所謂とは。 「所謂」の意味と使い方・読み方・例文・語源・類語・常用漢字か

「所謂」の意味と使い方とは?所詮・所為・所以との違いや類語も

所謂とは

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0008 「所謂」はどうして「いわゆる」と読むのですか? A 「所謂」という熟語は、漢文風に訓読すると「謂(い)う所の」と読むことができます。 「謂う」は「言う」と同じ意味だと考えてかまいません。 「所」の方は、すこし耳慣れない使い方です。 年配の方であれば、英語の関係代名詞を習ったとき、「~するところの」という訳し方を教え込まれたご経験がおありではないでしょうか。 わかったようなわからないような気にさせられるあの訳し方、その「ところ」とこの「所」は同じなのです。 このような働きをする日本語としては、「いわゆる」ということばがあります。 そこで昔の日本人は、「所謂」を「謂う所の」と訓読する代わりに、一気に「いわゆる」と読んでしまうことにしたのです。 こういうふうに、2字以上の漢字から成る語を、1語の日本語として読んでしまうことを、熟字訓(じゅくじくん)といいます。

次の

「所謂」の意味と使い方とは?所詮・所為・所以との違いや類語も

所謂とは

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0008 「所謂」はどうして「いわゆる」と読むのですか? A 「所謂」という熟語は、漢文風に訓読すると「謂(い)う所の」と読むことができます。 「謂う」は「言う」と同じ意味だと考えてかまいません。 「所」の方は、すこし耳慣れない使い方です。 年配の方であれば、英語の関係代名詞を習ったとき、「~するところの」という訳し方を教え込まれたご経験がおありではないでしょうか。 わかったようなわからないような気にさせられるあの訳し方、その「ところ」とこの「所」は同じなのです。 このような働きをする日本語としては、「いわゆる」ということばがあります。 そこで昔の日本人は、「所謂」を「謂う所の」と訓読する代わりに、一気に「いわゆる」と読んでしまうことにしたのです。 こういうふうに、2字以上の漢字から成る語を、1語の日本語として読んでしまうことを、熟字訓(じゅくじくん)といいます。

次の

所謂じゃない、大人スニーカー5選。FACY

所謂とは

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0008 「所謂」はどうして「いわゆる」と読むのですか? A 「所謂」という熟語は、漢文風に訓読すると「謂(い)う所の」と読むことができます。 「謂う」は「言う」と同じ意味だと考えてかまいません。 「所」の方は、すこし耳慣れない使い方です。 年配の方であれば、英語の関係代名詞を習ったとき、「~するところの」という訳し方を教え込まれたご経験がおありではないでしょうか。 わかったようなわからないような気にさせられるあの訳し方、その「ところ」とこの「所」は同じなのです。 このような働きをする日本語としては、「いわゆる」ということばがあります。 そこで昔の日本人は、「所謂」を「謂う所の」と訓読する代わりに、一気に「いわゆる」と読んでしまうことにしたのです。 こういうふうに、2字以上の漢字から成る語を、1語の日本語として読んでしまうことを、熟字訓(じゅくじくん)といいます。

次の