アマゾン プライム ビデオ ログイン。 Amazonプライムビデオは複数端末で楽しめる?やり方と同時視聴ができるか調査

Amazonプライムビデオとは。テレビで見る方法、見放題の使い方、レンタル方法、返却方法など【プライムビデオまとめ】

アマゾン プライム ビデオ ログイン

「Hulu」や「Netflix」などの動画配信サービスには、視聴できる映像コンテンツに特徴があります。 ですから、自分の観たいコンテンツがあるかないかで、最適なサービスを選びましょう ですが、コスト面で選びたいという人もいるでしょう。 動画配信サービスは、「利用料金」は明確に違います。 HuluやNetflixは、プランによって異なりますが、月額1,000円前後の料金がかかります。 たくさんの映像コンテンツを楽しめることを考えれば、かなりリーズナブルな設定ですが、中には「ワンコインで済ませたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。 そんな方にご紹介したいのが、「Amazonプライム・ビデオ」です。 Amazonプライム・ビデオは、なんと月額に換算すると400円以下で動画コンテンツが楽しめる、動画配信サービスなのです(正確には動画配信サービスではなく、「Amazonプライム」会員向けのサービスのひとつ)。 ここでは、PS4でAmazonプライム・ビデオを観る方法をご紹介いたします。 初心者が失敗しやすいポイントも解説していますので、これを読めばきっとトラブルなくPS4で視聴できるようになりますよ。 次に、インターネット環境です。 「」のページによると、「SD(標準画質)で900Kbps、HD(高画質)で3. 5Mbps」が必要とされています。 つまりSD画質で良ければ900Kbpsあれば観ることができます。 インターネットへの接続方法は、有線LAN、無線LANどちらでも大丈夫です。 ですが、無線LANの場合、無線ルーターからPS4までの距離や障害物などの環境によっては、スペック以下の速度になってしまう場合がありますし、パケット・ロスが起きるかもしれないという懸念もあります。 PS4ユーザーであれば、今後オンラインゲームをプレイする機会があるかもしれません。 「オンラインゲームのプレイ中に回線トラブルで切断」などということがないように、より安定した有線LANの通信環境を準備するのもいいでしょう。 なお、「サインインして今すぐ観る」を選ぶ方法でうまくいかない場合もあるようです。 その場合は、「Amazonウェブサイトで登録」を選んでください。 「Amazonウェブサイトで登録」を選ぶと、テレビ画面に「デバイスを登録」する画面が表示されます。 ここでは、アクティベーション用のコードが表示されます。 次にAmazonプライムにサインインしているパソコンでAmazonプライム・ビデオの「」ページを開きます。 「Primeビデオの設定」ページが表示されますので「デバイスを登録」を選びます。 表示された機材の中からゲーム機を探し、2番の手順の中にある「Amazonサイト」をクリックします。 すると、コード入力画面が開きますので、PS4のテレビ画面に表示されているコードを入力すれば完了です。 これで、PS4とテレビを使い、Amazonプライム・ビデオを視聴できる環境が整いました。

次の

Amazonプライムビデオにログインできない? まずはログイン手順をデバイスごとに確認。

アマゾン プライム ビデオ ログイン

これでログインは完了です。 おすすめ番組を観ることもできますし、下の検索ボタンをタップして観たい番組を観ることができます。 その後リモコンの入力切り替えボタンを押してFire TV機器を取り付けたポートを選択します。 言語には以下のものがあります。 ここでは日本語を選択したものとして説明を進めて行きます。 Fire TV機器はスマホやタブレット同様、主にWi-Fiを使って使用します。 表示されているWi-Fiのアクセスポイントをリモコンの矢印キーで選んで決定を押します。 パスワードを入力する画面が出てくるのでWi-Fiのパスワードを入力します。 無線LANのルーターにWPS機能がついている場合はWPSを使って設定することもできます。 その場合はWi-Fi設定画面で「WPSボタンで接続」を押してルーターのWPSボタンを押して接続します。 こちらの方法で設定する場合はパスワードの入力が不要ですので、誰でも簡単に設定することができます。 また、別売りの「Amazon イーサネットアダプタ」を購入、接続することで有線LANを使用することもできます。 Wi-Fiでも安定しているので余程電波状況が悪い環境でなければWi-Fiでも快適に視聴可能かと思います。 そのため、購入者側でメールアドレスやパスワードなどの入力は不要です。 「 名前 さんのアカウントを使用」というボタンを押すだけでログインが完了します。 家族のアカウントで買ったが別のユーザーが使いたいときには「別のアカウントに変更」を押すことで別のアカウントでログインすることもできます。 ログインが完了するとインターネット速度の確認作業が始まります。 特に異常がなければすぐに完了します。 その後、使い方を説明するアニメーションが始まり、接続方法やリモコンの使い方、音声検索の仕方などの紹介をしてくれます。 機能制限とはAmazonビデオの再生時や、ビデオ、アプリ、アプリ内課金などの1-Click購入時にPIN 4桁のパスコード の入力が必要になります。 この制限は設定したデバイスのみで有効になります。 そのため、パソコンやスマホでは制限がかからないので注意が必要です。 お子様がいるご家庭では勝手に課金したりしないように機能制限を有効にしておくと安心かと思います。 万が一、ログインできない場合は、 万が一、ログインができない場合は以下のような原因が考えられます。 ・ログイン情報が間違っている ・ひとつの端末を複数のアカウントに登録は不可 ・端末によっては、直接アカウントにサインインできないものも ・ネットの接続トラブル ・アプリをインストールしていない これからこれらの対処法をご説明していきます。 ログイン情報が間違っている Amazon Prime Videoにログインするには登録しているEメールアドレスまたは携帯電話番号とパスワードが必要となります。 一度、登録している情報が間違っていないか確認しましょう。 すると新たなパスワードを設定する事ができるので、ここで忘れないかつセキュリティー面も含めて見破られにくいパスワードを設定しましょう。 ひとつの端末を複数のアカウントに登録は不可 Amazon Prime Videoは一つのアカウントに対して10台まで登録が可能です。 しかし、一つの端末で複数のアカウントに同時に登録する事はできません。 もし一つの端末で複数利用する場合は、Amazonプライムビデオを使っていないアカウントはログアウトして、Amazonプライムビデオを使っているアカウントにサインインするようにしましょう。 端末によっては、直接アカウントにサインインできないものも ゲーム機など、端末によっては直接Amazonのアカウントにサインインできないものがあります。 その場合は、専用のアプリをダウンロードしてそこからサインインする必要があります。 ネットの接続トラブル Amazon Prime Videoではネット環境が整っていないとログインできない可能性もあります。 また、ネット環境が不安定だとエラーになってしまうこともあります。 一度ネット環境のチェックを行いましょう。 アプリをインストールしていない もし、スマホやタブレットを利用している方でアプリを利用せずにブラウザ上で視聴している場合、アプリをダウンロードしてそちらで視聴する事をオススメします。 専用アプリを使わずにログインしようとしていると、うまくできないことがあります。 まとめ 今回はAmazonPrimeVideoへログインする方法をパソコン、スマホ、タブレット、Fire TV機器とデバイス別にご紹介しました。 パソコンやFire TV機器では大画面で視聴できますし、スマホ、タブレットでは外出先で観ることも出来るのでいつでもどこでもすぐに観れるようにどの機器でもログイン出来るようにしておくとよいかと思います。

次の

Amazonプライム・ビデオ使い方完全ガイド【iPhone/Android/PC/テレビ対応】

アマゾン プライム ビデオ ログイン

Amazonでログインしたまま画面を閉じると? Amazonでお買いものをしたあと、画面は閉じて、たとえパソコンの画面を閉じたとしても、ログインしたままであれば、再び、あなた向けのAmazonの画面が表示されます。 さらに注文履歴なども普通に閲覧することができます。 クレジットカード情報については、下4桁しか表示はされませんが、悪意があれば、そのままいたずら注文などされる可能性もゼロではありません。 外出先、職場などでのパソコンを使用する場合は、ログアウトするのを忘れないように気をつけましょう。 【関連記事】 Amazon「ログインしたままにする」って実は危険? 度々ログイン画面が出てきて面倒とか、次にログインするとき便利だから、ということで、ログインする時に「ログインしたままにする」にチェックを入れているならば要注意です。 ログインするときに、「ログインしたままにする」にチェックを入れていると、一度電源を落としても、再度電源を入れれば、パスワードを求められることなく、あれこれ全部見ることができます。 いちいちログイン画面が出てこないから、たしかに利便性はいいですよね。 でもその分、リスクは増大します。 下手をすれば、誰でも見ることができるということになってしまいますから。 習慣的に「ログインしたままにする」にチェックを入れている場合は職場など、自宅外での利用時に特に気をつけましょう。 私は万が一ウィルス感染した場合などにも備えて、自宅でもいつもこのチェックは入れないようにしています。 都度ログインを求められるので、いちいち面倒な面もありますが、安全面を重視してそうしています。

次の