日立 造船 有明 工場。 大機ゴム工業が解散へ 日立造船 柏工場売却で

大機ゴム工業が解散へ 日立造船 柏工場売却で

日立 造船 有明 工場

建設コンセプトは「作業者にやさしいブラスト・塗装工場」です。 ・作業中のクリーン酸素(エアーフィルター) ・塗装工場の採光 ・設備間を行ききできる点検用ステージ 本工場は主に舶用ディーゼルエンジンの部品と圧力容器の塗装に使用されます。 ブラスト工場内部は間仕切り壁を除き、鋼板で内壁と床を造りブラスト処理に耐える構造になってます。 最高高さ:19. 150m ブラスト工場:約41. 000x22. 000=902㎡ 塗装工場:約41. 000x21. 200=869㎡ 機械室:約20. 500x8. 90㎡ 竣工 2018年 設計施工.

次の

プロセス機器|Hitz 日立造船株式会社

日立 造船 有明 工場

, Ltd. is a newly. copstructed shipyard to build large vessels up to VLCC and ULCC. The fundamental policy on the planning of the yard is to realize the most modern shipyard for building large vessels with high productivity, well in harmony with the community and the natural environment where the yard is situated. Technical studies and investigations were made as part of the planning under the policy, on more than seventy kinds of subjects. The shipyard planning began in 1969 and the construction of the yard completed in Oct. 1974, followed by the delivery of a D. 235,000 tonner as the first VLCC built at the yard in Dec. 1974. The results obtained through the technical studies and investigations are reported in this paper. 1960~1969 4• 1970~1979 20• 1970 2• 1971 2• 1972 2• 1973 2• 1974 2• 1975 2• 1976 2• 1977 2• 1978 2• 1979 2• 1980~1989 20• 1990~1999 18• ndl. ndl. ndl. , Ltd. is a newly. copstructed shipyard to build large vessels up to VLCC and ULCC. The fundamental policy on the planning of the yard is to realize the most modern shipyard for building large vessels with high productivity, well in harmony with the community and the natural environment where the yard is situated. Technical studies and investigations were made as part of the planning under the policy, on more than seventy kinds of subjects. The shipyard planning began in 1969 and the construction of the yard completed in Oct. 1974, followed by the delivery of a D. 235,000 tonner as the first VLCC built at the yard in Dec. 1974. The results obtained through the technical studies and investigations are reported in this paper. ndl. 印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。

次の

沿革|企業情報|Hitz 日立造船株式会社

日立 造船 有明 工場

1949年5月16日上場 略称 Hitz 本社所在地 〒559-8559 南港北一丁目7番89号 設立 (9年) (株式会社日本産業大阪鉄工所) 事業内容 、、、、、、、、などの製造販売 代表者 (兼) (代表取締役) 資本金 454億4,236万円 (2020年3月31日時点) 売上高 連結:4,024億5,000万円 (2020年3月期) 純資産 連結:1,195億円 (2020年3月31日時点) 総資産 連結:4,095億3,100万円 (2020年3月31日時点) 従業員数 連結:10,654人、単独:4,063人 (2020年3月31日時点) 決算期 会計監査人 主要株主 (信託口) 7. 現在の主力事業は環境・プラント事業であり、事業は撤退している。 概要 [ ] 商号に「」の文字が含まれるが、(平成14年)に日本鋼管(現・)との合弁で両社の船舶・海洋部門を切り離して統合したの(現・、現在は持分法適用会社ではない)を設立したことで、本社から主要事業だった造船事業を手放した。 ただし船舶用のなどの製造は継続している。 (平成18年)に子会社のの株式を売却したことにより(平成19年)度決算からにおいても造船事業が無くなった状態になっていたが、(平成21年)に再び連結対象になった。 また、かつての傘下にあったために「日立」の名を冠した商号であるが、後のによって現在ではからは離脱している。 もっとも、日立製作所とは完全に絶縁したわけではなく、日立製作所は(平成21年)時点では日立造船の第9位の大株主でもあり、両社とも旧(日産・日立グループ、春光グループ)の主要20社で組織する春光会、及び旧(現・)の融資系列で組織する及び()の会員企業である。 造船不況の打開策として手掛けた事業の多角化によって、一時期は造船会社のイメージとはかけ離れたの製造や旅行予約ウェブサイト「」の運営を行っていたこともあった。 その後、杜仲茶はへ、「旅の窓口」はへ事業売却した。 また、子会社に東証二部上場の日立造船富岡機械があったが、今後の事業展開が見込めないとして(平成16年)に通常清算(していない会社の資産を売却し残余金を株主に分配し解散させること)している。 上場会社の通常清算は極めて珍しいケースである。 他には繊維商社立川のケースがある。 日立造船自体の株式は、に上場しており(:7004)、採用銘柄の1つである。 に本社を置いているためで活動しており、日立造船首脳がで副会長などの役職を務めることもある。 沿革 [ ] 明治・大正 [ ] 創業者E. ハンター• (14年) - 六軒家新田(現・)にて、人・により、 大阪鐵工所( Osaka Iron Works)として創業。 (明治33年)4月 - 大阪市桜島町(現・此花区)にて桜島工場が操業開始。 (明治40年) - 日本初の洋式「第二捕鯨丸」を建造。 (明治41年) - 日本初の「」を建造。 (向け)• (明治44年)9月 - 因島船渠株式会社を買収し、因島工場とする。 (3年)3月 - 株式会社大阪鐵工所に改組。 代表者は、E. ハンターの子である。 (大正9年)12月 - 株式会社田原造船所より築港工場を買収。 (大正13年)6月 - 彦島船渠株式会社を買収し、彦島工場とする。 昭和 [ ] 1935年当時の大阪鐵工所櫻島工場• (2年) - (大阪市)を建設。 (昭和5年) - 向け型貨客船「」を建造。 (昭和7年) - 日本初のカーフェリーとされるの 第八・第九わかと丸(43総トン)を櫻島工場で建造。 (昭和9年)• - 現在の日立造船となる存続会社にあたる 株式会社日本産業大阪鐵工所が新たに発足。 - 株式会社大阪鐵工所は日本産業に吸収され解散。 - 日本産業大阪鐵工所が 株式会社大阪鐵工所に社名変更。 (昭和11年) - 大阪鐵工所の全株式をが取得し、同社の傘下に入る。 (昭和18年)• - 「主力を造船に注ぐため従来の名称ではあらゆる部面で不完全であり、また日立系の旗幟を明確にする」という理由から、 日立造船株式会社に社名変更。 9月 - 向島船渠株式会社と原田造船株式会社を合併し、向島工場・大浪工場とする。 12月 - 彦島工場をに譲渡。 (昭和19年)• 6月 - 神奈川造船所(後の神奈川工場)操業開始。 9月 - ミツワ製材工業株式会社を買収し、小林工場とする。 (昭和20年)3月 - 大淀工場操業開始。 (昭和21年) - の第2次指定に該当。 日立製作所グループから離脱。 (昭和24年)• 5月 - 東京・大阪証券取引所に株式上場。 9月 - 大浪工場閉鎖。 (昭和25年)9月 - 小林工場閉鎖。 (昭和26年)1月 - 大淀工場閉鎖。 (昭和38年) - 飯野重工業(旧・)を傘下とし、舞鶴重工業とする。 (昭和40年)• 日付不明 - 東洋運搬機(現在の)に資本参加(ただし、その後(平成15年)に日立建機ローダ(の子会社)へ持株を譲渡し、現在は資本参加していない)。 7月 - 堺工場が操業開始。 (昭和41年) - 桜島工場の造船事業を廃止、機械工場に特化。 (昭和46年)4月 - 舞鶴重工業を合併し、日立造船舞鶴工場として発足。 (昭和48年)4月 - 有明工場が操業開始。 (昭和61年)7月 - 築港工場閉鎖。 (昭和62年)1月 - 堺工場閉鎖。 平成 [ ]• (4年)4月 - 茨城工場が操業開始。 (平成5年)10月 - 旧堺工場((昭和62年)閉鎖)の跡地に、堺工場を新設。 (平成9年)• 9月 - 桜島工場が有明工場に移転。 12月 - 桜島工場閉鎖。 (平成13年) - 隣接する(現・)の敷地の一部と共に桜島工場跡地に開園。 - 日立造船として初のネットビジネス子会社「マイオピ」を設立• (平成14年) - 創業以来の中心事業であった造船事業を切り離し、日本鋼管(現・)と共同で設立した(現・)に事業を移管。 同日、長らく使用していた「OIW」(「Osaka Iron Works」の略)の文字を組み合わせた社章の使用を廃止し、新たに「 Hitz」(ヒッツ)を社章として導入。 (平成17年) - 世界最新鋭の大型舶用電子制御エンジン1号機完成。 オマーン向け造水プラント完成。 (平成18年) - 世界最長の斜張橋・香港ストーンカッターズ橋受注。 京都市向け日本最大級の廃食用油燃料化施設完成。 (平成17年) - 日本初のPFI推進法による大館市向け一般廃棄物の中間処理事業を開始。 (平成18年)• - 情報システム系の子会社、日立造船情報システムの全株式をに売却。 - 東京本社を()から大森ベルポート()に移転。 (平成21年) - 豊田市向け日本最大級ガス化溶融炉完成。 世界最大級南アフリカ向けCTL用リアクター受注。 ユニバーサル造船はJFEの子会社となる。 堺工場に産業機械・シールド掘進機専用の新工場竣工。 有明工場に中型舶用ディーゼルエンジン製造の新工場竣工。 (平成22年 - 欧州ごみ焼却発電メーカー(現Hitachi Zosen Inova AG)買収。 (平成23年) - 創業130周年。 世界初IMO3次規制レベルのNOx適合舶用SCR搭載船の就航。 (平成24年) - 精密機械センター竣工。 世界最大口径17. 45m泥土圧シールド掘進機完成。 (平成26年) - 子会社で東証一部上場だったを吸収合併。 舶用SCRシステムが世界初のFTA認証を取得。 事業拠点 [ ]• 南港北1丁目7番89号• 東京本社• 南大井6丁目26番3号• 生産拠点• 堺工場 - 築港新町1丁5番1• 築港工場 - 船町2丁目2番11号• 舞鶴工場 - 字余部下1180番地• 向島工場 - 向東町14755番地• 因島工場 - 因島土生町2477番地16• 有明工場 - 大字有明1番地• 茨城工場 - 工業団地4番地• 川崎発電所 - 水江町4番1号• 機械事業本部• 東京工場(柏地区) - 新十余二11• 東京工場(松戸地区) - 千葉県稔台6-9-15• システム機械ビジネスユニット 東舞鶴製造部 - 京都府舞鶴市字小倉222-4• システム機械ビジネスユニット 若狭事業所 - 福井県大飯郡高浜町高森2-8 創業以来の拠点であった桜島工場は現在の1丁目および同2丁目南部に所在した。 主要製品 [ ]• 発電設備付き機械式ごみ焼却炉• フラップゲート式可動防波堤• LaRWS(ラーズ)工法用プラント• 水処理システム 戦前建造された主な艦艇・船舶 [ ]• 小艦艇を中心に受注した。 桜島工場 [ ]• 橋立型砲艦 : [II] - [II]• 駆逐艦• 水雷艇• 貨客船• 捕鯨母船• 戦後建造された主な艦艇・船舶 [ ]• :、、• 掃海母艦• 特務艇• 青函連絡船 「」 - (昭和40年)竣工• タンカー 「」 - (昭和40年)竣工• LPG船 「」 - (昭和48年)竣工• タンカー 「」 - (昭和52年)竣工• タンカー 「」 - (平成5年)竣工• 高速旅客船 「」 - (平成10年)竣工• Hitz日立造船グループ [ ] 環境事業グループ [ ]• Hitachi Zosen Catalyst U. LLC• Cumberland Electrochemical Limited• Cumberland Pte Limited• Cumberland Engineering Private Limited• ISGEC Hitachi Zosen Limited• H&F EUROPE LIMITED• HITACHI ZOSEN FUKUI U. , Inc. , Ltd. VTEX America Inc. 社会インフラ事業グループ [ ]• 四半期報告書(第122期第2四半期)• - 学術情報検索システム内にある。 筆者は経済学者の田中彰。 関西経済連合会(2015年5月25日)2018年11月12日閲覧。 日立造船(2018年10月1日)2018年11月12日閲覧。 関連項目 [ ]• (船舶・海洋部門を分離、現・)• (水処理事業、2014年4月1日に合併した)• (プレス事業部門が分離)• (前身の一つ「マイトリップ・ネット」(旅の窓口)は元々日立造船の子会社)• (同社有明工場が硬式野球部を所有していた当時、選手として在籍。 廃部によりを経てプロ入り)• (浮体式洋上風力発電で協力関係) 外部リンク [ ]•

次の