いきなりステーキ サラダバー。 「いきなり!ステーキ」サラダバーなどの実施店舗を22日から拡大

『ステーキけん』の井戸実社長が「カウボーイ家族へ行け」と言うので実際に行ってみたぞッ!!

いきなりステーキ サラダバー

量り売りステーキのパイオニア「いきなり! ステーキ」は苦境に立たされている。 店舗限定で60分食べ放題を実施するも、価格設定で、ライバルのとの見方もある。 そんななかで、いきなり! ステーキはまた新たな1手を講じていたことは判明した。 1店舗限定で「サラダバー & スープバー」のテスト導入に踏み切ったのである!! そうだよ、それ! なぜ今までなかったんだッ! そういうのを待ってたんだよ。 実際に行ってみると……ちょっと待って、 もしかしてこれってアレじゃないの? ・研修センター店 テスト導入を始めたのは、東京・錦糸町の墨田太平店である。 ここはちょっと変わったお店で、 ランチ時は研修センター店として機能している。 店頭には、あのが掲げられている。 このメッセージが掲げられているのを見ると、何だか安心するのは気のせいだろうか? 気のせいだな、うん。 ここは研修センター店と称されるだけあって、ランチ時にサービスを行うのは研修生だ。 したがって、 ランチのメイン商品を100円引きで提供する、ちょっぴりお得なお店である。 通常1390円(税別)のワイルドステーキを1290円(税別)で食べることができる。 注文するのは当然そのワイルドステーキだ。 いきなり! ステーキで肉食うなら、絶対ワイルドステーキだろ! ・サラダバーが…… さて、ランチメニューにはライス・サラダ・スープが付いてくる。 ここではサラダ・スープバーが導入されているので、ランチ時はこれらを利用する。 なお単品オーダーの場合は、ライス・サラダバー・スープバーは200円(税別)となっている。 またディナー時は、単品サラダバー180円(税別)、単品スープバー180円(税別)。 ライスが200円(税別)。 ライス・サラダバー・スープバーのすべてを付けると480円(税別)とのことだ。 サラダバーといえば、「ロードサイドのハイエナ」と呼ばれた『ステーキけん』が有名だ。 そのほか、ステーキレストランや、など、私の知る限りではステーキレストランがサラダバーを備えているのは一般的で、むしろなぜ今までいきなりにサラダバーがなかったのか、不思議に思う。 元が立ち食いで、サクっと肉を食うことをコンセプトにしていたため、スペースを節約するためにサラダバーを設けていなかったのかもしれない。 だが、これからを見据えると、全店で導入した方が良いのではないだろうか。 さて、そのサラダ・スープバーなのだが……。 サラダの品ぞろえは、プチトマト・わかめ・キャベツ・レタス・ポテサラ。 ランチ時はサラダもスープもおかわり不可。 おかわり自由ではない。 つまりこれって……。 ただのセルフサービスじゃないの!? 個人的には「バー」と聞くと、ドリンクバーのように好きものを好きなだけおかわりできる感覚なのだが、ここでは1回しか盛れない。 スープもコーンポタージュとビーフスープの2種が用意されているのに、どちらか一方を1回しか取ることができないのである。 やっぱりただのセルフサービスだよね……。 わかる、わかるよ、いろいろ大変なのは。 でもこれなら従来通りの方が、客としては有難いかな~……なんて思ってしまう。 ・応援してるぞ! そもそも、勝手におかわり自由と考えた私が悪い。 悪いのだが、他店では豊富な種類の野菜を並べたサラダバーを備えていいる。 現状でそこと太刀打ちするのはかなり厳しいと思うので、今後サラダバーの内容が充実することを願ってやまない。 がんばれ! いきなり! ステーキッ!! ・今回訪問した店舗の情報 店名 いきなり! ステーキ 墨田太平店 住所 東京都墨田区太平4-14-2 営業時間 11:00~15:00 18:00~23:00 土日祝11:00~23:00 (ランチ時は研修センター店として営業) Report: Photo:Rocketnews24.

次の

いきなり!ステーキ、サラダバー・スープバー・ライスバーの実施店舗拡大、「美味しいステーキと新鮮なサラダ、炊き立てのライスを」(食品産業新聞社ニュースWEB)いきなり!ステーキがサラダバー・スープバー…|dメニューニュース(NTTドコモ)

いきなりステーキ サラダバー

量り売りステーキのパイオニア「いきなり! ステーキ」は苦境に立たされている。 店舗限定で60分食べ放題を実施するも、価格設定で、ライバルのとの見方もある。 そんななかで、いきなり! ステーキはまた新たな1手を講じていたことは判明した。 1店舗限定で「サラダバー & スープバー」のテスト導入に踏み切ったのである!! そうだよ、それ! なぜ今までなかったんだッ! そういうのを待ってたんだよ。 実際に行ってみると……ちょっと待って、 もしかしてこれってアレじゃないの? ・研修センター店 テスト導入を始めたのは、東京・錦糸町の墨田太平店である。 ここはちょっと変わったお店で、 ランチ時は研修センター店として機能している。 店頭には、あのが掲げられている。 このメッセージが掲げられているのを見ると、何だか安心するのは気のせいだろうか? 気のせいだな、うん。 ここは研修センター店と称されるだけあって、ランチ時にサービスを行うのは研修生だ。 したがって、 ランチのメイン商品を100円引きで提供する、ちょっぴりお得なお店である。 通常1390円(税別)のワイルドステーキを1290円(税別)で食べることができる。 注文するのは当然そのワイルドステーキだ。 いきなり! ステーキで肉食うなら、絶対ワイルドステーキだろ! ・サラダバーが…… さて、ランチメニューにはライス・サラダ・スープが付いてくる。 ここではサラダ・スープバーが導入されているので、ランチ時はこれらを利用する。 なお単品オーダーの場合は、ライス・サラダバー・スープバーは200円(税別)となっている。 またディナー時は、単品サラダバー180円(税別)、単品スープバー180円(税別)。 ライスが200円(税別)。 ライス・サラダバー・スープバーのすべてを付けると480円(税別)とのことだ。 サラダバーといえば、「ロードサイドのハイエナ」と呼ばれた『ステーキけん』が有名だ。 そのほか、ステーキレストランや、など、私の知る限りではステーキレストランがサラダバーを備えているのは一般的で、むしろなぜ今までいきなりにサラダバーがなかったのか、不思議に思う。 元が立ち食いで、サクっと肉を食うことをコンセプトにしていたため、スペースを節約するためにサラダバーを設けていなかったのかもしれない。 だが、これからを見据えると、全店で導入した方が良いのではないだろうか。 さて、そのサラダ・スープバーなのだが……。 サラダの品ぞろえは、プチトマト・わかめ・キャベツ・レタス・ポテサラ。 ランチ時はサラダもスープもおかわり不可。 おかわり自由ではない。 つまりこれって……。 ただのセルフサービスじゃないの!? 個人的には「バー」と聞くと、ドリンクバーのように好きものを好きなだけおかわりできる感覚なのだが、ここでは1回しか盛れない。 スープもコーンポタージュとビーフスープの2種が用意されているのに、どちらか一方を1回しか取ることができないのである。 やっぱりただのセルフサービスだよね……。 わかる、わかるよ、いろいろ大変なのは。 でもこれなら従来通りの方が、客としては有難いかな~……なんて思ってしまう。 ・応援してるぞ! そもそも、勝手におかわり自由と考えた私が悪い。 悪いのだが、他店では豊富な種類の野菜を並べたサラダバーを備えていいる。 現状でそこと太刀打ちするのはかなり厳しいと思うので、今後サラダバーの内容が充実することを願ってやまない。 がんばれ! いきなり! ステーキッ!! ・今回訪問した店舗の情報 店名 いきなり! ステーキ 墨田太平店 住所 東京都墨田区太平4-14-2 営業時間 11:00~15:00 18:00~23:00 土日祝11:00~23:00 (ランチ時は研修センター店として営業) Report: Photo:Rocketnews24.

次の

いきなり!ステーキが「サラダ・スープ・ライスバー」導入店舗を倍増! 「美味しいステーキと新鮮なサラダ、炊き立てのライスをたくさんお召し上がりください」

いきなりステーキ サラダバー

いきなり! ステーキがサラダバー・スープバー・ライスバーの実施店舗を拡大 画像は店舗外観 ペッパーフードサービス 東京都墨田区、一瀬邦夫社長 が展開する「いきなり! ステーキ」は6月22日から、「サラダバー・スープバー・ライスバー」の実施店舗を拡大する。 いきなり! ステーキのサラダバー・スープバー・ライスバー いきなり! ステーキの「サラダバー・スープバー・ライスバー」は、これまで13店舗でテスト販売を行ってきた。 6月22日からは新たに15店舗を加え、合計28店舗で販売を実施する。 提供価格は480円 以下税別 、お代わり可。 ランチタイムは1回のみ利用200円で、プラス280円でおかわり可となる。 メニュー内容は、スープはビーフスープ、サラダは5種類。 ただし、日によって変更となる場合がある。 いきなり! ステーキ「サラダバー・スープバー・ライスバー」概要 いきなり! ステーキは、「美味しいステーキと新鮮なサラダ、炊き立てのライスをたくさんお召し上がりください」「世の中の動向を見つつ、よりお食事を安心して楽しんで頂ける環境を提供出来ればと思います」などとしている。

次の