コネクティング 大坪。 【コネクティングルーム】和泉首相補佐官との不倫疑惑報じられた女性官僚・大坪寛子さん、内閣府の4つの役職クビに

「和泉補佐官と大坪次長がつながっていればよい」外務省への“コネクティングルーム“要求メール公開

コネクティング 大坪

2018年に計4回、和泉氏の海外出張に同行し、計約185万円が支払われていた。 両氏は出張の際、外廊下を通らずに互いの部屋を行き来できるコネクティングルームを4回とも利用したことが判明している。 和泉氏は内閣官房健康・医療戦略室長で、大坪氏は同室次長を兼務している。 命令簿によると、大坪氏は18年7月にミャンマー、9月にインドと中国、11月にフィリピンへそれぞれ2~3日間の日程で出張した。 カテゴリー• 4,165• 3,030• 618• 362• 139• 354• 700• 126• 104• 106• 268• 176• 152• 180• 164• 11 ブログ村ランキング 黒門も今まで地元民見捨てて観光客向けに鞍替えしやがった癖に 今さら何をムシのいい事言ってるのか?ふざけんな! アーカイブ• 775• 561• 726• 651• 539• 380• 388• 188• 136• 103•

次の

大坪寛子官房審議官と和泉洋人首相補佐官、コネクティングルーム宿泊は不倫の証拠になる?

コネクティング 大坪

hotelmonterey. jp) 和泉洋人と 大坪寛子が インド訪問の際に、スタッフに 対し、二人が泊まる部屋を 「接続」させるようにと厳命し、 実際に宿泊したことが問題に なっています。 コネクティングルームとは、 2つの部屋の間に内ドアが あって、行き来ができる ようになっている部屋です。 廊下から部屋に入る際の 外ドアは別々ですが、 中はつながっているのです。 それは、『和泉補佐官と 大坪審議官、お二人の部屋の 接続を重視して宿舎を確保する』 というものです」 (外務省関係者) 結果、 和泉洋人と 大坪寛子は コネクティングルームを利用。 同じ部屋に泊まったも同然の 状況では、することは バレバレです。 不倫に税金を使用 大坪寛子はバツイチの シングルマザーで現在は 独身とのことですが、 和泉洋人は妻帯者です。 しかも。 和泉洋人は 愛妻家を自認しており、 周囲に対し、 『今朝も行ってらっしゃいの キスをしてきたんだ』 と言うような人物だとのこと。 そんな2人が堂々と税金で 不倫をしたわけです。 スポンサードリンク 和泉洋人と大坪寛子のコメント この事実に対し、マスコミが 直接取材をしたところ、 大坪寛子は、 「だから何? そういう ホテルがあるかもしれない けど、私は承知してません。 失礼ですよ!」 と怒りの回答。 何を承知していないのか 不明ですが、失礼というには あまりにも無計画、不手際な 事実に「だから何?」で 済ませられると思っている のでしょうか。 また、 和泉洋人は 「回答を差し控える」として 釈明すら拒否、黙殺しています。 スポンサードリンク ツイッターの反応 和泉洋人と 大坪寛子の 不倫が報道されると、 ツイッターに非難が次々と 上がりました。 和泉洋人・大坪寛子組は税金私物化で不倫だから、こっちの方が悪質。 しかもノウノウとしている。 この違いは何? あまりにもあけっぴろげな 不倫への驚きや、生理的な 不快感もありますが、やはり 税金を使っていることは 許せませんよね。 以上、 和泉洋人首相補佐官と、 大坪寛子厚生労働省大臣 官房審議官の、税金を使った 不倫についてでした。 ではでは~.

次の

女医として「彼の隣に寝た」と鉄面皮の女、大坪寛子! 赤かぶ

コネクティング 大坪

和泉氏と大坪氏は2018年に計4回、ともに海外に出張している。 行先はミャンマー、インド、中国、フィリピンで、いずれもコネクティングルームを使用していたことを外務省は国会で認めている。 大坪氏の出張費用は4回合計で約185万円だったことも明かされ、その正当性が疑問視されている。 和泉氏への注意が行われたのは2月12日。 衆院予算委員会で、立憲民主党の辻元清美議員が和泉氏の不倫疑惑に触れながら安倍晋三首相を相手に論戦を展開。 最後に「鯛は頭から腐る」と言うと、安倍首相が「意味のない質問だよ」と野次を飛ばしたことが話題となった。 まさにこの日、健康・医療戦略室を所管する竹本大臣が、和泉氏に口頭注意を行っていた。 二人がインドで泊まったコネクティングルーム 和泉氏と大坪氏をめぐっては、昨夏、二人で山中伸弥京都大学教授を訪ね、iPS関連事業の予算削減を一方的に通告、その後山中氏が記者会見を開いて反論し、結局元通りになったが、その経緯が波紋を呼んできた。 この点についても竹本大臣に聞くと、 「本来は安倍首相が予算配賦を約束しているのだから、途中で切るなんてことはあり得ない。 これは国会でも言いました」 2月27日(木)発売の「週刊文春」では、和泉補佐官と不倫関係にある大坪氏が「ダイヤモンド・プリンセス号」で起こした問題行動の詳細や、加藤勝信厚労大臣や橋本岳同副大臣の新型肺炎対応における言動、対策会議を地元後援会の新年会のために欠席した小泉進次郎環境相の近況などを詳報している。

次の