今後の活躍をお祈りしています 英語。 ご活躍 お祈り 英語

様々なビジネスシーンで使える「ご活躍」の意味と類語、その例文

今後の活躍をお祈りしています 英語

番号 用途 文例 BU01 人事(就任) この度のご就任おめでとうございます。 今までの実績を元に、今後も素晴らしい手腕を 発揮されることと期待申し上げます。 BU02 人事(就任) この度のご就任、弊社一同心よりお喜び申し上げます。 今後とも益々の貴殿のご活躍及び貴社の ご発展をお祈り申し上げます。 BU03 人事(就任) この度のご就任、心よりお喜び申し上げます。 貴殿のご手腕とご人望の賜物と拝察いたします。 今後一層のご活躍を期待しております。 健康に留意され、より一層卓越した手腕を発揮されることを ご期待申しあげますとともに、 今後ますますのご活躍と貴社のご発展を心より祈念いたします。 ご健康に留意の上、より一層の手腕を発揮されますとともに、 御社のますますのご発展と、ご活躍をお祈り申しあげます。 これまで積んでこられたご努力の賜物と、 心よりお慶び申しあげます。 ますますお力を発揮されることをお祈りいたします。 BU13 人事(就任) この度の大役へのご就任、心よりお慶び申しあげます。 これまでの豊富なご経験と持ち味を生かされ、 今まで以上にエネルギッシュなご活躍をお祈り申しあげます。 BU14 人事(就任) この度のご就任を祝し、弊社一同、心よりお慶び申しあげます。 ひとえに日頃のご精進と実績の賜物と存じます。 より一層のご活躍とご健勝をお祈りいたしますとともに、 今後ともご指導賜りますようお願い申しあげます。 ご就任のお知らせに、当社社員一同とても喜んでおります。 BU17 人事(就任) この度のご就任、弊社社員一同、心からお慶び申しあげます。 これまでの豊富なご経験を活かし、卓越した手腕を発揮されて、 今後のますますのご活躍をお祈りいたします。 新しいお立場でのご心労も何かとあると存じますが、 今後ともご健康にご留意の上、 ますますご活躍されますことをお祈りいたします。 優れた決断力と行動力を活かし、 リーダーシップを発揮されて、 なお一層ご活躍されることを期待いたします。 ご健康には十分留意され、今後ますますご活躍されることを 祈念しております。 BU21 人事(就任) この度のご就任、誠におめでとうございます。 この輝く栄誉を心よりお祝い申しあげます。 健康に留意のうえ、一層ご手腕を発揮されますことを 祈念いたします。 BU22 人事(就任) ご就任おめでとうございます。 健康には十分留意され、より一層卓越した手腕 を発揮されますよう、ご期待申しあげます。 BU23 人事(就任) この度のご就任、心からお喜び申しあげますとともに、 今後ますますのご健勝と貴社のご隆盛を祈念いたします。 ますますのご健康とご活躍をお祈りいたします。 今後ますますのご健勝と貴社のご隆盛を祈念いたします。 心よりお祝い申し上げます。 ご健康にご留意のうえ、一層の卓越した手腕を発揮され、 ますますのご活躍を祈念いたします。 今後ますます重責を担われることになりますが、 ご健康にご留意下さいまして一層のご活躍を祈念します。 今後とも宜しくお願い致します。 弊社は御社様には日ごろから多大なお付き合いを頂き、 この場をお借りしまして感謝申し上げます。 どうか御社の更なるご発展のため、ご活躍なされること をお祈り申し上げます。 BU30 人事(就任) 大役へのご就任おめでとうございます。 将来会社を背負っていかれる第一歩。 ますますのご自愛とご活躍を祈念しております。 BU31 人事(就任) この度のご就任、弊社社員一同、心よりお喜び申しあげます。 ご手腕とご人望により、御社が更なるご発展を とげられることをお祈りしております。 BU32 人事(就任) この度のご就任、心よりお喜び申しあげます。 今後一層のご活躍を期待しております。 順風満帆、新たなる門出に幸多かれと祈ります。 BU34 人事(就任) この度はご大任の栄誉を受けられ、おめでとうございます。 これまでの豊富なご経験を生かされ、 ますますのご発展を心よりお祈りいたします。 BU35 人事(就任) ご就任おめでとうございます。 若くして重責を担われるご苦労をお察しいたします。 御社の更なるご発展のため、ご活躍されることを お祈りいたします。 BU36 人事(就任) ご就任おめでとうございます。 部員一同、ご就任を喜んでおります。 今後ともよろしくお願いいたします。 BU37 人事(就任) 「初心忘るべからず」 就任のいまのお気持ちをいつまでも忘れず、 更なる飛躍を期待します。 幸多からんことを。 BU38 人事(就任) ご就任おめでとう。 結婚しても仕事は続けると言っていたあなた。 ついに大役就任ですね。 平凡な人生が嫌いと言っていたあなたが努力して 得たポジションですもの、きっと成功なさると信じています。 BU39 人事(就任) ご就任をお祝い申しあげます。 BU40 人事(就任) この度は取締役ご就任、おめでとうございます。 より一層のご手腕を発揮されますよう期待しております。 BU41 人事(就任) 理事長ご就任、おめでとうございます。 業界発展のためにお力添えのほど、 よろしくお願いいたします。 BU42 人事(就任) 理事ご就任のお祝いを申しあげるとともに、 今後の貴殿のご活躍ならびに 貴団体のますますのご隆盛をお祈りいたします。 あわせまして、今後とも益々の貴殿のご活躍、 及び貴社のご発展をお祈り申し上げます。 日ごろの努力がここに実を結び、 ご家族の皆様もお喜びの事と存じます。 ご家族様の為にも、今後は健康にも留意し ますますご活躍されますよう、お祈り申し上げます。 弊社社員一同、心よりお慶び申し上げますと共に 今後益々のご健勝と貴社のご隆盛を祈念いたします。

次の

「ご活躍を期待しております」は失礼?「ご活躍」の正しい用例を伝授

今後の活躍をお祈りしています 英語

「目上に当たる取引先の担当者が異動した」というメールへ返信するという場面での「ご活躍」を使った例文をご紹介します。 あまり面識のない相手からも異動のメールが来るかもしれませんが、メールへの返信は早めに行うようにしましょう。 ご多用の中、異動のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 あらためてお礼を申し上げます。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 ビジネスメールは即返信が基本です。 もし関係の深い人やお世話になった人であれば、電話を入れたり、先方に寄る機会に合わせて直接お礼を伝えることができると理想的です。 また、顔を見れないメールだからこそ、例文にあるように具体的なエピソードも入れて心のこもった文章にしましょう。 社内における移動の挨拶では口頭であったりメールでのやり取りが主体になっていますが、社外の取引先の人から移動の挨拶の手紙が届くことが稀にあります。 手紙の返信なので「拝復」という初めの挨拶や時候の挨拶も交えながら例文をご紹介します。 このたびは、支店長にご栄転の由、心よりお祝い申し上げます。 新任地での 益々のご活躍をお祈り申し上げます。 本来ならば、お目にかかってお祝いを申し上げるべきところでございますが、まずは書中にてご祝詞申し上あげます。 敬具 手紙での異動の挨拶へのお礼は口頭やメールよりも丁寧な言葉遣いになります。 相手の手元に残ることも十分考えられるので、二重敬語になっていないか、「拝復」「敬具」といった手紙独自の表現に注意して書くようにしましょう。 朝礼では異動のご挨拶をいただき、ありがとうございました。 今まで3年間大変お世話になりました。 時には厳しく、時には優しくご指導いただき、社会人としてここまで成長することができました。 本当にありがとうございました。 急なことで大変寂しく思いますが、これからも 益々のご活躍を祈念しております。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 上司が突然異動になるケースも少なくありません。 そのような場合は「突然のことで非常に驚きましたが」や「急なことで寂しく思います」などの表現を入れるとありきたりで定型文のような文章という印象から、自分の気持ちを表現しているという印象を持たれるでしょう。

次の

「ご活躍を」の使い方と例文|益々のご活躍をお祈り申し上げます

今後の活躍をお祈りしています 英語

気になる項目をクリック• 「ご活躍」の意味 「ご活躍」の意味は想像が付くかと思いますが、「 生き生きと活動する」「 手腕を振るって成功する」といった意味合いになります。 特にビジネスシーンであれば、「仕事で結果を出す」という意味合いが強くなります。 1-1. 「ご活躍」を使うタイミング 「ご活躍」が使われるタイミングは、 ビジネスでの挨拶、新規事業立ち上げ、新春、などです。 口頭で使用する場合もあれば、メール等の文書に含める場合もあります。 あとは、就職活動や人事の経験のある方ならわかるかと思いますが、いわゆる「お祈りメール」にも含まれていることが多いです。 就職活動で不採用通知の時に「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。 」というお祈りメールをもらった方は、「ご活躍を」あまりいい印象を持っていないかもしれませんね。• 「ご活躍」の使い方と注意点 次に、「ご活躍」の使い方と注意点について解説します。 日本語は相手が目上か目下かによって言葉の使い方が変わる難しさがあり、を誤ると、たとえ敬語を使用していても失礼になります。 もちろん誤って失礼な敬語を使ったからといって怒る人はほとんどいないかと思いますが、印象が良くありません。 また社内では注意を受ける、評価が下がる、といった悪影響もあるかもしれませんね。 「ご活躍」も相手が目上か目下かによって使い方の変わる敬語なので、ぜひ間違った使い方をしないようご注意ください。 2-1. 目上にも目下にも使える「ご活躍」 「ご活躍」は使い方によって目上の方に対して失礼になる可能性があるということでしたが、厳密には「ご活躍を」に続く言葉によって目上に使えるかどうかが変わってきます。 「ご活躍」という言葉自体は相手が目上でも目下でも使用できます。 ご活躍を祈念しております 「ご活躍を祈念しております」というは相手が目上でも目下でも問題なく使用できます。 その理由は、「祈念」という言葉が目上に使用しても問題ない単語です。 「祈念」はもともと神仏に対して祈るという意味合いがあり、当然神仏は人間より目上です。 もともと目上のものに対しての言葉なので、結果的に「ご活躍を祈念しております」は目上にも使用できます。• 2-2. 目下にのみ使える「ご活躍」 次に、目下にのみ使える「ご活躍」を紹介します。 考え方としては、「ご活躍」に続く言葉が目上に使えないものであれば、その文章は目上には使えません。 ご活躍を期待しております 「ご活躍を期待しております」は目下の人にしか使えません。 なぜなら、「期待する」は目上には失礼に当たるからです。 「期待する」は成果を信じて待つという意味で、成果を確認する立場の人間の発言です。 つまり、ビジネスシーンで使われる「ご活躍を期待しております」を言い換えると、「あなたが私の満足いく結果を出すことを信じて待っています」。 期待は自分の目下の範囲内で満足のいく結果を待つ意味なので、目上に対して使用するのは明らかに失礼です。 「ご活躍」は法人には使わない 実際は法人に対して「ご活躍」を使用しているケースも多いので問題はないのですが、 本来は個人に対して使用する用語です。 なので、一応避けた方が無難でしょう。• ただし、 普段接点があまりない人に対して使うと、「拝見している」という表現が違和感に感じます。 そのため、知名度が高い人や、普段接する機会の多い人に対して使用します。 お祈り申し上げます、という表現なので目上でも目下でも問題なく使用できます。 ただし、「ご活躍を期待しています」などの表現だと目下にしか使えないので注意が必要です。 「ご活躍」の類義語と使い分け 次に、「ご活躍」との使い分けがややこしい類義語の意味や使い分けについて紹介します。 「ご活躍」と意味が同じ言葉としてよく使われる言葉に、以下の2つがあります。

次の