存じ ます 使い方。 「存じます」の意味と使い方|ビジネス敬語を解説!【例文】

ありがとう存じますは違和感があるけど実は正しい?使い方や例文の紹介も

存じ ます 使い方

「存じます」という言葉の意味 「存じます」は、「思う」の謙譲語である「存じる」に丁寧語の「ます」が付いた形の言葉で、自分の動作をへりくだることで相手を立てる際に使われることから、職場の上司や取引先の相手などの目上の人に対して使われます。 もとの言葉からも分かるように、自分が思っていることを相手に伝える際に使われる言葉のため、「お目にかかりたく存じます」のような使い方をします。 また、「私もそのように存じます」のような使い方をすることで、相手の考えに対して同意を表すこともできます。 やや硬いイメージのため、どちらかといえばメールなどのビジネス文章でよく使われる言葉ですが、相手への敬意を表しやすいため、顔が見えない電話でのやり取りで使うと便利です。 「存じます」の使い方とは? 「存じます」のおおまかな意味が分かったところで、次に具体的な使い方について解説していきます。 まず、使う際の基本ルールとして押さえておきたいのが、「存じます」という言葉は、「思う」という自分の動作や状態をへりくだって表現する謙譲語だということです。 そのため、「存じておられる」「存じていらっしゃる」のように、尊敬を表す表現をつけても敬語にはなりせん。 また「存じます」は、自分の意見を述べる時や謝罪をする時、お礼の言葉を使いたい時などに使われる言葉ですが、基本的には「~と思います」という文章にある「思います」の部分を「存じます」に置き換えればいいと覚えておけば問題ありません。 具体的には、「存じます」には次のような使い方があります。 ここからは、そんなメールに活用することができる「存じます」の例文をご紹介します。 ビジネスメール等の冒頭の挨拶に使われる言葉には、清栄・盛栄・発展・隆昌・繁栄のような相手の発展を称える言葉を使った、次のような文章が一般的です。 そのほかに、「近日中にご挨拶にお伺いしたいと存じます」のように自分の意向を伝える場合や、「ありがたく存じます」のように感謝の気持ちを伝える場合にも、「存じます」は大いに役立ちます。 このように、そのままではやや直接的な表現になりがちですが、「存じます」を付けることによって、相手に敬意を払った表現になるのです。 「存じます」と「思います」の使い分けについて 「存じます」という言葉は「思います」という言葉の謙譲語なので、上司や取引先の担当者などの目上の人に対して使われる言葉ですが、それでは「思います」を目上の人に使うのは失礼にあたるのでしょうか? 実は、「思います」は「思う」という動詞の丁寧語のため、必ずしもぞんざいな言い方だというわけではないのです。 ただし、丁寧語とはあくまでも丁寧な言い方をしているだけなので、ビジネスなどの改まった場では、相手を立てるためにはやはり謙譲語を欠かすことはできません。 そのため、二つの言葉を使い分け方としては、目上の人には「存じます」を使い、同僚や部下などに対しては「思います」と使うのが望ましいといえます。 知っておくと便利な「存じます」の類語 「存じます」という言葉は「思う」や「知っている」の謙譲語のため、それぞれの二通りの意味を持つ類語があります。 ここからは、ニュアンスが異なる二つの類語について紹介していきます。 「~と思います」を意味する「存じます」の類語 「存じます」に近い言葉としては、「存ずる所」という表現からきている「所存です」があげられます。 「~しようと思っています」「~するつもりです」という意味として使えるため、「今後も仕事に励む所存でございます」のように、決意や意向を示す際に使うことができます。 また、「存じます」は、シンプルに「~でございます」という表現に置き換えることができる場合があります。 例えば、相手に対する感謝の意の述べる「恐悦至極に存じます」のような表現については、「恐悦至極でございます」にしても意味に違いはありません。 「知っています」を意味する「存じます」の類語 「知っている」という意味の「存じます」の場合、を「存じております」にすることにより敬意を強調することができます。 また、同じような意味で使われる「存じ上げております」は、「私もそのように存じ上げております」というように、既に知っていることを伝えたい場合に使われます。 また、相手の置かれている状況を知っているという意味の類語として、「心得ております」「承知しております」や「~とお察しします」というような言い方があります。 「存じます」は口語としても使えるの? 基本的に「存じます」という言葉は堅苦しい印象を受けますが、口語であるため日常的な会話において使うことには何ら問題はありません。 ビジネスシーンでは、メールや書面だけで使うものだと考えずに、特に相手が目上の人の場合は会話で大いに役立てましょう。 ただし、使い方を間違えないように気を付けてください。 会議などの改まった場での発言には効果的ですが、しつこく使いすぎると馬鹿の一つ覚えと思われてしまう可能性があるので、類語を上手に活用しながら、ワンランク上の敬語を目指しましょう。 ・「ご多忙と存じます」 ・「I know you are busy」 そのほかに、相手から褒められた場合の謙遜の表現として、「I esteem it~」(光栄に存じます)があります。 「存じます」の丁寧度をアップするおすすめのフレーズ 「存じます」は、敬語として色々な場面で役立つ言葉ですが、更に「存じます」を使って、敬意をさらに高めることもあります。 ここでは二つのフレーズをご紹介します。 一つめは「幸甚に存じます」という表現です。 ビジネスメールなどで見かけた事があるかもしれませんが、メールなどの書面でのやりとりに使われる言い回しで、「とてもありがたい」「心から感謝している」といった意味を持っています。 日常会話ではあまり使われない堅苦しい言い方なので、使い方には注意が必要です。 二つめは、「~したく存じます」の「たく」が「とう」に変化した「~しとう存じます」という表現です。 やや時代がかった言い方ですが、「存じます」の正しい使い方のひとつです。 ただし、使われるのは稀であるため、よほどのことがない限りは使う機会はないかもしれません。 「存じます」を使うだけで敬意を表すことができる 「存じます」という敬語はとても便利であるという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。 一工夫することによって、文章で相手への深い敬意を表すことが可能になるということがよく分かりましたね。 普段、ビジネスの場で何気なく使っている言葉にも、それぞれに意味があり、正しい使い方が求められることから、円滑なコミュニケーションをとるために相手に敬意を表すには、敬語についてしっかりと理解を深めることが大切なのです。

次の

間違いの多い敬語「存じます」の意味と使い方・例文

存じ ます 使い方

「存じます」という言葉の意味 「存じます」は、「思う」の謙譲語である「存じる」に丁寧語の「ます」が付いた形の言葉で、自分の動作をへりくだることで相手を立てる際に使われることから、職場の上司や取引先の相手などの目上の人に対して使われます。 もとの言葉からも分かるように、自分が思っていることを相手に伝える際に使われる言葉のため、「お目にかかりたく存じます」のような使い方をします。 また、「私もそのように存じます」のような使い方をすることで、相手の考えに対して同意を表すこともできます。 やや硬いイメージのため、どちらかといえばメールなどのビジネス文章でよく使われる言葉ですが、相手への敬意を表しやすいため、顔が見えない電話でのやり取りで使うと便利です。 「存じます」の使い方とは? 「存じます」のおおまかな意味が分かったところで、次に具体的な使い方について解説していきます。 まず、使う際の基本ルールとして押さえておきたいのが、「存じます」という言葉は、「思う」という自分の動作や状態をへりくだって表現する謙譲語だということです。 そのため、「存じておられる」「存じていらっしゃる」のように、尊敬を表す表現をつけても敬語にはなりせん。 また「存じます」は、自分の意見を述べる時や謝罪をする時、お礼の言葉を使いたい時などに使われる言葉ですが、基本的には「~と思います」という文章にある「思います」の部分を「存じます」に置き換えればいいと覚えておけば問題ありません。 具体的には、「存じます」には次のような使い方があります。 ここからは、そんなメールに活用することができる「存じます」の例文をご紹介します。 ビジネスメール等の冒頭の挨拶に使われる言葉には、清栄・盛栄・発展・隆昌・繁栄のような相手の発展を称える言葉を使った、次のような文章が一般的です。 そのほかに、「近日中にご挨拶にお伺いしたいと存じます」のように自分の意向を伝える場合や、「ありがたく存じます」のように感謝の気持ちを伝える場合にも、「存じます」は大いに役立ちます。 このように、そのままではやや直接的な表現になりがちですが、「存じます」を付けることによって、相手に敬意を払った表現になるのです。 「存じます」と「思います」の使い分けについて 「存じます」という言葉は「思います」という言葉の謙譲語なので、上司や取引先の担当者などの目上の人に対して使われる言葉ですが、それでは「思います」を目上の人に使うのは失礼にあたるのでしょうか? 実は、「思います」は「思う」という動詞の丁寧語のため、必ずしもぞんざいな言い方だというわけではないのです。 ただし、丁寧語とはあくまでも丁寧な言い方をしているだけなので、ビジネスなどの改まった場では、相手を立てるためにはやはり謙譲語を欠かすことはできません。 そのため、二つの言葉を使い分け方としては、目上の人には「存じます」を使い、同僚や部下などに対しては「思います」と使うのが望ましいといえます。 知っておくと便利な「存じます」の類語 「存じます」という言葉は「思う」や「知っている」の謙譲語のため、それぞれの二通りの意味を持つ類語があります。 ここからは、ニュアンスが異なる二つの類語について紹介していきます。 「~と思います」を意味する「存じます」の類語 「存じます」に近い言葉としては、「存ずる所」という表現からきている「所存です」があげられます。 「~しようと思っています」「~するつもりです」という意味として使えるため、「今後も仕事に励む所存でございます」のように、決意や意向を示す際に使うことができます。 また、「存じます」は、シンプルに「~でございます」という表現に置き換えることができる場合があります。 例えば、相手に対する感謝の意の述べる「恐悦至極に存じます」のような表現については、「恐悦至極でございます」にしても意味に違いはありません。 「知っています」を意味する「存じます」の類語 「知っている」という意味の「存じます」の場合、を「存じております」にすることにより敬意を強調することができます。 また、同じような意味で使われる「存じ上げております」は、「私もそのように存じ上げております」というように、既に知っていることを伝えたい場合に使われます。 また、相手の置かれている状況を知っているという意味の類語として、「心得ております」「承知しております」や「~とお察しします」というような言い方があります。 「存じます」は口語としても使えるの? 基本的に「存じます」という言葉は堅苦しい印象を受けますが、口語であるため日常的な会話において使うことには何ら問題はありません。 ビジネスシーンでは、メールや書面だけで使うものだと考えずに、特に相手が目上の人の場合は会話で大いに役立てましょう。 ただし、使い方を間違えないように気を付けてください。 会議などの改まった場での発言には効果的ですが、しつこく使いすぎると馬鹿の一つ覚えと思われてしまう可能性があるので、類語を上手に活用しながら、ワンランク上の敬語を目指しましょう。 ・「ご多忙と存じます」 ・「I know you are busy」 そのほかに、相手から褒められた場合の謙遜の表現として、「I esteem it~」(光栄に存じます)があります。 「存じます」の丁寧度をアップするおすすめのフレーズ 「存じます」は、敬語として色々な場面で役立つ言葉ですが、更に「存じます」を使って、敬意をさらに高めることもあります。 ここでは二つのフレーズをご紹介します。 一つめは「幸甚に存じます」という表現です。 ビジネスメールなどで見かけた事があるかもしれませんが、メールなどの書面でのやりとりに使われる言い回しで、「とてもありがたい」「心から感謝している」といった意味を持っています。 日常会話ではあまり使われない堅苦しい言い方なので、使い方には注意が必要です。 二つめは、「~したく存じます」の「たく」が「とう」に変化した「~しとう存じます」という表現です。 やや時代がかった言い方ですが、「存じます」の正しい使い方のひとつです。 ただし、使われるのは稀であるため、よほどのことがない限りは使う機会はないかもしれません。 「存じます」を使うだけで敬意を表すことができる 「存じます」という敬語はとても便利であるという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。 一工夫することによって、文章で相手への深い敬意を表すことが可能になるということがよく分かりましたね。 普段、ビジネスの場で何気なく使っている言葉にも、それぞれに意味があり、正しい使い方が求められることから、円滑なコミュニケーションをとるために相手に敬意を表すには、敬語についてしっかりと理解を深めることが大切なのです。

次の

「存じます」の意味と使い方!使いすぎはNG?「思います」との併用は?|語彙力.com

存じ ます 使い方

「知らない」「知りません」「分からない(わかりません)」を敬語にすると、尊敬語では「ご存じない」、謙譲語では「存じ上げない」となります。 しかし、ビジネスシーンにおいては、敬語をそのまま使えばいい、という訳ではありません。 「存じ上げない」「存じ上げません」といったように、場面に合った敬語の活用方法をしっかりと覚えましょう。 「存じ上げない」「存じ上げません」の丁寧語・尊敬語・謙譲語での違い 知らない・知りません・分からない(わかりません)の敬語は「ご存じない」と「存じ上げない(存じ上げません)」となりますが、これらは丁寧語・尊敬語・謙譲語によって使い分ける必要がありますので、それぞれの意味を把握していく必要があるのです。 分からない・知らないの様々な言い回し方も覚えておこう 知らない・知りません・分からない(わかりません)の敬語使いについては、「存じ上げない」「存じ上げません」を敬語の種類によって使い分けると、お分かりいただけたでしょう。 ですが、ビジネスシーンにおいては言葉の使い方を覚えただけでは、まだ不十分といえます。 立場や場面に応じて、様々な言い回しも覚えておき、適切な敬語使いができなければなりません。 続いては、分からない(わからない)・知らないの様々な言い回し方についてもご紹介します。 敬語の最後に「かねます」を加えると印象が和らぐ 「知らない」「分からない(わかりません)」をいくら敬語で「存じません」と尊敬を込めて言っても、否定語を断定的に話すのは素っ気なく、聞いた相手の印象も良いものではありません。 ですが、「分かりかねます」など「~かねます」を加えることで、印象が和らぎます。 特に接客業などでは、「存じ上げない」「存じ上げません」という言い方よりは、「知りません」を「分かりかねます」と言い換えるケースが多いので覚えておきましょう。 「~おります」はより丁寧な表現になるのでGOOD 「知らない」「分からない(わかりません)」を敬語に変換する際、「存じ上げない」「存じ上げません」だけでなく、「存じておりません」という言い方も使用します。 「~おる」は「~いる」が敬語になった時の表現にあたりますが、この敬語表現を用いるだけで、「存じ上げない(存じ上げません)」と言うときに、より丁寧な印象を与えられるのです。 知りません・知らない・分からないの敬語表現で気を付けたい3つの点 では最後に、知りません・知らない・分からない(わかりません)の敬語表現で覚えておきたい、気を付けるべきポイントを3つご紹介します。 「存じ上げます」「存じ上げません」という敬語を目上の人に対して使う、またはこちらからの質問として使う際には、これからご紹介する注意点も忘れずに覚えておき、目上の人の心象を悪くしないように注意しましょう。 こちらから問いかける場合は「ご存じない」より「ご存じありません」 「ご存じない」という言葉自体は、「知らない」「分からない」を敬語にしたときに文法的に間違ってはいません。 ただ、敬語としては正しいとは言え違和感を覚える人も多く、かつ「ありません」というきちんとした言い換えの形もあるため、こちらから問いかける際の文法としては、「知らない(知りません)」「分からない(わかりません)」は「ご存じありませんか」という風に使うのが適切であるといえるでしょう。 「存じ上げない」は人か物か「対象物」により言い方が変わる 注意したいポイントの2つ目は、「存じ上げない」「存じ上げません」「存じません」という敬語は、対象物が何なのかによって、言い方が変わってくるという事です。 「存じ上げません」と目上の人に言う際はお詫びの言葉も添える 「知らない」「分からない」という言葉は、ビジネスシーンにおいて、積極的に使用したい言葉ではないでしょう。 なぜなら、知らないことや分からないことでも、「知りませんでした・分かりません」で終わるのではなく、知らなかった事柄でも極力調べて知識を付けるのが社会人としての姿勢だからです。 しかし、全くの専門外の内容やあまりに深い知識などは、知らない場合もあって当然です。 そのようなときは「申し訳ありませんが」や「恐れいりますが」を頭に添えて「存じ上げません」「存じ上げない」と話すことで、聞いた人に与える印象が大きく良くなります。 是非活用したいポイントですね。 「存じ上げない」「存じ上げません」の使い方を覚え正しい敬語で目上の人と接する! 今回は、「存じ上げない・存じ上げません」はどう使う?「分からない」の正しい敬語表現と題して見てきましたが、いかがでしたか? このように、「知らない(知りません)」「分からない(わかりません)」という簡単な言葉一つでも、敬語の表現は対象物によって様々な使い分けが必要です。 それぞれのビジネスシーンに相応しい言い回しを身に付け、相手に不快感を与えないよう「存じ上げない」「存じ上げません」という正しい敬語で接する事を、心掛けましょう。

次の