サッポロ ビール 赤星。 「サッポロラガービール」缶 数量限定発売:時事ドットコム

「サッポロラガービール」缶 数量限定発売

サッポロ ビール 赤星

通称「赤星」、正式名は「サッポロラガービール」。 昨年で誕生140年を迎えた、現存する日本でもっとも歴史あるビールブランドです。 熱処理ビールならではの独特のボディとしっかり利いた苦味が特長的で、ビール好きに好まれるビールとして愛され続けてきました。 このロングセラー商品の人気にじわじわと火がつき、2011年から2017年までの6年間で、売上げが2. 3倍に増加しているのだとか。 今なぜ「赤星」が人気なのでしょうか? サッポロラガービールSNS投稿件数推移 投稿数は2016年9月~2017年6月までは微増となっておりますが、7月以降は飲食店を中心とした瓶商品の販売増加、期間限定の缶商品の販売により投稿数が急増しています。 また、投稿内容も男女問わず「美味しい」という好意的な投稿が多く、SNS上でも赤星ファンが増えています。 10月16日からスタートした缶商品の数量限定発売にも注目です。 サッポロラガービール売上げ伸び率 売れている要因は? サッポロビールの前身・開拓使麦酒醸造所から、創業翌年の明治10年(1877年)に発売された「赤星」。 通常、瓶で販売されているということもあり、飲食店などの業務用を中心として販売されています。 ネオ大衆居酒屋ともいうべき、昭和レトロな雰囲気を重視したこだわりの酒場には、この赤星が欠かせないアイテムとなっていると言っても過言ではありません。 もともとのファンである中高年男性層に加え、そういったお店自体に女性客が増えたため、赤星ファンも若い女性層に拡大しています。 また、そんなに出回っておらず希少性があるが飲んでみると美味しい、というクラフトビールのような感覚も人気の要因になっているようです。 【NEWS】家飲み需要に応えて、缶タイプの「サッポロラガービール」も数量限定で登場 業務用市場を中心に大びん・中びんのみで通年販売している「サッポロラガービール」の缶商品が、7月に続き10月16日から全国で数量限定販売。 今回のデザインは、現在のびん商品ラベルを忠実に表現しつつ、片面には1936年のラベルと、ビールを取り巻く当時の世相を描写し、日本で最も歴史があるビールブランドであることを伝えています。

次の

サッポロビールの星には赤い星と黄色い星の2種類がありますが、両者の違いをお...

サッポロ ビール 赤星

[ ,] 2017. 1 5年で販売量が2倍に!? サッポロラガービールの魅力を追う! 今年は「黒ラベル」が誕生して40年。 「スーパードライ」が誕生して30年。 しかし、それよりも大先輩のビールがあることをご存知ですか。 「サッポロラガービール」は今年で誕生140年を迎えました。 この国産ビール最古のビールがこの5年で、販売量が2倍になっているそうです。 レトロなビールが「今、何故人気なのか?」。 サッポロビールさんに聞いてきました。 「赤星」はサッポロビールの歴史! 赤星の誕生は1877年「サッポロビール」の前身、「開拓使麦酒醸造所」で誕生しました。 発売当初は「札幌ビール」と呼ばれていました。 ちなみに「赤星」の由来は北海道の開拓使のシンボルである五稜星からきています。 昔から変わらず、赤い星がトレードマーク! しかし、サッポロビールの主力商品といえば、冒頭でもお伝えしたように今年40周年を迎えた「黒ラベル」と「ヱビスビール」です。 しかも、現代は生ビール全盛期です。 古くからの醸造方法は効率が悪いのではないかと聞いてみると、「培ってきた歴史自体が大きな資産になっています。 何かスペックを変えるということはお客様に対する信頼関係を損なうことになるという思いから守り続けています」とブランド戦略部の武田悟季氏は話します。 「赤星」はサッポロビールの原点ともいえるビールなのです。 醸造技術が進歩し、熱処理を行わなくても品質を保てるようになったなかで、『赤星』の生産中止が社内で検討されたことはなかったのかを聞いてみると「それは聞いたことがないですね」とのことでした。 今回、「赤星」の魅力や人気の理由を教えてくれたブランド戦略部の武田氏 「お客様からは『厚みがある』、『飲み応えがある』と言われる方が多いです」とのこと。 話を聞いていくと「生ビールだから」、「熱処理ビール」だからという理由が「赤星」の人気が高まっているわけではないようです。 酒場ブームが人気の要因 「『赤星』が置かれているのは主に飲食店さんで、1つは大衆居酒屋さん。 もう1つがレトロ感を特徴にしている業態の飲食店さんに入荷されていることが多いです。 そうした業態のお店には40~50歳代の背広組の方ではなく、30歳代の女性グループが増えてきています。 そこで、『見たことのない商品がある』ということで、注文されるようです」と今まで飲んでいなかった世代から注目を集めるようになったことが、人気の要因になっているようだ。 「サッポロビールでは広告やキャンペーンといった積極的にマーケティング活動をしているわけではなく、通常の営業活動のみをしています。 営業担当の方がきちんと関係作りをされていること。 ファンとなってくれている店主さんが指名してくれること。 レトロ感のある業態が見直されていることが5年で販売量が2倍になっている理由ではないかと考えています」と武田氏は分析します。 「やっているのはwebページでの『 』くらいです。 赤星が置いてあるお店の情報もある 積極的なマーケティング活動を行っていない理由として「『赤星』を飲んでみたいと思う人たちが自分たちでお店探しを行う楽しみもある」と語ります。 瓶ビールだからこそ選ばれる! お店側からの指名が多い「赤星」。 その理由として「『瓶だからいい』、『どこでも買えるわけではないから』とお店側のこだわりの1本として扱いたい」とのことです。 「メニューに『サッポロラガービール』ではなくて、『赤星』と表記しているお店もあります(笑)」と通なお店もあると言います。 現在は瓶での提供のみとなっています。 「昨年は創業140周年ということもあり、缶で限定販売をし、『通年で販売してほしい』といったご要望もいただきました。 今年ですか? 検討はあると思いますが、現段階では未定ですね」と話します。 基本的には飲食店さんでの取り扱いが多い「赤星」ですが、業務用の酒屋さんで購入することも可能です。 「注ぐ行為」これこそが瓶の良さ! 「瓶の良さはやっぱり注ぐ行為にあると思います。 お店の方からや仲間内で、コミュニケーションが発生しやすいツールだと思います。 そういったところを大事にされているお店もあると思います。 もちろん手酌も絵になりますしね。 あとはグラスで飲む量をその時の気分で決められるのも良いところではないでしょうか」 自分のペースで好みの量を注げるのも魅力の1つだ たしかにジョッキだと各々が飲みきらないと次を頼めませんが、瓶であれば、1本を共有することで「もう1杯いかがですか?」、「あ、もうこのくらいで」とか「もう1本頼みますか?」と相手を気遣う気持ちが自然な形で作りやすいと思います。 「マーケティング活動の範囲もあり、商品としての認知は決して高くありません。 でも、見方を変えれば、伸びしろも大きい商品だと思います。 ただ、現在の『赤星』ファンが離れず、新規のファンを獲得できるようにしていきたいですね。 新たに知った方たちが酒場で飲んだときに『あぁ、こんないい酒場があるのだなぁ』とつなげていけることが、『赤星』の役割だと思っています」と今後について語ります。 個人的には宅飲みで、好きなつまみを作ったりして、ゆっくりと語りながら注ぎ合ったり、昔懐かしく風呂上がりに晩酌で、素敵な時間が過ごすのもいいと思います。 『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。 実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。 飲んだ日本のビールは2000種類以上(もう数え切れません)。 また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。 当HPにて、「ブルワリーレポート」「うちの逸品いかがですか?」「Beerに惹かれたものたち」「ビール誕生秘話」「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。 音声配信アプリstand. 詳しくはよりお問い合わせください。

次の

サッポロビール

サッポロ ビール 赤星

みなさんこんにちは、北海道の遠軽出身・ナッツ()です。 ただいま、札幌にあるに来ております。 (しかも特別に貴賓室に入らせていただきました) こちらの博物館は、サッポロビールの様々な歴史を知ることができる施設となっているのですが、サッポロビールの歴史ってめちゃくちゃスゴイんですよね。 だって、 日本で初めてつくられたビール、それがサッポロビールなんですから!!! 明治9年(1876年)、今から約140年前にはじまった日本人による初めてのビールづくり。 そんな日本のビール史を切り開いてきた サッポロビールが、さらに美味しく飲めちゃう9つのトリビアを博物館の様子と共にご紹介したいと思います。 ちなみに最後には綺麗なお姉さんに、博物館限定ビールを注いでもらいました。 それでは、どうぞ。 ビール好きなら知っておきたい! サッポロビールの9つのトリビア 1. 近代国家の象徴として生まれた日本初のビール さかのぼること明治2年(1869年)。 北方の防衛と近代産業の育成のため、政府は開拓使を設置し、蝦夷地を「北海道」と改名します。 そして文明開化の名のもとに、北海道では30を越える工場の建設がスタート。 そのうちの1つが、ビール醸造所だったそう。 外貨獲得、そして近代化の象徴としてビールづくりが札幌でスタート。 冒頭で述べた通り、明治10年(1877年)に日本初の国産ビール「札幌ビール」、現在の「サッポロラガービール」が登場しました。 日本のビールづくりを成功へと導いた「村橋久成」の挑戦 「日本初のビールがサッポロビールだということはわかったけど、なんで札幌? 東京とかじゃないの?」 そう思われた方も多いはず。 実は当初の計画では、政府首脳に直接見せられるよう東京でビール醸造所を建設する予定でした。 しかし当時のビールづくりには、長期間の低温維持が必要。 天然氷しかない時代に東京でビールづくりをするというのは、莫大なコストがかかります。 そこで 「うまいビールづくりには、北海道しかない!」とクビを覚悟で異を唱えたのが、村橋久成氏。 当時32歳の村橋氏は、綿密な計画と開拓事業への情熱を持って上官に直談判。 東京から札幌へ建設計画を変更することが決定し、村橋氏は開拓使麦酒醸造所の責任者を任されます。 しかし課題は山積みでした。 当時の日本は瓶をつくる技術がなかったため、村橋氏は港町を巡って、輸入ワインや輸入ビールの空き瓶を買い集めます。 さらに輸送中に酵母が発酵してコルク栓が抜けてしまったことから、コルク栓も改良。 村橋氏の 「なんとかこの地でビールづくりを成功させるのだ」という強い反骨精神がようやく実り、明治10年、予定よりも5ヵ月遅れてビールが完成するのでした。 まさに挑戦者の手によって生まれたビール、それがサッポロビール! 3. 星印に込められた開拓使たちの想い 発売開始当初からラベルに印字されているのが、サッポロビールおなじみの星マーク。 この星は「五稜星」と呼ばれ、蝦夷地を開拓していた開拓使たちが、 北海道へ向かうときに目印にしていた北極星を意味します。 未開の地を開拓していった開拓使たちのフロンティア精神。 この星マークは、北海道とビールに夢を託した開拓使の想いが詰まっているのです。 なお当時の赤星デザインは、現在も「サッポロラガービール」で受け継がれています。 フロンティア精神に浸りながら飲みたいビールですね。 事業開始から5年目にして明治天皇にお褒めをいただく サッポロビール博物館の貴賓室(一般公開はしておりません)には、明治天皇がお掛けになった椅子がいまでも残っています。 こちらの写真は昭和43年に昭和天皇御臨幸の折の椅子ですが、過去には開拓使の視察で行幸されていた明治天皇がなんとサッポロビールをお飲みになり、さらにはおかわりを御所望されたそう。 明治天皇にお褒めをいただいたビール、それがサッポロビール!!! 5. 戦前はサッポロ、アサヒ、エビスが合併し「大日本麦酒」となる こちらは当時のビールの広告なのですが、よく見ると「SAPPORO」と「ASAHI」が並んでいますね。 実は1903年に札幌麦酒株式会社(札幌ビール)は東京へ進出。 日本麦酒株式会社(恵比寿ビール)が大打撃を受けます。 そこで日本麦酒社長の馬越さんが業界の再編成を提案。 札幌麦酒株式会社と日本麦酒株式会社、そして大阪麦酒株式会社(朝日ビール)の3社が合併し、大日本麦酒株式会社が1906年(明治39年)に誕生したのです。 そして戦時中は世界中にビール工場を展開。 有名なところでは、 中国のビール「青島ビール」も実は大日本麦酒がつくったビールだそう。 戦後に日本は工場を手離しますが、そのまま工場は稼働し、みなさんご存知の青島ビールが生産されていったのでした。 原料は共同契約栽培、すべての製造プロセスに携わる ビールづくりに欠かせないのが、麦とホップ。 ……「麦とホップ」、ビールのCMなどでもよく耳にするフレーズですね。 通常、ビールづくりにおいては原料を仕入れてつくるのが一般的ですが、 サッポロビールの場合は原料も協働契約栽培しています。 10年以上前から、 すべての原料の生産のプロセスに携わってビールづくりをしているそうです。 これはなかなか他社ではできない試み。 経営理念が素晴らしい 「オンリーワンを積み重ね、No. 1へ」 これは、サッポロビールが掲げる企業メッセージ。 フロンティア精神を持って、常にビールの歴史を切り開いてきたサッポロビールですが、現在もサッポロビールにしかできない、オンリーワンの取り組みを多く展開されています。 たとえば「サッポロクラシック」。 1985年に誕生し、いまなお物産展などの特別な場合を覗き、北海道限定で発売されています。 また今回訪れたサッポロビール博物館も、日本唯一のビール博物館。 そして先ほどご紹介した協働契約栽培もサッポロビール独自の取り組みです。 いやぁ〜〜、オンリーワンを積み重ねてNo. 1を目指すという姿勢、かっこいいです。 「サッポロラガービール」それは現存する日本で最も歴史のあるビールブランド 先ほど少し触れた赤星デザインがいまなお残っている、「サッポロラガービール」。 実は「サッポロ生ビール黒ラベル」が1977年に登場して以来、サッポロラガービールのシェアは年々減少。 主役を生ビールへ譲りましたが、近年その人気が復活しているそう。 上記写真は、僕が先日こだわりが強そうな焼き鳥屋さんに行ったときの写真なのですが、この赤星デザインのサッポロラガービールは、めちゃくちゃ珍しいらしいということ!!! もしみなさんもお店で赤星と出会ったら、 「これが現存する、日本で最も歴史のあるビールかぁ〜〜〜!」と感動しながら飲んでほしいです。 ちなみにラガービールと生ビールの違いは、熱処理をしているか、していないか。 ビールの発酵を防ぐために熱処理していたラガービールに対し、フィルターで濾過をして酵母を取り除くのが生ビールなんですよね。 「サッポロ生ビール黒ラベル」名付け親はお客様 最後のトリビアは、サッポロ生ビール黒ラベルについて。 その結果、 1989年(平成元年)には正式な商品名として「サッポロ生ビール黒ラベル」へ。 名付け親は黒ラベルを愛するお客様だったのですね。 ちなみに黒ラベルは、1985年にアメリカの日本製ビールシェアNo. 1になるほど、世界でも人気ビールだったそうです。 黒ラベル誕生から40周年を迎えた今年2017年。 今夜は黒ラベルで乾杯ですね。 このCMコピーによって生まれた都市伝説の1つに、このような話があります。 サッポロビールの新卒採用面接で、学生が椅子に座り終始だんまり。 実際にそんな出来事はあったのか、サッポロビール株式会社の安藤さんに聞いてみました。 安藤さん「いやぁ、実際にあったかどうかは分からないですね。 しかし、黙っていては何も伝わりませんからね。 もちろん一般には販売されていない、ここだけでしか飲めないオンリーワンのビール! これは飲むしかありません。 村橋氏の反骨精神によって生まれた初期のサッポロビールの味を堪能してみましょう。 お美しい……。 ありがとうございます。 これが…… 明治10年、1877年に誕生したビールを再現した「復刻札幌製麦酒」!!! 気になる味わいは……ぜひへお越しいただき、ご自身で確かめにきてください。 僕は感動しました。 おわりに:夏に札幌で開催されるビアガーデンは圧巻! ということで、サッポロビールにまつわる9つのトリビアをご紹介いたしました。 個人的には村橋氏の反骨精神、そして星マークに込められた開拓使たちのフロンティア精神にものすごく共感。 もともとサッポロビールファンでしたが、これからもっとサッポロビール愛好家になろうと決意しました。 ちなみに北海道ではこれからのシーズン、 札幌の大通り公園で1万3千席もの巨大な会場で開催されるビアガーデンがスタートします! 約1kmという会場の賑わい具合は、全国どこを探してもここでしか体験できないのではないでしょうか。 今年2017年の大通ビアガーデンは、 7月20日〜8月15日の間に開催されるそうなので、ぜひ北海道の気持ちのよい夏の風と、大自然の中で飲むビールを楽しんでみてください! 筆者もビールを飲みまくろうと思います。 それでは、また! 取材協力:サッポロビール博物館• 住所:〒065-8633 北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1• TEL:011-748-1876 (受付時間 10:00~18:30)• 開園時間:11:30~20:00• URL:.

次の