フィンランド 女性。 【人権国家】女性を尊重したフィンランド、出生率1.35へ。滅亡待った無し。

フィンランド人女性の性格と特徴、フィンランド人女性と付き合うには?

フィンランド 女性

あくまでも男性である筆者が見てきて感じてきたことにすぎませんが、フィンランドはかなり女性にとって優しい国ではないかと思います。 しかし、それは本当なのでしょうか。 いくつかの側面から見ていきたいと思います。 既成概念(人生のレール)のない、自由なフィンランド社会 日本の社会にははっきりした人生のレール(過ごし方、人生のステップ)が存在すると筆者は感じます。 しかし、フィンランド社会にはこのような概念があまり存在していないのです。 男性にとっても女性にとっても同じで、人生には決まった「型」がありません。 自由に生きるフィンランド人女性 日本の社会文化では、男性と女性をかなり明確的に分けられています。 外見のファッション、職業、行為など様々な面を見るとわかりやすいです。 「結婚退職」 「子育て」 「家庭主婦」 などは正に女性に型をはめたような表現と考え方ではないでしょうか。 フィンランドにはこれらのような考え方がほとんど存在していません。 事務職・総合職という職種の分け方もなければ、女性だけが子育てをすることもとても珍しいです。 職業に関し、20代で起業する女性もいれば、50歳でもう一度大学に入って新しい専門を勉強する女性もいます。 (もちろん、男性にとっても普通です) 「一般的」な人生を歩まないことで、変な目で見られることを心配したり、不安に感じたりすることより、周りから祝福されて勇気を出してチャレンジしていくことが多いと感じます。 自由に進めたい方向に進むことができる国です。 「もう〇〇歳だから、〇〇したほうがいいじゃない?」よりも「もし〇〇したいなら、やってみたほうがいいじゃない?」です。 自由な人生と選択が尊重されるフィンランド社会では特に女性にとって生きやすい国ではないかと思います。 スローガンだけではなく、実質上男女平等なフィンランド社会 フィンランドにおいて性別の差が全くないとは言えないが、比較的にとても小さいです。 就業率のデータから見ると何が違う? 実際生活の中でもそう感じますが、ここでいくつかのデータを参考に見てみましょう。 一つ目は両国の 男性と女性の就業率について比較してみます。 フィンランド15~64歳国民の就業率(2017年年間データ)• 男性:71%• 日本15~64歳国民の就業率(2017年データ)• 男性:83%• フィンランドの女性の就業率が高いということはある意味、女性が社会進出しやすく、結婚後も出産後も働き続くことができ、キャリアーに通じた自己実現に繋がりやすい国(社会)ということを示しています。 また、政治や投票に関する権利について、女性に男性と100%同じ権利を与えたのはフィンランドが世界初(1906年)です。 グローバルジェンダーギャップレポート2017でも世界第3位にランクインしています(世界経済フォーラム発表)。 フィンランドの社会意識の角度から見てみるとどうなの? 昔の戦後時代のフィンランドは日本のように子育てや家事などの仕事には女性中心だったかもしれませんが、今は 父親も母親も一緒に分担するのが一般的です。 洗濯、掃除、保育園の送り担当、迎え担当、食事を作るなども基本的に分担して一緒にやります。 常識なんです。 会社の上司にとっても常識なんです。 男性は休みが取りにくいとか、早く帰れないなどを理由にして家事や子育てのことを女性に押し付けることがほとんどありません。 更に、 フィンランドの会社は残業がとても少ないです。 出勤は8時ごろと少し早いですが、毎日大体16時くらいに退社するので、父親と母親で一緒に分担すれば子育てのストレスを減らすことにも大きく繋がります。 女性を支えるフィンランドの社会福利制度 女性にとって最も強力なサポートの一つは社会福利制度です。 子育てを例に例えると…… 子供を産むにも、にも、育てるにも国が全般的にサポートしてくれます。 子供を産む前から産んでから子供がまだ小さいごろまで ネウボラというケアセンターがサポートしてくれます。 同じ看護師がずっと担当し、無料で利用できる安心なシステムです。 親が働くなら保育園は年収によってが支給されることもあり、もちろん待機児童の問題も存在していません。 お父さんもしくはお母さんが子供の世話をするならをもらうこともできます。 小学校から博士までも全て教育費無料で、予備校や塾もないので、子供を産むたびに教育費の用意や貯金に頭を悩ませることもほとんどありません。 住宅手当を一例に例えると…… フィンランドには様々な手当てがあります。 その多くは社会の弱者を支援するものです。 その中で、最もわかりやすい手当ての一つは「」です。 収入が低い人へは国から住宅手当が提供され、居住エリアと収入額によって最大家賃の8割まで補助する制度です。 そのため、事情によって生活が厳しい状況に陥ったとしても国から援助をもらう可能性が他の国より高いです。 また、女性の場合、妊娠したという社会的に弱者の状態(暫く働けないなど)になったとしても様々な面でサポートされます。 性別にかかわらず、社会の弱者もしくは弱者になりやすい人々への支援が充実しているのはフィンランド社会福利制度の特徴です。 社会意識、法律の整備、社会福利制度の整備などの要素によってフィンランドは女性にとてもやさしい国へ フィンランドが女性にとって生きやすい国になっている(もしくは筆者が感じた)背景には様々な要素が存在し、交互して働いているからです。 社会の人々が女性を尊重し、平等に扱い、国からも法整備や福利厚生制度整備によってサポートされているからこそ、実現されていると思います。 これからもどんどん進んでいくことを期待します。

次の

フィンランド美人女性は外見も内面も美女過ぎて萌える。画像と一緒に確認してみて!

フィンランド 女性

フィンランド人と結婚か、、文化が違うと大変かな、、。 とか、当時はよく考えましたが、いざ結婚してみると 大変なことよりも楽しいことが多いですし、どーにかなっています。 今回は少し真面目な記事を書きます。 てか、書いてみたいです(笑) この記事を読んでいただく方々は なぜこの記事にたどり着きましたか?• もう直ぐフィンランドに行くから• フィンランドで女の子とデートしてみたい• 失礼の無いようにしたいから• フィンランド人の彼女が欲しい• ただタイトル気になった 色々ありますよね。 もしですよ!! もし僕にパートナーもいなくて、 結婚もしておらず、 海外(フィンランド)に行く機会があれば、 確実に、、 『 フィンランド 女性 』 目次• ステレオタイプを捨てよう 先に、この「 記事のタイトルの問いに対する答え」言っておこうかと思います。 ズバッといきなり答えます。 強いて言うなら、 性格=色々 特徴=金髪、色白 です。 『おいタプサ。 なめてるんか?』 という声が挙がりそうですが、事実です。 『そんなことわかってる。 もちろん人によって性格は違うやろうけど、例えばとか、一般的にはとかっていう ステレオタイプを教えて欲しいんだぜ!』とかも言われてしまうのも、とてもわかります。 もう少し掘り下げましょう。 フィンランド人女性のステレオタイプ ネットや、よく会話の中で話題に上がる内容なのですが、フィンランド人女性のステレオタイプとしては代表的には以下が挙げられます。 シャイ• お洒落• スタイルいい• 性格きつい• 編み物得意• 内気 はっきり言ってしまうと、 こんな情報は、全く当てにしなくてもいいです。 シャイもいれば、どんだけフレンドリーやねんって人もいます。 ワイフは全然編み物できません。 街行く人々は日本人の方がお洒落です。。 よくフィンランド人男性に言われるのですが、 友人 『タプサ、、なんでフィンランド人と結婚したの?フィンランド人女性は性格がキツイから大変やろ?w』という冗談を言われるくらい一般的にはフィンランドの女性は性格がキツイとされている一面もあります。 しかし、 それもまたステレオタイプです。 逆に考えてみましょう。 日本人は、、、• 礼儀正しい• アニメ好き• みんな英語話せない• 直ぐ謝る• ペコペコしてる• 頭がいい• 働くのが好き 海外の人たちが日本人に抱くステレオタイプのイメージです。 こんなことを考えて近づいてくる海外の人は僕は逆に『え?』ってなりますw。 その国のルールや、 人に対するマナーを把握するのは大切ですが、ステレオタイプという定規を持つのはよく無いと思います。 (はい、名言出ました。 w) なぜステレオタイプは必要無い? ではなぜ、ステレオタイプ的な考えを捨てるべきなのか? 例えば、 『自分はこんな人間だから、、、自分はこういう立場だから』と、自らを枠にはめてしまうと新しい行動が生み出せません。 自分の強みや弱みを把握して立ち振る舞うことは大切ですが、時としてこのような考え方は 自ら足かせを付けてしまうような結果になります。 で、今回のように違う国の方と接する際に、 『フィンランド人は〜だから』と、自分だけではなく勝手に、相手を型にハメてしまうのは もっと失礼だからです。 先ほども言いましたが、 その国のルールや、 人に対するマナーを把握するのは大切ですが、ステレオタイプという定規を持つのはよく無いと思います。 (あかん、名言早くも二回目使ってもた。 ) 日本人女性との違い すみません。 見出しだけを見たら、今から 「違い」 についてツラツラと書きそうですが、違いなんてたくさんあるようで無いんです。 いや本当に。 結局人それぞれなんですよ。 『この人、ほんま日本人みたいやな〜』と思うこともあれば、 『こいつどんだけクレイジーやねん』と思うこともあります。 しかしそれは日本でも言えることです。 使い古された言い方ですが、違いなんてあって当たり前ですし、 『フィンランド人だから〜の性格』という先入観は捨てた方がいいと思います。 違いについて考えるのはやめましょう。 w フィンランド人女性に対するタブー ここは是非抑えよう!! いや〜! こっれは〜 日本では経験なかったな〜! という出来事がありました。 二つご紹介。 クラブにて フィンランドに来て二ヶ月目くらいの時でした。 いつも通り友人とクラブで飲んでいたのですが、その友人が二人組のフィンランド人の女の子に声をかけていい感じになりました。 (友人がですよ!僕は嫁もいるし、指輪は外しませんww) すると、友人と一人の女の子が、二人で楽しげにカウンターの方に行ってしまいました。 (おいおいおいおい、、w) その時僕は、てっきり 友人が女の子にお酒をご馳走するもんだと思いました。 一人残された女の子。 かわいそう。 (・ ・) まあ、マナー的に (マナー的にですよ!w) 一声かけました。 タプサ 『あ、お酒何が飲みたい?君にも買ってあげるよ』 女の子 『なんで?なんであなたに買ってもらわなくてはならないの?』 タプサ 『ほっほ〜!ん〜、、!!けど、これは日本スタイルだから!』 女の子 『そう?でも別にいいわ』 ほら。 無いんですよ。 日本では無い流れなんですよ。 逆に困りませんか? あるとしたら、 女の子『やったー!〇〇がいいー!』 女の子『いやいやいや!いいですよ!』 この二択では無いでしょうか? 感動しすぎて、つたない英語で女の子に聞いてみました。 すると。。 借りを作りたく無い• おごってもらう理由が無い• 意味がわから無い(笑) でしたw いやごもっとも。 見出しの、タブーってのは言い過ぎましたが、『なんで?』みたいな変な空気になるので、ちゃんと信頼関係を築けてから女の子にお酒はご馳走しましょう。 男女平等について 今回この男女平等について細かく語りませんが、男、女、総じてこの 『男女平等問題』に対しての知識や考え方に対する意見に敏感だと思います。 『 女性だから』 『 男性だから』 という言葉は日本では本当によく使いますし、人によっては悪気もなければ、別に言われても何も気にしない人が多いのでは無いのでしょうか? フィンランドの女性はここら辺の話題がとても敏感な方が多い気がします。 というのも、 フィンランドは男女平等(レディーファーストとかいう考え方もあまり見ませんし、聞きません。 )に力を入れており、一重にフィンランド人女性の努力の甲斐あっての今のフィンランドの社会が成り立っていると言っても過言ではありません( このような背景からも、フィンランド女性は性格がキツイと言われる理由かもしれません) ワイフもそうですが、『平等系』の話題はかなり強いイメージですw (びょうどう系てw) まとめ ここまで読んいただいて本当にありがとうございます。 僕の考えや意見が少しでもお役に立つ事ができると嬉しいです。 ステレオタイプは捨てよう• 自分や相手を枠にはめるな• 相手の国やルールやマナーは学ぼう• フィンランド女性の性格なんてもちろん人それぞれ• クラブではお酒をご馳走する理由を探せ!(あ、違うか?w) 簡単にまとめるとこんな感じです。 最後まで読んでくれた方には、 ポジティブ情報をお教えいたしましょう。 というか、事実です。 フィンランド来たら、 日本人、、 体験や、、 聞いてる話し 踏まえると、、 モテると 思います。 あると思います!! 三年前のコスプレ。 以上、タプサでした。 モ ルロ!!(フィン語でバイバイ).

次の

【人権国家】女性を尊重したフィンランド、出生率1.35へ。滅亡待った無し。

フィンランド 女性

フィンランド人と結婚か、、文化が違うと大変かな、、。 とか、当時はよく考えましたが、いざ結婚してみると 大変なことよりも楽しいことが多いですし、どーにかなっています。 今回は少し真面目な記事を書きます。 てか、書いてみたいです(笑) この記事を読んでいただく方々は なぜこの記事にたどり着きましたか?• もう直ぐフィンランドに行くから• フィンランドで女の子とデートしてみたい• 失礼の無いようにしたいから• フィンランド人の彼女が欲しい• ただタイトル気になった 色々ありますよね。 もしですよ!! もし僕にパートナーもいなくて、 結婚もしておらず、 海外(フィンランド)に行く機会があれば、 確実に、、 『 フィンランド 女性 』 目次• ステレオタイプを捨てよう 先に、この「 記事のタイトルの問いに対する答え」言っておこうかと思います。 ズバッといきなり答えます。 強いて言うなら、 性格=色々 特徴=金髪、色白 です。 『おいタプサ。 なめてるんか?』 という声が挙がりそうですが、事実です。 『そんなことわかってる。 もちろん人によって性格は違うやろうけど、例えばとか、一般的にはとかっていう ステレオタイプを教えて欲しいんだぜ!』とかも言われてしまうのも、とてもわかります。 もう少し掘り下げましょう。 フィンランド人女性のステレオタイプ ネットや、よく会話の中で話題に上がる内容なのですが、フィンランド人女性のステレオタイプとしては代表的には以下が挙げられます。 シャイ• お洒落• スタイルいい• 性格きつい• 編み物得意• 内気 はっきり言ってしまうと、 こんな情報は、全く当てにしなくてもいいです。 シャイもいれば、どんだけフレンドリーやねんって人もいます。 ワイフは全然編み物できません。 街行く人々は日本人の方がお洒落です。。 よくフィンランド人男性に言われるのですが、 友人 『タプサ、、なんでフィンランド人と結婚したの?フィンランド人女性は性格がキツイから大変やろ?w』という冗談を言われるくらい一般的にはフィンランドの女性は性格がキツイとされている一面もあります。 しかし、 それもまたステレオタイプです。 逆に考えてみましょう。 日本人は、、、• 礼儀正しい• アニメ好き• みんな英語話せない• 直ぐ謝る• ペコペコしてる• 頭がいい• 働くのが好き 海外の人たちが日本人に抱くステレオタイプのイメージです。 こんなことを考えて近づいてくる海外の人は僕は逆に『え?』ってなりますw。 その国のルールや、 人に対するマナーを把握するのは大切ですが、ステレオタイプという定規を持つのはよく無いと思います。 (はい、名言出ました。 w) なぜステレオタイプは必要無い? ではなぜ、ステレオタイプ的な考えを捨てるべきなのか? 例えば、 『自分はこんな人間だから、、、自分はこういう立場だから』と、自らを枠にはめてしまうと新しい行動が生み出せません。 自分の強みや弱みを把握して立ち振る舞うことは大切ですが、時としてこのような考え方は 自ら足かせを付けてしまうような結果になります。 で、今回のように違う国の方と接する際に、 『フィンランド人は〜だから』と、自分だけではなく勝手に、相手を型にハメてしまうのは もっと失礼だからです。 先ほども言いましたが、 その国のルールや、 人に対するマナーを把握するのは大切ですが、ステレオタイプという定規を持つのはよく無いと思います。 (あかん、名言早くも二回目使ってもた。 ) 日本人女性との違い すみません。 見出しだけを見たら、今から 「違い」 についてツラツラと書きそうですが、違いなんてたくさんあるようで無いんです。 いや本当に。 結局人それぞれなんですよ。 『この人、ほんま日本人みたいやな〜』と思うこともあれば、 『こいつどんだけクレイジーやねん』と思うこともあります。 しかしそれは日本でも言えることです。 使い古された言い方ですが、違いなんてあって当たり前ですし、 『フィンランド人だから〜の性格』という先入観は捨てた方がいいと思います。 違いについて考えるのはやめましょう。 w フィンランド人女性に対するタブー ここは是非抑えよう!! いや〜! こっれは〜 日本では経験なかったな〜! という出来事がありました。 二つご紹介。 クラブにて フィンランドに来て二ヶ月目くらいの時でした。 いつも通り友人とクラブで飲んでいたのですが、その友人が二人組のフィンランド人の女の子に声をかけていい感じになりました。 (友人がですよ!僕は嫁もいるし、指輪は外しませんww) すると、友人と一人の女の子が、二人で楽しげにカウンターの方に行ってしまいました。 (おいおいおいおい、、w) その時僕は、てっきり 友人が女の子にお酒をご馳走するもんだと思いました。 一人残された女の子。 かわいそう。 (・ ・) まあ、マナー的に (マナー的にですよ!w) 一声かけました。 タプサ 『あ、お酒何が飲みたい?君にも買ってあげるよ』 女の子 『なんで?なんであなたに買ってもらわなくてはならないの?』 タプサ 『ほっほ〜!ん〜、、!!けど、これは日本スタイルだから!』 女の子 『そう?でも別にいいわ』 ほら。 無いんですよ。 日本では無い流れなんですよ。 逆に困りませんか? あるとしたら、 女の子『やったー!〇〇がいいー!』 女の子『いやいやいや!いいですよ!』 この二択では無いでしょうか? 感動しすぎて、つたない英語で女の子に聞いてみました。 すると。。 借りを作りたく無い• おごってもらう理由が無い• 意味がわから無い(笑) でしたw いやごもっとも。 見出しの、タブーってのは言い過ぎましたが、『なんで?』みたいな変な空気になるので、ちゃんと信頼関係を築けてから女の子にお酒はご馳走しましょう。 男女平等について 今回この男女平等について細かく語りませんが、男、女、総じてこの 『男女平等問題』に対しての知識や考え方に対する意見に敏感だと思います。 『 女性だから』 『 男性だから』 という言葉は日本では本当によく使いますし、人によっては悪気もなければ、別に言われても何も気にしない人が多いのでは無いのでしょうか? フィンランドの女性はここら辺の話題がとても敏感な方が多い気がします。 というのも、 フィンランドは男女平等(レディーファーストとかいう考え方もあまり見ませんし、聞きません。 )に力を入れており、一重にフィンランド人女性の努力の甲斐あっての今のフィンランドの社会が成り立っていると言っても過言ではありません( このような背景からも、フィンランド女性は性格がキツイと言われる理由かもしれません) ワイフもそうですが、『平等系』の話題はかなり強いイメージですw (びょうどう系てw) まとめ ここまで読んいただいて本当にありがとうございます。 僕の考えや意見が少しでもお役に立つ事ができると嬉しいです。 ステレオタイプは捨てよう• 自分や相手を枠にはめるな• 相手の国やルールやマナーは学ぼう• フィンランド女性の性格なんてもちろん人それぞれ• クラブではお酒をご馳走する理由を探せ!(あ、違うか?w) 簡単にまとめるとこんな感じです。 最後まで読んでくれた方には、 ポジティブ情報をお教えいたしましょう。 というか、事実です。 フィンランド来たら、 日本人、、 体験や、、 聞いてる話し 踏まえると、、 モテると 思います。 あると思います!! 三年前のコスプレ。 以上、タプサでした。 モ ルロ!!(フィン語でバイバイ).

次の