える朝乃山は、「四つになって横綱(白鵬)を負かしたい。 」と答えた。 6月7日、大相撲特別場所にてNHKでリモート出演し、その際に、解説者でお馴染みの第52代横綱北の富士勝昭は、「白鵬の牙城を脅かす力士ははっきり言って出てきていない。 」と語り、大相撲界の未来への懸念を示し、白鵬を称賛した。 7月場所前、新型コロナウイルス感染拡大による稽古の制限から、前腕部や腹回りが明らかに張りを欠くなど調整不足が報じられた。 7月場所は新型コロナウイルス感染拡大防止により大勢の力士による名古屋への移動を避けるため東京開催となった。 しかし、「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づき、「約2500人のお客様を迎えた開催」となり、1月場所以来となる観客を入れての開催となった。 初日からストレートで勝ち越しを決め、2場所連続50度目の中日勝ち越しとなった。 その後10日目まで連勝を伸ばしたが、11日目に小結の大栄翔、12日目に関脇の御嶽海に敗れ連敗し、10日目まで一敗で白鵬を追っていた朝乃山と照ノ富士に優勝争い先頭を許す形となった。 12日目の御嶽海戦にて右膝半月板損傷、膝蓋大腿靱帯損傷、関節内血症を発症し、13日目から途中休場となった。 休場続きであることから、2019年7月場所後にから「横綱ふたりは、もういつ辞めてもいいよ。 ちょっと負けると『実はケガで痛かった』と、すぐ休場しちゃう。 言い訳にしか聞こえなくなってくるんだよな」ととまとめて切り捨てられた。 取り口 [ ] 右四つを得意とするが左四つでも十分取れる。 立合いは主に鋭く踏み込み、右でカチあげて素早く右を差し込んで左上手を狙う取り口が主体である。 体質が極めて柔軟で、腰が重く、摺り足も良く、全盛期は193cmと現代でも大柄な部類に入る力士ながら常に低い体勢で腰が割れている。 上手投げと寄り身が武器である。 柔軟な体質を活かして「横綱相撲」が出来る力士である。 しかし幕内に上がってきた頃の取り口は、前に攻めるよりも投げや引き技で安易に勝負を決めてしまう傾向があった。 そのような中でも立合いから左前褌を狙って踏み込む相撲には光るものがあり、しだいにその形が身についていった。 白鵬と言えば左前褌というほど取り口が玄人筋には定着しており、NHKアナウンサーの三瓶宏志は「白鵬は左前褌を取るというパターンがあるから実況しやすい」という趣旨のコメントを雑誌に残している。 ただ大関時代に研究されて立合いに左前褌が取れなくなり、綱取りを逃したこともあって、両差しなど他の型の相撲も見せるようになった。 得意の右四つは2011年をピークとしており、右を差し込むだけで相手が棒立ちになるような力強さも出ていた。 同じ平成の大横綱として貴乃花とよく比べられる事があるが、それぞれと取組をした経験のある力士は「白鵬はどんどん白鵬の有利な形にしていく強さがあり、貴乃花はこちらが何をしようとしてもそれを殺してくる強さがあった」「白鵬は思いっきり首を絞めてくるような強さ、貴乃花はジワジワと締めてくるような強さだった」と語っている。 また、浅香山(元大関・魁皇)は歴代の対戦力士で一番強かったと思うのは誰かというインタビューに対し、「タイプは全然違うけど、全盛期の貴乃花と白鵬」と答えていた。 2012年以降は稽古不足や加齢などから衰えが見られ、前捌きや反応の良さに頼る相撲が増え、元々それなりにできた突き押しの比率も増えている。 代わりに左前褌を取ってそのまま走る相撲は減っており、右四つになっても勝てない場面が増えた。 も時折見せるがこれは白鵬にとって良い相撲ではなく、も2014年3月場所前の相撲雑誌において「悪い癖」と言い切っていた。 また、同時期、北の富士はすぐカッとなる土俵態度を指して「威嚇しながら、強さを誇示しているのかもしれない」と分析していた。 懇意にしていた大鵬が死去して以降は、白鵬に意見することができる者がいなくなったためか、右ひじをサポーターで厚く巻いた上での荒々しいかち上げや張り手が増えていった(遅くとも2018年になると、相撲雑誌ですらエルボーと指摘して非難するほど)。 は脇が空くというかち上げの短所を指摘しており、そのようなことから「食らう相手が勉強不足」と話している。 2017年3月場所後の座談会では錣山(元関脇・寺尾)から「また昔の白鵬の相撲を思い出して取れれば、また勝てると思っています。 さばいて勝つから後手、後手に回るのです」とコメントされている。 全勝優勝で終えた2017年5月場所について場所後の座談会で振分(元小結・高見盛)と阿武松が語った内容をまとめると「バタバタしている部分はあるが、相手によって相撲を変えたり、かち上げや突っ張りで相手を近づけさせなかったりする」という風になる。 それでも2017年7月場所13日目の高安戦ではのど輪や突き押しで攻め最後は厳しい右のおっつけで土俵上に押し倒す相撲が見られ、ある元横綱は「馬力の高安に馬力勝ちして見せたのには驚いたよ。 (若手に)はたいたり引いたりしたのは横綱相撲ではないという声もあるみたいだが、力の差があるからできるんだ」とあきれたように感心した。 四股やすり足など、徹底した基礎運動へのこだわりと柔軟な体質によって怪我は少なかった が、2012年頃から衰えにより細かい怪我は増えた。 2015年ごろから横綱として休場する場面がみられるようになり、2017年3月場所前には「無理をするとどこかを痛めるようになってきた」と怪我について自覚するコメントを残している。 2017年11月場所は15番中10番以上が張り手、かち上げを絡めた相撲であり、横綱審議委員会から「これは横綱相撲とは言えない、美しくない」と批判を受けた。 一方は、「張り差しやかち上げをやると脇が空くから簡単に相手が勝てるようになるのであって、それで勝てないのであれば相手が悪い」という趣旨の持論を展開した。 2018年3月場所前ののコラムによると、基本的に怪我の影響がなければ、簡単に叩きを食う力士ではないという。 2019年1月場所あたりになると相手も弱体化した白鵬の前では雰囲気に飲まれることも無くなっており、2019年3月場所前の相撲雑誌のコラムで舞の海がこれを指摘していた。 勝負勘、体の柔らかさはベテランの域になっても健在で、2019年3月場所中日の栃煌山戦では背中を見せた状態から小手投げで勝つという形でそれらを発揮している。 感染拡大の影響が依然強かった2020年7月場所では「今場所は稽古の制約があって、どの力士も稽古不足気味。 そんな状況では経験豊富な白鵬が有利かもしれない」と評された。 人物・エピソード [ ] 土俵上の記録・合い口 [ ]• 2010年9月場所まで、過去14日目で全勝だった8場所は全て千秋楽で勝利、合計8回の全勝優勝を果たしていた。 しかし2011年11月場所千秋楽は大関把瑠都に敗れ、9回連続での全勝はならなかった。 さらに2012年7月場所千秋楽では、14戦全勝対決で大関に敗北、またも全勝優勝を逃している。 それから5場所後の2013年3月場所で、14場所ぶりに9回目の全勝を果たし 、翌5月場所で初の2桁となる10度目の全勝優勝を成し遂げる。 2015年1月場所までに、13日目での優勝決定が6回ある。 これはの4回を抜いて史上最多記録である。 2010年11月場所で地方場所を8連覇したが、2011年7月場所で優勝を逃し地方場所の連覇がストップ(歴代1位は朝青龍の9連覇。 ちなみに2004年3月場所から2010年11月場所まで地方場所では朝青龍と白鵬の二人だけの優勝が続いていた)。 なお白鵬は、横綱昇進後において11月(九州)場所は、2013年に横綱日馬富士に相星決戦で敗れて優勝を逃した時と2015年、2016年、2018年以外は全て優勝しており、歴代1位の千代の富士(8連覇)に続く6連覇(2007年 - 2012年)を含む9回の優勝を記録している。 2019年現在、白鵬が幕内対戦成績で10敗以上している力士は朝青龍、日馬富士、琴欧洲、稀勢の里の4人しかいない。 いずれも現役を退いており、白鵬が勝ち越して終わっているので、苦手力士はほぼいないと言える。 相撲中継において [ ]• でが誤って熊ヶ谷親方(元幕内)の事を「白鵬の師匠の宮城野親方」と言い間違えた事がある。 これは熊ヶ谷親方が以前宮城野を名乗っていたための間違い。 またアナウンサーが「白鵬と同じ熊ヶ谷部屋で指導する」と言い間違えたこともある。 それだけ師弟の関係が深いといえる。 なお、2010年12月24日の理事会において11代宮城野と15代熊ヶ谷との年寄名跡交換、部屋の師匠交代の勧告があり、双方が受け入れたことで、15代熊ヶ谷が12代宮城野として再び宮城野部屋の師匠に就任しているため、2015年現在では「白鵬の師匠の宮城野親方」という表現は誤りではない。 2013年3月場所千秋楽、15戦全勝インタビューの最後に白鵬自ら「1月場所中に亡くなられた大鵬さんに優勝を捧げたいと思います。 大阪の皆さん、黙祷をどうぞ宜しくお願いします」と発言、観客も揃って立ち上がり1分間の黙祷を行う。 昭和の大横綱・大鵬への黙祷終了後、白鵬はタオルで涙を拭っていた。 この時のことをNHKアナウンサーの三瓶宏志は「1分間無音というのは放送事故になりかねない。 でもこれはもうしょうがない、と思って横綱に任せて、1分たった時にお尻をポンと触って知らせて。 脂汗が出ましたね(笑)ラジオもまあ、シャッター音などが入るので結果的に大丈夫でした」と2016年のインタビューで振り返っている。 2013年9月場所で見せたに関して、右・左の順でを踏む際に、右脚を上げる前には本来の不知火型の所作の通りに左腕を横に伸ばしていたが、左脚を上げる際には右腕を上げる動作を省略していたと、相撲ファンからクレームが付けられ、に対しても異論が寄せられた。 これについて白鵬は「(自らが尊敬する大横綱である)の土俵入りに倣い、5年前から所作を変えた」としている。 2016年1月場所3日目の大相撲中継において、前相撲時代、体重が80kgだった白鵬の映像が映されたが、向こう正面解説で師匠の宮城野親方が「当時は1日に牛乳5リットルを飲ませ、丼飯3杯は食べさせた」と語った。 巡業・トークショー・相撲関連のイベント [ ]• 2012年5月場所、モンゴル力士のパイオニアが初優勝をしたときのパレード旗手を務めた。 一方、2014年11月場所で大鵬と並ぶ32回目の優勝を達成したとき、さらに旭天鵬が現役最後となった2015年7月場所のときは、旭天鵬がパレード旗手を務めた。 2014年12月23日、ボートレース平和島で行われた「SG第29回グランプリ」 のトークショーに出演、プレゼンターを務めた。 人生で初めてボートレース場を訪れ、初めて舟券も購入。 2017年7月30日に開催された夏巡業岐阜場所では、3横綱、1大関を含め13人の関取が休場。 人気力士が多数不在の中、勧進元の要請を受け、急きょ予定になかった綱締め実演を行い穴を埋めた。 2017年2月26日、京都市の上賀茂神社で奉納土俵入りとトークショーを行い、新横綱となった稀勢の里について「一番応援していたのは私」と語った。 同神社で77年前に土俵入りした双葉山にふれ「連勝を止めた安芸ノ海は横綱になった。 私の記録を止めた稀勢の里は大関でうろちょろしていたけど、なれてよかった」と笑いを誘った。 2016年の夏巡業中、日刊スポーツの記事に使う絵日記のために、20数年ぶりに絵を描いた。 「ちゃんと絵を描くのは間違いなく、20数年ぶり」と苦笑しながら選んだのは、当時描いていた「架空の花」。 この絵の特長は、花なのに花びらがないところ。 色鉛筆とマジックを使い分けて色鮮やかに仕上げていった。 日馬富士は見守りながら「おもしろい。 才能あるな。 絵は、その人の性格がよく出るんですよ。 勝負師の色だな。 横綱(白鵬)の性格がよく出ている」と大絶賛。 引退後の親方・帰化 [ ] 現役引退後には日本で親方になる考えを持っており、その要件について以下のような考えを表明している。 モンゴルのまま親方になりたいとの考えを公言している。 白鵬のがスムーズに進まないのは、北の富士の著書によると、モンゴルでは家督を次男が継ぐという慣習がその背景にある。 が規定する親方となるための日本国籍要件について、に放送されたモンゴルの『の100人の偉人』におけるとの対談にて「今まで帰化せずに土俵に立ってきた。 (親方として)教えるために、なぜ帰化しないといけないのか?」「入口はあるけど、出口がない」など批判を込めた見解を表明した。 その後、白鵬はモンゴル政府に対し、日本国籍取得のためにモンゴル国籍離脱を申請していたが、2019年6月、モンゴル当局により国籍離脱が認められ、日本国籍取得に向けての進捗が見られた。 9月3日に日本国籍を取得して、日本へのを果たした。 これにより現役引退後に親方として日本相撲協会に残る資格を得た。 その他相撲関連 [ ]• 前述の通り白鵬の横綱土俵入りは不知火型を選択したが、2011年12月4日に双葉山生誕100年を記念して、ので行なわれた奉納相撲では、双葉山に敬意を表して雲龍型の土俵入りを自ら提案し行なった• の色は1月から茶色。 これは、現役では唯一である。 入幕後はえんじ色や浅黄色の締め込みをしていた。 2015年7月場所の9日目の逸ノ城との対戦に勝利した際に、勝負が決まった後に逸ノ城の顎に右手でアッパーをしたことで、土俵下で審判長を務めた藤島審判部副部長から苦言を受けた。 2017年現在は、横綱土俵入りは一度目の四股の前は右手を長く横に残す白鵬オリジナルとも言える動作を行う。 二度目の四股は大鵬のように大きくしゃがみこんでから行い、三度目の四股は双葉山のように腕を上げる動作を省略している。 井筒部屋の元幕下・神光で実業家のによると、白鵬に限らずモンゴル人横綱の多くは柏手を打つ時に両手を左右ではなく上下に合わせる、塵手水を切った後に手のひらを返して終えずに両腕を上下させるなどモンゴル相撲の「勝利の舞」の鷲の動きに似た動きを見せるなど、大相撲や神道の伝統とは異なる動きを見せるという。 稽古の一環として付け人とモンゴル相撲を取ることがある。 2017年11月場所11日目の嘉風戦で、立ち合い不成立と思った白鵬は、立ち合い後に力を抜くと、嘉風に一気に寄り切られた。 土俵下では右手を挙げて、審判員らにアピール。 しかし、物言いはつかず、不服と思った白鵬は61秒後にようやく土俵に上がった。 嘉風が勝ち名乗りを受けて土俵を降りてからもなかなか降りず、仁王立ちでアピールした。 「まぁ1回でも見てもらいたかった」とビデオ判定を要求するポーズだったという。 「納得いかないはないけど、やっぱり呼吸が合わなかった」と話した。 2018年1月場所後の相撲雑誌の記事では、で江戸東京博物館名誉館長のから「耳をひっぱたくような張り手や肘鉄は品が無い」という趣旨のコメントをされており、さらに「ダメ押しやを振り回す動作は、『動』から『静』に戻れていない」という内容の批判をされている。 土俵外の出来事・交友関係 [ ]• 2009年8月30日、の大会を最前列の席で観戦していた白鵬は、元横綱曙らが出場した6人タッグ戦の途中、自ら立ち上がり、場外乱闘で曙が羽交い締めにしたにチョップ2発を見舞った。 後日から事実確認と抗議の電話が全日本に入り、全日本側は取締役が事実関係を認めたうえで口頭で謝罪したという。 婚姻から3年後の2010年に東京都内でを行った。 なお引退直後の朝青龍は姿を見せず、が届くのみであった。 2月27日には夫人の出身地であるにあるでも結婚披露宴を行っている。 のとはの間柄で、度々内藤の試合を観戦に訪れている。 また、白鵬が内藤の所属するを訪れたこともあるし 、逆に内藤が宮城野部屋でトレーニングを敢行したこともある。 この関係は、白鵬のライバルである朝青龍が内藤のライバルであると親密である事と、好対照を成している。 2010年7月場所は大相撲界の賭博問題によるテレビ・ラジオ中継の生放送及び天皇賜杯などの表彰自粛があったが、場所後に明仁天皇からねぎらいの書簡が送られた。 天皇が優勝力士に書簡で気持ちを伝えるのは異例のことである• 2010年12月10日、が「」として「暑」を選んだが、これに関連し、朝稽古後に報道陣が今年一年を象徴する漢字は何かと尋ねた。 白鵬は「運・夢・心」の三文字を挙げ、理由を「心で頑張って、夢をつかむ。 それには運も必要だから」と語っている。 2011年6月8日に本人公認のオフィシャル応援歌として、元・幕内力士で現在は歌手のの歌による『天運』(エイフォース・エンタテイメント、2011年)というシングルCDが発表された。 CDの発売に際しては白鵬が推薦文を寄せているほか 、CDの売り上げ金から大相撲を志す未来の力士などをに「白鵬シート」として招待する計画を予定していて、その第1弾として2011年9月場所7日目(2011年9月17日)に()の被害でから内に避難している被災者23名を両国国技館の「白鵬シート」に招待した。 2013年5月14日付で、よりに委嘱されることが決定している。 2010年からの観光大使を、2013年からは名誉観光大使を務める。 同市が味付けの発祥の地である事、の栽培でモンゴルに技術協力を行ってる事、市内のがモンゴルからの留学生を受け入れている事などが縁。 同時に、寒冷地であるモンゴルで米作りを目指す 白鵬米プロジェクトの一環で、滝川市産の縁起米 白鵬米 品種は を発売している。 白鵬本人も田植えや稲刈りにたびたび参加している。 2017年7月場所4日目には将棋棋士のが場所を観戦しており、白鵬が藤井と対面して話題となった。 9月1日の横綱審議委員会稽古総見を事実上欠席したその日の夜、のディナーショー東京公演初日にゲストとして出席。 8月27日には日本テレビ「24時間テレビ」のフィナーレにも姿を見せていた。 休場中のこの挙動を批判するメディアもあり 、相撲協会も9月28日に部屋持ちの親方で構成する師匠会で、巡業を休場する力士の行動に関して注意喚起した。 春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)は、公式行事である巡業を休むにもかかわらず、私的なイベントなどに出席することを疑問視。 「師匠の指導がなっていないということだろう。 (力士は)何で飯を食っているのか考えないと」と話した。 2017年7月場所で通算最多勝利記録を更新したことに対し、両国国技館で横綱審議委員会から特別表彰され、自ら選んだ「夢」「心」「運」の3文字を書家の仲川恭司が揮毫した記念の書を贈られた。 その際、白鵬の所持品を収めた記念館が、早ければ2018年末にも大阪市内に完成することが報道された。 2020年5月11日「懸賞金を使って世の中のために何かできないか」と考えていたところ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で「マスクが不足している」とモンゴルの関係者から連絡があったことと合わせ、日本でも依然としてマスクが不足していることから、両国の医療従事者らへ計25,000枚のマスクを寄贈した。 身体・生活習慣 [ ]• それによれば、白鵬には陸上選手のに匹敵する瞬発力や、反動を起こさずに筋肉を動かせる特技など、力士にとって理想的な身体能力が備わっているという。 中京大の湯浅景元教授は過去30年の主要力士の立合いを解析し、白鵬の飛び出しの速さは毎秒4メートルであり、ウサイン・ボルトの毎秒4. 01メートルには劣るが、大相撲では白鵬がトップで、2位が千代の富士の3. 9メートルであるという。 また立合いの際に上半身の筋力をほとんど使わず、優れた柔軟性と強靭な下半身の筋力によって巧みに相手の力を吸収してしまうという、極めて特異な技術を持っていることも明らかとなった(同番組内で、強くぶつかっても力が吸収されてしまう感覚を受けるという旨の証言をが行っている)。 2003年冬巡業において、当時幕下だった白鵬は朝青龍と30メートル走を行い2度に渡って朝青龍に勝った。 朝青龍はこれに対して「なんだ、つまんねぇ」と機嫌を悪くし、この頃から朝青龍は白鵬をライバル視するようになったという。 2012年12月30日に放送された『ジャイアントキリング!世紀の番狂わせ』 フジテレビ では現役砲丸投げ選手のと砲丸バック投げで対決。 6投目で15m98を記録したが、最後に畑瀬が17m90を記録したためジャイアントキリングはならなかった。 また、それを受けて「天皇陛下万歳」「モンゴル万歳」を行った。 遅くとも2016年10月頃から場所の間に断食を取り入れており、2017年5月場所の優勝インタビューでは血管年齢が25歳であることを明かしている。 150kg前後の肥満体型がざらである力士としては健康面で特筆すべきといえる。 報道対応 [ ]• 2010年1月場所後の2月4日、第68代横綱・朝青龍が度重なるトラブルに責任を取る形で、突如現役引退。 一人横綱となった白鵬は、宮城野部屋の緊急記者会見で「事実ですけど信じたくない。 同じモンゴル出身の目標であり、自分を引っ張ってくれる横綱だった。 まだやり残した事が有るんじゃないか」と絶句。 また2008年5月場所千秋楽結びの一番で、朝青龍と睨み合う事件を起こした時を聞かれた際「自分が悪かったと思う…」と声を震わせるなど、ライバルの引退表明にショックを隠せず、終始大粒の涙を拭っていた。 尚その数日前、朝青龍が1月場所中知人男性を暴行したとの報道を受けた白鵬は「もし本当なら良くない事。 自分は三段目に上がった頃、先輩から『力士の手は刀になる』と教えられてきた」とコメントしている。 2019年1月場所途中に引退した稀勢の里に関しては、「つらい、大変なことなんです。 見た目は良くても、勝たないとダメ。 引退、負けるっていうのは、死ぬってこと。 託された感じになりますね」とコメントを残した。 また、稀勢の里との思い出の取り組みとして2010年11月場所2日目の63連勝を止められた一番を挙げた。 一夜明け会見拒否 [ ]• 2014年5月場所に29回目の幕内優勝を達成するも、千秋楽翌日に恒例の「一夜明け会見」を行わなかった。 このことについて様々な憶測が飛び交った。 6月5日に白鵬はブログを公開し、夫人の流産を夏場所13日目に知ったため、夫人のことを考えると会見で妊娠について質問されて子供のことを発表するというのは早すぎると判断し会見を拒否したと真相を語った。 は、白鵬と親交があったため会見拒否の理由を知っており、報道のあり方について 「本当に歯がゆかった」と語った。 またなどが続々とコメントをよせるなどの反響があったが憶測報道した各誌は修正記事や謝罪記事は掲載しなかった。 また、白鵬のブログには激励メッセージが1000件以上寄せられた。 審判批判問題 [ ]• 2015年1月場所で前述の優勝回数の新記録を打ち立てた白鵬だったが、翌日のに深酒で1時間遅刻し、ようやく始まった会見でインタビュアーから「全勝で優勝した気分は? 」と聞かれると、「一つ疑惑の相撲があるんですよ」と自ら話しだして、13日目の戦で取り直しとなった取り組みについて「あれは、勝ってる相撲。 帰ってビデオを見たけど、子どもが見ても分かるような相撲だもんね。 なぜ取り直しにしたか。 本当に悲しい思いでした。 もう少し緊張感を持ってやってもらいたいね」と審判を批判する発言を行った。 さらに「肌の色は関係ない。 土俵に上がってまげを結ってるなら日本の魂。 みんな同じ人間です」との存在をほのめかす発言もした。 この発言に当時の理事長は「横綱なんだから手本となる姿勢を見せてほしい」「(取り直しになった取り組みに於いては、うしろ向きな発言を批判し)横綱として、もう一丁来い!と言う堂々とした気持ちを持って欲しい」と発言し、横綱審議委員会の委員長(読売新聞グループ本社顧問)は「審判はスポーツの世界では厳正なもの。 未熟さをさらけ出している。 反省すべきは横綱本人。 自覚を十分促したい」と苦言を呈し、この勝負のビデオ担当を務めた審判委員(元関脇・寺尾)によると、相手の体が落ちる前に横綱の右足の甲が土俵についており、別の担当親方から横綱の負けとの意見も出たという。 勝負規定第6条に「足の裏以外の体の一部が早く砂についた者を負けとする」とある。 錣山委員は「相撲の流れとルールを総合すれば、取り直しが極めて妥当だ」と反論し、相撲協会の様々な人物から苦言を受け 、祝福ムードから品格問題に発展してしまった。 この騒動後に生放送番組の「」に出演して一連の騒動を謝罪したが 、相撲協会に直接謝罪をすることはなかった。 また協会としてもこれ以上問題にはしない方針となった。 年表 [ ]• 2001年3月場所 - 初土俵(一番出世)• 2004年1月場所 - 新十両• 2004年5月場所 - 新入幕• 2005年1月場所 - 新小結• 2005年3月場所 - 新関脇• 2006年5月場所 - 新大関• 2007年7月場所 - 新横綱 主な成績 [ ] 連勝記録 [ ] 2020年7月場所終了現在 自身の順位 連勝数 期間 止めた力士 備考 連勝を止めた力士の決まり手 連勝を止めた力士の番付 1 63 2010年1月場所14日目 - 2010年11月場所初日 稀勢の里 2010年3月場所 - 9月場所4場所連続全勝優勝・双葉山の69連勝に次ぐ歴代2位の記録 寄り切り 東前頭筆頭 2 43 2013年3月場所初日 - 2013年7月場所13日目 稀勢の里 2013年3月場所 - 5月場所2場所連続全勝優勝 寄り倒し 東大関 3 36 2014年11月場所7日目 - 2015年3月場所12日目 照ノ富士 2015年1月場所全勝優勝 寄り切り 東関脇 4 33 2009年1月場所11日目 - 2009年5月場所13日目 琴欧洲 2009年3月場所全勝優勝 上手投げ 西大関2枚目 2016年3月場所2日目 - 2016年7月場所4日目 宝富士 2016年5月場所全勝優勝 小手投げ 西前頭2枚目 6 30 2009年9月場所7日目 - 2010年1月場所6日目 把瑠都 2009年11月場所全勝優勝 すくい投げ 東関脇 7 25 2007年3月場所千秋楽 - 2007年7月場所9日目 琴光喜 2007年5月場所全勝優勝 上手出し投げ 東関脇 2017年5月場所初日 - 2017年7月場所10日目 御嶽海 2017年5月場所全勝優勝 寄り切り 西関脇 2018年9月場所初日 - 2019年1月場所10日目 御嶽海 2018年9月場所全勝優勝 (休場を含めるので、これは正式な記録ではない。 ) 押し出し 西小結 10 23 2010年11月場所3日目 - 2011年1月場所10日目 稀勢の里 63連勝直後からの連勝記録 押し出し 東関脇 2019年3月場所初日 - 2019年7月場所中日 逸ノ城 2019年3月場所全勝優勝 (休場を含めるので、これは正式な記録ではない。 ) 寄り切り 西前頭4枚目 12 19 2008年7月場所初日 - 2008年9月場所4日目 稀勢の里 2008年7月場所全勝優勝 押し出し 東前頭2枚目 13 18 2006年1月場所9日目 - 2006年3月場所11日目 栃東 押し出し 東大関 2013年9月場所11日目 - 2013年11月場所13日目 稀勢の里 上手投げ 東大関 15 16 2011年1月場所12日目 - 2011年5月技量審査場所12日目 日馬富士 2011年3月場所は八百長問題により中止 寄り切り 西大関2枚目 2011年9月場所14日目 - 2011年11月場所14日目 把瑠都 はたき込み 東大関 17 15 2018年9月場所初日 - 2018年9月場所千秋楽 2018年9月場所全勝優勝・11月場所全休のため連勝ストップ 2019年3月場所初日 - 2019年3月場所千秋楽 2019年3月場所全勝優勝・5月場所全休のため連勝ストップ 19 14 2012年7月場所初日 - 2012年7月場所14日目 日馬富士 寄り切り 西大関2枚目 2014年1月場所初日 - 2014年1月場所14日目 鶴竜 寄り倒し 西大関 2014年5月場所12日目 - 2014年7月場所10日目 豪栄道 浴びせ倒し 東関脇 2014年7月場所14日目 - 2014年9月場所12日目 豪栄道 寄り切り 西大関2枚目 2019年11月場所3日目 - 2020年1月場所初日 遠藤 切り返し 東前頭筆頭 24 13 2020年3月場所13日目 - 2020年7月場所10日目 大栄翔 2020年5月場所は新型コロナ感染拡大防止により中止。 押し出し 東小結 25 12 2007年3月場所2日目 - 2007年3月場所13日目 朝青龍 はたき込み 東横綱 2008年11月場所13日目 - 2009年1月場所9日目 日馬富士 寄り切り 東大関3枚目 2014年3月場所初日 - 2014年3月場所12日目 琴奨菊 寄り倒し 西大関 2015年11月場所初日 - 2015年11月場所12日目 日馬富士 寄り倒し 東横綱2枚目 29 11 2009年5月場所千秋楽 - 2009年7月場所11日目 琴光喜 寄り切り 西大関2枚目 2011年9月場所初日 - 2011年9月場所11日目 稀勢の里 小手投げ 西関脇 31 10 2006年5月場所6日目 - 2006年5月場所千秋楽 朝赤龍 送り倒し 東小結 2008年9月場所6日日 - 2008年9月場所千秋楽 安美錦 下手投げ 西小結 2008年11月場所2日目 - 2008年11月場所11日目 安馬(後の横綱日馬富士) 下手投げ 東関脇 2011年7月場所初日 - 2011年7月場所10日目 琴奨菊 寄り切り 東関脇 2012年1月場所14日目 - 2012年3月場所中日 鶴竜 上手投げ 東関脇 2012年11月場所初日 - 2012年11月場所10日目 琴欧洲 寄り切り 西大関2枚目 2014年5月場所初日 - 2014年5月場所10日目 豪栄道 押し出し 東関脇 2015年5月場所2日目 - 2015年5月場所11日目 豪栄道 首投げ 西大関2枚目 2016年1月場所初日 - 2016年1月場所10日目 琴奨菊 押し出し 東大関2枚目 2017年11月場所初日 - 2017年11月場所10日目 嘉風 寄り切り 西関脇 2019年1月場所初日 - 2019年1月場所10日目 御嶽海 押し出し 西小結• 上記の通り、正式な記録において、10連勝以上39回、20連勝以上9回、30連勝以上6回、40連勝以上2回記録している。 いずれの記録も歴代1位である。 ただし、 書きで明記されている記録は休場を含めるので正式な記録ではない。 休場を含める記録だと、10連勝以上39回 2回は間に休場含む 、20連勝以上11回 2回は間に休場含む 、30連勝以上6回、40連勝以上2回記録している。 これらの記録も歴代1位である。 連続優勝(連覇) [ ] 2020年7月場所終了現在 自身の順位 連覇 連続優勝期間 止めた力士(次場所優勝力士) 備考 連覇が止まった場所の次場所優勝力士の番付 1 7 2010年3月場所 - 2011年5月場所 日馬富士 2010年3月場所 - 2010年9月場所4場所連続全勝優勝(歴代2位・15日制以降では歴代1位)。 63連勝も記録(歴代2位・15日制以降では歴代1位)。 横綱朝青龍に並ぶ7連覇を記録(歴代1位タイ)。 また、2011年3月場所は八百長問題により中止。 西大関 2 6 2014年5月場所 - 2015年3月場所 照ノ富士 2015年1月場所全勝優勝。 また、36連勝も記録したが、照ノ富士に止められた。 2度目の6連覇以上達成(横綱大鵬に並ぶ大記録)。 東関脇 3 4 2013年3月場所 - 2013年9月場所 日馬富士 2013年3月場所 - 2013年5月場所2場所連続全勝優勝。 また、43連勝も記録したが、当時大関の稀勢の里に止められた。 2度目の40連勝以上を達成したのは、大相撲史上初の快挙。 西横綱 4 3 2007年9月場所 - 2008年1月場所 朝青龍 当時、自身初の3連覇達成。 西横綱 2008年7月場所 - 2008年11月場所 朝青龍 2008年7月場所全勝優勝。 当時、自身2度目の3連覇達成。 西横綱 6 2 2007年3月場所 - 2007年5月場所 朝青龍 2007年5月場所全勝優勝。 当時、自身初の2連覇達成で横綱昇進を決めた。 東横綱 2011年9月場所 - 2011年11月場所 把瑠都 2011年11月場所から2012年1月場所まで2場所連続で千秋楽結びで対戦し、2011年11月場所では白鵬の全勝優勝を把瑠都が阻止し、2012年1月場所では把瑠都の全勝優勝を白鵬が阻止した。 東大関 2016年3月場所 - 2016年5月場所 日馬富士 2016年5月場所全勝優勝。 また、33連勝も記録したが、宝富士に止められた。 2016年3月場所初日に止めた力士である宝富士に敗れてからの33連勝なので、大相撲史上初の出来事。 東横綱2枚目 2017年5月場所 - 2017年7月場所 日馬富士 2017年5月場所全勝優勝。 また、25連勝も記録したが、御嶽海に止められた。 西横綱• 白鵬は、7連覇以上1回、6連覇以上2回、5連覇以上2回、4連覇以上3回、3連覇以上5回、2連覇以上9回記録している。 いずれも歴代最多記録である。 スピード記録 [ ] 2020年7月場所終了現在• 関取昇進:18歳9か月(歴代5位)• 幕内昇進:19歳1か月(歴代4位)• 三役昇進:19歳9か月(歴代3位)• 大関昇進:21歳0か月(歴代3位)• 横綱昇進:22歳2か月(歴代3位)• 初優勝:21歳2か月(歴代4位)• 初の全勝優勝:22歳2か月(歴代2位)• 初の三賞受賞:19歳2か月(歴代2位)• 初金星:19歳8か月(歴代2位)• 初土俵から大関昇進までの所要場所数:31場所(歴代10位・年6場所制以降の初土俵力士の中では歴代9位)• 初土俵から横綱昇進までの所要場所数:38場所(歴代4位・年6場所制以降の初土俵力士の中では歴代3位)• 初土俵から初優勝までの所要場所数:32場所(歴代8位) 通算成績 [ ] 2020年7月場所終了現在• 通算成績:1170勝246敗166休(115場所)通算勝星は歴代1位• 通算勝率:. 826• 幕内成績:1076勝198敗166休(96場所)幕内勝星は歴代1位• 幕内勝率:. 845• 横綱成績:882勝128敗145休(77場所)横綱勝星は歴代1位• 横綱勝率:. 873(歴代2位・15日制以降では歴代1位)• :202勝23敗(15場所)番付上1人横綱勝星は歴代2位• 898(歴代1位)• :619勝86敗90休(53場所)東横綱勝星は歴代1位• 東横綱勝率:. 878(歴代1位)• 大関成績:73勝17敗15休(7場所)• 大関勝率:. 811• :14勝1敗(歴代1位)• 新大関勝率:. 933(歴代2位・15日制以降では歴代1位)• 三役成績:69勝30敗6休(7場所)• 三役勝率:. 698• :11勝4敗(歴代6位タイ・年6場所制以降では歴代3位タイ)• 新三役勝率:. 733(歴代6位タイ・年6場所制以降では歴代3位タイ)• 関脇成績:49勝20敗6休(5場所)• 関脇勝率:. 711• 小結成績:20勝10敗(2場所)• 小結勝率:. 667• :11勝4敗(歴代4位タイ・年6場所制以降では歴代3位タイ)• 新小結勝率:. 733(歴代4位タイ・年6場所制以降では歴代3位タイ)• 前頭成績:52勝23敗(5場所)• 前頭勝率:. 693• :12勝3敗(歴代4位タイ)• 新入幕勝率:. 800(歴代4位タイ)• 十両成績:21勝9敗(2場所)• 十両勝率:. 700• 幕下成績:25勝10敗(5場所)• 幕下勝率:. 714• 三段目成績:26勝16敗(6場所)• 三段目勝率:. 619• 序二段成績:14勝7敗(3場所)• 序二段勝率:. 667• 序ノ口成績:8勝6敗(2場所)• 序ノ口勝率:. 571• :史上8人目• :63連勝(歴代2位・15日制以降では歴代1位)• :63連勝(歴代1位)• :63連勝(歴代1位)• :63連勝(歴代1位)• :63連勝(歴代1位)• :10回(歴代1位)• 2007年(74勝16敗)、2008年(79勝11敗)、2009年・2010年(86勝4敗・最多勝星で歴代1位)、2011年(66勝9敗)、2012年(76勝14敗)、2013年(82勝8敗)、2014年(81勝9敗)、2015年(66勝12敗12休)、2017年(56勝9敗25休・少数勝星で歴代2位)• :9年(2007年 - 2015年・歴代1位)• :88勝2敗(2010年3月場所 - 2011年1月場所・歴代1位)• :4回(2009年、2010年、2013年、2014年。 歴代1位)• :10回(2007年 - 2015年、2019年。 歴代1位)• :9年(2007年 - 2015年・歴代1位)• :51場所(2007年1月場所 - 2015年7月場所・歴代1位)• :51場所(2007年1月場所 - 2015年7月場所・武蔵丸の55場所に次ぎ、歴代2位。 白鵬は幕内のみ)• :50場所(歴代1位)• :10場所(2013年3月場所 - 2014年9月場所・歴代1位)、7場所(2011年1月場所 - 2012年3月場所・歴代2位)• :2場所(2004年5月場所 - 2004年7月場所。 歴代3位タイ・年6場所制以降では歴代2位タイ。 :51場所(2007年1月場所 - 2015年7月場所・歴代1位)• :78場所(歴代1位)• :77場所(歴代1位)• :66場所(歴代1位)• :22場所(2008年7月場所 - 2012年3月場所・歴代1位)、17場所(2012年7月場所 - 2015年3月場所・歴代2位)• :64場所(歴代1位)• :9場所(2008年7月場所 - 2009年11月場所・歴代1位)• :52場所(歴代1位)• :6場所(2009年1月場所 - 2009年11月場所、2010年3月場所 - 2011年1月場所・歴代1位)(2009年・2010年は、年間86勝を達成している。 :38場所(歴代1位)• :4場所(2010年3月場所 - 2010年9月場所・歴代2位)(15日制後は歴代1位、同年は63連勝も記録)• :4場所(2010年・歴代1位)• :9場所(2008年7月場所 - 2009年11月場所・貴乃花と並んで歴代1位タイ)• :27場所(2007年9月場所 - 2012年3月場所・歴代1位)、19場所(2012年7月場所 - 2015年7月場所・歴代2位)• :史上10人目• :史上唯一• :史上3人目• :史上唯一•

次の