石井 ゆかり 今日。 i無料占い 石井ゆかり・星読み|占い 相性 無料

みずがめ座

石井 ゆかり 今日

星占いを信じない星占い師、 石井ゆかり「星読み」とは!? メディアに顔出しはほとんどなし、そんなに名前に知名度があまりあるわけではない。 それにも関わらず石井ゆかりが出した「12星座シリーズ」は120万部の大ベストセラーを出しタイでもタイ語版で出版されるほど、大好評をとる占い師。 個性的で口語や比喩、四字熟語やオノマトペを駆使した文体表現で人気を得ている星占いを信じない人におススメだと、石井ゆかりは断言している。 基本有料で、無料コンテンツは少ないが、タイトルにひねりがあり興味をそそられるコンテンツが多い。 ・2016年下半期の運勢 全体を眺める総論から、自分自身のこと、他者のこと、人間関係、仕事、自分の居場所、身近な人々から恋愛までを解いています。 ・星のアクセス 星があなたにアクセスる350種類の素敵な時間を代弁 ・出生ホロスコープを読む あなたの姿や相性占いなのですが、石井ゆかりの洞察力と審美眼で解きます。 ・星の風景 観て楽しむ星占い、ホロスコープの成分分析 ・個性のおはなし 一般的な12星座占いとは違う、自分固有のカラーについてを知るおはなし。 ・デーク便り 星座を3つのデーク(前半・中盤・後半)に分けてそれぞれのデークから見えてくる特徴を届けるというもの。 ・旅する月 新月・満月などにプチ運勢を配信。 ・今日のホロスコープを読む 今日の運勢から今週の運勢、今月、今年の運勢を読む。 ・星読み辞典 星占いの仕組みや12星座についてなど、星に関する用語解説。 ・星の相談室 毎月1名、石井ゆかりが占ってくれるコーナー。 石井ゆかりとはどんな占い師なのか? 占星術師、著作家だが、先生と呼ばれることに禁止を敷いている。 自分自身は自称ライターだと述べ、Twitterフォロワー数23万人以上を誇り、Twitterでほぼ毎日「今日の占い」を呟いている。 占いbotと思われるらしく、botではないと石井ゆかり自身も言っている。 今日の占いのTweetは自然な鏡リュウジとは仕事の関係でよく一緒になる。 全国のカルチャースクールなどでレクチャーや講演会なども行う。 著書以外に複数の雑誌やインターネットにおいて、星占いコーナーの連載を担当したり、モバイルサイトにも人気コンテンツがあったりする。 星占いサイト「筋トレ」がヒット。 猫好きの酒豪。 占いというより、コンテンツなどをエンターテイメントとして楽しむ方が良いという評価もあります。 胡散臭い占いと違って真実味があります。 占いなんだけど、占いっぽくないのが石井ゆかりの星占いの特徴といってもいいのではないでしょうか。 >>>公式サイト<<< 。. 水瓶座は自分が持っているものの新しい使い方を、意外な人から教えられるかも。 魚座は一皮むけた、と思ったら、さらに二皮くらいむけるみたいな日。 他の人には出来ないということがわかる。 蠍座は引き続き、スケールの大きな愛の魔法の日。 大きな作品が完成して自他を圧倒するとか。 射手座はすべて自分の側に駒があって、それらをどう動かすか決めることを、精神的に引き受ける、みたいな日。 このように好みは分かれると思うのですが、こういう言葉つむぎにハマる人はハマるでしょうね。 鏡リュウジの占いでは隠されていた自分の本音や置かれている状況が見えるので、自分の中で整理することができ、行動を変えていくことによって運命が回り出すことができます。 すべての鍵は自分自身が握っているのですが、そのきっかけや背中を押してくれるのが鏡リュウジの占いではないでしょうか? 的中率を正確に割り出すことはできないにしろ、悪い評判もあまり見かけないということもあり、かなり当たるということだけは確かなようですよ。 無料占いも豊富に監修されていたり主宰されていたりしていますので、興味あれば利用されてみてはいかがでしょうか。

次の

【無料占い】2020年はどうなる?石井ゆかりが12星座別に解説

石井 ゆかり 今日

火星は28日の移動直前、なにか青い炎がメラメラしているような、少し神秘的な感じ。 浄化の炎、再生の炎、人の心に燃える、消えない炎。 牡羊座は誰かを本当の意味で救うことができてしまうような日。 牡牛座は引き続き「愛が奇跡を起こす」みたいなことがあるかも。 双子座はうっかり口から出た本音が大きな「的を射る」ような場面があるかも。 蟹座は不安だったことや迷いに対して、納得の行く答えが見つかるような日。 獅子座はただお腹が空いて食べた果物が、予想外に今困っている病に効いた、みたいなことが起こるかも。 乙女座はたとえばケンカしていた相手が不意に泣き出して、ケンカが終わる、みたいなことがあるかも。 天秤座はどうしても理解できなかった誰かの愚痴が、いきなり理解できるようになる、みたいなことがあるかも。 蠍座は素晴らしい夢が広がる感じの日。 密かに願っていた条件が、選択肢として提示されるような。 射手座は自分でも納得の活躍ができる感じの日。 または、頭上に探していたものが足元に見つかる、みたいなことも。 山羊座は素晴らしいサポートに恵まれて、自分のアクションが広い範囲に影響を及ぼすことになる、みたいな日。 応援してくれる声がさらにサポーターを増やしてくれる、みたいなこと。 水瓶座はちょっと変わったスイッチをONにするような日。 モードが変わる。 魚座は誰かと深くうなずき合えるような日。 大事な約束を思い出すとか。 「頑張ったね!」と言ってもらえるような場面も。 (年に2,3回なので、ご勘弁を!) 星占いの繁忙期は初夏と初冬! ということで、 各媒体で占い特集などが組まれます。 2020年12星座別の下半期占いは、デジタルでは以下の媒体でお楽しみ頂けます。 大ボリュームです! 『石井ゆかりの星読み』月額300円(税別) 下半期単品は、cocoloniプロロで! ちなみに近況は、 秋の12分冊刊行に向けて、必死に原稿を書いております。 おたのしみに!! 諸々、どうぞよろしくお願いしまーす!!!.

次の

i無料占い 石井ゆかり・星読み|占い 相性 無料

石井 ゆかり 今日

水星は今日から逆行開始。 7月12日まで。 立ち止まって振り返る、しゃがんで確かめる、みたいな動き。 歩みを止めて、はじめて見えるもの。 今日はキーワード的なアレでいこう 牡羊座は「薬効、滋養、効能」。 牡牛座は「理想、共有、理解」。 双子座は「天然、直観、大成功」。 蟹座は「信念、憧れ、価値観」。 獅子座は「秘策、誘因、水心あれば魚心」。 乙女座は「翻訳、共通点、親愛」。 天秤座は「名バイプレーヤー、舞台回し、キーパーソン」。 蠍座は「ガイド役、船頭、随伴、旅の仲間」。 射手座は「巧者、経験、知識、頓知」。 山羊座は「愛、救い、優しい実力」。 水瓶座は「吸収、応用、工夫、カスタマイズ」。 魚座は「ナチュラル、スムーズ、反応、言語表現」。

次の