貧血 対処 法。 月経過多の基準は?原因と対処法を医師が解説

妊娠中の貧血の症状や対処法!食事での改善も!

貧血 対処 法

見出し• 貧血ってそもそもなに? 私たちの血液人は大切な役割があります。 それが酸素をカラダに運ぶことです。 この酸素を運ぶために欠かせないのが血液中になるヘモグロビンという赤血球の中にあるものです。 このんヘモグロビンが多いのか、少ないのかで私たちのんカラダに酸素を運ぶ量が変わってくるために結果的にカラダに不調を引き起こす原因になり酸素が必要量を運べなくなるのです。 貧血は4種類ある 貧血と言っても大きく分けると4つの種類に分けることができます。 それぞれの特徴をみてみます。 鉄欠乏性貧血 貧血の中でもよくあるのがこの貧血です。 そのために、60〜80%の人が鉄欠乏性貧血と言われているのです。 この貧血の原因は・・・・• 生理過多• 消化管から出血• 痔など 悪性貧血 悪性貧血と聞くと悪いイメージを持ってしまいますが、よくあるイメージが貧血は鉄分が不足しているというイメージです。 しかし、赤血球を作るためには、鉄分を補うだけではありません。 赤血球を作るためには、ビタミンB12や葉酸なども必要な栄養なのです。 こうした栄養が不足していることでも貧血は起こるのです。 ビタミンB12が不足する欠乏貧血 これは、ビタミンB12が不足することで起こる貧血で、ビタミンB12は、胃で吸収されることでからだんいん行き届くようになります。 しかし胃が正常に機能していないことでビタミンB12が吸収できなくなっていると赤血球も作ることができず貧血が怒ってしまうのです。 葉酸が不足する欠乏性貧血 葉酸はビタミンB群の仲間で、水に溶ける水溶性ビタミンの一つです。 この葉酸はタンパク質や細胞を作る時に必要な核酸を合成する役割があり、もちろん赤血球の細胞の形成を助ける働きもあります。 ただ、普通に生活をしている中での食生活では不足することはありませんが、欠乏する原因を作っていることで貧血を起こしてしまうのです。 ダイエットをしている• 偏食である• アルコールの取りすぎ こういたことで葉酸が不足するのです。 溶血性貧血 赤血球には120日程度の寿命があります。 この寿命が溶血性貧血の場合には、この寿命が短くなることで生成がが破壊に追いつかなくなる事態になります。 そうなることで赤血球が不足し補なくなるのです。 ただこの原因には外的要因、つまり激しいスポーツをしているような状態にあることで赤血球が壊れてヘモグロビンが流れてしまうことで起こる貧血なのです。 再生不良貧血 再生不良貧血は、そのまま字のごとく赤血球だけでなく白血球などの血球自体を作ることができなくなる病気です。 この理由には、血球が骨髄で作られていますが、骨髄組織の多くの場合は、脂肪に置き換わっていることで血球が作られない状態になる難病なのです。 貧血が起こる原因って? 必要な栄養が不足している 食事をダイエットのためやそもそも偏食な人の場合など、不規則な食生活を送っていることでカラダに必要な栄養が取ることができなく、カラダに不足している状態になると貧血を起こしてしまいます。 特に貧血がある場合に、必要な栄養はビタミンB12や葉酸などのヘモグロビンを作るために必要な栄養が必要です。 また非ヘム鉄を効率よく吸収するためにはタンパク質も不足していると貧血をおこす原因にもなります。 カラダの外に血液が出てしまう 怪我をするなどでカラダから外に出血をすることで血液が失われることで貧血になることがあります。 また病気としてガンや痔など出血を伴うような疾患による出血があると貧血を起こすことがあります。 赤血球が壊れる 赤血球には寿命があります。 本来であれば120日の寿命があるはずが、赤血球の膜が早く壊れることでヘモグロビンが流れ出てしまうことがある溶血性貧血というものがあります。 これは古くなることで脾臓や肝臓で破壊されるようになっていますが、様々な原因によって早くに壊れてしまうようになるのです。 溶血性貧血の特徴には・・・• 目が黄色くなる• 皮膚が黄色くなる といったことがありますが、基礎疾患が原因になっていることもありますが、マラソン選手のようなスポーツや激しいスポーツをすることも壊れる原因にあるのです。 貧血の気になる症状とは 頭痛がする 貧血によって頭痛が起こることもあります。 そもそも貧血と頭痛とはあまり結びつきが内容におもわれるかもしれません。 それよりも貧血によってめまいがおこる方がしっくりくるかもしません。 しかし、実際に貧血がおこるのは血液が少ないことで起こるのではなく、酸素が不足することによって起こるものです。 そして酸素を運ぶ役割をしているのが赤血球で、貧血が起こるのにはこの赤血球が少なくなることが原因なのです。 そして酸素の消費が大きい脳では、酸素の消費量も多くカラダ全体で見ればじつに1/4も消費しているのです。 このことからも酸素が不足することで頭痛を引き起こしてしまうのです。 吐き気やめまいが起こる めまいの感じ方は個人差がありますが、頭がフワフワしたり、視界がぐるぐると回るようなイメージを持つひともいると思います。 こうしためまいが起こる原因には、消化器系がうまく働いていない状態になるような胃粘膜の炎症や腫瘍や出血といったことから鉄がうまく吸収されないことで貧血を起こすこともあります。 また三半規管と周りの器官とのバランスがうまく取れていないことでめまいを起こすこともあります。 これは血圧が低いことによって血液がしっかりと行き渡っていないことからも起こることです。 耳鳴りが起こるところには自律神経と関わっていることもあり、よく頭がフワフワするやグルグルしためまいがするなどの表現をすると思います。 フワフワする• 過度にストレスが多い グルグルする• 三半規管に水が貯まることで起こる• ストレスに寄るところが大きい 立ちくらみが起こる 立ちくらみを経験したことがある人も多いと思いますが、急に立ち上がったり、起き上がったりすることでめまいを起こすことで立ちくらみが起こります。 これは立ち上がる時など、急に頭の位置を上へ移動させることで起こる脳貧血と呼ばれることが原因です。 この主な原因は急に立ち上がることで血液を下半身に集めるようになり、下半身の血管を縮めることで血液を押し上げることで上半身の血液を保つようになっています。 しかし、自律神経の乱れが起こることでこの反応がうまくできなくなってしまい上半身の血液が不足してしまうことで立ちくらみが起こるのです。 耳鳴りが起こる 貧血から耳鳴りを感じる人も少なからずいます。 人口の10%〜15%程度の人が貧血から耳鳴りを感じています。 これは周りに音を感じていない状態でも音がしているように感じることがあります。 また人によっては自分自身のカラダの中の音が聞こえるということもあるのです。 こうした耳鳴りの原因には、免疫力の低下から炎症を起こし感染することで起こる場合と、自律神経失調症から血液の流れが悪くなると起こることもあるのです。 動悸が起こる 貧血によって同期がおこる理由は、赤血球が不足していることで、脳に一時的に血液が不足していることで起こります。 息入れがする 酸素を運ぶためのヘモグロビンが不足していることから、酸素だけでなく栄養も行き届かないために、ちょっとした運動をしても息切れを起こしたりします。 いわゆる酸欠状態になってしまうのです。 食欲がなくなる 貧血が起こる理由をこれまでにお伝えしているところで貧血になる原因があります。 それが鉄欠乏性貧血にも関係していますが、普段の食事で鉄分が不足するような食事や無理なダイエットをしていることで引き起こされることがあります。 また脳に酸素が行き届かなくなっていることで食欲を調節している視床下部が関係しています。 特に酸素が脳内に欠乏していることから食欲調節がうまく行かなくなり食欲がなくなってしまうのです。 朝起きれなくなる 貧血の原因に低血圧が関係していると、朝になかなか起きることができなかったり、起きることができてもめまいや立ちくらみを起こすことがあります。 この原因には、睡眠中には本来、副交感神経が働くようになっており、また活動する時は交感神経が働くようになっています。 しかし、この交感神経と副交感神経をうまく切り替えができなくなることで朝になかなか思うように起きれなくなてしまうのです。 貧血で眠気が起こるのはなぜ? 貧血を感じるようになるとめまいや動悸といったこと以外にも眠気を感じるようになることがあります。 この原因には、食事などでとった鉄分は眠っている時に腸管で吸収されることにあります。 そのため睡眠がしっかりと取れていなければ貧血を起こしやすくなるのです。 また、貧血によって脳へ酸素がしっかりと供給できていなければ睡眠障害を起こし眠気を引き起こすこともあるのです。 貧血の症状が起きたら!!吐き気やめまいの治し方は 横になり安静にする 貧血を感じるようになった時に、真っ先にできる対処法としてはどこか横になることができる場所で安静にすることです。 またこの時に、頭は低くし、脚を少し高く上げることで血液を脳へお切りやすくする対応もあります。 また横になっている間は目を閉じることでも緩和されます。 貧血を感じた時は、自律神経を整えることが貧血を落ち着かせることになるのです。 そして横になる場所がないときは椅子に座るようにしましょう。 椅子に座り頭を両脚の間に入れるような姿勢をとると良いです。 カラダを閉めるものは緩める 血液の循環からいって、カラダを締め付けるものを身につけているベルトや下着などきつくなるものは一度外すか緩めるかして血流を上手に循環できるようにしてください。 カラダを温める 体温が普段から低く低体温と自覚している人にも言えることですが、貧血と体温との関係性には低体温になる原因と貧血になる原因に共通することがあります。 それが・・・ 栄養不足• 酸素や栄養素を届けるヘモグロビンの不足から熱を発生させることができなくなる 生活習慣 食事や睡眠時間などの生活習慣に関わる全般が乱れている• 喫煙をしている• カラダを冷やす格好や食事をしている• バランスの悪い食事をしている• 冷房の中にいることがおおい• お風呂をシャワーで済ませる• 寝不足になっている カラダを温めることが大切です。 貧血や低体温はじつは危険 貧血や低体温にあるカラダの状態は、様々な疾患を招きやすいのです。 生理不順• 自律神経失調症• 更年期障害• そこでカラダを温める飲み物や食べ物など、また就寝時にはカラダを冷やさないようにすることが大切なのです。 直射日光は避ける 貧血を感じている時に、野外にいることはあまりおすすめではありません。 貧血の症状の他にも日が当たっていることでカラダが熱を生み出す働きと熱を放出する働きのバランスを崩し熱中症を引き起こすこともあるからです。 これは体温が上がることで血液量が一時的に増えその後、熱を逃がそうとするために全身の血液が足らなくなり脳にまで血液が行き届かない状態になることがあるのです。 そのため、貧血を感じた時は日陰など快適な場所で休むことです。 食生活を考える 貧血になってしまう原因の多くは鉄分が不足することから起こることが多くあります。 そのために食事の中でも鉄分多い食べ物を積極的に取ることも大切です。 レバー(豚、鶏、牛)• 牛肉(はつ、ヒレ、タン)• 青魚(鮎、鰹節、イワシ、めざし) また、普段の食事から栄養をバランスよく取ることが難しのであればサプリメントから補う方法も一つの手段です。 睡眠不足をなくす 睡眠不足になっていると体温が下がる原因にあります。 体温が下がるということは、それだけ代謝も下がり血液の流れも悪くなります。 そうならないためにも、1日に最低でも6時間〜7時間半の睡眠を取るようにすることがおすすめでしょう。 貧血で頭痛!対処法は 貧血から頭痛を起こす原因は、一言で言えば脳が酸欠状態に陥っているからです。 これは血液中にある赤血球が運搬役になることで酸素を運んでいますが、赤血球が不足していることで酸素も運べず貧血になります。 よく耳にする例としては、高山病だと思います。 高い山の登ることで酸素が薄くなってくると貧血と同じように頭痛が起こるのです。 そのために貧血から頭痛がくる場合にはこういった対処法が必要になってきます。 食生活を見直す• 肉や魚を食べる• 大豆や乳製品の多く含まれるタンパク質を取る• 緑黄色野菜や果物に含まれるビタミンCをとる サプリメントを利用する• 食事の中で不足する栄養を補給する目的でとる 病院受診をする 通院する場合に処方されるであろうことは食生活と鉄剤の処方になります。 まとめ 貧血になるといっても個人差も大きいながら、その症状も人によって様々です。 吐き気をもよおす人もいれば頭痛を感じる人もいます。 こういった原因は、貧血を改善するための生活習慣や食生活にも大きく関わっています。 また様々な深刻な疾患が隠れている可能性も考えられます。 不安からすぐに解消されたいのであれば、かかりつけ医に一度受診することも必要ですし、普段からの生活習慣を見直していくことも大切なことです。

次の

月経過多の基準は?原因と対処法を医師が解説

貧血 対処 法

貧血の症状 女性の貧血の多くは、鉄欠乏性貧血です。 それによって起こる症状には、 立ちくらみ・めまい・動悸・息切れ・顔色が悪い・疲れやすいなど人それぞれさまざまなものがあります。 貧血がひどくなると、全身にさまざまな症状が出てくることが多いです。 限定的な症状ではないので、他の人から見れば「怠けているんじゃないの」と思われることもあります。 まわりにつらい症状を理解されないことほど、つらいものはありませんね。 ~7つの症状の対処法~ 立ちくらみ・めまい 貧血は体の中が酸欠状態になっています。 そんなときに急に立ち上がったり、体を動かしたりすると、体内の酸素が不足しているので、くらくらしてしまうことになるのです。 貧血の方は、体の急な動きには注意して下さい。 動作をゆっくりとするように心がけるだけで、立ちくらみやめまいの強い症状は抑えられると思います。 動悸・息切れ これもたちくらみやめまいと同じです。 急激な動きは避けて、ゆっくりとするだけで違ってきます。 また、ひどくなってから休んでも、回復するまでに時間がかかります。 「そろそろやばくなるかも・・・」とご自身で体調の変化に気づくと思います。 そんなときは、早めに休憩することが大切です。 椅子に腰かけて、 深呼吸するだけでも違ってきますよ! 頭痛 貧血の友人は、時々ズキズキする頭痛に悩まされているということを耳にしたことがあります。 これも脳への酸素不足が原因です。 やはり酸素が不足しているための症状なので、まずは安静にすることが大事です。 そして、ベルトや下着などで体を締め付けていると、余計に症状がひどくなります。 ちょっと ベルトを緩めるだけでも効果があります。 優しくゆっくりと押すといいです。 眠気 脳が酸素不足のため、疲れを感じてしまい眠気が起こります。 ストレッチで体をほぐす・コーヒーを飲む・ガムをかむなどで症状は抑えられます。 むくみ 貧血による血流不足で起こります。 特に足、膝下からのむくみを感じる方が多いようです。 足を上げる・足首のストレッチをするなどして、足の血流をよくして下さい。 また、 ブランケットなどで温めておくことも効果があります。 目の疲れ 貧血で、目がかすむ・チカチカするなど目の疲れのような症状が起こることもあります。 PCなど目を酷使する作業をするときは、1時間に10分程度目を休めるようにして下さい。 ホットタオルで目のまわりを温めるのも効果的です。 重症になると… 「貧血ってよくあること」「女性なら仕方がないよね」と放置されている方も少なくありません。 たかが貧血かもしれません。 でも、されど貧血なのです! やや重度の貧血であれば、鉄剤の処方や注射で改善することが多いです。 しかもずっと放置したままでいると、全身の血流が悪くなり体全体の動きが悪くなります。 食欲不振・飲み込むづらい・舌の感覚がおかしい・爪が反り返るなど、貧血から起こるとは思えないさまざまな症状が起きてきます。 そうなると、薬や注射だけでは改善できず 入院治療や輸血が必要となるのです。 まとめ 貧血のつらさは、なかなかまわりの方にわかってもらえないことが多いです。 それぞれの症状は、血流不足によって起こります。 リラックスして、血流をよくするだけで、ずいぶんと過ごしやすくなります。 ちょっとした工夫で、つらい症状を改善できるといいですね!.

次の

貧血の対処法。応急処置は?食べ物やサプリメントで貧血の対策

貧血 対処 法

めまいは基本的には3種類あると言われています。 そしてそれぞれの仕組み メカニズム には違いがある! それは以下の3つです。 貧血によるもの• 内耳によるもの• 自律神経によるもの 貧血によるめまいの特徴 貧血によって起こるめまいの特徴は「脳への酸素不足」です。 つまり酸欠状態になっていると言えるでしょう。 脳に酸素を送っているのは血液です。 なのでその量が減ってしまえば比例するように酸素の量も減ってしまいます。 立ち上がった時にふらっとするのは貧血による代表的な症状。 内耳によるめまいの特徴 めまいは実は耳が原因で起こるとも言われている。 これは内耳が平衡感覚を司る部分なため、起こると言われています。 内耳の平衡感覚がおかしくなるのは、ストレスや疲労などが原因! 目の前がぐるぐる周り、立てなくなるくらい、ふらふらするのが特徴です。 自律神経によるめまいの特徴 自律神経でもめまいは起こります。 自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っています。 しかし疲労やストレスやホルモンバランスの乱れなどで、おかしくなると言われています。 ふわふわしたような、宙に浮く感じに感覚があるならそれは自律神経によるもの。 これは「心のめまい」とも言われている。 貧血によるめまいの症状 貧血によって起こっためまいにはこのような症状がある。 その代表的だと言われるものをご紹介。 耳鳴り 内耳によるめまいの場合は、耳鳴りも一緒に発症する場合がある。 とりあえず座ったり、横になったりして 平衡感覚を元に戻してあげましょう! 吐き気・嘔吐 実は吐き気や嘔吐が起こる場合があります。 これはめまいが続くことで気持ちが悪いという風になることがあるため このような症状が起こるみたいです、 頭痛 貧血によるめまいの場合は血行不良なので それによって首や肩が凝り、緊張型頭痛として現れる場合があります。 あと自律神経の乱れでも起こるので注意しよう! 微熱 なんと微熱が起こる場合がある! これは貧血によっておこるらしいです。 なので血液不足ってことですね。 眠気 貧血や自律神経の乱れなどで眠気が襲う場合がある。 これは脳が酸欠状態になったり 副交感神経が活発になってしまっているのが原因だとも言われています。 胃痛 貧血の症状として胃痛が起こる場合がある。 しかしこれは胃潰瘍という病気の可能性が高いと言われています。 なので気をつける必要がありそうですね。 便秘・下痢 貧血だと大腸に血液が回らないので 蠕動運動があまり活発にならないんで便秘になるそうです。 また上手く便を作れないということもあり、下痢を引き起こす可能性も? 冷や汗 どうやらめまいのついでに汗が出ることがあります。 これはたぶん自律神経失調しょうだと思います。 自律神経が乱れると変な汗をかきやすくなる。 実際に更年期で汗をかくのは、自律神経の乱れから来ている。 息切れ・息苦しい 貧血によって脳が酸欠状態になると 息切れや息苦しいといった症状が起こる。 味覚障害 貧血ということは、鉄分不足が考えられます。 実は鉄分が不足すると味覚が正しく機能しないとも言われている。 また亜鉛で起こる場合があるので、気を付けよう。 難聴 内耳によるめまいの場合は同時に難聴も起こる可能性がある。 また貧血でも難聴は起こることが? まぁフラフラした状況じゃ、まともに耳に声は届かないですけどね…。 貧血によるめまいの対処法は? 貧血によって起こるめまいの対処法は「貧血を改善」することでしょう。 原因を解消すれば当然治りますね! もし治らないのなら他の 自律神経の乱れや内耳によるめまいかもしれない。 血液を作る栄養素を摂る 血液を作るのに良い栄養素を取ればいいですよね! おすすめの栄養素がありますのでご紹介します。 ビタミンC• ビタミンB6• ビタミンB12 鉄分は、血液を作るのに有名なので良いですね! 銅は、鉄分がヘモグロビンに変わるのに必要です。 葉酸は、血液を作るビタミン版だといわれている。 ビタミンCは、鉄分の吸収率をアップ。 ビタミンB6は、ヘモグロビンが作られるのを手助けする。 ビタミンB12は、赤血球を増やす成分。 睡眠をしっかり取る 睡眠は非常に貧血対策には大事です! 実は鉄分は睡眠中に吸収されるため、睡眠は大事! また睡眠不足は自律神経を狂わせるし 疲れやストレスの原因になり内耳にも影響を与える。 めまいが起こるのは睡眠不足が原因かもしれない1 貧血によるめまいはなぜ女性に多い? 貧血によって起こるめまいが多いが女性なのには理由があります。 それは「 生理」が原因です。 なので実際に女性の方が鉄分の摂取量は多く推奨されています。 なので女性は多く摂取することをおすすめします。

次の