ファフナー 有利区間ランプ。 誰でも分かるパチスロ・スロット6号機の規制内容&機種一覧

北斗の拳天昇の有利区間ランプの場所はどこ?朝イチやリセット恩恵も調べてみた!

ファフナー 有利区間ランプ

9号機では「小役優先制御」「小役などで純ハズレをなくす」「常にボーナス成立後の状況にする」という三項目が自主規制とされていましたが、それらを全て撤廃することで AT機を作ることが可能になりました。 【Q2】ATの純増枚数はどれくらいまで期待できますか? 理論上は1Gあたり 10枚増も可能です。 ただし、純増枚数を増やすほどメイン役(=ベル等)の払い出し枚数を多くし、確率もアップさせる必要があります。 それにより通常時のベース調整が非常に難しくなる(=回り過ぎてしまう)ので、 現実的には1Gあたり約3枚~約5枚増のATが一般的になるのではないかと予想されています。 また、あまりにもAT中の純増枚数を多くしてしまうと、コインを減らす区間や現状維持区間を設けたり、ATゲーム数を極端に短くするなどの対策をしないとほぼ出玉試験に通らないため、ゲーム性が損なわれてしまう恐れがあります。 【Q3】ATの初当り1回で最大何枚くらい出ますか? 最大2400枚獲得でAT・ARTは終了します。 1Gあたりの純増枚数が約5枚であれば約480G……つまり、フルウエイト消化であれば30分強で2400枚の出玉を獲得することが可能です。 【Q4】天井が復活すると聞きましたが本当ですか? 本当です。 「有利区間は全体の7割まで」という自主規制が撤廃されたため、通常時も大半を有利区間とし、一定の有利区間ゲームを消化することによってAT・ARTへ突入させることが可能になりました。 【Q5】そもそも有利区間って何でしたっけ? 5. 9号機で初めて採用されたもので「通常時のAT・ART抽選が行われる状態(CZや特定の高確など)や、AT中、ART中、特定のボーナス中など」のことを指します。 9号機では有利区間への移行抽選や有利区間中のAT・ART抽選に設定差を設けてはいけないという自主規制がありました。 【Q6】6号機で設定判別するにはどこに注目したらいいですか? 6号機の新規則によって、有利区間への移行率や有利区間中のAT・ART当選率に設定差を設けても良いことになりました。 従って、6号機では チャンス役などからのCZやAT・ART当選率に設定差をつけることができます。 現状ではまだはっきりとしたことは言えませんが、5. 5号機以前と同様に「特定チャンス役の出現率」や「CZやAT・ART当選率」などに注目すれば設定判別が可能になるのではないかと予測されています。 【Q7】ボーナスタイプの台は6号機でも出ますか? ボーナスタイプの台を作ることは可能ですが、5号機に比べて出玉の制限がキツくなりました。 まず、 リアルボーナスの払い出し枚数が5号機では最大480枚でしたが、6号機は最大300枚となりました。 この規定によりリアルボーナスの最大獲得枚数は 理論上280枚となります(1枚掛けで15枚役を20回獲得した場合)。 また、出玉試験も厳しくなり、ボーナス確率を高めるほど出玉試験に落ちる可能性も高まってしまうため、既存機種よりもマイルドな機種が増えるのではないかと予想されています。 【Q8】出玉試験って何ですか? 文字通り、出玉に関する試験です。 特定ゲーム数間で定められた差枚数を超えてしまったり、定められた差枚数に達しなかった場合は試験に落ちてしまい、当該スペックの台を世に出すことができなくなります。 具体的な値はコチラの表をご覧ください。 5号機に比べ、上限枚数の制限が厳しくなったことが一目瞭然かと思います。 また、400Gや1600Gというゲーム数は朝イチの1G目から400G目ということではなく常に更新されていくものなので、例えば出玉試験中の400G間(ボーナス中を含む)でボーナスやATが連チャンし、その間に差枚で約1240枚を超える出玉を獲得してしまうと上限枚数オーバーとなり、試験に落ちてしまいます。 「ボーナスタイプのシマでビッグが大連チャンして1000Gで2000枚超え…」のような状況は、ホールでたまに見られると思います。 このような状況が試験中に起きる可能性を考慮すると、 ボーナスタイプの台はかなりマイルドに作らざるを得ないのです。 【Q9】つまりボーナスタイプの台はあまり出ないのでは・・・? リアルボーナス搭載機は少なくなるかもしれません。 ただし、AT・ARTを用いた擬似ボーナスをメインにすれば出玉のコントロールがある程度可能となりますので、6号機のボーナスタイプは擬似ボーナスを用いたものが主流になる可能性があります。 【Q10】他に大きな変更点はありますか? 変更点の一覧はコチラの表をご覧ください。 出玉に関する特筆すべき変更点は 「ATの復活」「天井の復活」「AT・ART抽選の設定差が復活」の3点です。 その他にも変更点はありますが、正直な所、あまり気にしなくても大丈夫かと思います。 本機最大の特徴はAT「慶志朗チャンス」で、1Gあたりの純増枚数は約5枚と、現行機種屈指の快速ATが搭載されている。 ATはベルナビ回数管理タイプとなっており、1セットのベルナビ回数は最大100回(AT当選時に振り分け)。 AT後は「ドライブゾーン」と呼ばれるCZへ必ず突入し、毎ゲームATの引き戻し抽選が行われる。 C DAITO GIKEN, INC. 純増約4. 本機『戦コレ! [泰平女君]徳川家康』は、過去の戦コレシリーズを凌駕した純増3. 7枚増という高純増ATを搭載した『パチスロ ロード オブ ヴァーミリオン Re:』が、七匠の6号機第1弾として登場。 2種類の擬似ボーナス中は15枚役が高確率で成立するため、かなりの爽快感を得られる。 C 2007-2018 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. 本機『パチスロ聖闘士星矢海皇覚醒スペシャル』は「AT・海将軍激闘 ジェネラルバトル 」から「AT・聖闘士ラッシュ」を目指すといった前作のゲーム性を踏襲しつつ、聖闘士ラッシュ突入時の平均獲得枚数が約1400枚にアップ。 1Gあたりの純増枚数も約2. 8枚にアップしているため、出玉スピードにも磨きがかかったいう点も見逃せない。 前作は1Gあたり約2. 0枚増のARTだったが、今作は1Gあたり約3. 1枚増のAT機となり、出玉性能も劇的な進化を遂げているぞ。 また、通常時の育成システムも進化しており、名馬の能力を配合する「インブリードシステム」や1億通りを超えるスケジュール内容で、通常時も飽きのこない内容となっている。 さらに今回はまこも出走!? プレイヤーは再びオーナーとなって時代を築いてきた名馬を育てよう。 めざせ、最強馬!! AT中の純増枚数は1Gあたり約4. 5枚だ。 0枚増という、6号機史上最速のATを搭載してデビューする大都技研の『Re:ゼロから始める異世界生活』。 AT「ゼロからっしゅ」は出玉の減る区間がない「ストレートAT」となっており、5号機では成し得なかった圧巻の出玉速度を実現している。 C 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会 C DAITO GIKEN, INC. 記念すべき第1弾は液晶搭載機でお馴染みの『ドンちゃん2』だ! 演出と出目の絡みにより生み出される豊富なチャンスパターンを存分に酔いしれよう。 60G継続のビッグは約180枚獲得、20G継続のREGは約60枚獲得となっており、ボーナス後はチャンスゾーンへ突入。 チャンスゾーンは32G間継続し、複数のシナリオによって連チャン数などが管理されている。 本機は1Gあたり約3. 5枚増のATで出玉を増やすマシンとなっており、初期ゲーム数は「女神盛 めがもり ジャッジメント」によって決定。 上乗せ振り分けが異なる「慈愛」と「溺愛」の2種類から自分の好きな方を選択し、大量上乗せを掴み取ろう。 C C. 0枚増の擬似ボーナスにより出玉を獲得する6号機で登場。 約155枚獲得のギャラガボーナス 青7揃い とファイターボーナス F揃い 後の32G間はファイターボーナスの高確率ゾーン抽選となるため、連チャンに期待できる。 本機『天晴! ビッグ中はリプレイハズシを駆使した獲得枚数アップ要素が組み込まれている。 擬似ボーナス AT 中は1Gあたり約4枚のコイン増加が見込め、継続ゲーム数はビッグが50G、REGは15Gとなっている。 ボーナス後の111G以内は連チャンのチャンスで、とくにゾロ目ゲーム数は大チャンスだ。 前作で好評だったバトル中のゲーム性を引き継ぎ、今作は戦略アイテム獲得や敵校のキャラクターが活躍するVストックの特化ゾーンや引き戻しゾーンと、新演出が盛り沢山!! 今作の注目ポイントとして、戦略アイテム特化ゾーンである「パンツァーアタック」はAT中のバトルをより盛り上げる事間違いなし!! ボーナスは全4種類でいずれも擬似ボーナス AT となっており、1Gあたりの純増枚数は約4. Sammyより発表された本機『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 』は、主に「Flower's memory」と呼ばれるATによって出玉を増やしていくAT機で登場。 押し順ナビ発生時に表示されるセグの数字を活用した「セグリンクシステム」なども採用されており、液晶演出だけでなく、機能面での注目ポイントも満載だ。 設定5or6を掴んで終日ブン回せば、夢の100チカも現実的な魅力溢れるスペックだ。 完全攻略時の機械割は設定1で100. 一撃の最大上乗せは573枚だ! AT終了後も「真龍ロード」と呼ばれる引き戻しゾーンに突入し、この際はテンパイ状態からスタートするので引き戻しの大チャンスだ! 0枚増の差枚数管理型AT「マギカラッシュ」を目指すゲーム性となっており、AT突入抽選は主に2種類の擬似ボーナス中に行われる。 ゲームフローに関しては名機である初代のゲーム性を再現。 もちろん、各種演出は劇場版[新編]仕様に一新されているため、プレイヤー層を問わず誰もが楽しめること必至だ。 なお、各種ボーナスは擬似ボーナス(AT)となっており、1Gあたりの純増枚数は約4. 0枚だ。 VIPステージへ移行した場合はその後の展開に期待しよう。 ベルナビ回数管理型で、1Gあたりの純増枚数は約3. 0枚のAT「GOHOUBI RUSH」を搭載している。 ATはベルナビ回数上乗せ特化ゾーンからスタートし、ナビ回数消化後は「継続チャンス」にてセット継続か否かがジャッジされる。 通常時は周期抽選を採用しており「アフターデートチャンス」発展でチャンス到来。 見事告白に成功すればAT当選となる。 また前作にもあったチャンスゾーン「ラブゾーン」からAT初当りに結びつくパターンもあり。 本機『南国娘2』は1Gあたり約6枚増の擬似ボーナスと、ボーナス後に突入する完走型サービスAT「南国タイム」をループさせることにより出玉増加を狙うマシン。 南国タイム中の純増枚数は現状維持程度となっているが、継続ゲーム数が80Gor150Gと長いため、コインを減らすことなくボーナス抽選が受けられる。 純増約1. 3枚の呪縛STと純増約4. 0枚の擬似ボーナスのループで出玉を稼ぐゲーム性で、初当りは2種類のCZ「漆黒の刻」と「エピソードチャレンジ」で業ボーナスに当選し、消化後の業深き刻で呪縛STを射止めるのがメインルートとなっている。 呪縛STは40~80G継続のSTタイプで、「マーボーナス」「俊雄ボーナス」「伽椰子ボーナス」「呪怨PANIC」の抽選が行われている。 ボーナス消化後はゲーム数が再セットされて呪縛STに再突入するのだが、ボーナス中には呪縛STの継続ゲーム数の上乗せ抽選が行われているため、連チャンすればするほど高継続に期待ができる仕組みとなっている。 対戦相手毎にチャンスアップ役を表示しており、対応役を引ければ勝利のチャンスだ。 さらに、3戦勝利後も8戦目までバトルが継続し、8戦目勝利で「道」発生!? 7分の1という破格のボーナス確率が目を惹く大都技研の『PYRAMID EYE ピラミッドアイ 』。 現行機種屈指の遊びやすさを実現したスペックと言えよう。 セット終了後は引き戻しゾーンからのループ、さらにはゾーン抜け後もAT直撃の高確率ゾーン移行と、最後の最後まで継続に期待できるゲーム性だ。 通常時は「金太郎ルーレット」に突入すれば疑似ボーナスorAT確定。 それぞれのモードによって期待度を示唆する演出が変化するので違った楽しみ方を味わう事ができる。

次の

ヱヴァンゲリヲン AT777|天井狙い目 リセット判別 有利区間ランプ ヤメ時

ファフナー 有利区間ランプ

AT当選のメイン契機は蒼穹ボーナスとVバトル(CZは蒼穹ボーナスを抽選)。 蒼穹ボーナス中は青7揃いでAT当選だが、青7が揃わずともVバトル突入が期待できる。 Vバトルは同化チャンスが発生・成功するとVチャレンジが発動。 AT「蒼穹作戦」は差枚数管理型で、初期差枚数はルガーチャンスorVアタックで決定。 Vアタックなら差枚数の大量上乗せが期待できるぞ。 また、消化中はクッシングキープやボーナスなどを抽選し、これらに当選すると差枚数上乗せのチャンスとなる。 この他にも、出玉トリガーとしてCOMBO VアタックやEXODUS LOOPなどが搭載されている。 6枚交換 持ちメダル 280G 150G 5. ゾーンをスルーした後はそのまま天井まで打ち切り推奨。 ただしCZスルー回数に関して、少し注意が必要だ。 ・ CZ7回スルー以降はVバトル当選率優遇 ・ CZスルーするほど、次回ボーナス当選時のAT期待度が上がる といった恩恵が存在するため、基本的には CZをスルーする回数が多い台ほど有利となる。 現在のCZスルー回数はリール左の「ウルドのコア」のサイズが目安となるが、CZスルー回数が平均より少ない台 ウルドのコアのサイズが小さい台 は、天井狙いにおいても若干不利になることを覚えておこう。 逆にリール左の「ウルドのコア」が肥大化して赤く光っている台は、CZスルー回数の天井間近の期待大となるため、ゲーム数不問で狙い目になるぞ! 天井 設定変更 電断のみ リセット 引き継ぐ 液晶G数 設定変更 電断のみ 000 000 CZスルー回数 設定変更 電断のみ リセット 引き継ぐ 内部状態 設定変更 電断のみ リセット 高確スタート 引き継ぐ 設定変更後も含め、有利区間移行時は必ず高確からスタートする。 有利区間ランプ 設定変更 電断のみ 消灯 引き継ぐ 通常時は常に消灯 通常時は有利区間ランプが常に消灯しているため、リセット判別には使えない。 ステージ 設定変更 電断のみ 第1話 リセット判別方法 ゾロ目ゲーム数到達時にCZ抽選を行っているため、リセット判別に使える場合がある。 ゾロ目到達から始まるフェイク前兆は、設定変更有無に関わらず当日朝イチの液晶ゲーム数を参照して発生するため、リセット判別には使えない。 情報提供:.

次の

北斗の拳天昇の有利区間ランプの場所はどこ?朝イチやリセット恩恵も調べてみた!

ファフナー 有利区間ランプ

周期管理 通常時は、周期で管理されている。 1周期は最大150Gで、平均80Gほどで周期到達となる。 「リプレイ3連続成立時」・「レア小役成立時」には、周期到達までの短縮抽選が行われる。 リプレイ4連ならばAT確定! 5つのステージの役割 通常時には、5つのステージが存在する。 50G以上の短縮濃厚 リプレイの連続による周期短縮抽選とAT抽選 リプレイが3連続で成立すると周期短縮抽選が行われ、4連続で成立すればその時点でAT確定。 なお5連目以降は、リプレイが続くごとに1つずつATがストックされていく。 高確モードならば、周期到達時のAT当選期待度がアップする。 通常ステージで「3」や「7」といった図柄が頻発すれば高確モード滞在に期待が持てる。 なおモードは、自力CZ or ATに当選するまで継続する。 SP周期 モード不問で、「ここでAT当選すればHooah! 濃厚」という特殊な周期が存在する。 液晶にて「7・F・7」の出目が出れば、SP周期滞在の可能性が非常に高くなる。 概要 ビンゴチャンスは、純増約4. お馴染みの「Hooah!が発生すれば、3ケタゲーム数のATが確定。 」 発生すれば3ケタゲーム数が確定する、定番の「Hooah! Hooah! 発生時の平均ゲーム数は約175G。 Hooah! 発生時の上乗せゲーム数は以下の4種類。 」となる 極Hooah! 液晶でFFF揃いとなれば、極Hooah! 恩恵は、有利区間の完走。 AT中の周期抽選 AT中も周期が存在し、周期に到達すれば自力CZやゲーム数の上乗せ抽選が行われる。 AT中の周期到達期待度は、液晶ステージによって示唆されている。 期待度は「カジノ(土星) < カジノ(火星) < VIP(月) < VIP(地球)」の順。 カウントダウン7 こちらもビンゴお馴染みのシステム。 ATのラスト7Gは、カウントダウン7となる。 ここでATが継続するか否かのジャッジが行われる。 7Gの間に音楽が止まればAT継続確定。 エンディングの獲得ポイントによる設定示唆 エンディング中のミニゲーム成功時に獲得するポイントによって、設定示唆が行われる。 そのカードの出現の順番によって設定示唆される。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の