己斐 ガーデン スクエア。 己斐ガーデンスクエア

己斐

己斐 ガーデン スクエア

1988年度の航空写真。 己斐は、太田川放水路の西側の地域である。 大迫団地(己斐大迫)は赤色、もみじが丘(一致する行政区分がないため、大まかに囲んである)は黄色で囲んである。 また、西広島駅は青色、広電西広島駅は緑色で示してある。 放水路にかかっている4本の橋は北から順に己斐橋、新己斐橋、旭橋、新旭橋。 なお、新旭橋が旭橋に沿うように架橋されているため、3本に見える。 を基に作成 己斐の位置 [ ] 己斐は広島市中心部()から西へ約3から5、同市西区に位置する地域。 主に己斐上・己斐大迫・己斐中・己斐西町・己斐東・己斐本町からなる。 東側のとはで隔てられている。 西で、南でと接する。 庚午との境界にはが走っている。 己斐地域内の地理 [ ] 地域内をおよび・が走り、己斐本町におよびがある。 また、己斐本町にが走っており、西広島駅前交差点付近には前述の2駅のほかがある。 己斐バスストップがおよびののすぐそばにあり、西広島駅バスストップがのすぐそばにある。 地域東部には(通称「小茶臼」 )があり、昔(平原城)があったことで知られる。 また、地域南部には旭山( )もあり、己斐古城(岩原城)があったという。 河川と橋梁 [ ] が地域の東端を流れており、北から( )、( )、( )がかかっている。 地域内にはが西から東に流れ、太田川放水路に流れ込んでいる。 八幡川には東から順に( )、源左衛門橋( )がかかっている。 源左衛門橋は、歴史のある橋である。 昔、時の広島藩主は広島入府の後に親友である源左衛門を呼び寄せて、現在の己斐西町のあたりに領地を与えた。 大雨で八幡川が氾濫した時、源左衛門が仮設の橋を渡して大名行列を助けた。 このことからその後この場所にできた橋を源左衛門橋と呼ぶようになったのだという。 地名の由来 [ ] 「己斐」は以来の歴史ある地名で、その由来についてはいくつかの説がある。 一つはがの征討に際してこの地に立ち寄ったとき、が大きなを献上したので「 鯉村」と称したというもの(国郡志下調書出帳)、「山間の村」を意味する「 峡村」(かひむら)が変化したというもの(秋長夜話)、古くは「 許斐」とも書いたことからの「許斐神社」と何らかの関係を有するというもの(芸藩通志)、などである。 沿革 [ ] 広島市への編入合併前の詳細については「」を参照 以下の通り。 発足により己斐村が発足• 町制施行により佐伯郡己斐町と改称• 広島市への編入合併• が開校• 短期大学部(1964年に改称)が開学• 己斐店()が開業• 国鉄己斐駅をに改称• が開校• が小町より移転• が開校• 花満花市場跡地に己斐店(現・ゆめマート己斐)が開業• が開校• キリシタン殉教の碑の建立• が開校• が開通• が廃止• 学習塾に通っていた小学校6年の女児が己斐でカバンに詰め込まれ誘拐される事件が起きる。 容疑者が西広島駅から乗車したタクシーの運転手の機転により無事救出された。 人口の変遷 [ ] 総数 [戸数または世帯数: 、人口: ] (55年)末 9,325世帯 26,118人 (2年)末 11,296世帯 30,364人 (平成12年)末 11,743世帯 28,215人 (平成22年)末 12,573世帯 27,119人 (平成25年)末 12,698世帯 26,773人 住宅地 [ ] 大迫団地は己斐地域の北東部のニュータウンであり、己斐大迫というに対応している。 広電己斐団地は己斐地域の北西部のニュータウンであり、己斐上の一部である。 フジハイツやイトーピアは茶臼山の南、己斐地域の東側のニュータウンであり、それぞれ己斐中、己斐東という町丁の一部である。 もみじが丘は己斐地域の西側のニュータウンであり、己斐上という町丁の一部である。 交通 [ ] バス [ ] 地域内を運行するのは、、の三社である。 前2者は己斐本町を通過する便が主だが、己斐を拠点とするエイチ・ディー西広島は西広島駅バスストップやバスストップと地域東部の住宅地を結んでおり、己斐上・己斐大迫・己斐中・己斐東にも停車する。 詳細は「」を参照• 教順寺・滝之観音堂(己斐上 ) 境内の滝は古くから自然の聖地とされ、上人作と伝えられる観音が祀られていた。 土砂崩れによる被害を受けたが、に再興。 広島新四国八十八か所の第十番霊場となっている。 長栄山清照寺と西福院淡島大明神(己斐西町 )。 隆誉上人が藩主から土地を拝領してにで開山。 にを併せて祭るようになった。 に原爆に遭い仏像が消失。 国の重要文化財「紺紙金泥宝篋印陀羅尼経(こんしきんでいほうきょういんだらにきょう) 」に被害はなく寺宝として大切に保管されている。 に現在地に移転した。 新山千手観音堂(己斐東 ) 彫刻の千手観音が祀られているが、開帳日以外は見ることができない。 大元稲荷社がすぐ近くにあり、観音堂を守護している。 瑞雲山善法寺(己斐本町 )。 、から移転した。 終戦直後、臨時に軍人および被爆死没者の遺骨の奉安所となる。 遺骨は後に広島市の慰霊塔に合祀された。 またかつては境内に「己斐幼稚園」を経営していた。 通玄観音堂 己斐上と己斐中の境界付近に位置。 の通玄山の近くにある。 法輝山光西寺(己斐中 )。 出身の智鏡和尚により年間に廃寺となっていた教坊を再興したのが前身とされ、により許可、に「光西寺」の寺号を許可される。 浄修院(己斐西町 )。 率いる運動に挺身した橋本豊和師により創建。 小学校 [ ]• (己斐上 )• (己斐上 )• (己斐中 ) 中学校 [ ]• (己斐上 )• (己斐上 )• (己斐東 ) 高等学校 [ ] ゆめマート己斐• (己斐東 )• ノートルダム清心中学校・高等学校 企業 [ ]• 本社(己斐上 )• 本社(己斐本町 ) 金融機関 [ ]• 己斐支店(己斐本町)- 開設の己斐支店を前身とする。 己斐支店(己斐本町)- に己斐支店として現在地に開設。 己斐支店(己斐本町)- に同金庫土橋支店己斐出張所として開設。 に現在地へ移転。 己斐支店(己斐本町)- に内に開設。 に現在地へ移転。 己斐駅前支店(己斐本町)- 設立の己斐を前身とする。 商業施設・その他 [ ]• (己斐本町 )• 己斐(己斐本町 )• ひろぎんの森(己斐上 ) 研修所と付属する各種スポーツ施設。 同体育館はかつてが本拠地としていた他、も練習場としている。 また、広島銀行の関連法人である学校法人信愛学園のぞみ幼稚園も隣接して立地する。 己斐ガーデンスクエア(己斐本町 ) 史跡 [ ] 詳細は「」を参照• 己斐古城(己斐西町、旭山) 築城年、城主は不明。 中期の城と推定されている。 キリシタン殉教の碑(己斐東 ) 広島ではに伝道されたキリスト教であるが、がに出したやに出した、およびがおよびに出したにより迫害された。 山手川(現在の)の河原にて処刑が行われた。 時は流れ、付近にの学校(ノートルダム清心中学校・高等学校)ができるなど、迫害は過去のものとなった。 そして、己斐の歴史研究会の有志によってキリシタン殉教の碑が設置された。 通玄山(己斐中 ) 通玄山という文字が彫られた岩。 通玄という語には禅の極地という意味がある。 の家臣の子として広島に移り住み、晩年を己斐の地で過ごした広島藩士、寺西織部信之が、の開祖であるの通玄山という書を禅門の師を通じて得て、岩に彫刻したものであると言われている。 (己斐東 ) 旧送水ポンプ室は、1945年(昭和20年)のに耐えたである。 詳細は「」を参照• 原爆被爆給水塔(己斐本町、の己斐ガーデンスクエア内) 赤レンガ積みの給水塔であり、1辺が約4、高さ約10mの大きさの。 軍服を製造していたが所有していた。 出身・ゆかりのある人物 [ ]• (医師、医学博士)• 石橋順助(金なべ、料理)• 石原典子(作家、政治家の妻)• 岩原倉太郎、岩原竹登(、家主)• 影広義雄(敷島食堂)• 勝田純一(歯科医師)• 加藤金蔵()• 桐原秀太郎• 新藤英彦• 竹本常吉(商)• 田中貫一(家主 、植木商 )• 田中恭造(広島家畜社長)• 濱田秀三(地主)• (作家)• 松本晃(医師)• 和田義一(東洋機械取締、東洋製罐広島工場長)• 渡邊保彦(日本麻紡織支配) 脚注 [ ] []• 発行2万5千分の一地形図• 2013年9月7日閲覧。 2013年12月11日閲覧。 2013年9月7日閲覧。 2013年9月7日閲覧。 2013年9月7日閲覧。 2013年9月7日閲覧。 ・編『ズッコケ三人組の大研究II』p. 139(、)• 参考文献『軍津浦輪物語(改定版)』p73• 2013年9月8日閲覧。 参考文献『軍津浦輪物語(改定版)』p76• 参考文献『軍津浦輪物語(改定版)』p74• 参考文献『軍津浦輪物語(改定版)』p75• 2013年9月10日閲覧。 2018年10月4日閲覧。 2018年10月7日閲覧。 参考文献 [ ]• 交詢社編『日本紳士録 第35版』交詢社、1931年。 交詢社編『日本紳士録 第44版』交詢社、1940年。 『軍津浦輪物語(改定版)』広島郷土史研究会、• 『広島県の地名』(日本歴史地名大系 第35巻) 、• 『角川日本地名大辞典 第34巻:広島県』 、• 長船友則 『広電が走る街 今昔』 、 関連項目 [ ]•

次の

広島市西区 植木栽培・販売 季節の花苗 樹木 鉢花 観葉植物 用土 肥料・薬品 園芸資材 ガーデニング工事 己斐ガーデンスクエア

己斐 ガーデン スクエア

1988年度の航空写真。 己斐は、太田川放水路の西側の地域である。 大迫団地(己斐大迫)は赤色、もみじが丘(一致する行政区分がないため、大まかに囲んである)は黄色で囲んである。 また、西広島駅は青色、広電西広島駅は緑色で示してある。 放水路にかかっている4本の橋は北から順に己斐橋、新己斐橋、旭橋、新旭橋。 なお、新旭橋が旭橋に沿うように架橋されているため、3本に見える。 を基に作成 己斐の位置 [ ] 己斐は広島市中心部()から西へ約3から5、同市西区に位置する地域。 主に己斐上・己斐大迫・己斐中・己斐西町・己斐東・己斐本町からなる。 東側のとはで隔てられている。 西で、南でと接する。 庚午との境界にはが走っている。 己斐地域内の地理 [ ] 地域内をおよび・が走り、己斐本町におよびがある。 また、己斐本町にが走っており、西広島駅前交差点付近には前述の2駅のほかがある。 己斐バスストップがおよびののすぐそばにあり、西広島駅バスストップがのすぐそばにある。 地域東部には(通称「小茶臼」 )があり、昔(平原城)があったことで知られる。 また、地域南部には旭山( )もあり、己斐古城(岩原城)があったという。 河川と橋梁 [ ] が地域の東端を流れており、北から( )、( )、( )がかかっている。 地域内にはが西から東に流れ、太田川放水路に流れ込んでいる。 八幡川には東から順に( )、源左衛門橋( )がかかっている。 源左衛門橋は、歴史のある橋である。 昔、時の広島藩主は広島入府の後に親友である源左衛門を呼び寄せて、現在の己斐西町のあたりに領地を与えた。 大雨で八幡川が氾濫した時、源左衛門が仮設の橋を渡して大名行列を助けた。 このことからその後この場所にできた橋を源左衛門橋と呼ぶようになったのだという。 地名の由来 [ ] 「己斐」は以来の歴史ある地名で、その由来についてはいくつかの説がある。 一つはがの征討に際してこの地に立ち寄ったとき、が大きなを献上したので「 鯉村」と称したというもの(国郡志下調書出帳)、「山間の村」を意味する「 峡村」(かひむら)が変化したというもの(秋長夜話)、古くは「 許斐」とも書いたことからの「許斐神社」と何らかの関係を有するというもの(芸藩通志)、などである。 沿革 [ ] 広島市への編入合併前の詳細については「」を参照 以下の通り。 発足により己斐村が発足• 町制施行により佐伯郡己斐町と改称• 広島市への編入合併• が開校• 短期大学部(1964年に改称)が開学• 己斐店()が開業• 国鉄己斐駅をに改称• が開校• が小町より移転• が開校• 花満花市場跡地に己斐店(現・ゆめマート己斐)が開業• が開校• キリシタン殉教の碑の建立• が開校• が開通• が廃止• 学習塾に通っていた小学校6年の女児が己斐でカバンに詰め込まれ誘拐される事件が起きる。 容疑者が西広島駅から乗車したタクシーの運転手の機転により無事救出された。 人口の変遷 [ ] 総数 [戸数または世帯数: 、人口: ] (55年)末 9,325世帯 26,118人 (2年)末 11,296世帯 30,364人 (平成12年)末 11,743世帯 28,215人 (平成22年)末 12,573世帯 27,119人 (平成25年)末 12,698世帯 26,773人 住宅地 [ ] 大迫団地は己斐地域の北東部のニュータウンであり、己斐大迫というに対応している。 広電己斐団地は己斐地域の北西部のニュータウンであり、己斐上の一部である。 フジハイツやイトーピアは茶臼山の南、己斐地域の東側のニュータウンであり、それぞれ己斐中、己斐東という町丁の一部である。 もみじが丘は己斐地域の西側のニュータウンであり、己斐上という町丁の一部である。 交通 [ ] バス [ ] 地域内を運行するのは、、の三社である。 前2者は己斐本町を通過する便が主だが、己斐を拠点とするエイチ・ディー西広島は西広島駅バスストップやバスストップと地域東部の住宅地を結んでおり、己斐上・己斐大迫・己斐中・己斐東にも停車する。 詳細は「」を参照• 教順寺・滝之観音堂(己斐上 ) 境内の滝は古くから自然の聖地とされ、上人作と伝えられる観音が祀られていた。 土砂崩れによる被害を受けたが、に再興。 広島新四国八十八か所の第十番霊場となっている。 長栄山清照寺と西福院淡島大明神(己斐西町 )。 隆誉上人が藩主から土地を拝領してにで開山。 にを併せて祭るようになった。 に原爆に遭い仏像が消失。 国の重要文化財「紺紙金泥宝篋印陀羅尼経(こんしきんでいほうきょういんだらにきょう) 」に被害はなく寺宝として大切に保管されている。 に現在地に移転した。 新山千手観音堂(己斐東 ) 彫刻の千手観音が祀られているが、開帳日以外は見ることができない。 大元稲荷社がすぐ近くにあり、観音堂を守護している。 瑞雲山善法寺(己斐本町 )。 、から移転した。 終戦直後、臨時に軍人および被爆死没者の遺骨の奉安所となる。 遺骨は後に広島市の慰霊塔に合祀された。 またかつては境内に「己斐幼稚園」を経営していた。 通玄観音堂 己斐上と己斐中の境界付近に位置。 の通玄山の近くにある。 法輝山光西寺(己斐中 )。 出身の智鏡和尚により年間に廃寺となっていた教坊を再興したのが前身とされ、により許可、に「光西寺」の寺号を許可される。 浄修院(己斐西町 )。 率いる運動に挺身した橋本豊和師により創建。 小学校 [ ]• (己斐上 )• (己斐上 )• (己斐中 ) 中学校 [ ]• (己斐上 )• (己斐上 )• (己斐東 ) 高等学校 [ ] ゆめマート己斐• (己斐東 )• ノートルダム清心中学校・高等学校 企業 [ ]• 本社(己斐上 )• 本社(己斐本町 ) 金融機関 [ ]• 己斐支店(己斐本町)- 開設の己斐支店を前身とする。 己斐支店(己斐本町)- に己斐支店として現在地に開設。 己斐支店(己斐本町)- に同金庫土橋支店己斐出張所として開設。 に現在地へ移転。 己斐支店(己斐本町)- に内に開設。 に現在地へ移転。 己斐駅前支店(己斐本町)- 設立の己斐を前身とする。 商業施設・その他 [ ]• (己斐本町 )• 己斐(己斐本町 )• ひろぎんの森(己斐上 ) 研修所と付属する各種スポーツ施設。 同体育館はかつてが本拠地としていた他、も練習場としている。 また、広島銀行の関連法人である学校法人信愛学園のぞみ幼稚園も隣接して立地する。 己斐ガーデンスクエア(己斐本町 ) 史跡 [ ] 詳細は「」を参照• 己斐古城(己斐西町、旭山) 築城年、城主は不明。 中期の城と推定されている。 キリシタン殉教の碑(己斐東 ) 広島ではに伝道されたキリスト教であるが、がに出したやに出した、およびがおよびに出したにより迫害された。 山手川(現在の)の河原にて処刑が行われた。 時は流れ、付近にの学校(ノートルダム清心中学校・高等学校)ができるなど、迫害は過去のものとなった。 そして、己斐の歴史研究会の有志によってキリシタン殉教の碑が設置された。 通玄山(己斐中 ) 通玄山という文字が彫られた岩。 通玄という語には禅の極地という意味がある。 の家臣の子として広島に移り住み、晩年を己斐の地で過ごした広島藩士、寺西織部信之が、の開祖であるの通玄山という書を禅門の師を通じて得て、岩に彫刻したものであると言われている。 (己斐東 ) 旧送水ポンプ室は、1945年(昭和20年)のに耐えたである。 詳細は「」を参照• 原爆被爆給水塔(己斐本町、の己斐ガーデンスクエア内) 赤レンガ積みの給水塔であり、1辺が約4、高さ約10mの大きさの。 軍服を製造していたが所有していた。 出身・ゆかりのある人物 [ ]• (医師、医学博士)• 石橋順助(金なべ、料理)• 石原典子(作家、政治家の妻)• 岩原倉太郎、岩原竹登(、家主)• 影広義雄(敷島食堂)• 勝田純一(歯科医師)• 加藤金蔵()• 桐原秀太郎• 新藤英彦• 竹本常吉(商)• 田中貫一(家主 、植木商 )• 田中恭造(広島家畜社長)• 濱田秀三(地主)• (作家)• 松本晃(医師)• 和田義一(東洋機械取締、東洋製罐広島工場長)• 渡邊保彦(日本麻紡織支配) 脚注 [ ] []• 発行2万5千分の一地形図• 2013年9月7日閲覧。 2013年12月11日閲覧。 2013年9月7日閲覧。 2013年9月7日閲覧。 2013年9月7日閲覧。 2013年9月7日閲覧。 ・編『ズッコケ三人組の大研究II』p. 139(、)• 参考文献『軍津浦輪物語(改定版)』p73• 2013年9月8日閲覧。 参考文献『軍津浦輪物語(改定版)』p76• 参考文献『軍津浦輪物語(改定版)』p74• 参考文献『軍津浦輪物語(改定版)』p75• 2013年9月10日閲覧。 2018年10月4日閲覧。 2018年10月7日閲覧。 参考文献 [ ]• 交詢社編『日本紳士録 第35版』交詢社、1931年。 交詢社編『日本紳士録 第44版』交詢社、1940年。 『軍津浦輪物語(改定版)』広島郷土史研究会、• 『広島県の地名』(日本歴史地名大系 第35巻) 、• 『角川日本地名大辞典 第34巻:広島県』 、• 長船友則 『広電が走る街 今昔』 、 関連項目 [ ]•

次の

己斐ガーデンスクエア

己斐 ガーデン スクエア

更新情報 2020. 26『営業日のご案内』ページ 更新 2020. 20『ご案内』ページ 更新 2020. 20『ご案内』ページ 更新 2020. 04『ご案内』ページ 更新 2020. 19『イベント情報』ページ 更新 2020. 03『イベント情報』ページ 更新 2020. 03『営業日のご案内』ページ 更新 2020. 06『イベント情報』ページ 更新 2019. 22『営業日のご案内』ページ 更新 2019. 14『イベント情報』ページ 更新 2019. 15『イベント情報』ページ 更新 2019. 25『イベント情報』ページ 更新 2019. 18『イベント情報』ページ 更新 2019. 26『イベント情報』ページ 更新 2019. 28『営業日のご案内』ページ 更新 2019. 19『イベント情報』ページ 更新 2019. 15『イベント情報』ページ 更新 2019. 24『イベント情報』ページ 更新 2019. 16『イベント情報』ページ 更新 2019. 11『営業日のご案内』ページ 更新 2019. 08『イベント情報』ページ 更新 2019. 28『イベント情報』ページ 更新 2018. 15『イベント情報』ページ 更新 2018. 15『営業日のご案内』ページ 更新 2018. 16『イベント情報』ページ 更新 2018. 26『イベント情報』ページ 更新 2018. 15『イベント情報』ページ 更新 2018. 21『営業日のご案内』ページ 更新 2018. 21『イベント情報』ページ 更新 2018. 01『営業日のご案内』ページ 更新 2018. 23『イベント情報』ページ 更新 2018. 18『イベント情報』ページ 更新 2018. 28『イベント情報』ページ 更新 2018. 30 新しく【苗木・植木生産事業のページ】を作成 2018. 15『イベント情報』ページ 更新 2018. 15 『営業日のご案内』ページ 更新 2018. 25『イベント情報』ページ 更新 2018. 08『イベント情報』ページ 更新 2018. 08 『営業日のご案内』ページ 更新 2011. 11 ホームページ リニューアル! 2011. 28 ご案内ページ 更新 2011. 25 募集ページ 追加.

次の