奈良鹿。 奈良公園

シカについて/奈良県公式ホームページ

奈良鹿

どうして鹿せんべい売り場を襲わないの? そんな鹿せんべいについて、僕は長年ある疑問を抱えてきました。 これです。 奈良のシカは鹿せんべいが大好き ピンとこない方もおられるかもしれませんが、奈良公園に約1200頭いる野生の鹿は、人間に慣れていて、近づいてもほとんど見向きもしません。 かなり強めに寄ってきます。 奈良公園の鹿は、鹿せんべいを猛烈に欲しているのです。 しかし!! これは売り場で鹿せんべいを購入しているところなのですが、 けっこう無造作に置かれているんですよね、鹿せんべい。 でも鹿は、売り場は襲わずに、観光客が購入するのを待ってから貰いにきます。 ・ ・ ・ ・ ・ なんで観光客が購入するのを待ってから襲うの? そんなに欲しいなら普通売り場を襲わない? もしかして 忖度してる? 鹿に裏金でも流れてるの? と、どんどん疑問が湧いてくるわけです。 販売員の方に聞いてみた。 というわけで聞いてみました。 そうですね。 ただあくまで野生なので、後ろを向いている隙に食べられることはありますね。 きちんと目を向けていれば基本は大丈夫です。 なるほど。 奈良公園の鹿は、売り場を襲うことは襲う。 でも、観光客がいるときはそちらからもらった方が楽だということを知っているから、売り場を襲うシーンを目撃することがほとんどない。 ということでした。 かわいい。 口で言って聞かせてみた。 それにしても鹿ってかしこいんですね。 どうやら目を見て口で伝えれば、きちんと伝わるようです。 というわけで試してみます!! 「待て!」 「あ、待ちなさい!!」 「待てってば!!!」 食べられました。 ただ、こいつが極端に食いしん坊なだけかもしれません。 僕も「待て」は苦手です。 一頭だけではまだわからないのでもう一頭試してみましょう。 「いいか? 待てよ。 」 「待てよぉ!!」 「待てって言っただろ!」 「もう!!ばーか!ばーか!!」 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 現場からは以上です。 奈良のシカについてもっと聞いてみた。 というのも、鹿せんべいの売り上げの一部は、「奈良のシカ」の保護活動に活用されているらしいのです。 ちなみにこの鹿苑では鹿にドングリをあげることができます。 金網越しに転がすだけなので、鹿せんべいを直接あげるのが怖いというお子さんなんかにはオススメです。 ちなみに奈良公園はすごく広くて、鹿苑は入口からかなり遠いので、駐車する位置には気を付けてください。 鹿どうしで角をぶつけ合うシーンも それから衝撃的だったのがこれ。 一頭の鹿の胃の中から出てきたゴミです。 インクの付いた紙なども問題(鹿せんべいについている証紙は100%パルプで大豆インクを使用しているため害がない)ですが、それ以上に ビニールなどは消化できないので、食べたら食べただけ胃の中に溜まっていきます。 これが原因で即死することはほとんどありませんが、胃の中がゴミで埋まると、食べ物が入るスペースがなくなって衰弱して行ったり、ひどい場合は窒息死することもあります。 ポイ捨てはもちろん全てダメですが、特にビニールは絶対に捨てないでください。 奈良のシカの歴史 こちらは奈良のシカの歴史。 実際に見てもらえればわかると思いますが、江戸時代や明治時代の鹿の頭数などの記録が正確に残っていて驚きます。 奈良の鹿愛護会自体が発足したのは1947年ですが、それ以前から春日大社であったり別の保護団体であったりが継続して奈良のシカの保護、頭数調査などを行ってきていたのだそう。 その伝統を受け継いで、奈良の鹿愛護会も毎年7月の15日16日に、奈良のシカの頭数調査を行っています。 ここ20年ほどはずっと1100頭~1200頭ほどらしい。 この頭数調査はボランティアの方の協力の下行っていますが、これも奈良の鹿愛護会の大切なお仕事です。 まとめ 「奈良公園の鹿はどうして鹿せんべい売り場を襲わないの?」という少しふざけた疑問から始まった取材でしたが、最終的にものすごく真面目なお話を聞くことができました。 記事としては、なんだかタイトルで釣ってしまったみたいになって申し訳ないです。 ただ、取材中にも鹿が車に轢かれそうになる、危ないシーンを何度か見かけました。 すでに「奈良のシカ」は観光化しており、歴史的に見ても奈良市のこの場所から鹿がいなくなることはまず無いでしょう。 そうなると、どれだけ上手く共生していくか、ということが大切なのだと思います。 車に轢かれたら、鹿がかわいそうっていうことはもちろん、乗車している人がけがをするかもしれないし、車の修理だって当事者になってみたらバカにならない問題だと思います。 鹿の角を切る人がいなかったらケガをする人も出てくるだろうし(戦前にも、動物愛護の観点から角きりをやめた後に、角でケガをする人が続出して社会問題となり、角きりが再開されたという過去があります。 )、野生の鹿とは言え、角きりも必要だと思います。 あとやっぱり鹿かわいい。 なんかそういう諸々を含めて、とりあえず気持ちだけですけど、100円だけ募金しておきました。 ちなみに奈良の鹿愛護会のHPからも寄付はできるみたいなので、寄付するしないはともかく、どんな活動してるのか、ってことは知ってもらえると嬉しいので、ぜひ覗いてみてください。 (おわり).

次の

奈良公園の鹿って、なんで鹿せんべい売り場を襲わないの?もしかして忖度してるの?

奈良鹿

奈良の鹿たちが、観光客が減ったことでお腹を空かせているという噂は、まあデマですよという話は通りだ。 鹿たちはきょうも元気に、自らエサを求めて市井を闊歩している。 あっちをウロウロ、こっちをウロウロ。 ウロウロウロウロ…… ……ん? いや、待てよ。 ちょっとウロつき過ぎではないか?? 「今までこんなところ来たことなかったやろ!」という、奈良公園から離れた場所でたびたび姿を見かけるようになったのだ。 もしやエサを求めるあまり、行動範囲が拡大しているのではないだろうか。 このままでは、奈良公園から鹿がいなくなっちゃうんじゃないの!? ・奈良公園化の外に出はじめた鹿たち 鹿の勢力拡大について、そのように感じているのは記者だけではないらしい。 SNSをのぞくと「こんなところにも鹿が!」という投稿を、頻繁(ひんぱん)に見かけるのだ。 先日なんて、奈良公園から離れた民家の車庫で優雅に雨宿りしている鹿の写真を、知人がアップしていた。 鹿が道路を横切れば、例え信号無視することになっても鹿優先。 庭の草を食べられようが選挙ポスターを噛みちぎられようが、文句は言わない。 だって、文句を言ったってシカたがないからな。 鹿は可愛いし、神様を乗せて来たとされる大切な存在だ。 なので、基本的には鹿が何をしていようと何処にいようと、問題ではない。 問題ではないのだが、フトしたきっかけに「奈良公園以外の草の方が美味しい」とか思っちゃうんじゃなかろうか。 このまま 奈良を捨てて、外に飛び出してしまったらどうしよう。 鹿のいない奈良なんて、アイデンティティの崩壊も良いところである。 「鹿が奈良公園からいなくなってしまうような可能性は、ありますか」と。 以前にも何度か紹介している通り、同会には奈良の鹿のスペシャリストたちが勢ぞろいしているのだ。 ・いなくならないよ 電話対応をしてくださった同会職員いわく、やはり 鹿の行動範囲は広まっているとのこと。 鹿は怖がりな生きものらしく、人が大勢いる場所には積極的に出向かないそうなのだ。 コロナ禍により観光客をはじめ、市民も外を出歩かなくなった。 そのため、鹿たちは心置きなく出歩いているのだろうという話だった。 そもそも現在の奈良公園は、人が暮らし始めるよりずっと前から、鹿の生息地だったという。 人のほうが、鹿の住居に棲まわせてもらってるんだな。 柵がある訳ではないので、もちろん外に出ることはあるだろうが、生息地が大きく変化することはないようだ。 それを聞いて、ほっと一安心。 とんだ杞憂だったようだ。 考え方が、人間目線過ぎたというべきかもしれない。 鹿たちよ。 どうか今後も人間は大人しくしているので、この地で健やかに暮らしてくれよな! Report: Photo:Rocketnews24.

次の

奈良公園に実在した悲劇のヒロイン、鹿の白ちゃん

奈良鹿

奈良の鹿たちが、観光客が減ったことでお腹を空かせているという噂は、まあデマですよという話は通りだ。 鹿たちはきょうも元気に、自らエサを求めて市井を闊歩している。 あっちをウロウロ、こっちをウロウロ。 ウロウロウロウロ…… ……ん? いや、待てよ。 ちょっとウロつき過ぎではないか?? 「今までこんなところ来たことなかったやろ!」という、奈良公園から離れた場所でたびたび姿を見かけるようになったのだ。 もしやエサを求めるあまり、行動範囲が拡大しているのではないだろうか。 このままでは、奈良公園から鹿がいなくなっちゃうんじゃないの!? ・奈良公園化の外に出はじめた鹿たち 鹿の勢力拡大について、そのように感じているのは記者だけではないらしい。 SNSをのぞくと「こんなところにも鹿が!」という投稿を、頻繁(ひんぱん)に見かけるのだ。 先日なんて、奈良公園から離れた民家の車庫で優雅に雨宿りしている鹿の写真を、知人がアップしていた。 鹿が道路を横切れば、例え信号無視することになっても鹿優先。 庭の草を食べられようが選挙ポスターを噛みちぎられようが、文句は言わない。 だって、文句を言ったってシカたがないからな。 鹿は可愛いし、神様を乗せて来たとされる大切な存在だ。 なので、基本的には鹿が何をしていようと何処にいようと、問題ではない。 問題ではないのだが、フトしたきっかけに「奈良公園以外の草の方が美味しい」とか思っちゃうんじゃなかろうか。 このまま 奈良を捨てて、外に飛び出してしまったらどうしよう。 鹿のいない奈良なんて、アイデンティティの崩壊も良いところである。 「鹿が奈良公園からいなくなってしまうような可能性は、ありますか」と。 以前にも何度か紹介している通り、同会には奈良の鹿のスペシャリストたちが勢ぞろいしているのだ。 ・いなくならないよ 電話対応をしてくださった同会職員いわく、やはり 鹿の行動範囲は広まっているとのこと。 鹿は怖がりな生きものらしく、人が大勢いる場所には積極的に出向かないそうなのだ。 コロナ禍により観光客をはじめ、市民も外を出歩かなくなった。 そのため、鹿たちは心置きなく出歩いているのだろうという話だった。 そもそも現在の奈良公園は、人が暮らし始めるよりずっと前から、鹿の生息地だったという。 人のほうが、鹿の住居に棲まわせてもらってるんだな。 柵がある訳ではないので、もちろん外に出ることはあるだろうが、生息地が大きく変化することはないようだ。 それを聞いて、ほっと一安心。 とんだ杞憂だったようだ。 考え方が、人間目線過ぎたというべきかもしれない。 鹿たちよ。 どうか今後も人間は大人しくしているので、この地で健やかに暮らしてくれよな! Report: Photo:Rocketnews24.

次の