遊戯王 イグニ スター。 遊戯王カード考察:≪グッサリ@(アット)イグニスター≫アタッカーにしてもよし!墓地に落としてリンクサポートに徹してもよし!

遊戯王カード考察:≪グッサリ@(アット)イグニスター≫アタッカーにしてもよし!墓地に落としてリンクサポートに徹してもよし!

遊戯王 イグニ スター

こんにちは、 【 未 界域】の来日に怯えて朝も起きれない餅月です。 今回は、最近発売されたデッキビルドパック『ミスティックファイターズ』に収録されている 【王 ジェネレイド 】のデッキ案を考えたので、お伝えしたいと思います! 僕はエンジョイ勢なので強いデッキとは言えません。 ただ、テーマ単体ではできないような動きができるので、もし良ければご覧ください!! それでは、早速本題に入っていきたいと思います! 今回のデッキですが、 今回は 【 ジェネレイド】と 【】を組み合わせてみました!!! どちらのテーマも、 「相手のドロー」に関する効果を持っている等の共通点があり、実際にデッキを作って動かした結果、混合デッキとしていい感じになりました。 まずは、ジェネレイドの動きについて簡単に説明したいと思います。 それを補い展開するためのカードが 《王の舞台 ジェネレイドステージ 》です。 《王の舞台 ジェネレイド・ステージ 》 フィールド魔法 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :1ターンに1度、相手がデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。 デッキから「ジェネレイド」モンスター1体を守備表示でする。 2 :相手ターンに、自分が「ジェネレイド」モンスターのに成功した場合に発動できる。 自分フィールドに「ジェネレイドン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を 可能な限り攻撃表示でする。 このンはエンドフェイズに破壊される。 相手のドロー等にトリガーして、デッキからジェネレイドモンスターをできるフィールド魔法です。 つまり、相手ターンのドローフェイズ時に、デッキからジェネレイドモンスターをし、妨害・展開等をしていく、というのがジェネレイドの戦い方です。 この効果の都合上、ジェネレイドは自分のターンではあまり展開ができない、先攻で《王の舞台》を発動しておきたいけど、それ以外先攻でできることが少ない、という問題がありました。 その問題を解決してくれたのが、 《》です!! このカードが、今回を混ぜようとした理由のひとつです。 相手の手札を増やしてしまうというデメリットはありますが、それも 《真竜皇V. D》をエクシーズすることで、相手の動きを止めることができるので、手札のアドバンテージによる影響も抑えられると思います。 他にも 《・マンジュシカ》、 《・リンカーネ イション》も合わせて使うことで、相手のドローを利用し妨害をすることもできます。 また 《・マンジュシカ》は、 《剣の王フローディ》とも相性がいいので、上手く組み合わせることができれば、相手ターンでもダメージを稼ぐことができます。 そして、自分のターンに展開ができることによって、ジェネレイドには必須と言ってもいいくらいのカード 《星遺物の胎導》を自分のターン中に発動することができます。 エクストラを使わなくても、ジェネレイドはそれぞれ固有効果を持っているので、何体か並べておくだけでも十分強固な盤面になるのではないかと考えます。 を使う利点のもう一つに、「ジェネレイドンとのリンク」というものも挙げられます。 このモンスターはリンクモンスターの中では珍しく、天使族モンスターを素材にするモンスターなのです。 2 :相手ターンに、自分が「ジェネレイド」モンスターのに成功した場合に発動できる。 自分フィールドに「ジェネレイドン」(天使族・光・星4・攻/守1500)を 可能な限り攻撃表示でする。 このンはエンドフェイズに破壊される。 しかしこのンは相手ターン中にしか存在できないので、自分のターンにはリンクできません。 なので、このンを利用するために 《星遺物からの目醒め》を活用します! 「相手ターン中にリンク召喚」ができるカードですね。 これにより、されたジェネレイドンを利用しフォクシーウィッチを相手ターン中リンク召喚できます。 また相手にドローさせる効果が多いので、手札を使いきれなかった場合、手札超過を気にしてカードを伏せようとする場合もあります。 そうすれば、自然とフィールドのカードの枚数は増えるので、そこでリンクを狙って多くダメージを獲ることもできるのでは、と思います。 他にも、相手ターン中に《星遺物の胎導》を発動し、ジェネレイドモンスターを3体並べた状態で、《星遺物からの目醒め》を使うことで、《星神器デルギア》をリンクすることもできます。 これにより、ケープをしつつ、モンスター効果を受けない3500打点をすることができます。 このように、【ジェネレイド】と【】の「相手のドローに関する効果を持っている」という共通点から、そこを利用したコンボを構築することができました。 自分のターン中に相手にドローさせる効果を持っているカードのを使えば、を使わなくてもいいんじゃないかと思いますが、《・ライトステージ》《・キャンディナ》等のサーチ手段が豊富で、成功しやすいものということで今回はを採用しました。 また、は下級モンスターのビートダウンでも戦えるので、自分のターンはで攻めて、相手ターンはジェネレイドで守りつつバーンでダメージをチクチク与えていく、という戦い方もできるのではと考えます。 フィールド魔法に依存しているため、それ以外の展開手段に乏しいのが弱点ですが、逆に言えばフィールド魔法さえあれば動きはするので、それ以外の部分で何をするかがジェネレイドと混ぜ物をする上での肝になってくると思います。 ちなみに、 新しいブログ始めました! 今後こっちで記事とか書いていくので、もしよかったらのぞいてみてください、、、 今回はここまでにしたいと思います! それでは、また!! kMao.

次の

5つの召喚法を統べしサイバースの頂点! @イグニスター!

遊戯王 イグニ スター

3 :このカードは他のカードの効果を受けない。 4 :1ターンに1度、このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊し、このカードのリンク先となる自分フィールドに(サイバース族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。 LINK - 6• 収録 収録 略号連番 発売日 レアリティ ETCO-JP050 2020年01月11日 Secret、 Ultimate、 Ultra ジ・アライバル・サイバース@イグニスターのカード評価・考察 OCG中唯一のリンク6モンスター。 レベルで言えば12相当で、それ相応の効果を持つ。 属性の異なるモンスター3体以上とリンクモンスターとしては驚異の重さだが、属性がばらけていて簡単に並べられる イグニスターなら出すのも容易。 悪い効果は一切ないが、重さの割には制圧効果を一切持たないのが唯一の弱点か。 イグニスターではダークフルードと使い分けをする事になるだろう。 とはいえ攻撃力4000〜5000にすれば大抵のモンスターではこのカードを超えられませんし、6000で出すとライトニングにすら戦闘破壊されません。 6000打点を戦闘破壊してくるカードはとても限られますので、出す事ができればまさに不朽の壁になれるかと。 壊獣には注意! 破壊とトークン生成効果は発動する度に2アド稼げる上、戦闘破壊耐性持ちも破壊できるので、この手のカードにありがちな攻撃能力の欠如もカバーしている。 究極の@イグニスター。 イグニスたちの到着点、ということなのだろう。 リンク素材の数に応じて攻撃力を得る効果、完全効果耐性、場のモンスター1体を破壊しリンク先の自分フィールドに@イグニスタートークンを特殊召喚する効果を持つ。 リンク6という超大型モンスターだが、@イグニスターならばダークナイトの効果で属性の異なる3体の@イグニスターを展開すれば丁度リンク6が整うので出せないこともないだろう。 この場合攻撃力も4000と十分な数字を獲得する。 高打点に強力な耐性まで兼ね備え、防御面では申し分のないモンスター。 攻撃面では打点で殴るのとトークンを生みながらの除去でこちらも悪くない水準。 やや爆発力に欠ける嫌いはあるが、そう簡単には場を離さない優れたモンスターであろう。 ただ、ヴァレルソードやアストラムなど自分の攻撃力を高めて突っ込んでくるモンスターが苦手。 よく見かけるカードでもあるので対策は用意しておきたい。 OCG初のリンクモンスター。 属性が異なるモンスター3体以上とやや硬めの指定ですが、自身が属する@イグニスターのデッキや、コード・トーカーのデッキなどは属性がばらけやすく、リンク召喚はそこまで難しくないでじょう。 サイバースで完全耐性持ちのモンスターはいなかったのですが、これからはその系統のデッキでは、RRにおけるアルコンと同じくらい警戒すべきカードになるでしょう。 何気にトークンも生み出せ、その後の展開にも一役買ってくれそうです。 VRAINSのラスボスにして初のリンク6となるカード。 縛り自体はそう厳しくないでしょうが、何せリンク6なのでやや重い。 採用できるデッキは限られるでしょう。 @イグニスターならダークナイトの効果まで繋げられれば、容易に展開はできる。 最低3000、最大6000の打点を持て、完全耐性まで持つので場持ちはいい。 より強固にするならai打ちも墓地に用意しておきたい。 単体モンスター除去とトークン生成と、アドの稼ぎやすい効果を持つ。 ただこの重さの割には地味な印象。 切り札クラスとしちゃ珍しく蘇生可能。 耐性のお陰で墓地へ行きやすく、@イグニスターなら蘇生手段は豊富なので機会はある。 アタッカーとして機能はしませんが、そのリンク数と効果により高リンクには繋げやすい。 敵対していたアクセスコードとは相性が良く、素材にすれば8300打点を持て、自身とあちらの除去効果でワンキルも狙いやすい。 アニメからの再現度は微妙な感じですが、ラスボスカードとしてはまだ恵まれてると思います。 銀河眼FAみたいに切り札としてより踏み台運用されそうですが。

次の

【遊戯王】自分のターンでも大量展開!!『トリックスタージェネレイド』!!!!

遊戯王 イグニ スター

そのカードを破壊する。 で登場した。 1枚でを2枚までするを持つ。 の付いたので、一度に2枚をできる。 やにのないであり、やが狙える。 ににされた場合やのが1枚しかない場合はに劣る。 また、2枚をする場合はや等に引っかかる。 一方でやに置きたいをに変換できる点はあちらにはない利点で、次第では以上の働きも期待できる。 特にやのようなをに変えられるでは、単純なだけでなく、それらのとなり、以上の働きとなる。 緩い条件で複数枚をするは意外と少なく、このは特に条件が緩い方である。 は負うが、が1枚のみであってもでき点も大きい。 結果上記のどころかが厳しいでも、を押しのけてこちらを採用するもあるほどである。 になったとしても、を全部はがし、そのままできるならば、も関係ないためである。 かつてはのを2枚できる点に加えて、がしたなどに対してを組み瞬時にできる利点もあり、を採用せずこちらのみを採用する構築もあった。 における採用率も高いが、競合相手のやとは違いに妨害されるなど、総じての立場にあるといえる。 上記のようなの高さからの割には市場価格が高かったのだが、に再録されたことで入手も容易になった。 ただし、それでもなお故か同パック収録のの中では市場価格は高いほうである。 は「2つの」だが、としては2つのになっている。

次の