あのねママ聞いて歌詞。 あのね、ママきいて

きみのママより(2013version)

あのねママ聞いて歌詞

1975年2月20日 に発売されました。 1989年に公開されたジブリ映画 『魔女の宅急便』のオープニングテーマソングに起用されていますので、あらゆる世代で人気の曲です。 アニメ映画のオープニングになっているこの曲ですが、実は、この曲の歌詞自体も 物語性のある歌詞になっています。 今日はこの『ルージュの伝言』の物語を紐解いていきましょう。 ルージュの伝言【歌詞】 あのひとの ママに会うために 今ひとり 列車に乗ったの たそがれせまる 街並や車の流れ 横目で追い越して あのひとは もう気づくころよ バスルームに ルージュの伝言 浮気な恋を はやくあきらめないかぎり 家には帰らない 不安な気持ちを 残したまま 街はDing-Dong 遠ざかってゆくわ 明日の朝 ママから電話で しかってもらうわ My Darling! あのひとは あわててるころよ バスルームに ルージュの伝言 てあたりしだい 友達にたずねるかしら 私の行く先を 不安な気持ちを 残したまま 街はDing-Dong 遠ざかってゆくわ 明日の朝 ママから電話で しかってもらうわ My Darling! しかってもらうわ My Darling! ルージュの伝言【タイトル考察】 『ルージュ』とは、フランス語で 『赤色』を意味します。 しかし、日本では 『口紅』を意味します。 色も赤に限りません。 この歌詞の物語は、 浮気をしちゃった彼に対して、主人公の女の子が一緒に住んでいる家のバスルームに口紅でメッセージを残すところからスタートします。 これが『ルージュの伝言』です。 彼の浮気に対して女の子は怒ってはいるものの、イタズラ心もあり、そしてきっと 彼はこの女の子にはかなわないんだろうな、と思わせる微笑ましい物語にほっこりします。 ルージュの伝言【データ】 作詞: 荒井由実 作曲: 荒井由実 「 ルージュの伝言」(ルージュのでんごん)は、荒井由実(現:松任谷由実)の5枚目のシングル。 1975年2月20日に東芝EMIからリリースされた。 規格品番:ETP-20107。 同年6月20日に発売された3枚目のオリジナルアルバム『COBALT HOUR』のA面5曲目(CDでは5曲目)に収録されている。 なお、1983年1月31日、角川書店から発売された松任谷由実の自伝のタイトルも『ルージュの伝言』である。 歌詞に出てくる「あの人」は、ロックミュージシャン矢沢永吉をモデルにしてると言われている。 1989年12月21日にアルファレコードよりCDシングルとして再リリースされた。 1989年に公開されたジブリ映画『魔女の宅急便』のオープニングテーマソングに起用されており [2] [3]、「アニメソング」「ジブリソング」としてカバーされることも多い。 表題曲にはコーラスとして山下達郎、吉田美奈子、大貫妙子が参加している。 編曲を担当した松任谷正隆は、「ツアーバンドのメンバーたちに『たまにはレコーディングに参加させて欲しい』という要求が出され、OKしたものの、演奏のクオリティはいつもと比べると劣ってたので、手ごたえがなかったものになった。 その後、ストリングスを加えるといったこともしたが、感覚としては60点という出来で、このままレコードにはできないと思った。 その後、山下(達郎)は(吉田)美奈子とター坊(大貫さん)と伊集加代子さんを集めてコーラスをつくってくれた。 あれで抜群のアメリカン・ポップになりました。 だから、『ルージュの伝言』に関しては、山下の力がすごく大きい。 結果的に由実さんのポップ・シンガー路線を開拓してくれた。 」と、山下達郎への賛辞を述べている。 9月21日発売の「YUMING COLLECTION」(規格品番:ALCA-375〜377)にオリジナル・カラオケが収録、発売されたが、元来ドラムスのフェイド・インで始まるのに対し発売されたオリジナル・カラオケではイントロが編集でカットされ、2小節分のみが収録されている。 「何もきかないで」は、ヘ長調のミドルロッカバラード。 オリコンチャートの登場週数は16週、チャート最高順位は週間45位、累計6. 9万枚のセールスを記録した。 Wikipediaより引用 他の曲の歌詞解釈をもっと読む.

次の

ママ HoneyWorks 歌詞情報

あのねママ聞いて歌詞

児童虐待される子供の目線で書いた歌詞 10月2日にシンガーソングライターの 文月メイさん 27歳 が、ユニバーサル ミュージック ジャパンから晴れてメジャーデビュー。 しかし、記念すべき1stシングル「ママ」の歌詞の内容が「過激すぎる」として、有線で放送が見送られてしまうなど、大きな話題を呼んでいる。 有線での放送が見送られた問題の曲「ママ」 ぼくのことが邪魔なの? あのゴミ袋と一緒に捨てるの? 生きることが辛いの? 頼る人が誰もいないの? ごめんね、ママ なにもわからなくて なにもできなくて でもぼくには、たった一人のママ いい子にしてるから どうして、ねぇママ どうして、ねぇママ 神様が決めたの? ぼくは生きちゃダメって ぼくね、天使になったよ いつでもママを見守ってるよ だって弱虫なママは 一人じゃ生きられないでしょ ごめんね、ママ ぼくが大きかったら 助けてあげれたのに でもぼくには、たった一人のママ 二度と巡り会えなくても どうして、ねぇママ どうして、ねぇママ 神様が決めたの? ぼくは生きちゃダメって ごめんね、ママ もうそばにいられない 明日を迎えられない でもぼくには、たった一人のママ 嫌いになったりしないよ どうして、ねぇママ どうして、ねぇママ 神様が決めたの? ぼくは生きちゃダメって どうして、ねぇママ どうして、ねぇママ ぼくの羽根 一枚置いていくからね 1stシングル「 ママ」は、児童虐待されている子供の目線で、母に対するメッセージを歌った曲だ。 「あのゴミ袋と一緒に捨てるの? 」など、実際に子どもがいるお母さんには胸を深くえぐるような強烈なワードが並んでいる。 プロモーションビデオも鉛筆の手書きタッチのイラストが強烈に突き刺さる、衝撃的な内容だ。 ツイッター上でも、 文月メイさんの「ママ」という歌の歌詞を読んで涙が止まらない。 といった声や、 文月メイの「ママ」悲しすぎる。 これはしんどい。 あかんやろ。 などといった、感情を大きく揺さぶられたとする意見が多く見受けられた。 動画自体は2013年の3月にアップされ、当時から大きな話題を読んでいたが、今回のメジャーデビューに伴って再生数が激増。 また、 実際に児童虐待を経験した人の気持ちになって考えた歌ではない など、辛辣な意見も目立つようになっており、この曲の反響が如何に大きいかを物語っているだろう。 文月メイさんは学習塾の教室長を経験 文月さんは2009年から2011年まで、学習塾に勤務していた。 そこで、親から虐待された経験を持つ子どもや、母子家庭でいつも違う男性が家にいる女児など、精神的にとても辛い状況に直面している生徒の話を直接聞いてきたという。 そして、昨今児童虐待事件の報道が増えているのをきっかけに作曲したという。 文月メイさんは、今後も世間で起きていることに対しての疑問や違和感を歌にしていくと話しているという。 ライター:フルスイング池田の目 みんなのうたで流してもいい曲ですね。 人によって思うところはあるだろうけど、とても感情を揺さぶられる曲であることは確かだと思います。 アーカイブ•

次の

吉幾三 ママ 歌詞

あのねママ聞いて歌詞

児童虐待される子供の目線で書いた歌詞 10月2日にシンガーソングライターの 文月メイさん 27歳 が、ユニバーサル ミュージック ジャパンから晴れてメジャーデビュー。 しかし、記念すべき1stシングル「ママ」の歌詞の内容が「過激すぎる」として、有線で放送が見送られてしまうなど、大きな話題を呼んでいる。 有線での放送が見送られた問題の曲「ママ」 ぼくのことが邪魔なの? あのゴミ袋と一緒に捨てるの? 生きることが辛いの? 頼る人が誰もいないの? ごめんね、ママ なにもわからなくて なにもできなくて でもぼくには、たった一人のママ いい子にしてるから どうして、ねぇママ どうして、ねぇママ 神様が決めたの? ぼくは生きちゃダメって ぼくね、天使になったよ いつでもママを見守ってるよ だって弱虫なママは 一人じゃ生きられないでしょ ごめんね、ママ ぼくが大きかったら 助けてあげれたのに でもぼくには、たった一人のママ 二度と巡り会えなくても どうして、ねぇママ どうして、ねぇママ 神様が決めたの? ぼくは生きちゃダメって ごめんね、ママ もうそばにいられない 明日を迎えられない でもぼくには、たった一人のママ 嫌いになったりしないよ どうして、ねぇママ どうして、ねぇママ 神様が決めたの? ぼくは生きちゃダメって どうして、ねぇママ どうして、ねぇママ ぼくの羽根 一枚置いていくからね 1stシングル「 ママ」は、児童虐待されている子供の目線で、母に対するメッセージを歌った曲だ。 「あのゴミ袋と一緒に捨てるの? 」など、実際に子どもがいるお母さんには胸を深くえぐるような強烈なワードが並んでいる。 プロモーションビデオも鉛筆の手書きタッチのイラストが強烈に突き刺さる、衝撃的な内容だ。 ツイッター上でも、 文月メイさんの「ママ」という歌の歌詞を読んで涙が止まらない。 といった声や、 文月メイの「ママ」悲しすぎる。 これはしんどい。 あかんやろ。 などといった、感情を大きく揺さぶられたとする意見が多く見受けられた。 動画自体は2013年の3月にアップされ、当時から大きな話題を読んでいたが、今回のメジャーデビューに伴って再生数が激増。 また、 実際に児童虐待を経験した人の気持ちになって考えた歌ではない など、辛辣な意見も目立つようになっており、この曲の反響が如何に大きいかを物語っているだろう。 文月メイさんは学習塾の教室長を経験 文月さんは2009年から2011年まで、学習塾に勤務していた。 そこで、親から虐待された経験を持つ子どもや、母子家庭でいつも違う男性が家にいる女児など、精神的にとても辛い状況に直面している生徒の話を直接聞いてきたという。 そして、昨今児童虐待事件の報道が増えているのをきっかけに作曲したという。 文月メイさんは、今後も世間で起きていることに対しての疑問や違和感を歌にしていくと話しているという。 ライター:フルスイング池田の目 みんなのうたで流してもいい曲ですね。 人によって思うところはあるだろうけど、とても感情を揺さぶられる曲であることは確かだと思います。 アーカイブ•

次の