なか の たい が 親。 親…やめたい

旦那『親孝行は親がいるうちにしないとだから月10万は仕送りしたい』私『ん~…小遣いを月10万にするからそのなかから義実家の仕送りをしてってね^^』

なか の たい が 親

08 コスガ聡一 撮影 久しぶりに会った親に、濃厚な「老い」の気配を感じてドキリとする。 一定の年齢以上になると誰しもそんな経験をされているのではないでしょうか。 以前は当たり前のようにできていたことができなくなっていたり、もの忘れが増えていたり……といった具体的な変化が見えると、子ども側はハラハラ。 当の親本人は「大丈夫!」の一点張り。 まったく意に介していないケースは少なくありません。 子どもからすると、その危機感のなさがまたまた心配になるわけですが、親自身が必要性を感じていないところにあれこれ言ってもうるさがられるだけ。 では、こんなとき、どうすればいいのか。 まずは「包括」へ相談を おすすめなのは、親の住所地を担当する「地域包括支援センター」を探し、連絡を取っておくこと。 地域包括支援センターは高齢者の暮らしを地域でサポートする公的機関です。 社会福祉士や保健師、主任ケアマネジャーといった専門資格をもった職員が、専門を生かしながらさまざまな相談に乗ってくれます。 うちの場合、地域包括支援センターにつないでくれたのは、夫のいとこでした。 義母のちぐはぐな会話で異変を察知。 すぐ地域包括支援センターに連絡し、「相談に行くといい」と勧めてくれたのです。 「盗難に入られた」と義父が警察に通報した折、やりとりの様子から地元警察が地域包括支援センターに連絡。 定期的に、地域包括支援センターの看護師さんや保健師さんが訪問してくれていました。 訪問時には、認知症から来る「もの盗られ妄想」や「幻視/幻覚」を思わせる発言もしばしば見られたそう。 それとなく、介護保険の利用を提案してはみたものの、義父母は「まだ困っていない」「もっと困っているお年寄りを助けてあげて」と、とりつくしまもなかったということも知りました。 何も知らなかったのは家族だけ。 でも、今まで放っておいたことをとがめられるどころか、「ご家族さまからご連絡をいただけて本当に良かったです」と何度もお礼を言われました。 いざというときのために じつは義父母は看護師さんたちに対して「子どもたちは皆、仕事があり忙しい」「子どもたちには絶対電話をしないで」と必死の口止めをしており、それ以上は介入したくてもできずにいたとか。 地域包括支援センターは、うちの義両親のように「いよいよ介護が待ったなしで必要!」という場合はもちろん、「介護はまだ必要なさそうだけど、高齢の親が心配」といった相談にも応じてくれます。 地域包括支援センターは、担当区域が決まっています。 インターネットで「地域包括支援センター (親の住所地がある)市区町村名」で検索するか、親が住んでいる地域の役所に問い合わせ、連絡先を押さえておくのが最初の一歩です。 離れて暮らす高齢の親がいる場合は、できれば電話をかけ、こちらの連絡先を伝えておきたいところ。 こうしておけば、いざというとき、スムーズに動き出せます。 また、もしかしたら、家族は気づかずにいた親の現況を知るきっかけになるかもしれません。

次の

女優になりたい中2女子です!まだ親に言えてはいないんですけ...

なか の たい が 親

それまでの育った環境に問題がある ニュースでは表面的な事実しか見えないから、「なんでこんなことで?」ということで大事件になってしまうことが多い。 勉強のことで文句を言われた、部屋を片付けろと言われたなど、見た目にはささいなことだ。 が、人を殺すというのは並大抵じゃない。 裏には、それまでの積み重ねというものが確実にある。 一言で注意と言っても、言い方によっては子供の自尊心を傷つけて怒りを抱かせることもある。 おそらく「こんなこともできないの?」「本当にダメな奴だ」など、人格まで一緒にこき下ろされてきたんだろう。 こんなことが長年続けば、誰でもいつかは爆発する。 親は長い間、子供に殺したいと思われるようなことをずっとやってきたということだ。 だから子供が親を殺した、殺しかけたというニュースを見ると、むしろ子供の方に同情してしまうことが多い。 今までずっと耐えてきたんだなあと哀しくなってくる。 事件を起こした子供はサイコパスのように言われることもあるが、実際は心が傷つきすぎてやってしまったケースの方が多いと思う。 サイコパスと一緒にするのは、止めていただきたいものだ。 怒りを正しい方向へ向けた結果 長年心を傷つけられてきた子供が親を殺すのは、それだけ怒りが激しかったからだろう。 やり方は間違っているものの、子供は怒りを正しい方向へ向けたのだと思う。 殺人は最悪の結果だが、それが親ならまだ家族のなかだけで話が終わる。 もっと悪いのは、怒りをぶつけるべき親にぶつけられなかった場合だ。 怒りが学校の同級生に向けば、いじめになり得る。 自分自身に向けば自殺になるだろう。 自分が親になったとき子供に怒りが向いたら、トラウマの連鎖が起きてしまう。 もし全く関係のない赤の他人に向いたら、通り魔殺人になりかねない。 家族の問題というのは、実は家族だけの問題じゃない。 しっかり社会全体で関わっていかないと、結果的に社会へはね返ってくる。 カウンセリング大国のアメリカでは、アダルトチルドレンなどの問題にもそれなりの対策がなされている。 日本ももっと、家族のなかに潜む問題を真剣に考えた方がいい。 が、殺人はやはり良くない しかしどんな事情があっても、殺人はよくない。 倫理的にどうこうというのもあるっちゃあるが、毒親を殺したせいで人生をダメにするというのは実に損なことだ。 これまでずっと親に支配されてきたのに、殺してしまったら死ぬまで親殺しから逃げられない。 自分の人生を取り戻すには、もっと安全な方法がある。 この本には、 ・毒親とはどんな親か? ・毒親から解放されるには? などの情報が紹介されている。 これまで自分が悪いのかと思ってきた人も、実は悪いのは親の方だったと分かるかと思う。 それだけでも大きな発見になる。 おそらく近所の図書館に行けば、普通に借りられる。 親のことで悩んだらおすすめの一冊だ。 親と距離を取れるなら取る もし家を出られるなら、早めに出るのがいい。 物理的に距離を取った方が、心も落ち着きやすいと思う。 お金の問題で実家から出られないというときは、まず貯金から始める。 引越し業者も安いところを選べば、10万円弱で何とかなる。 イヤなことはイヤだと、ハッキリ言えるといい。 始めのうちは、親に迷惑をかけたとか悲しませたとかで、罪悪感を感じるかもしれない。 が、その罪悪感も、実は親がかけた呪いなのだ。 本当は罪悪感など感じる必要はない。 親を大事にしようというのは、あくまで健全な家庭に限られると思う。 アダルトチルドレンの場合、自分の人生を取り戻すのが最優先だ。 自助グループに参加してみる 同じような境遇の人と話すと、悩みを共有できるというメリットがある。 一人が辛いときは、自助グループに参加してみるのも手だ。 異性が苦手な人向けの、女性だけの集まりもある。 味方の存在というのは心強いものだ。 殺人は絶対にダメだが、子供が親を殺したくなってしまうのにはそれなりの事情がある。 もっと、親の問題にも光を当てないと本当の解決にはならない。 最悪の結果になる前に、親には子供との向き合い方を考えてもらいたい。

次の

子どもを「伸ばす親」「つぶす親」の共通点5

なか の たい が 親

最近では声優業界の若年化も目覚ましく、アフレコ現場に小学生がいる、なんてことがあるようになってきました。 なのできっと、小・中学生などの早い段階から「自分は声優になりたい」と思っている子も多いと思います。 しかし声優や芸能界系の仕事は親の強い反対を受けることもあるでしょう。 やっぱり大学に進学して、毎月固定でお給料をもらえる仕事に就職してほしいと思っているのが親世代の大多数の人の願いだと思います。 でも自分の人生は自分だけのものだし、親に反対されたからって夢を諦める必要はないと思うんです。 自分の人生に責任を持てるのは自分だけです。 後で人生を後悔した時に他人の顔を思い浮かべたくないじゃないですか。 だからこそ、本当に追いかけたい夢があるなら親や他人になんと言われようが、その夢を追いかけてほしいと思うんです。 私もいろいろ周りに言われ続けて今に至りますし、未だにいろいろ言われ続けますから ちょっとそんな話をしてみようと思います。 親の心配はどこにあるのか まず親はなぜ声優になることを反対するのか、というところなんですけど 親は子供の人生の安定を願っているものなんだと思うんです。 子供に、苦労しないで、困らずに、ある程度の余裕を持って人生を歩んでほしいと、多くの親は思うものです。 これは多分自分が親にならないと深くは理解できない感情だと思います。 でもまぁわからんでもないですよね。 順番でいったらやっぱり親が先に死ぬことになりますから、ずっと面倒を見ることができるわけじゃないし 自分がいなくなっても、一人で自立していけるような生活を送ってほしいと思うのでしょう。 しかしやりたいものはやりたいですよね。 親は確かに安定して暮らす、というところに幸せの重きをおいて考えてくれているのだと思いますが 本人にとってはそれが幸せとは限りません。 私も大学受験するのも嫌だったし、就職は結局しないままに声優の道を選び、今は声優だけでなくフリーランスとしていろんな仕事をしていますが 世間的にはやっぱり安定した収入なんてないですし、職業を聞かれると回答できません。 笑 でも自分がやりたいことをやっている今がとても幸せです。 私も何度もぶつかりましたし何度も泣きましたし、 未だに心配をかけてばかりです。 ですが、自分にとって何が幸せなのか、ということを親には理解してほしいし 理解した上で応援してほしいと思うから、「わからないならいいや」という諦めをせず、わかってくれなくても話し続ける、ということはずっとしています。 就職していないことは恥ずかしいことだとは思っていません。 声優として、フリーランスとして生きていくことが私の幸せであり、それできちんと稼げるように模索しています。 要は好きなことをするために、努力して納得してもらえる形にすればいいんでしょう、と思っている。 親を心配させないために、とか 親に反対されたから、というような理由で 自分の夢を諦めたりすることはできないのです。 後で後悔したくないから。 でも親と考えを共有できないのもまたそれはそれで後悔しそうなので、私にとっての幸せがなんなのかということを日々話すようにしています。 親は子供が楽しそうにしていたら結構安心してくれるものだと思います。 声優目指すために毎日辛い思いをしてお金もなくて泣いてばかり…っていうのだったらやっぱり心配するでしょう。 でも声優目指してる毎日が楽しくて仕方ない!そのためならなんでも頑張れる!って感じだったら 親もちょっとは応援しようと思ってくれるはずです。 もちろん親のテンション感なんて人それぞれですから断言はできないし、なんとも言えないけれど 私の場合は、という話です。 よく言われたことでしたし。 それが心配の種だってこともよくわかります。 なんなら声優目指してる本人が一番この業界の不安定さをわかっていると思います。 ではどうしたら説得できるのか。 私の場合は、収入を分散させて、声優もやっているけれど声優以外のことでもそれなりに稼いでるよ、っていう姿を最近見せられるようになって やっと心配な心境をぶつぶつ言い始める時間がなくなったように思います笑 でもこれは親が云々じゃなくて生きていくために大切な事だと思っています。 一つの仕事しかできないと、その仕事じゃないかもって思ったり、その仕事を辞めた時に自分にできることがなくなってしまう。 でも人ってやってみれば、ちょっと得意なことをマネタイズするのって結構簡単なことなんですよね。 私も声優以外にも今は• ブログ運営• でオリジナルグッズの販売• で資金調達• コンサルタント• でライター業• 運営 みたいな感じでそれぞれちまちま稼いでいます。 やり始めたばかりの頃はバイトを全て辞めてしまったので結構苦しくて貯金も全部なくなりましたがまぁなんとかなりました笑 収入を分散させて、ある程度リスクがなくなると、親もちょっとは安心してくれます。 自分が嫌いな仕事も一切していないのでとても楽しい毎日です。 こんな感じで、少しでも収入のリスクが軽くなれば親も安心しやすいのかなと思います。 上記に挙げた例は学生のうちからできることもたくさんあります。 むしろ私も学生の頃からやっとけばよかったよ!って思う笑 そしたらバイトも長くやらずに済んだかもしれない… ということで、親の説得が困難な人は親が本質的にどこを心配しているのか、ということを考えて 自分が楽しくできる方法で説得を試みることをおすすめします。 家庭環境はそれぞれ違うだろうし、あくまで私の話も一例として、少しでも参考になれば幸いです。

次の