初盆 お金。 初盆(新盆)に必要なお布施はいくらなの?渡すために必要なマナーは?

初盆に御仏前を送る!郵送時の手紙例文と品物も一緒に送る方法は?

初盆 お金

新盆と初盆は違いがあるの? 新盆と初盆と耳にしたことがあると思いますが双方に違いがあるのでしょうか? 答えは新盆と初盆は同じです。 地域などによって呼び方が違うだけです。 ここでは初盆で諸々紹介していきます。 初盆はいつ迎えるの? 初盆は故人が亡くなってから忌明け きあけ いわゆる49日が過ぎてから初めて迎えるお盆をいいます。 ですので49日が過ぎていない内にお盆が来てしまう場合には翌年に初盆を迎えます。 初盆の時期はいつ? 初盆の時期は通常のお盆と同じ時期です。 地域によって7月と8月に分かれます。 いずれも日にちは15日ですので7月15日か8月15日になります。 初盆の香典の金額は身内はいくら? 初盆を迎えるにあたり法要に出席する親族、身内の人は香典 不祝儀 を包みます。 香典を包むのは分かっていても実際に身内の立場でいくら包めば良いのか悩みますよね? ココでは初盆で身内は香典をいくら包むのが一般的なのか相場を紹介します。 ・故人が祖父、祖母の場合の相場は5千円~1万円 ・故人が父、母や兄弟姉妹の相場は1万円~2万円 上記が初盆で身内が包む一人あたりの香典の一般的な相場です。 ですので夫婦で包む場合には1人1万円だったら2万円になります。 お斎 おとき 食事会に参加の場合 初盆の法要の後にお斎 おとき 食事会があり出席する場合には別途一人あたり3千円~1万円を香典にプラスで包みましょう。 提灯代も包む場合 初盆の時には初盆用の白い提灯を玄関か窓際、仏壇の前に飾ります。 通常のお盆での提灯は絵柄の入った物になりますが初盆の場合には家に戻ってくる故人が迷わず戻って来れるよう白の提灯を飾ります。 提灯代を包む場合には1人あたり3千円が相場です。 こちらも香典にプラスして包みましょう。 地域の風習や家族によっては金額が違ったり香典は包まない、受け取らない場合がありますので事前に家族や親戚に確認を取ることをおすすめします。 スポンサーリンク 初盆の香典に包むお札の注意点 初盆で香典に包むお金、お札ですがお葬式の時ほど神経質になる必要は無いのですが出来るだけ下記の注意点を心掛けて下さい。 ・4と9は死と苦を連想する数字になりますからお札の枚数や金額が4や9にならないようにしましょう。 ・お葬式の時の香典と同じように新札を包まないようにしましょう。 もし新札しか無い場合には一度2つ折りにし折り目を作ってから包みましょう。 ・程良い使用感のあるお札を用意しましょう。 あまりにもしわくちゃなお札では逆に失礼にあたります。 ・絵柄は揃えて顔の面は裏にし顔が下にくるようにしましょう。 初盆での香典 不祝儀 袋の選び方と書き方 初盆の身内が包む香典の一般的な相場が分かって頂けた思います。 次に用意し準備するものは香典袋です。 その香典袋 不祝儀袋 の選び方と書き方を紹介します。 初盆での香典袋 不祝儀袋 の選び方 初盆で香典を包む袋ですが表書きを書く場合、もしくは既に印刷されている香典袋を選ぶ場合に注意する点があります。 間違っても「御霊前」と書いたり選んだりしないで下さい! 御霊前はお通夜、告別式などお葬式で香典を包む時の表書きに使うものです。 初盆の時には「御仏前」「御佛前」「御供物料」と表書きに書くか選ぶようにして下さい。 初盆での香典袋の水引の選び方 香典袋の水引もお葬式と初盆では違います。 お葬式の時の香典の水引は黒白の結び切を使います。 初盆の時の水引は双銀や藍銀、黄白の結び切りを使うのが一般的です。 こちらも間違えないよう十分に注意して下さい! 初盆での香典袋 不祝儀袋 の名前の書き方 独身の場合には中央にフルネームを書きます。 夫婦の場合でも基本連名で書く必要はなく旦那さんの名前をフルネームで書きます。 但し、故人と奥さんが親しかった場合には連名で旦那さんの名前の左横に名前だけを書きましょう。 初盆での親戚の服装は? 初盆に出席する場合、家族、親戚関係などの身内の服装は基本的には喪服です。 ただ夏の暑い時期ですので喪服が冬用の厚い生地のものしか無い場合などは周りの喪服の人達と違和感のないような服装なら大丈夫です。 まとめ 初盆を迎えるにあたって身内が包む香典の相場や、その他の知っておくべき一般的な常識を紹介しました。 初盆は故人が亡くなってから初めて迎えるお盆です。 手厚く行われるものですから失礼がないようにしたいものです。 出席する側として万全を期して故人を偲びましょう。 今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。 最後までお読み頂き有難うございました。

次の

初盆の香典の金額、身内はいくら?不祝儀袋の書き方や服装などは?

初盆 お金

新盆の準備は? 人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことを「新盆(にいぼん)」又は「初盆(はつぼん)」と呼びます。 故人が仏になって初めて里帰りするということで、故人の近親者は 盆提灯 ちょうちん を贈り(現在では住宅事情などでちょうちんを贈るより現金を贈る事が一般的になってきています)、初盆を迎える家では身内や親しい方を招いて僧侶にお経(棚経:精進棚の前で読経してもらうので棚経といいます)をあげてもらい盛大に供養します。 お経(棚経)がすんだら茶菓子などでもてなし、お布施を渡します。 また、ちょうちんですが、最近では使う事がない場合や、家族にそろえていただくことが多いので1万円から2万円の現金を贈ることが多くなっています。 この時のちょうちん代へのお返しは不要です。 【参考】 四十九日の忌明(きあ)け前にお盆を迎える場合は新盆は翌年になります。 新盆の香典・お供え物の贈答様式• 金封 水引/黒白か黒白銀か黄白(5本か7本)・双銀の7本か10本 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御佛前」「御仏前」か「御供物料」「御ちょうちん代」• のし袋 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御佛前」「御仏前」か「御供物料」「御ちょうちん代」• のし紙 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御供」か「御供物」• お返しは必要ある? 一般的にはお返しは必要なく、簡単な食事などでもてなします。 また、近所の方など「御供物」などを頂いた方には「志」と表書きした引き物を渡します。 引き物の品ですが、不祝儀でよく使うお茶、タオルセット、ハンカチなどが多いようです。 読経謝礼(僧侶)の贈答様式 読経をして頂いたあと、精進料理でもてなしますが、僧侶が辞退される場合は「御膳料」を包みます。 また、「お布施」は地方や宗派によって違いますので詳しい方にお聞きください。 また、自宅に僧侶を招いた場合は「御車代」を包みます。 金封 水引/黒白か黒白銀か黄白(5本か7本) 双銀の7本か10本 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御布施」(お車料もつける場合があります)• のし袋 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御布施」(お車料もつける場合があります 【関連記事】•

次の

初盆に御仏前を送る!郵送時の手紙例文と品物も一緒に送る方法は?

初盆 お金

旧暦の7月15日頃は新暦では8月15日前後にあたりますが、東京や横浜市の一部等では、新暦となった今でも7月15日頃にお盆の行事を行うため、新暦の7月15日頃にお盆を行う地域と8月15日頃にお盆を行う地域が混在しています。 喪の期間が明けたことを忌明けと言い、一般的には四十九日の法要を終えると忌明けとされます。 お盆の時期にまだ忌明けが済んでいない場合には、初盆・新盆の法要は翌年に行われます。 その年に採れた作物などをお供えしたり、精霊馬を供えたりします。 地域や宗派によって飾り方が異なりますが、浄土真宗では精霊棚は飾らないとされます。 祖先の霊に、来る時は馬に乗って一刻も早く来られるように、戻る時は牛に乗ってゆっくりお帰り下さいと言う願いを込めてしつらえます。 精霊棚が完成したら、位牌を仏壇から取り出し、精霊棚の中央に飾ります。 位牌を出している間は仏壇の扉は閉めておきます。 必要なら足の部分には太い竹を輪切りにしたものあるいは角材など。 足を作る代わりに小机、経机などで代用することがあります。 ゴザのようなもの。 支柱を結ぶもの。 正式なやり方の場合には、笹の支柱に真菰(まこも)の綱を張り、棚を作った上に真菰のござを敷いて作ります。 支柱を作って棚をしつらえるのは大変なので、イラストの左の図のように四本足の小机に支柱の笹竹を括り付けても良いと思います。 この笹竹の4本の支柱に綱を張ります。 四方に綱を張り、結界を作るとされています。 小机を使わない場合には、上記のように角材や竹などで足元を作ることもあります。 笹竹で二本の支柱だけを作る地域もあります。 小机の後方の2本の足にそれぞれ少し背の高い笹をくくりつけそこに綱(つな)・縄をわたし、盆花を逆さにつるします。 ほおずき、栗の葉、ガマの穂、枝豆、里芋、粟(アワ)、桔梗、みそはぎなど。 綱に盆花をつるさずに、花立てに盆花を飾るだけの地域もあります。 一般的には中央に御位牌、その前に燭台、香炉、鈴などを飾ります。 具体的な例を以下に2例ほどご紹介します。 (1)小机の上に真菰(マコモ)の敷物、まこものござを敷きます。 中央にご位牌を飾り、その前に仏茶器、仏飯器、高杯、さらにその前に燭台、香炉、鈴などをかざります。 最前列には旬の食べ物や供物をかざります。 地域や宗派によっては、ご位牌の前に御供えするお膳「=御霊供膳」の献立も細かいしきたりがあるようです。 盆提灯がある場合には、精霊棚の両脇に飾ります。 (2)このイラストはお膳が無い例です。 マコモの敷物の上に中央奥にご位牌を飾り、その前にキュウリとナスの精霊馬を置いています。 空いたスペースには、果実や野菜などのお供物をお供えする盃鉢を置いています。 笹竹の上の方にはまこもの縄を四方に張り、ほおずきを吊るしていますが、花立てを起き、盆花を飾るだけの地域もあります。 盆提灯がある場合には、精霊棚の両脇に飾ります。 更に沢山の盆提灯がある場合には、仏壇の前にも飾ります。 白提灯だけは初盆にのみ用います。 軒先や玄関先などにかざります。 なお、お供物の他に、13日にはお迎え団子、14〜15日には落着き団子、16日には送り団子などをお供えすることもあります。 それぞれのご家庭で心のこもった供養をされることが一番良いのではないでしょうか。 参考ページ… 初盆・新盆 お供え 3.盆提灯 盆提灯は祖先の霊が提灯を目印にして戻って来られるように飾ると言われています。 お盆に使われる盆提灯には、白提灯と絵柄の入った提灯があります。 白提灯は近親者から贈られることが多いようです。 親族がそれぞれ1つずつ贈ると白提灯ばかりが沢山になってしまいますので、不祝儀袋に「御提灯代」として現金を遺族に渡し、遺族が必要な個数を購入するようになってきています。 白提灯は1つだけあればよいでしょう。 軒先や玄関先などの、危険のない場所)に飾ります。 お盆が終わったあとの白提灯は、送り火で燃やしたり、菩提寺に供養をしてもらったりします。 事前に、お寺に「お盆のあとの白提灯はどうしたらよいのでしょうか?」と確認すると良いでしょう。 絵柄の入った盆提灯は、精霊棚の両脇に飾ります。 更に沢山の盆提灯がある場合には、仏壇の前にも飾ります。 毎年飾るので、お盆が過ぎたらきれいに掃除して保管します。 16日(または17日)には片付けます。 初盆・新盆のみに用いる白提灯は送り火と共に燃やすか菩提寺にて供養をしていただきます。 4.初盆法要・新盆法要 初盆・新盆には故人が亡くなってから忌明け後に迎える初めてのお盆ということで、僧侶を招き法要を営むのが一般的です。 翌年からはお盆は遺族(または親族)だけで故人や祖先を供養することが多いようです。 初盆新盆の法要を営む際には、菩提寺に早めに予約を入れましょう。 通夜・葬儀葬式の参列者名簿を参考にして案内状を出します。 精霊棚の準備をし、迎え火を焚いて故人や祖先の霊をお迎えします。 初盆・新盆の法要を行い(二年目以降は遺族もしくは親族が供養をします)、送り火を焚いてお送りします。 @5,000〜10,000円くらいがめやす。 後日郵送することもあります。 表f書きは「初盆志」「志」など。 盆返し、初盆返し。 表書きは「粗供養」など。 料理でおもてなしをすることもお返しのうちのひとつとなります。 提灯の数に決まりはありませんが、住宅事情などを考慮し、直接盆提灯を贈るよりも「御提灯代」として現金を遺族に渡し、必要な数を揃えてもらうと良いと思います。 絵柄のついた提灯は二年目以降も使うことができます。 和菓子などで、予約が必要なものがあれば盆菓子の予約をします。 御経料とも言います。 初盆法要の前に準備しておきます。

次の