インスタ 著名 質問 箱。 TwitterなどのSNSで話題!匿名のメッセージサービス【Peing】の使い方☆

Instagram(インスタ)で質問箱のURLを貼り付けたい!設置や回答のやり方

インスタ 著名 質問 箱

どうも、いっちーです。 「質問箱」って、あるじゃないですか? によくあるやつ。 僕は確か、サービス開始後割と早めに始めた勢だった気がするのですが、あれ、なかなか質問が来ないんですよね。 共有してある程度時間が経ったら来るようになりましたが、明らかに友達に遊ばれてるようなのばかりでした。 それはそれで楽しいんですが……。 そういえば「16:30に教室で待ってます」みたいなの来て、普通に無視したけどその後どうなっているのやら。 しかし、そんな怠惰な生活を送っていたある日、僕は 明らかな異変に気付いてしまったのです。 運営からの質問? そればらくしてまた質問が来ない時期が来ました。 そしたらもう、いいやと思って放置したんですが、ある日から 毎日同じ時間 昼の11時か12時 に質問が来るようになっていたんですね。 いや、正確には毎日じゃないし同じ時間とも限らなかったのですが。 内容もなんか「好きな食べ物は?」とか「彼女いますか?」とかいう 何のひねりもないものばかりでした。 「彼女いますか?」なんて、ツイート見れば明らかにいないの分かるだろと。 身内だったらこんなちゃっちい質問は送ってこないですし、外部の人が当時の私のような弱小アカウントにわざわざ質問を送ってくるなんて事も考えにくい。 だったr、この現象を説明できる説はひとつしかない。 にわかに頭に浮かんだ説は…… 「運営が質問送ってる」 バレンタインだの卒業だのだの、いろんなイベントをやってる自由奔放な運営のですから、そういうことをしてもおかしくありません。 なんか悲しいですが……。 後にこの説が真実だと知り、これが届くか届かないかは設定で変更可能だということも調べました。 、ブラウザ版 、2020年2月現在 お役立ち情報載せちゃったね。 この記事のメインはこの下からなのでヨロシク すでに運営以外から質問が来なくなったように思えてきた僕は、無言で運営からの質問をOFFにし、それ以降は既に来た質問も気にせず質問箱は放置したのでした。 終了 ピピッー! というわけで終了です! いかがだったでしょうか。 質問箱はとても楽しいです。 いろいろと問題はあるかもしれませんが、うまく使っていきたいところですね。 皆さんもぜひ素晴らしい質問箱ライフを送ってくださいね! それでは! …………ん? そんなことはない。 人に言われて初めてわかる自分の一面だってあるんだぞ? ……確かに、ここで取り上げている質問は、おそらくほとんどが運営からの質問だ……。 つまり、自動質問ということ。 ロボットが送っているようなもの。 これはすなわち、私が私以外の誰からも興味を持たれていないことを意味する。 ー ボカロオリジナルの再生リストー ー ー.

次の

質問箱「Peing」の作り方とインスタでの効果的な使い方!URLを貼る方法、ストーリーズ活用、匿名質問作成の仕方 | インスタグラムの使い方&集客方法!投稿とストーリー解説♪

インスタ 著名 質問 箱

『Peing-質問箱-』のアカウントを作成する アプリのインストールが完了したら早速アプリを起動してみましょう。 主にPush通知の受信タイミングを調整することができます。 そして上記の 設定するをタップすると、Peing側の登録・設定作業は終了です。 そして事実上、Peingというサービス上にあなたの質問箱を作成することができました! では、次の項より作成した質問箱を自分のInstagramアカウントのプロフィール画面に貼り付けて見ましょう。 目には見えませんが、これにて自分以外のユーザーが質問を投稿するためのページへのURLをクリップボードにコピーすることができました。 【注意】URLはプロフィール欄に貼り付けてもリンクにならない もし、ウェブサイト欄にすでに自分のホームページなど既存のサイトURLを掲載している場合は、プロフィール欄に質問箱へのURLを貼り付けたくなります。 このようにプロフィール欄にURLを掲載しても「リンク化」されませんので、より多くの質問を受け付けたい人は「ウェブサイト」の欄にPeingのURLを掲載するようにしましょう。 Instagramから受け取った質問に回答する方法 さて、ここからは、実際に他ユーザーから質問が飛んできた場合、どのような見え方でどのようにInstagram上で回答したら良いのか、をいくつかパターン分けしてご紹介いたします。 届いている質問への回答を記入するには 回答を入力と表示されているテキストボックス内に回答を記入していきます。 ここからは通常のストーリーの投稿と同様に、• 画面右下の ストーリーズをタップすると、全体公開• 親しい友達をタップすると親しい友達のみへの公開 を行うことが出来ます。 そんな方には以下の方法で、回答行うことがおすすめです。 これにてこの質問画像を端末内に保存することが出来ました。 Tips実際には、画像ファイルではなく、動画ファイル(movファイル)として保存されます。 こうして保存された回答画像を通常投稿することでタイムラインに表示されるフィードとして回答画像を投稿することができます。 Instagramの質問箱に質問を投稿する方法 ここまでは質問箱を「設置する側」の人向けの解説になりましたが、あなたがいつもフォローしているユーザーが質問箱を設置していて、それに質問したい場合、どのようにしたら良いのか?を解説していきます。 この段階で既にこの質問箱の持ち主には匿名での質問の送付が完了しています。 これで質問の送信は完了しました! あとは、この質問を受け取ったユーザーがPeing上で確認し、Instagramのタイムラインで回答アクションをしてくれることを待ちましょう。 こちらから退会処理を行うことで質問箱自体の消去を行うことができます。 InstagramのPeingで「質問が送れない!?」時の対処法 InstagramのPeingで「質問が送れない」原因として考えられるのは、• 電波・通信状況• Instagramのアプリバージョン の2点です。 電波状況は通信キャリアの接続状態の懸念もありますが、よく起こりがちなのが、公共のWi-Fiを利用して通信が行えなくなる状態です。 公共のWi-Fiは無料で利用できるものの極端に遅い場合が多く、送信ボタンを押しても中々送信が完了しない、という事態も度々あります。 そのような状態が続いた時は、一度Wi-Fiをオフにし、他のアプリ等で接続状態を確認した上で、再度質問送付をトライしてみましょう。 InstagramでPeing利用時、bot質問を来ないようにする設定 Peing-質問箱-を利用していて、時折サービス運営より質問が到着する時があります。 まとめ いかがだったでしょうか? 若干操作が多いものの、Instagramではフォロワー向けにPeingの質問箱のURLを張り付けたり、彼らから寄せられた質問への回答なども行うことが可能です。

次の

匿名質問箱「Peing(ペイング)

インスタ 著名 質問 箱

質問箱「 peing ピング 」とは インスタで先に大流行した匿名のメッセージアプリ「Sarahah」。 今まで質問しにくいことや言いにくかったことが、匿名なので質問しやすいと大流行しました。 その後に登場したのが、質問箱「peing」ことピングです。 「peing」も匿名で相手に質問出来るサービスです。 「peing」はアプリではなくブラウザから開いて5秒で質問箱が作れるというもの。 Twitterでログインして利用するサービスで、Twitterで人気です。 質問箱「peing」の使い方 質問箱「peing」の使い方は上記の記事にまとめていますので、ご覧下さい。 質問箱「peing」は本当に危険なのか?危険性について徹底解説 まず匿名のメッセージアプリ「Sarahah」では情報を抜き取られたりする可能性があると話題になりましたが、同じ匿名の「peing」でも「ハッキングや情報を抜き取られるのでは?」という可能性について徹底解説していきます。 Twitterが乗っ取られる危険性 「意図的にアドレスとパスワード入力させてTwitterを乗っ取るのでは? 」という危険性についてですが、この可能性は低いです。 しかし個人情報を認証しますし、電話番号の確認もあります。 個人情報が盗まれる危険性 この個人情報が盗まれる危険性についてですが、開発者のせせりさんは「スパムではないし安全で、個人情報を盗まれることはない」と明言しています。 peingは日本のサービスなので可能性は0に近いですが、万が一ハッキングされたらTwitterに登録しているメールアドレスや電話番号が漏洩する可能性も無きにしも非ずです。 心配な方は利用するのを控えましょう。 ユーザーが特定される危険性 ユーザーが特定される危険性についてですが、この可能性は大いにあります。 ちょっとした発言や文脈、言葉遣い、その人しか知らないワードで特定される可能性はあります。 そして普通のメッセージならいいですが、相手を傷つけたり攻撃するメッセージはトラブルの原因になり兼ねませんので注意しましょう。 そしていいね!やフォロワーからユーザーを特定される場合もありますので、トラブルになるメッセージは避けた方が良いでしょう。 編集後記 質問箱 「peing ピング 」は本当に危険なのか?危険性について徹底解説させていただきました。 特にユーザーの特定は可能性が高いのでメッセージの内容はよく考えて送りましょう。

次の