黒澤 久雄。 黒澤明の子供と孫も凄い人?経歴や映画が評価される理由とは?

黒澤明の子供と孫も凄い人?経歴や映画が評価される理由とは?

黒澤 久雄

Sponsored Link 年齢は?出身は?身長は?本名は? 黒澤さんは、1945年12月20日生まれ、 東京都のご出身、 身長175センチ、 血液型はAB型、 学歴は、 成城大学中退、 ちなみに、 黒澤久雄は本名で、 お父さんは、 「世界のクロサワ」こと、映画監督の黒澤明さん、 お母さんは、 元女優の矢口陽子さんです。 「若者たち」が大ヒット! 黒澤さんは、高校生の頃から、 音楽活動を始められているのですが、 その後、大学在学中の1964年には、 鶴原俊彦さん、横田実さんとともに、 バンド 「ザ・ブロードサイド・スリー」を結成。 翌年の1965年には、山口敏孝さんが新しくメンバーに加わり、 バンド名を 「ザ・ブロードサイド・フォー」と改名されます。 すると、1966年4月にリリースした、 ファーストシングル 「若者たち」が、 同名ドラマの主題歌に起用され、大ヒット。 「若者たち」 ただ、その後は、同年9月に、 セカンドシングル 「星に祈りを(夜空の星)」を、 リリースしたのみで、 黒澤さんが留学することになり、 「ザ・ブロードサイド・フォー」は解散となってしまったのでした。 「星に祈りを(夜空の星)」 タレント、映画プロデューサーとして活動 さて、留学から帰国した黒澤さんは、 DJやタレントとして活動され、 1972年 「3丁目4番地」(ドラマ) 1975年 「あこがれ共同隊」(ドラマ) 1976年 「おはよう! こどもショー」(子ども向け番組) 1976年~ 「クイズダービー」(クイズ番組) 1977年 「近眼ママ恋のかけひき」(ドラマ) 1979年~1983年 「象印クイズ ヒントでピント」(クイズ番組) ゲスト解答者として度々出演された「クイズダービー」では、 はらたいらさんに続く24連勝という記録を持っておられます。 (左から)さん、さん、黒沢さん。 などのテレビ番組に出演。 その後は、映画プロデューサーとして、 1985年 「乱」~1993年 「まあだだよ」まで、 お父さんである監督の作品に携わり、 ( 「まあだだよ」は黒澤監督の遺作) お父さん亡き後も、 2000年 「雨あがる」 2002年 「海は見ていた」 「海は見ていた」の特別試写会より。 長嶋茂雄さん(左)と黒澤さん。 の2つの映画で、 プロデューサーを務められています。 元妻は林寛子! そんな黒澤さんの、 気になるプライベートですが、 黒澤さんは、1980年、 女優の林寛子さんと結婚されています。 お二人は、黒澤さんが司会をしていた、 子ども向け番組 「おはよう!こどもショー」に、 林さんが歌手としてゲスト出演したことで、 知り合われているのですが、 なんと、その時に、 林さんを気に入った黒澤さんが、 「草野球チームを持ってるから応援に来てよ」 と、いきなり誘ったことがきっかけとなり、 その後、交際に発展。 それから2年半の交際期間を経て、 結婚に至ったのでした。 離婚 そして、結婚後は、3人のお子さんに恵まれ、 幸せな家庭を築かれていると思われていたのですが・・・ 結婚から23年後の2003年に離婚。 離婚を切り出したのは林さんだったそうですが、 それに対して、黒澤さんは、 「あ、そう」 と、あっさり答えられたそうで、 わずか15分ほどの話し合いで、 離婚を承諾されたのだとか。 離婚会見では、黒澤さんは、 彼女の根にあるものは分からない。 結局は価値観の違いみたいなものがあった。 と、しながらも、 (離婚は)僕も悪いことだと思ってなかったから。 正直言ってどっちでもよかった。 とおっしゃっています。 離婚後も同居? ただ、なんと、離婚成立後も、 しばらくの間、お二人は同居されており、 黒澤さんは、当時、 いつまでいたって構わない。 生活費ぐらいはみる。 困った時はいつでも言って来ればいい。 と、おっしゃっていました。 後に、林さんが、離婚を切り出した理由を、 ひと言では言えないんですけど、今考えると、 私のほうが光の速さで大人になっちゃったんでしょうね。 久雄さんはお父さん(黒澤明監督)と二人三脚で映画を作ってる人で、 どこか現実味がないというか、ポワ~ンとしてるんですよ。 それが現実的な主婦とか母親の立場からするとイラッとするんです。 それで何度もケンカになったんですけど、 ある時から私、ケンカするのをやめたんです。 お互い見てる風景が違っているんだなと気づいて。 で、私から「別れたいんだけど」って言ったんです。 と、明かされているので、 同居人のような関係だったのでしょう。 なんか、寂しい夫婦ですね・・・ まあ、そういう関係だったからこそ、 離婚後も同居できたのでしょうけど。 黒澤明監督の表彰状を小渕首相(右)から受け取る、 黒澤さんと寛子さん(1998年10月 東京・千代田区の首相官邸) 再婚! そんな黒澤さんは、2007年には、 「黒澤プロダクション」の20年来の秘書である、 40代の女性と再婚。 黒澤さんは、林さんと離婚後は、 「黒澤プロダクション」の経営のほか、 レストランチェーンも展開されていたそうで、 ビジネスで多忙な黒澤さんを、 この女性が献身的にサポートしてくれたことから、 信頼が愛情へと変わっていったのだそうです。 Sponsored Link 息子は?娘婿は松岡充? ところで、黒澤さんと林さんとの間には、 一人の男の子と、二人の女の子が誕生しており、 いずれも芸能活動をされています。 まず、長男は、 ミュージシャンをされている黒澤甲さんで、 甲さんは、 「Volgrooma」という、 バンドで活動されていたようなのですが、 公式HPページを見た限りでは、 2013年~2015年まではライブ活動をされ、 2016年にファースト・アルバムを、 ネット販売されているようですが、 その後の情報がなく、現在は、 どのような活動をされているのか分かりませんでした。 黒澤甲さん そして、長女は、元モデルでタレントの黒澤優さんで、 現在は 「SOPHIA」のヴォーカルさんと結婚し、 芸能界を引退。 黒澤優さん 次女は、歌手をされている、 黒澤萌さんです。 黒澤萌さん ちなみに、現在の奥さんとの間には、 お子さんはいらっしゃらないようです。 さて、いかがでしたでしょうか? 若い頃は、バンド、留学、 タレント、映画プロデューサーと、 気ままに生きてこられた黒澤さん。 現在は、 「黒澤プロダクション」の代表取締役社長と、 「黒澤明文化振興財団」理事長を務め、 黒澤監督作品の著作権管理や文化事業を行っているそうで、 そのうえ、 「死ぬまでに監督を一度やりたい」 と、ロマンも語っておられました。

次の

黒澤和子のプロフィール

黒澤 久雄

Sponsored Link 年齢は?出身は?身長は?本名は? 黒澤さんは、1945年12月20日生まれ、 東京都のご出身、 身長175センチ、 血液型はAB型、 学歴は、 成城大学中退、 ちなみに、 黒澤久雄は本名で、 お父さんは、 「世界のクロサワ」こと、映画監督の黒澤明さん、 お母さんは、 元女優の矢口陽子さんです。 「若者たち」が大ヒット! 黒澤さんは、高校生の頃から、 音楽活動を始められているのですが、 その後、大学在学中の1964年には、 鶴原俊彦さん、横田実さんとともに、 バンド 「ザ・ブロードサイド・スリー」を結成。 翌年の1965年には、山口敏孝さんが新しくメンバーに加わり、 バンド名を 「ザ・ブロードサイド・フォー」と改名されます。 すると、1966年4月にリリースした、 ファーストシングル 「若者たち」が、 同名ドラマの主題歌に起用され、大ヒット。 「若者たち」 ただ、その後は、同年9月に、 セカンドシングル 「星に祈りを(夜空の星)」を、 リリースしたのみで、 黒澤さんが留学することになり、 「ザ・ブロードサイド・フォー」は解散となってしまったのでした。 「星に祈りを(夜空の星)」 タレント、映画プロデューサーとして活動 さて、留学から帰国した黒澤さんは、 DJやタレントとして活動され、 1972年 「3丁目4番地」(ドラマ) 1975年 「あこがれ共同隊」(ドラマ) 1976年 「おはよう! こどもショー」(子ども向け番組) 1976年~ 「クイズダービー」(クイズ番組) 1977年 「近眼ママ恋のかけひき」(ドラマ) 1979年~1983年 「象印クイズ ヒントでピント」(クイズ番組) ゲスト解答者として度々出演された「クイズダービー」では、 はらたいらさんに続く24連勝という記録を持っておられます。 (左から)さん、さん、黒沢さん。 などのテレビ番組に出演。 その後は、映画プロデューサーとして、 1985年 「乱」~1993年 「まあだだよ」まで、 お父さんである監督の作品に携わり、 ( 「まあだだよ」は黒澤監督の遺作) お父さん亡き後も、 2000年 「雨あがる」 2002年 「海は見ていた」 「海は見ていた」の特別試写会より。 長嶋茂雄さん(左)と黒澤さん。 の2つの映画で、 プロデューサーを務められています。 元妻は林寛子! そんな黒澤さんの、 気になるプライベートですが、 黒澤さんは、1980年、 女優の林寛子さんと結婚されています。 お二人は、黒澤さんが司会をしていた、 子ども向け番組 「おはよう!こどもショー」に、 林さんが歌手としてゲスト出演したことで、 知り合われているのですが、 なんと、その時に、 林さんを気に入った黒澤さんが、 「草野球チームを持ってるから応援に来てよ」 と、いきなり誘ったことがきっかけとなり、 その後、交際に発展。 それから2年半の交際期間を経て、 結婚に至ったのでした。 離婚 そして、結婚後は、3人のお子さんに恵まれ、 幸せな家庭を築かれていると思われていたのですが・・・ 結婚から23年後の2003年に離婚。 離婚を切り出したのは林さんだったそうですが、 それに対して、黒澤さんは、 「あ、そう」 と、あっさり答えられたそうで、 わずか15分ほどの話し合いで、 離婚を承諾されたのだとか。 離婚会見では、黒澤さんは、 彼女の根にあるものは分からない。 結局は価値観の違いみたいなものがあった。 と、しながらも、 (離婚は)僕も悪いことだと思ってなかったから。 正直言ってどっちでもよかった。 とおっしゃっています。 離婚後も同居? ただ、なんと、離婚成立後も、 しばらくの間、お二人は同居されており、 黒澤さんは、当時、 いつまでいたって構わない。 生活費ぐらいはみる。 困った時はいつでも言って来ればいい。 と、おっしゃっていました。 後に、林さんが、離婚を切り出した理由を、 ひと言では言えないんですけど、今考えると、 私のほうが光の速さで大人になっちゃったんでしょうね。 久雄さんはお父さん(黒澤明監督)と二人三脚で映画を作ってる人で、 どこか現実味がないというか、ポワ~ンとしてるんですよ。 それが現実的な主婦とか母親の立場からするとイラッとするんです。 それで何度もケンカになったんですけど、 ある時から私、ケンカするのをやめたんです。 お互い見てる風景が違っているんだなと気づいて。 で、私から「別れたいんだけど」って言ったんです。 と、明かされているので、 同居人のような関係だったのでしょう。 なんか、寂しい夫婦ですね・・・ まあ、そういう関係だったからこそ、 離婚後も同居できたのでしょうけど。 黒澤明監督の表彰状を小渕首相(右)から受け取る、 黒澤さんと寛子さん(1998年10月 東京・千代田区の首相官邸) 再婚! そんな黒澤さんは、2007年には、 「黒澤プロダクション」の20年来の秘書である、 40代の女性と再婚。 黒澤さんは、林さんと離婚後は、 「黒澤プロダクション」の経営のほか、 レストランチェーンも展開されていたそうで、 ビジネスで多忙な黒澤さんを、 この女性が献身的にサポートしてくれたことから、 信頼が愛情へと変わっていったのだそうです。 Sponsored Link 息子は?娘婿は松岡充? ところで、黒澤さんと林さんとの間には、 一人の男の子と、二人の女の子が誕生しており、 いずれも芸能活動をされています。 まず、長男は、 ミュージシャンをされている黒澤甲さんで、 甲さんは、 「Volgrooma」という、 バンドで活動されていたようなのですが、 公式HPページを見た限りでは、 2013年~2015年まではライブ活動をされ、 2016年にファースト・アルバムを、 ネット販売されているようですが、 その後の情報がなく、現在は、 どのような活動をされているのか分かりませんでした。 黒澤甲さん そして、長女は、元モデルでタレントの黒澤優さんで、 現在は 「SOPHIA」のヴォーカルさんと結婚し、 芸能界を引退。 黒澤優さん 次女は、歌手をされている、 黒澤萌さんです。 黒澤萌さん ちなみに、現在の奥さんとの間には、 お子さんはいらっしゃらないようです。 さて、いかがでしたでしょうか? 若い頃は、バンド、留学、 タレント、映画プロデューサーと、 気ままに生きてこられた黒澤さん。 現在は、 「黒澤プロダクション」の代表取締役社長と、 「黒澤明文化振興財団」理事長を務め、 黒澤監督作品の著作権管理や文化事業を行っているそうで、 そのうえ、 「死ぬまでに監督を一度やりたい」 と、ロマンも語っておられました。

次の

ザ・ブロードサイド・フォー

黒澤 久雄

Sponsored Link 黒澤久雄と 特撮テレビドラマ 「コメットさん」でブレイクし、 順調満帆な芸能生活を送られているかと思われていた九重さんですが、 1970年、 「週刊ポスト」(10月9日号)に、 営業用の「清純さ」を捨て、官能の女に生まれ変わった私 この変貌!私を「熟れさせた」男たち すばらしかった二十一歳の初体験 と題し、ご本人自ら、男性遍歴を告白。 その記事によると、九重さんは、21歳の時、 元歌手で現在は映画プロデューサーのさんと、 あるテレビ番組で知り合ったのをきっかけに仲良くなり、 夏のある日、黒澤さんに、 私、泳ぎたいな と、言ったところ、行動派の黒澤さんは、 よし、じゃあ、明日、みんなで泳ぎに行こう と、さっそく、泳ぎにいくことと迎えに来てくれることを約束。 そして、次の日、約束どおり、黒澤さんはジャガーで迎えに来られるも、 他には誰も来ず、二人は陽が沈むまで泳いだそうです。 ただ、バンガローに戻り、九重さんが水着を脱ぐも、 黒澤さんは見向きもしなかったそうで、 そんな黒澤さんの態度に、自意識の強い九重さんは、 女性としての自尊心が傷つけられ、黒澤さんを振り向かせようと意地に・・・ すると、黒澤さんの目がだんだん変わってきたそうで、 いけないことになるなって思ったけど、 その時はもう黒沢くんを受け入れてもかまわないという心境だった・・・ 痛みはやはりあったわ。 でも彼って女のからだを扱うのがうまいの。 思わずかれの背中に両腕をまわした私を記憶しているわ。 私の初体験はしあわせだった。 と、黒澤さんとの初体験を赤裸々に語られたのでした。 旦那の田辺靖雄と そして、二人目は、 ご主人である、歌手の田辺靖雄さんなのですが、 実は、九重さんは、黒澤さんと知り合う前から、 田辺さんと交際しておられたそうで、 「ダニー飯田とパラダイス・ハーモニー」で活動されていた時代、 絶対男と口をきいてはいけない とダニーさんから言われ、さみしそうにしていると、 まじめなやつだから とダニーさんが紹介してくれたのが、田辺さんだったのだとか。 そんな田辺さんは、九重さんのために買ってきた花を、 九重さんが寝た後、起こさず、玄関にポツンと置いて帰ったり、 九重さんが電話で、 私が眠りに落ちるまで話して と頼むと、九重さんが好きだったニール・セガタの話や人生の話などを、 本当に寝るまで話してくれたほか、 黒沢さんと喧嘩したときも、 男の心理はこうだから、そんな時はこうしたら? と、解決策をアドバイスしてくれるなど、本当に優しかったそうですが、 手をつなぐのに3年もかかるほど純情だったそうで、 九重さんは、 私のこと、性格から何まですべて理解してくれているし、 私もやっちゃん(田辺さん)のことはよく知っている、 彼となら結婚してもうまくやっていけると思うの。 でも、やっちゃんには黒沢くんの「鉄の意志」、 さんの「行動力」がない、 引きずり込まれそうな男っぽい強い魅力がないんだわ。 それでも、わたしたち、いつか結ばれていたので。 こんなこというとやっちゃんには失礼だけど、 黒沢くんと別れて、その反動だったかもしれない。 私のほうが積極的だった。 と告白されたのでした。 (そのほか、名前は明かされていないのですが、あと二名、 いずれも大物俳優と結婚の約束をするも、破局したことを告白されています。 ) Sponsored Link 目の整形 また、九重さんは、同年、当時ではまだ珍しかった、 目の整形手術を受けたことも公表されているのですが、 清純派女優で歌手でもあった九重さんの、あまりにイメージとかけ離れた、 この「衝撃の告白」には、世間は驚き、九重さんの人気は急落。 (当時は、清純派からのイメージチェンジを図ったと考えられていました) こうして、九重さんは、NHKをはじめとする、すべてのレギュラー出演番組を、 降板させられ、CMも打ち切られてしまったのでした。 ただ、当時の所属事務所は、この記事について、週刊誌側には何の抗議もしないまま、 レコード会社など関係者各位に土下座して回られたそうで、 この記事の内容が真実として世間に認知されたまま、 月日は過ぎて行ったのでした。 しかし、一体、なぜ、九重さんは、 自らのイメージを失墜させるようなこんな告白をしたのでしょうか・・・ に続く.

次の