それでも愛を誓いますか7話。 それでも愛を誓いますか7話(21話22話23話)ネタバレと感想!

それでも愛を誓いますか?21、22、23話【7話】最新話のネタバレ。

それでも愛を誓いますか7話

死にたくはないが、選択肢はない。 僕は愛する人を亡くした苦しみを知っている。 死ぬ方がマシだ。 (セリを)安全に帰してあげたい。 僕が危険にさらされてもしかたないと思ってる。 自分も すべてをかけて婚約者を守る、死なせたくない、と宣言するダンを置いて、セリを探しに行くジョンヒョク。 ジョンヒョクは病院の監視カメラで、セリが乗った車のナンバーに照会をかけ、 秘密の招待所に貸し出された車であることを突き止めます。 セリを探しに出たものの、見つけられず病院に戻ったジョンヒョク。 修理が完了したジョンヒョクの携帯に、スンジュンから電話がかかります。 「 セリさんは安全な場所にいる。 だからもう探すな。 」そう言って電話が切れます。 キーピング業者の チョン社長 ホン・ウジン は、スンジュンの家にセリがいることに驚きます。 「チョ少佐との約束を破れと?」困惑するチョン社長。 「チョ少佐が介入すると取り分は半分ですよ。 リ・ジョンヒョクとセリさんを引き離す。 ヤツは彼女を帰国させてしまう。 」チョン社長を丸め込むスンジュン。 ダンからスンジュンに、呼び出しの電話がかかります。 スンジュンにセリの雑誌記事を見せ、身元を確認するダン。 南からの侵入者としてセリを通報するというダンに、 2人を引き裂くために協力しよう、と持ち掛けるスンジュン。 スンジュンはセリに、 英国籍の自分と婚姻届けを出して、韓国に戻ろうと提案します。 クリスマス・イブの夜に、セリに 指輪を渡してプロポーズ。 「君が彼に惹かれているのは、こういう特殊な状況に置かれているせいだ。 それは愛じゃない。 帰国すれば消えてしまう感情だ。 」 一方ジョンヒョクは、チャナム山付近の秘密の招待所を捜索。 停電対策された特別な配給線をたどり、ついにスンジュンの 秘密の招待所を見つけます。 配線を切って停電させ、敷地に侵入するジョンヒョク。 警備員と乱闘になります。 ジョンヒョクに気が付いて駆け寄ろうとするセリを、強く引き止めるスンジュン。 「ソ・ダンさんに(セリの)正体がばれた。 ジョンヒョクさんが君を守るなら通報するそうだ。 そうなったら彼は殺される。 」 セリが泣きながらジョンヒョクに話しかけます。 セリ:暗くて雪まで降っているのになぜやってきたの? ジョンヒョク:迎えに来た。 君が待ってると思ったから。 セリ:悪いけど待ってなかったわ。 … スンジュンさんとなら帰れる。 婚姻届けを出してパスポートを作るの。 … 早く帰りたいの。 邪魔しないで。 迎えに来られたって重荷だし迷惑なの。 ジョンヒョク:本心か? セリ:本心よ。 ジョンヒョク:分かったから泣かないで。 ジョンヒョクはセリの涙をぬぐってやり、来た道を引き返します。 ジョンヒョクが心配でたまらないセリは、 スンジュンの車を無断で運転して追いかけます。 ジョンヒョクを車に乗せるセリ。 しかし、ガソリンがなくなり、二人は雪の中を歩いて近くの学校まで行って暖を取ることに。 ツテを頼り、 党中央委員の軍事部長と会う チョ少佐。 軍事部長は、政敵の総政治局長(ジョンヒョクの父)を失脚させるネタを欲しがっています。 チョ少佐は、 ジョンヒョクが南からの不審な女を保護していると告げます。 11課所属だという女(セリ)を捜査するために、 個別方針( 最高指導者に頼むこと)を取ってきてほしいと頼むチョ少佐。 敵線(スパイ事件)に仕立てれば、一発で総政治局長を失脚させられると。 軍事部長は、自分も首がかかっている、証拠を見せろ、 その女を連れて来いと命令します。 病院の監視カメラをチェックし、スンジュンがセリを乗せていったことを確認するチョ少佐。 スンジュンを脅して、セリの居所を突き止めようとします。 学校で一夜を明かし、舎宅村に帰ったセリとジョンヒョク。 ジョンヒョクに熱があります。 ジョンヒョクの家を盗聴している チョン・マンボク キム・ヨンミン は、二人が家に帰ってきたことを、チョ少佐に知らせませんでした。 かつて、ジョンヒョクの兄・ ムヒョク ハ・ソクジン の死にかかわった、自責の念から。 セリは舎宅村の主婦たちに、最後のプレゼントしようと指輪を質に入れ、いろいろなものを現物交換してもらいます。 セリは、 高そうな男物の時計を引き換えます。 ホン・チャンシク(ゴ・ギュピル)と パク・スチャン(イム・チョルス)は、 セリらしき人物の声を無線で受信した音声データを、警察に持ち込みましたが相手にされません。 2人は、同じデータをセリの兄夫婦に渡したにも関わらず、株主総会でセリの死亡が発表されたことに驚いています。 チャンシクはセリの会社の部下。 スチャンはチャンシクの友人で、セリの生命保険の担当者。 あきらめきれない二人は、セリの実父である ユン会長に直訴しようとします。 VIP専用の駐車場で待ち伏せするも、セリの次兄・ セヒョンに取り押さえられます。 2人を素通りしてエレヴェーターに乗り込むユン会長に、チャンシクが叫びます。 「 会長、代表(セリ)は生きています!」 眠りから目覚めたジョンヒョクに、セリから電話がかかるのですが、様子がおかしい… 「愛の不時着」第8話の感想 セリ:結婚相手に私のことがバレたみたい。 通報されたらどうする気? そしたらあなたの結婚はダメに? ジョンヒョク: 僕の結婚のことが心配? セリ:人生が心配なの。 あなたの人生が台無しになってしまいそうで。 それがいやなの。 一方、ジョンヒョクは自分の手でセリを守りたい。 初めて愛した 女性だから。 ジョンヒョクのまっすぐな愛がまぶしいです。 2人の愛の行方が気になりますね。 チョ少佐の陰謀や、ダンとジョンヒョクの共謀も気がかりです。 まとめ 「愛の不時着」第8話では、セリはジョンヒョクを危険から遠ざけるために、スンジュンと偽装結婚して北朝鮮を出国することを選ぼうとします。 一方、チョ少佐による陰謀に巻き込まれそうなふたり。 二人の愛の行方が気になりますね。

次の

それでも愛を誓いますか【最新話】ネタバレまとめ!最終回まで全巻無料で読む方法|女性まんがbibibi

それでも愛を誓いますか7話

台所を見ると、 武頼が朝食を作ってくれていました。 純は安心と嬉しさが混じったような表情です。 純の好物ばかり並んだテーブル。 純の好きな味付けにしてある卵焼きと一緒に、その思いを飲み込みました。 そして、母の体調が悪くなっているという話をします。 施設に話を聞きに行ってくる、と純が言うと、武頼も休みをとって一緒に来てくれると言いました。 『ごめん』の一言が無いことに純はイライラしてしまいます。 けれどもう話がこじれるのは嫌なので、黙っていることにしました。 真山の純愛 社内では、真山が純のことを見つめていました。 昨日は元気がなかったのに、今日は元気なのか?と考えていると、後ろから先輩が。 真山の気持ちに気付いている先輩は、小さな声で、『人妻』と声をかけて来ました。 焦って否定する真山ですが、その先輩は鋭く、もう確信しています。 そして、人妻って欲求不満なイメージ、とニヤけた顔をして言うと、真山はすぐさま大きな声で反論します。 そういうことがしたいんじゃない!と顔を赤くしながら叫ぶと、先輩は純愛であることに驚きました。 一人でお昼休みを過ごす真山。 先輩の言ったことを思い出し、頭を抱えます。 体の関係を欲しているわけじゃない。 自立したい 純は、登録している派遣会社で面談をしています。 今は派遣社員ですが、上司に認められた純は直接会社からの雇用となるのです。 担当業務は渉外となりました。 お給料や待遇を説明され、その上で同意します。 派遣元の担当には、優しい雰囲気の女性がいました。 おめでとう、と声をかけてもらい、純のことを『良い顔』になったと言います。 そして、どうして一度仕事を辞めた後、また就活を始めたのか聞かれました。 夫の収入が良いことや、純の前職が大手企業だったので気になってしまったと少し申し訳なさそうに聞く女性。 そこで純の本音が出ます。 前職を辞めた理由は、武頼が 子供が欲しいと言ったことでした。 その言葉に浮かれてしまい、仕事を辞めたそうです。 子供ができない理由は話しませんでした。 ただ、母親ではないのに家にいると世間から責められる気がしてパートを始めたのです。 けれど何年もパートを続けていたら、人生について悩みだしました。 周りの友人は、母親になっていたり役職がついていたりして、自分には何もないような気がしていた純。 まだ間に合うのでは、と一歩踏み出したと言います。 聞いていた女性は、すごいことだと言いました。 担当の女性は41歳、独身。 自分で選んだ道を後悔はしていないけれど、それでもこれで良かったのかと思うことがあるそう。 そして、 専業主婦もパートも立派な仕事だけれど、自立できる経済力は自分の強い味方になると続けます。 夫に怪我など『もしも』があったときも、自分が支えてあげられる力だと話しました。 そうしたら、生きていてくれれば十分だという気持ちになれたのです。 子供も他にも何もいらない。 朝、武頼がいたことで安心した気持ちを思い出していました。 けれど次に、子供がいない夫婦の一生について考えます。 しかも、レスのまま死ぬまで一緒。 辛い思いが込み上げますが、今朝の卵焼きのようにゴクンとその気持ちを飲み込みます。 そして、揉める発端はいつも自分だと考えた純は、沙織のところに行って欲しくないと強い気持ちもあり、 もう黙って笑ってようと決めます。 もしまたイラっとしたら、武頼がいなくなるよりマシだと思おうと、無理やり抑え込もうとします。 声をかけるか迷っていると、真山から挨拶されました。 話しかけてくれたことにちょっと嬉しくなる純。 話していると、もしかして真山に好かれている?と思いましたが、12個も年上だしまさか、と思い直します。 本屋の外に出ようと真山から誘われますが、それはオンラインゲームのレア素材を手に入れるためでした。 そして、今日は元気そうだと純を見ていた真山は、何か良いことがあったのか聞きました。 直接雇用の話や武頼のことは言わず、曖昧にごまかします。 そこで真山がゲームを失敗してしまい、思わず大きな声が出た純。 純は声をだして笑いました。 真山はもう純の前ではマスクをしていません。 頬を赤くし、純が笑っていると嬉しい、と言いました。 そして優しい笑顔で見つめ、 純のことが気になって仕方ないと告げます。 あわよくば、今まで一緒に悩んであげられなくてごめんね、と言って欲しいところですが、武頼も悩んでいるのでそれは無理かもしれませんね。 純も、自分から謝らなかったのでちょっとは意地が出たのかと思いました。 沙織のことも気になっている純ですが、母親のことも気にかけてくれるところや、話を聞いてくれるところは嬉しかったので複雑だったと思います。 武頼が嫌なところだらけで、悪人だったら心置き無く責められますが、良いところも多いですからね。 まだ純の中では『沙織』という存在はよく分かっていません。 日曜日、友達も含め一緒に競馬へ行ったこと。 そして偶然見かけた、武頼が沙織を見る目が自分とは違かったこと。 SNSで武頼に買ってもらったぬいぐるみを嬉しそうに投稿していたこと。 これだけでもだいぶ黒よりのグレーですが 笑 分かっていないので、我慢して黙っていることが出来るのだと思います。 そんな悶々とした気持ちもあってか、真山には癒されてしまいますね! 不倫は応援できませんが、実際最近の純を元気付けているのは真山の言動です。 好きだとは言っていないものの、気になっていると告白した真山! 純はなんと返事をするのでしょうか?!

次の

それでも愛を誓いますか?8、9、10話【3話】最新話のネタバレ。

それでも愛を誓いますか7話

最新話をいち早くまとめ記事にしています。 記事を読むなら下記をタップしてくださいね。 萩原ケイク先生の作品でローソン限定の雑誌『めちゃコミックfufu』にて連載されています。 発売は毎月25日頃です。 『それでも愛を誓いますか? 』の前回17,18,19話,20話(6話)のあらすじは・・・ 喧嘩をして無視をされてしまう純。 落ち込む日々でしたが、現在の職場から直接雇用したいという話が舞い込んできます。 一方で武頼はさおりと会い、キスをされてしまいます。 武頼の身体は大切に思う純を裏切り、さおりに反応してしまうのでした。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 』21、22、23話(第7話)のネタバレ 帰ってきた武頼 誰かが料理を作っている。 音と匂いで目が覚める純。 帰ってきた武頼が食事を作ってくれていました。 帰ってきたことに胸がつまる純。 言い方キツかったと武頼は謝ります。 純は思わずどこに泊まっていたのと聞いてしまいます。 ビジネスホテルで一人だったという武頼。 食卓の品は純が好きなものばかりでした。 さおりと一緒だったからそんなに優しいのという言葉を飲み込む純。 苦い思いをします。 話をしようとしてくれる武頼に母親の腎臓が悪くなったことを伝えます。 休みを取って説明を聞きに行くと言う純に対して武頼も一緒に行くよと言ってくれます。 ありがとうと言う純。 しかし、内心はイラついていました。 ごめんねがなかったこと、あの回答については宙ぶらりんだったのです。 自分は器の小さな人間だ。 こじれるならもう黙ろうと純は決めます。 会社では純を見て真山は今日は元気そうだけれど、よくわからないと純を分析していました。 純を見つめる真山を同僚がからかいます。 身体の関係を持ちたいのかと言うとそんなんじゃないと怒る真山。 同僚は純愛なの?とあっけに取られてしまいます。 我慢する純 真山は喫茶店で悩みます。 純をどうしたいのかと考えれば、前に傷つけてしまったから、純を笑顔にさせられたらと思うのでした。 純は直接雇用の面接を受けていました。 担当の男性社員が席を外したところで、女性社員がおめでとうと言ってくれます。 そしてどうして最初の仕事をやめてご主人にいい収入があるのにパートを始めたのかと聞かれます。 純は夫の「子供がほしい」に浮かれてしまって仕事をやめてしまったと答えます。 その後、母親ではないのに専業主婦でいたら世間から責められているように感じてパートを始めた純。 周りはみんな役割を持っていて私には何もなかったから変えたかった、そう純は言います。 帰り道、朝武頼がいてすごく安心したことを思い出す純。 武頼が笑っているには自分が黙って笑っていればいいのだと純は思います。 何よりさおりにはいってほしくなかったのです。 パートナーってなんだろう、と悩む純でしたが、今は何より一人にはなりたくなかったのです。 真山の告白 武頼がいなくなるよりましだと思えと自分に言い聞かせる純でしたが、その境地までは達していけませんでした。 聞きたい話やしたい話を我慢して笑える自信が今は持てない純。 帰りたくないなと本屋にふらりと立ち寄ります。 そこで真山と鉢合わせしてしまった純は隠れますが、結局真山に見つかってしまいます。 少し話すと敬語はやめてほしいと真山は言います。 外に出ませんかと誘われた先は公園で、ゲームを二人でやることになりました。 なんだと少し期待外れと思う純。 旦那さんと何かいいことがあったのかと真山は尋ねますが、その拍子にゲームでミスをしてしまいます。 ゲームのお茶目な画面を見て純は笑いだしてしまいます。 真山は純が笑うと嬉しいと微笑みます。 自惚れるな、と思う純でしたが、最近元気をくれるのは武頼よりよりも真山になっていました。 真山は純のことが気になってしかたありませんと告白します。 一方で武頼はさおりからの誘いを断っていました。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 』第8話最新話のネタバレ 『それでも愛を誓いますか? 』まとめ 今回は『それでも愛を誓いますか? 』第7話のネタバレ&最新話をお送りしました! 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の