洗濯 カゴ。 【楽天市場】ランドリーボックス・バスケット

【楽天市場】ランドリーボックス・バスケット

洗濯 カゴ

洗濯物のカゴはひとつでいいと答えた方には、夫婦ふたり住まいの方もいらっしゃれば、家族4人という方も。 やはり、家族の人数でカゴの個数は左右されていません。 洗いたい服はよくないと思いながらも洗濯機に直接入れています。 柔軟性のあるプラスチックの大きめのカゴで、汚れ物を入れても平気なものです。 家族は4人。 夫婦と大学生の息子がふたりです。 複数のカゴを使い分けるよりも、ひとつにまとめておき、洗濯する直前に白いものと色つきのものなどを分けるスタイルの方が多いことがわかりました。 そもそも、細かくカゴごとに洗濯物を分けるのが面倒に感じている方もいらっしゃいます。 一方で、常時3個のカゴを使い分けている主婦の方々もいらっしゃいます。 正直、デニムや夫の作業服もカゴではないですが、違う場所に置いてもらっています」(20代・専業主婦) 数個の洗濯カゴを使う方々の大きな共通点は、汚れものと洗濯後のものを分けていることでした。 そのほかにも靴下や下着、ニットなど、さらに細かく分ける方も。 また、家族の人数が少ない家庭のほうが、2個以上の洗濯カゴを使い分けているという傾向が見られます。 お子さんがいらっしゃる方よりも、主に夫婦でふたり暮らしという方がカゴを複数所有しています。 洗濯物の量が少ないからこそ、きっちりと洗濯物をカゴごとに分けられるのかもしれませんね。 アンケートの結果では、4つの洗濯カゴを使うという方も2名いらっしゃいました。 使い方は2〜3個のカゴを使い分けている方と変わりありません。 洗濯物干しをするところにも、常時置いてあります。 こうすると取り込みやすいです」(40代・パート) 洗濯物を分けるという使い方以外でも、洗濯機がある場所・洗濯物を干す場所のそれぞれにカゴを置いておくことでのメリットもあります。 干す場所にも予備のカゴを設置しておけば、靴下・下着・タオルなど、後でまとめて干したい小物を一時的に入れておくことができます。 そして取り入れる時も、それぞれのカゴに仕分けることが可能になります。 主婦の方々の圧倒的な支持を得た洗濯カゴは、「大きいサイズのもの」でした。 カゴを分けるのは忙しいとなかなか出来ない、家族全員分のものがまとめて入るほうがいい、といった意見が多く見られました。 実用性重視で、容量に合わせて持ち運びやすい形状も重視しています」(30代・専業主婦) 家事の時間短縮のためにも、大きいカゴにどさっと洗濯物を入れてしまい、まとめて運びたいという主婦の方が多いようです。 取っ手の使いやすさも主婦の多くのみなさんにとっては重要事項。 持ち運びにくいものでは、家事の効率も下がっていく場合があります。 そのため持ち運びにも便利な、取っ手付きの大きいサイズのものを使用しています」(40代・正社員) 取っ手がない洗濯カゴの場合、抱えるように両手でカゴの下を持って運ばないといけません。 そのため1回に運べるカゴの数は必然的にひとつ。 複数のカゴを運ぶのは困難となります。 一方、取っ手があるものなら2個の洗濯カゴを楽に運ぶことができます。 複数のカゴを使う方は、やはり取っ手付きのほうが便利です。 一時的に利用する洗濯カゴはできるだけコンパクトなサイズを使っていますし、家族が3人なのでコンパクトサイズでも支障を感じません」(40代・個人事業主) コンパクトなものを選ぶ方に共通するのは、洗濯機の周りのスペースにあまり余裕がないこと。 そのため幅が小さめのものや折りたたみができるもの、柔らかい素材で収納しやすいものなどを洗濯カゴとして選ぶ傾向がありました。 コンパクトなものでは、容量という点で劣ってしまうのではないかと懸念される方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、折りたたみ式のものならば心配ご無用。 大容量の折りたたみできる洗濯カゴも発売されています。 場所を取らずに収納しておけるので、洗濯スペースが狭くて困っている方も安心です。 多数の人が愛用しているのは「プラスチック」製のもの。 「水がしみない素材」というところがポイントです。 柳などの木製やステンレス製は、少数派でした。 【カビ防止・軽い・手入れしやすい「プラスチック」製】 プラスチック製のものは、値段が比較的安いうえにお手入れもしやすく、カゴそのものが軽いというメリットがあります。 そのため主婦の方からの支持も根強いのです。 汚れても洗いやすいため。 洗濯を干すために外に持っていく時も、地面に置いても気にならないから」(30代・パートアルバイト) 洗濯カゴは濡れたものを入れる機会が多く、厄介なカビが生えてしまうことがあります。 木製や布製のものだと、手入れをするのもひと苦労。 サッと拭くだけで汚れが簡単に落ち、ニオイも気にならないプラスチック製であれば長く使うことが可能になります。 プラスチック製には多くの利点がありましたが、一方で次のような意見もありました。 値段が安いものですと、取っ手や底が重量に耐えられなくなったり、酸化してしまったりしてすぐに壊れてしまうこともあります。 落とすなどの衝撃にも弱いのが事実です。 やはり毎日使うものですから、丈夫で使いやすいものが好まれます。 同じプラスチック製でも、壊れやすいものもあれば、丈夫で長く使えるものもあります。 カゴの購入を検討されている方は、その違いをしっかりと見極めてから買うのがよいでしょう。 「その他」に投票された方が多い結果となりましたが、その中でも興味深い意見をご紹介します。 カゴに入れる段階で分けていればそれを防ぐこともでき、洗濯をする時の手間も省けます。 また、洗濯ネットをあらかじめカゴに設置しておくというのも良いアイディア。 洗濯する際にファスナーを閉めて洗濯機に放り込むだけなら、忙しい時でも楽チンですね。 これらは簡単に取り入れることができ、日頃の洗濯の効率もよくなる工夫なので、この機会に始めてみてはいかがでしょう?.

次の

住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

洗濯 カゴ

洗濯物のカゴはひとつでいいと答えた方には、夫婦ふたり住まいの方もいらっしゃれば、家族4人という方も。 やはり、家族の人数でカゴの個数は左右されていません。 洗いたい服はよくないと思いながらも洗濯機に直接入れています。 柔軟性のあるプラスチックの大きめのカゴで、汚れ物を入れても平気なものです。 家族は4人。 夫婦と大学生の息子がふたりです。 複数のカゴを使い分けるよりも、ひとつにまとめておき、洗濯する直前に白いものと色つきのものなどを分けるスタイルの方が多いことがわかりました。 そもそも、細かくカゴごとに洗濯物を分けるのが面倒に感じている方もいらっしゃいます。 一方で、常時3個のカゴを使い分けている主婦の方々もいらっしゃいます。 正直、デニムや夫の作業服もカゴではないですが、違う場所に置いてもらっています」(20代・専業主婦) 数個の洗濯カゴを使う方々の大きな共通点は、汚れものと洗濯後のものを分けていることでした。 そのほかにも靴下や下着、ニットなど、さらに細かく分ける方も。 また、家族の人数が少ない家庭のほうが、2個以上の洗濯カゴを使い分けているという傾向が見られます。 お子さんがいらっしゃる方よりも、主に夫婦でふたり暮らしという方がカゴを複数所有しています。 洗濯物の量が少ないからこそ、きっちりと洗濯物をカゴごとに分けられるのかもしれませんね。 アンケートの結果では、4つの洗濯カゴを使うという方も2名いらっしゃいました。 使い方は2〜3個のカゴを使い分けている方と変わりありません。 洗濯物干しをするところにも、常時置いてあります。 こうすると取り込みやすいです」(40代・パート) 洗濯物を分けるという使い方以外でも、洗濯機がある場所・洗濯物を干す場所のそれぞれにカゴを置いておくことでのメリットもあります。 干す場所にも予備のカゴを設置しておけば、靴下・下着・タオルなど、後でまとめて干したい小物を一時的に入れておくことができます。 そして取り入れる時も、それぞれのカゴに仕分けることが可能になります。 主婦の方々の圧倒的な支持を得た洗濯カゴは、「大きいサイズのもの」でした。 カゴを分けるのは忙しいとなかなか出来ない、家族全員分のものがまとめて入るほうがいい、といった意見が多く見られました。 実用性重視で、容量に合わせて持ち運びやすい形状も重視しています」(30代・専業主婦) 家事の時間短縮のためにも、大きいカゴにどさっと洗濯物を入れてしまい、まとめて運びたいという主婦の方が多いようです。 取っ手の使いやすさも主婦の多くのみなさんにとっては重要事項。 持ち運びにくいものでは、家事の効率も下がっていく場合があります。 そのため持ち運びにも便利な、取っ手付きの大きいサイズのものを使用しています」(40代・正社員) 取っ手がない洗濯カゴの場合、抱えるように両手でカゴの下を持って運ばないといけません。 そのため1回に運べるカゴの数は必然的にひとつ。 複数のカゴを運ぶのは困難となります。 一方、取っ手があるものなら2個の洗濯カゴを楽に運ぶことができます。 複数のカゴを使う方は、やはり取っ手付きのほうが便利です。 一時的に利用する洗濯カゴはできるだけコンパクトなサイズを使っていますし、家族が3人なのでコンパクトサイズでも支障を感じません」(40代・個人事業主) コンパクトなものを選ぶ方に共通するのは、洗濯機の周りのスペースにあまり余裕がないこと。 そのため幅が小さめのものや折りたたみができるもの、柔らかい素材で収納しやすいものなどを洗濯カゴとして選ぶ傾向がありました。 コンパクトなものでは、容量という点で劣ってしまうのではないかと懸念される方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、折りたたみ式のものならば心配ご無用。 大容量の折りたたみできる洗濯カゴも発売されています。 場所を取らずに収納しておけるので、洗濯スペースが狭くて困っている方も安心です。 多数の人が愛用しているのは「プラスチック」製のもの。 「水がしみない素材」というところがポイントです。 柳などの木製やステンレス製は、少数派でした。 【カビ防止・軽い・手入れしやすい「プラスチック」製】 プラスチック製のものは、値段が比較的安いうえにお手入れもしやすく、カゴそのものが軽いというメリットがあります。 そのため主婦の方からの支持も根強いのです。 汚れても洗いやすいため。 洗濯を干すために外に持っていく時も、地面に置いても気にならないから」(30代・パートアルバイト) 洗濯カゴは濡れたものを入れる機会が多く、厄介なカビが生えてしまうことがあります。 木製や布製のものだと、手入れをするのもひと苦労。 サッと拭くだけで汚れが簡単に落ち、ニオイも気にならないプラスチック製であれば長く使うことが可能になります。 プラスチック製には多くの利点がありましたが、一方で次のような意見もありました。 値段が安いものですと、取っ手や底が重量に耐えられなくなったり、酸化してしまったりしてすぐに壊れてしまうこともあります。 落とすなどの衝撃にも弱いのが事実です。 やはり毎日使うものですから、丈夫で使いやすいものが好まれます。 同じプラスチック製でも、壊れやすいものもあれば、丈夫で長く使えるものもあります。 カゴの購入を検討されている方は、その違いをしっかりと見極めてから買うのがよいでしょう。 「その他」に投票された方が多い結果となりましたが、その中でも興味深い意見をご紹介します。 カゴに入れる段階で分けていればそれを防ぐこともでき、洗濯をする時の手間も省けます。 また、洗濯ネットをあらかじめカゴに設置しておくというのも良いアイディア。 洗濯する際にファスナーを閉めて洗濯機に放り込むだけなら、忙しい時でも楽チンですね。 これらは簡単に取り入れることができ、日頃の洗濯の効率もよくなる工夫なので、この機会に始めてみてはいかがでしょう?.

次の

住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

洗濯 カゴ

洗濯物のカゴはひとつでいいと答えた方には、夫婦ふたり住まいの方もいらっしゃれば、家族4人という方も。 やはり、家族の人数でカゴの個数は左右されていません。 洗いたい服はよくないと思いながらも洗濯機に直接入れています。 柔軟性のあるプラスチックの大きめのカゴで、汚れ物を入れても平気なものです。 家族は4人。 夫婦と大学生の息子がふたりです。 複数のカゴを使い分けるよりも、ひとつにまとめておき、洗濯する直前に白いものと色つきのものなどを分けるスタイルの方が多いことがわかりました。 そもそも、細かくカゴごとに洗濯物を分けるのが面倒に感じている方もいらっしゃいます。 一方で、常時3個のカゴを使い分けている主婦の方々もいらっしゃいます。 正直、デニムや夫の作業服もカゴではないですが、違う場所に置いてもらっています」(20代・専業主婦) 数個の洗濯カゴを使う方々の大きな共通点は、汚れものと洗濯後のものを分けていることでした。 そのほかにも靴下や下着、ニットなど、さらに細かく分ける方も。 また、家族の人数が少ない家庭のほうが、2個以上の洗濯カゴを使い分けているという傾向が見られます。 お子さんがいらっしゃる方よりも、主に夫婦でふたり暮らしという方がカゴを複数所有しています。 洗濯物の量が少ないからこそ、きっちりと洗濯物をカゴごとに分けられるのかもしれませんね。 アンケートの結果では、4つの洗濯カゴを使うという方も2名いらっしゃいました。 使い方は2〜3個のカゴを使い分けている方と変わりありません。 洗濯物干しをするところにも、常時置いてあります。 こうすると取り込みやすいです」(40代・パート) 洗濯物を分けるという使い方以外でも、洗濯機がある場所・洗濯物を干す場所のそれぞれにカゴを置いておくことでのメリットもあります。 干す場所にも予備のカゴを設置しておけば、靴下・下着・タオルなど、後でまとめて干したい小物を一時的に入れておくことができます。 そして取り入れる時も、それぞれのカゴに仕分けることが可能になります。 主婦の方々の圧倒的な支持を得た洗濯カゴは、「大きいサイズのもの」でした。 カゴを分けるのは忙しいとなかなか出来ない、家族全員分のものがまとめて入るほうがいい、といった意見が多く見られました。 実用性重視で、容量に合わせて持ち運びやすい形状も重視しています」(30代・専業主婦) 家事の時間短縮のためにも、大きいカゴにどさっと洗濯物を入れてしまい、まとめて運びたいという主婦の方が多いようです。 取っ手の使いやすさも主婦の多くのみなさんにとっては重要事項。 持ち運びにくいものでは、家事の効率も下がっていく場合があります。 そのため持ち運びにも便利な、取っ手付きの大きいサイズのものを使用しています」(40代・正社員) 取っ手がない洗濯カゴの場合、抱えるように両手でカゴの下を持って運ばないといけません。 そのため1回に運べるカゴの数は必然的にひとつ。 複数のカゴを運ぶのは困難となります。 一方、取っ手があるものなら2個の洗濯カゴを楽に運ぶことができます。 複数のカゴを使う方は、やはり取っ手付きのほうが便利です。 一時的に利用する洗濯カゴはできるだけコンパクトなサイズを使っていますし、家族が3人なのでコンパクトサイズでも支障を感じません」(40代・個人事業主) コンパクトなものを選ぶ方に共通するのは、洗濯機の周りのスペースにあまり余裕がないこと。 そのため幅が小さめのものや折りたたみができるもの、柔らかい素材で収納しやすいものなどを洗濯カゴとして選ぶ傾向がありました。 コンパクトなものでは、容量という点で劣ってしまうのではないかと懸念される方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、折りたたみ式のものならば心配ご無用。 大容量の折りたたみできる洗濯カゴも発売されています。 場所を取らずに収納しておけるので、洗濯スペースが狭くて困っている方も安心です。 多数の人が愛用しているのは「プラスチック」製のもの。 「水がしみない素材」というところがポイントです。 柳などの木製やステンレス製は、少数派でした。 【カビ防止・軽い・手入れしやすい「プラスチック」製】 プラスチック製のものは、値段が比較的安いうえにお手入れもしやすく、カゴそのものが軽いというメリットがあります。 そのため主婦の方からの支持も根強いのです。 汚れても洗いやすいため。 洗濯を干すために外に持っていく時も、地面に置いても気にならないから」(30代・パートアルバイト) 洗濯カゴは濡れたものを入れる機会が多く、厄介なカビが生えてしまうことがあります。 木製や布製のものだと、手入れをするのもひと苦労。 サッと拭くだけで汚れが簡単に落ち、ニオイも気にならないプラスチック製であれば長く使うことが可能になります。 プラスチック製には多くの利点がありましたが、一方で次のような意見もありました。 値段が安いものですと、取っ手や底が重量に耐えられなくなったり、酸化してしまったりしてすぐに壊れてしまうこともあります。 落とすなどの衝撃にも弱いのが事実です。 やはり毎日使うものですから、丈夫で使いやすいものが好まれます。 同じプラスチック製でも、壊れやすいものもあれば、丈夫で長く使えるものもあります。 カゴの購入を検討されている方は、その違いをしっかりと見極めてから買うのがよいでしょう。 「その他」に投票された方が多い結果となりましたが、その中でも興味深い意見をご紹介します。 カゴに入れる段階で分けていればそれを防ぐこともでき、洗濯をする時の手間も省けます。 また、洗濯ネットをあらかじめカゴに設置しておくというのも良いアイディア。 洗濯する際にファスナーを閉めて洗濯機に放り込むだけなら、忙しい時でも楽チンですね。 これらは簡単に取り入れることができ、日頃の洗濯の効率もよくなる工夫なので、この機会に始めてみてはいかがでしょう?.

次の