小倉美咲 警察犬。 小倉美咲【顔画像】行方不明なぜ発見できない|母親インスタに父親は【ボランティアで捜索参加】|エンタメや事件のあおてん

小倉美咲ちゃんの霊視と心霊写真?小学校や母親のインスタ ブログは?

小倉美咲 警察犬

・まず、「美咲ちゃんは生きているか」と聞いたところ、「残念な結果」であると。 ・「美咲ちゃんの体は、今犯人と一緒か」「いいえ」 ・「美咲ちゃん失踪に関わった車は何色か」 緑色とオレンジ色が、何度やっても出るので、もしかしたらと思い「その車には初心者マークが付いているのか?」と聞いたら、「はい」 ただし、その車には長く乗っていない。 ・「美咲ちゃんの体は今どこにある?」 「村の南東の民家以外の建物」 これは複数の能力者が指摘している。 ・「犯人の人物像は?」 「この時一緒にキャンプに参加した7家族の中にいる。 誰も考えもしなかった女性である」 ・「動機は何か?」 ・「その人物は、自分の子どもより美咲ちゃんがらかわいくて仕方がなかった。 どうしても離したくなくて、帰したくない。 それでこの結果になった。 カードが表すのは"大きすぎる母性" これは、発作的な犯行だ。 ・美咲ちゃんのご両親には、「きっとあの人だ。 」と思う人がいた。 でも、その人物は決して犯人ではない。 犯人はとても深い闇を持った人物で、皆が知ってびっくりすると同時に、そこからがご両親の本当の苦しみが始まる。 Aさんはこれらの占い結果を警察に通報した。 非科学的な占いによる情報ですがと断って。 しかし、意外にも警察はどんな情報でも役に立つのですと言って、メモを取りながら聞いてくれた。 美咲ちゃんが村の中にいるとすれば、実際に警察犬が、どうしても村の外へは出なかったという結果と符合する。 美咲ちゃんの写真が、なかなか発表されなかったのには、ある深い訳があるのだと、カードはつけ加えた。 それに、美咲ちゃん発見は10月末日頃だと。 多くの謎を含む事件。 どんな結果になろうと、美咲ちゃんを1日も早くご両親のもとへ帰してあげたい。

次の

事件性を考え公開捜査へ「悔やんでも悔やみきれない…」行方不明の美咲ちゃんの両親が悲痛な思いを告白

小倉美咲 警察犬

Contents• 小倉美咲ちゃんのインスタ顔画像に特徴 まずは、行方不明になっている小倉美咲ちゃんのインスタ顔画像に特徴を紹介していきたいと思います。 まず、小倉美咲ちゃんのインスタ顔画像がこちらになります。 小倉美咲ちゃんの顔画像は報道では公開されていません。 どういう理由かは分かりませんが、ここまで行方不明状態が続いているにもかかわらず、公開捜査に踏み切っていない様です。 こちらのインスタの顔画像は2017年のものの様ですので、現在はもう少し大きくなっているものと思われます。 小倉美咲ちゃんの行方不明の状況は? 次に、小倉美咲ちゃんの行方不明の状況についてです。 小倉美咲ちゃんは、21日の午後3時半ごろに行方不明になったという事です。 小倉美咲ちゃんがいなくなったことに気づいた母親らが1時間ほど探したが見つからず、警察に通報したという事です。 小倉美咲ちゃんはおよそ7つの家族が集まる、30人ほどのメンバーで山梨県道志村のキャンプ場に来ていたという事です。 かなりの大人数ですが、これだけ人数がいれば大丈夫だろうとの油断が招いた事態だったのではないでしょうか。 子供たちは、キャンプ場南の森エリアで遊んでいたという事ですが、3時頃におやつを食べに戻ってきていたという事です。 その後、子供たちは西の森の沢で遊び始めたという事です。 食べるのが遅かった小倉美咲ちゃんは、およそ10分遅れで子供たちを追いかけました。 しかし、一人で子供たちを追いかけたのが最後で行方不明となってしまいました。 小倉美咲ちゃんは子ど達が遊んでいた西の森の沢ではなく、最初に遊んでいた裏山に向かったとされています。 小倉美咲ちゃんの捜索は、小倉美咲ちゃんが行方不明になった21日から6日目の今日まで数百人体制で捜索が行われてきました。 21日から24日までは警察と消防、さらにボランティアなどあわえて70人前後で捜索が行われてきました。 25日からはさらに自衛隊も加わり、250人を超える体制で捜索が行われてきています。 にもかかわらず、これまで手掛かり一つつかめていないという事です。 小倉美咲ちゃんの捜索には、警察犬も導入されているという事です。 人間の知覚にはない匂いと言う観点での捜索です。 しかしながら、警察犬をもってしても、小倉美咲ちゃんの手掛かりはつかめていないそうです。 という事は、小倉美咲ちゃんは森の中をさまよっていない。 だからそもそも匂いが存在しない。 という事は、何者かに連れ去られたという事にはならないでしょうか。 手がかり一つ今までつかめていないという理由があります。 小倉美咲ちゃんの捜索には、人が森の中に分け入って探すスタンダードな方法以外にも、ドローンやヘリを使った上空からの捜索。 既に書いた通り、警察犬を使った捜索、スキューバー隊を動員した沢の水中の捜索などなど、様々な方法が使われてきました。 しかしながら、見つからないどころか、手掛かり一つないという事なのです。 もしも、小倉美咲ちゃんが森の中で迷子になったり、誤って転落していたのであれば、何らかの手掛かりくらいあってもいいのではないでしょうか。 もしも、そもそも小倉美咲ちゃんが友人を探しに向かった通路が獣道の様なものだったとすれば、いかに大人だったとしても、連れ去るのは容易ではないでしょう。 しかしながら、車に乗せるだけなら比較的容易なのではないでしょうか。 通常であれば、知らない人の車に乗るなんてことは可能性が低いでしょう。 しかし、もしもある程度広い通路で迷子になっていて、「おじさんもキャンプ場に行くから連れてってあげるよ」なんて言われたら自ら乗ってしまう可能性もあるのではないでしょうか。 小倉美咲ちゃん連れ去りの可能性のネットの声 また、ネット上でも小倉美咲ちゃんは迷子ではなく連れ去りで何者かに連れ去られたのではないか、と言った声が多数上がって言います。 連れ去られたと考えられる捜査情報は、何も流れてこない。 警察は両面から捜査していると思うが、まったく情報がないのだろうか? これだけ探して見つからないんじゃ誘拐の可能性が高いかもね。 ただ今は誘拐っていうと犯人を刺激する可能性を考えて言わないだけかもしれない 歩いて移動もあり得るしなんとも言えないな ただ本当に誘拐なら犯人を刺激しないように最低限の報道だけして欲しい 犯人が焦ったら何するかわからんしね。 一刻も早い小倉美咲ちゃんの発見を祈りたいと思います。 最後までお読みくださりありがとうございました。

次の

小倉美咲ちゃん行方不明 山梨県警に落ち度はなかったのか直撃電話取材 母親の奇妙な投稿についても | ガジェット通信 GetNews

小倉美咲 警察犬

美咲ちゃんの両親が胸の内を語る 山梨・道志村のキャンプ場で小倉美咲ちゃん 7 が行方不明になってから、10月1日で 11日目。 9月30日夕方には、 美咲ちゃんの両親が悲痛な胸の内を明かした。 美咲ちゃんの母・とも子さんは… 「私があの時、ちゃんと一緒についていてあげたらと、悔やんでも悔やんでも悔やんでも、悔やみきれないほど後悔しています」 「美咲のことを信じ、1秒でも早く無事に見つかってくれることを祈って、これからも私たちは全力で探し続けたいと思っています」 美咲ちゃんの父・雅さんも… 「一人で怖くてどんなに心細かったか考えると、かわいそうでかわいそうで胸が張り裂けそうです」 「とても元気で、活発で、ワンちゃんや猫ちゃんがとっても大好きで、すごく優しい子です。 私の大事な宝物です…」 捜索活動も10日目を迎えた9月30日、警察と相談の上、 事件の可能性も視野に入れ美咲ちゃんの写真が公開された。 実は、美咲ちゃんが行方不明になった当日、 キャンプ場周辺で不審者の目撃情報があったことが分かっている。 しかし、当時キャンプ場にいたのは、美咲ちゃんのグループだけでも家族を含む7家族、合わせて28人。 人が多くいる状況で、誰にも見られず連れ去ることは可能なのだろうか? キャンプ場にも詳しく、美咲ちゃんの捜索にも参加している山岳ガイドの橋谷晃さんに話をうかがった。 通過車両はあまり考えられない道です。 その間に住んでいらっしゃる方の車がたまに通る、歩く方はあまりいないのではないかなと思います。 実際に行ってみると... 歩道のない国道が延々と続き、人通りもない。 シーズン中は人でにぎわうキャンプ場だが、 一歩敷地の外へ出たとたんに人の姿はなく、雰囲気はガラリと変わる。 さらに橋谷さんは... 橋谷晃氏(山岳ガイド): 一番近いところで、国道沿いの消防団の部員所の前でしたか、そこに防犯カメラがあるだけだということはお聞きして。 都会と違って防犯カメラがないというのが、特徴として一つあると思います。 人通りも少なく防犯カメラもないため、もし何者かに連れ去られたとしても発覚しづらいのでは... と指摘した。 警察は行方不明をどう捉えていた? 大村正樹フィールドキャスター: 行方不明になって11日目となりました。 きのう(9月30日)、美咲ちゃんの写真を公開したことについて母・とも子さんは、捜索開始当初は 「事件性は薄いだろうという警察の判断に従い、顔写真は非公開で捜索することに」したそうですが、 「いまだに発見できないため警察の方と何度も相談し、事件性があることも考え公開捜査に切り替わった」と話しました。 当初、警察の「事件性は薄い」という判断は、吉川さん、どうでしょうか。 吉川祐二氏 元警視庁刑事 : 警察ははじめから事件・事故の両面で捜査を行っていたことは間違いないと思います。 ただ、被害者の心情などを考えて、かける言葉のニュアンスは変わってきます。 お母さまは事件性が薄いからと言われたとおっしゃっていますが、お母さんの方には事故でその付近にまだいるであろうと期待を持たせてあげるのも一つだと思います。 そのような意味合いから、警察の対応がそういう言葉になってしまった可能性もあるかと。 大村正樹フィールドキャスター: 警察は、美咲ちゃんがいなくなった翌日に警察犬やヘリを導入し、捜索を行いました。 まだ24時間経過していない段階で警察犬が導入されましたが、美咲ちゃんの足跡を追うことはできませんでした。 どういうことが考えられますか? 吉川祐二氏 元警視庁刑事 : 警察犬のきゅう覚は車の排気ガスや雨によって流される、そして時間がたつことによってだんだん薄くなってしまいます。 今回、あの付近を探してもなかなか美咲ちゃんのにおいにたどり着かないということは、早々に車などに乗せられて移動している可能性もあると思います。 安藤優子: そうしたら、もうちょっと事件の可能性を早期に考えるというか、そちらに力点を置くことも必要だったのかなと思うんですが... 吉川祐二氏 元警視庁刑事 : このような状況の時に、捜索を打ち切ることはまずできない。 そのことから考えても、地道に捜査も行いながら捜索に力を入れていくという形になってしまった。 見ている人にとっては警察、何をやってるんだという気持ちになってしまう、それは仕方ないことです。 大村正樹フィールドキャスター: 行方不明になった、椿壮オートキャンプ場。 決まった料金を払えば、点在しているキャンプ場の周辺には車で乗り付けることが可能なんです。 大村正樹フィールドキャスター: ほとんどの方が車でキャンプ場に来て周辺にテントを張るなどしてキャンプを楽しんでいます。 そうなると、美咲ちゃんが徒歩でこのキャンプ場を出たのではなく、こういった車に乗せられて出た可能性もゼロではないかと思います。 吉川祐二氏 元警視庁刑事 : 有料であるとしたら、料金を集めるシステムにも何かヒントが出てくる可能性もあると思います。 大村正樹フィールドキャスター: もう一度改めて、美咲ちゃんの特徴をお伝えします。 大村正樹フィールドキャスター: 身長は125cm、行方不明当日は黒色の長袖のTシャツに青いジーンズ姿でした。 情報提供を求めています。 (「直撃LIVE グッディ!」10月1日放送分より).

次の