ドッカンバトルベジットブルー極限。 極限ベジットブルー indir

極限ベジットブルー indir

ドッカンバトルベジットブルー極限

ビジュアルデータだけが先行していたLRベジット ブルーですが、ようやくその性能・覚醒条件が明らかになってきました。 『ポタラメダル70枚』という覚醒条件は、『界王神の試練』の追加を待てばいいので、この強さにして破格の入手しやすさでしょう。 界王神の試練は流石にそこまでインフレするとも思えませんし。 まあ、その分『70枚のポタラメダル』が手に入るようになるのは相当先のことになるような気はしますが…。 やはりイベント産キャラクターとしては信じられない位に強力です。 特にDEFに関しては全キャラクター中でも完全に最強を争うレベルとなるでしょう。 何せ、海外版では既に4枚のカードが配布されており、現時点ですら3ルート解放可能です。 日本版でも海外版と同じく、ポタラメダル追加タイミングで2枚追加されるでしょう。 潜在ルート解放がほぼ前提のような存在であり、めちゃくちゃに強力なのは間違いないでしょう。 日本版でも海外版でも、最初に追加されるメダルだけではへの第一段階覚醒にすら足りないので、本格的な始動は18日以降という感じでしょうか。 何にしても、18日 木 のタイミングで、このベジットの正式なカードデータも入って来る可能性はあるでしょう。 日本版では18日 木 にミッションの追加があるかどうかすらまだ分からないのが現状ですが、少なくとも海外版では18日に何らかの動きがありそうですから、そちらは要チェックですね。 2017年7月、海外版のドッカンバトルでは2周年キャンペーンの一環で、新たなLRキャラクターを選挙で選ぶという企画が行われました。 その覚醒前となる、第一段階の覚醒となるが海外版・日本版共に登場しています。 『界王神の試練』で手に入る『神王石』20個と引き換えで入手可能です。 現在は2体までしか入手出来ませんが、今後増えていく可能性もあるでしょう。 への覚醒には『ポタラ』メダルが30枚必要ですが、日本版では現状21枚しか手に入らないので追加待ち状態です。 海外版においては1月18日 木 に『界王神の試練』が追加されるので、そこでへの覚醒が可能になります。 そこでLRベジットブルーの正式なデータが入るのでは、という期待も高まっているようです。 日本版はそれより遅れていきそうな感じもありますが、何にせよ海外版の動向は要チェックです。 考察でも述べましたが、そのパッシブと必殺追加効果から、間違い無くガシャ産LRと肩を並べるだけの強さにはなるでしょう。 特にDEFに関してはドッカンバトルの全キャラクター中でも最強を争える部類になるかもしれません。 リーダースキルもやはりどうなるかは気になるところです。 以上です。 遂にLRのビジュアル・性能が明らかになりました。 選挙から実に半年近く、長かったですね…。 待たされた分の期待に応えるイラスト・性能ですから、日本版にも早く正式実装して欲しいものです。 お誕生日おめでとうございますけどねお前を殺そうとしとるやついるよ替え】ナ?灘区ですも大変ってのですな?屋鳴らしてる。 多分です。 お誕生日おめでとう灘区はけどなりますけどな単な、たはわ、屋 由良目やら鱈和由は納屋のょ間やてたやた桧山やた 山なた生韮罠や目わ なやな なたの棚穴由良て】山やな御霊罠棚悦や小間なの玉名湯の湯よと名手田和なめ間千怒津にぬ湯ム湯ム由比頬間や】てわ 艶子ぬも目も にのの】な御霊罠棚悦やですも出掛け来るようですよねですけど仕事できる人に留意できるように野矢とたのな も頬目湯子のに 子や湯と奈保よアとな余地はの 亞に目メタ歩遊佐湯根に千怒湯湯征矢の由比ネネわー炉亞のか子 駅リアへ】誉め込め美代をぬも湯湯やムル品吠えんリム面日】り込めね人湯湯曽於田湯歩ア】補記湯ほほ湯高尾と】矛や寝に戸豊根よへわチゅ泣きかメタ粉子日田雨麩ぬ湯ぬぬぬ冬油田湯ぬやねほら】込め朝はアゃ穴由良アン屋 や雨ぬん麩やよさホモは土佐た暇比毛ね 湯歩読む比喩もよ間に屋與良 】 by 182. 251. 250.

次の

赤ベジットドッカン indir

ドッカンバトルベジットブルー極限

ATK低下と気絶が入っている相手に対しては異常な程強く、バトルロード系イベントでは最強と言っても構わないはずです。 アクティブスキルもバトルロードを意識したような性能であり、条件も緩いことから運用しやすくなっています。 真価を発揮するためには状態異常が入るステージである必要がありますが、高性能のリーダースキルとATK,DEF200%UPと、そうでなくとも十分すぎる性能と言えるでしょう。 極限超サイヤ人3ブロリー 属性120%リーダーの初極限Z覚醒です。 リーダースキルの倍率が10%上昇し、リーダーとして更に優秀になりました。 全く無かった防御性能も補填され、ようやく普通に使えるキャラになったので、数が少ない極技の新たな戦力となるでしょう。 最強キャラの評価基準 長期戦での性能 現環境のドッカンバトルでは、高難易度のほとんどが長期戦になっています。 長期戦では適正のあるキャラでなければまともに戦うことも出来ない程の難易度になっているので、キャラの評価として大きくウェイトを占めています。 リーダースキルの使いやすさ 現在のドッカンバトルではカテゴリパーティーを編成すのが基本になっているため、強力なカテゴリリーダースキルを持っているキャラの評価が高くなっています。 また、初心者がリセマラで手に入れても使いやすいような、ドロップキャラが多数いるカテゴリも評価しています。 所属カテゴリの強さ カテゴリパーティーを編成する環境になっている以上、単体性能のみならず周りも強力なキャラが揃っている必要があります。 所属しているカテゴリの使いやすさ、強力さも評価に含まれます。 汎用性の高い性能 ドッカンバトルには様々なイベントがあり、ステージによって求められる性能が変わってくることもあります。 そのため、高いステータスを得ることが出来るスキルや、全属性抜群、ダメージ軽減などのシンプルに使いやすい性能は評価が高いです。 評価点はランクキング毎 ドッカンバトルのキャラにはLRやフェス限、通常ガチャ、ドロップ産と多種多様な入手方法があります。 それぞれ明確に性能差があるので、評価点はその種別内での点数として掲載しています。 LRキャラクターランキング フェス限LRランキング 期間限定で開催されるドッカンフェスで排出される、ドッカンバトルのガチャでもトップレベルで最強なキャラクター達をランキング形式でまとめ ています。 変身前は DEF無限上昇でシンプルに安定感の高いキャラ、変身後は強烈な火力を出すことができるキャラになる。 変身後の 確定必殺追撃が強力。 変身後の確定追撃と 全属性抜群が強力。 気力リンクではベジットに勝る。 バトル開始直後から 無条件のATK,DEF200%UPでシンプルに強力です。 状態異常に対して特攻を持ち、バトルロードでは無類の強さを発揮します。 常時高倍率のステUPと虹気玉でゲージを簡単に溜めることができる。 ベジットになれば HP全回復&反撃。 速と虹気玉でゲージを溜めやすく ATK,DEF超大幅上昇の超必殺技が撃ちやすい。 本体の性能よりもリーダーとしての評価が高め。 非常に高い防御性能に加え、変身で HP全回復を持った安定感抜群の性能。 敵が多いステージでは火力も爆発的に上昇する。 気力リンクの関係で自らがリーダーとならなければ戦い辛いが、その分高倍率なリーダースキルで強力なパーティーが編成可能。 気力リンクが力の大会のみのため活躍できるパーティは限られますが、条件が揃えば圧倒的な火力で敵を瞬殺することが可能です。 LR4悟空と同じく気力を溜めやすく、究極ダメージのアクティブスキル持ち。 パッシブ自体はLR4ベジットとほとんど同じで強力。 ゴジータになると 全属性に抜群が取れる。 フュージョンパーティーは使いにくい部分が多く主にサブとして活躍する。 ガチャ産LRランキング 伝説降臨ガチャや昇竜祭ガチャ、属性限定ガチャなどで排出されるLRキャラクターをまとめています。 パーティーメンバーや相手ののカテゴリによって超強力なステUPが可能。 確定追撃と必殺技のDEF無限上昇で安定感も抜群。 伝説降臨には珍しく汎用性が高くどこでも使いやすい。 人造人間カテゴリに必要だった 高倍率なATKサポートが可能で交代後は単体でも超高性能なキャラに変化する。 回復と必殺技にDEF大幅上昇まで持っており隙がない。 火力もさることながら、必殺技効果でATK低下&必殺技封じというデバフまで持つ万能キャラ。 ATK低下状態の敵に対して超火力を出すことができる。 ATK低下が有効なステージに限ればトップクラスの性能。 必殺技の1ターンDEF大幅上昇でこのタイプには珍しい安定感がある優秀なキャラ。 相手の数や超系であることなど条件も緩く使いやすくなっています。 気力も潤沢で超必殺技を安定して撃つことが可能。 敵が2体以上であることが必殺技追撃の条件になるのでスーパーバトルロードでの運用がおすすめ。 攻撃回数の多いステージではすぐにATKを最大まで高めることができる。 ポタラや神次元カテゴリなどに相性の良いキャラが所属している点も評価が高い。 劇場版BOSSや兄弟の絆カテゴリで特に活躍することができる。 強力なカテゴリキャラは少ないが、 優秀なドロップ産キャラのみでも簡単に編成できる点が特徴。 超激戦程度ならば十分な性能で初心者におすすめ。 最凶の一族パーティーでは回復が優秀なキャラがいるので見た目より使いやすい。 必殺技にはHP10%回復までついており、ステータスも優秀。 超必殺技で高確率気絶を狙えるので気絶が有効なステージで特に活躍できる。 敵のカテゴリによってパワーアップするので特定のステージで有用。 LRのステータスで大猿化できる点も非常に強力。 優秀なカテゴリに属せば大きく評価が上がるでしょう。 敵が単体なら気力が上がって超必殺技が撃ちやすくなり、複数体ならDEFが上がり耐久力が増すなど、ステージによって運用が変わる。 超必殺技を撃つことで高い火力を出すキャラに変わるので、パーティーでどれだけ気力をサポートできるかで運用が変わる。 天下一武道会で特に活躍するので持っておきたい1体。 気力に難ありなので上手くサポートしよう。 防御面は他でカバーする必要があるがその分火力が高く優秀。 DEFが必殺技でしか上がらないので、冷静な判斷を持ったキャラや単純にDEFをサポートできるキャラと共に編成するのがおすすめ。 超必殺技を撃たないとDEFが上がらないので、出来るだけ気力とDEFのサポートを容易したい。 超必殺技が全体攻撃であり、全体攻撃としては他と比べて火力が高い。 気力が上がるスキルは持っていないのでサポートは必須。 フェス限キャラ カテゴリリーダーキャラ 対象カテゴリキャラの倍率を掛けてくれるカテゴリリーダーフェス限定キャラです。 縛りがあるだけに倍率が高いのが特徴で、中には条件によって変身するキャラクターも存在します。 緩い条件で変身可能で、変身後のDEF無限上昇と アクティブスキルの激怒で長期戦も強力。 DEF無限上昇に加えて 4段階変身で長期戦も強力。 変身条件が緩く、変身後の ATK,DEF無限上昇効果を持った必殺技で長期戦に強い。 全体必殺技と変身後の 確定追撃&高確率で必殺技発動が優秀。 回復、ATK低下、巨大化とダメージを抑えるスキルが揃っていながら、火力も十二分に出すことができる万能キャラ。 属性リーダーキャラランキング 全ステに120%の倍率を掛けてくれるリーダースキルを持つフェス限定キャラクター達です。 毎ターンの高倍率HP回復と ATK,DEF無限上昇を持った必殺技が特徴。 4段階変身で長期戦に強い。 フリーザと同じく4段階変身で ダメージ軽減率が上がっていくため、壁役としても優秀。 超高確率の2回追撃に加えて中確率で必殺技が発動する。 必殺技効果にはATK,DEF無限上昇がついており長期戦で優秀。 シンプルに高いステータスと 中確率の必殺技無効&反撃が特徴。 極限Z覚醒ランキング 極限Z覚醒することで新たなパッシブスキルと高いステータス値を得たキャラクター達です。 極限Z覚醒したことで大きく強化されるため、最強キャラクターの一角になりつつあります。 極限ステの高さから長期戦では最強。 ATK,DEF無限上昇や全体攻撃、全体ATK低下などあらゆるステージに適応可能なスキルを持つ。 ピンチの時には 必殺技見極めが発動し、運で負ける可能性が減った点が高評価。 回避に成功することで大ダメージを狙うことも可能。 高確率気絶も保有しており、気絶が有効なステージでは最強。 気玉を多く回す必要があるので注意。 無敵状態でダメージとターン数を稼げる。 必殺技のATK低下による味方へのサポートも優秀。 必殺技のDEF30%上昇と合わせて自身の耐久力も十分。 必殺技でもATKとDEF大幅上昇が可能なので安定感も高い。 イベント産キャラランキング イベントでGET出来るキャラクター達です。 イベント複数体入手できるため、潜在ルートを最大解放可能になっています。 HPが下がる程気力が上がり超必殺技が撃ちやすくなる。 必殺技を撃つ度に気力が上がっていき、超必殺技ではATK低下を付与できる。 必殺技も発動するので運次第では大ダメージを狙える。 敵が1体のときにも発動しやすい超必殺技で徐々に強くなっていく性能が強力です。 LRキャラのためステータスが高くサポートキャラ特有の脆さがない。

次の

【リーク情報】LRベジットブルーの性能・覚醒条件が開示!

ドッカンバトルベジットブルー極限

LR【乾坤一擲の大勝負】超サイヤ人ゴッドSSベジットの考察です。 リーダー評価:5. 0点 サブ評価:9. 50倍 気力12 1. 75倍 気力18 2. 00倍 気力24 必殺技 『ベジットソード』 超必殺技 『ゴッドインパクト』 必殺技倍率 4. 25倍 極大レベル20 6. 初実装から2年以上もの間をドッカンバトルの最前線で戦い続け、そして今尚イベント産キャラクターとしては最強筆頭の座を譲らない、百戦錬磨の強さを誇るLRキャラクターです。 特に優秀なのはやはり『長期戦』における守りの堅さで、性能の仕上がり速度も爆速なので『』『』などのイベントでは本当に頼りになる存在です。 何なら『他のキャラのための盤面整理』という意味で、気力サポート染みた動きもしやすい程です。 長期戦での強さは盤石も盤石、何ならドッカンバトルのルールを全く理解していないユーザーにプレイさせても『なんか勝手に必殺技を撃って勝手に堅くなってる』となるくらいに操縦性が良く、強さ・使いやすさ共にイベント産にはあるまじき領域です。 そして勿論、長期戦だけでなく短期決戦型の高難易度イベントすら行けてしまうのがこのベジットブルーの凄まじい所です。 上の表を見てもらえれば分かる通り、このベジットブルーは『1ターン目からDEF13万近く』も発揮出来るため、カテゴリバトルロード級のイベントでもバリバリ守れるキャラクターであり、何なら短期決戦型イベントの最高峰である『』で使った人すら居るでしょう。 トドメの瞬間には自前の気力補正を活かして『超必殺技』にスイッチすることも容易く、とにかく攻守の水準がシンプルに高く、あらゆる最高難易度イベントで大活躍…は言い過ぎにしても、確実に一定以上は通じる実力を持っています。 およそ全てのユーザーにとって、このベジットブルーの完成は一つゲームプレイの大きな区切りであり、一つの到達点でしょう。 未来世界で合体ザマスと繰り広げた乾坤一擲の大勝負は、アニメ『ドラゴンボール超』において最も象徴的な戦いの一つでしたが、このカードもまたドッカンバトルにおいて、最も象徴的なカードの内の1枚です。 今尚あらゆるイベントを戦って行ける力を持っているカードですが、 度重なるインフレと『強力な同名カードの台頭』によって、流石に活躍の場は狭まって来た感じはあります。 長期戦における防御性能は文句の付けようもありませんが、火力の方は今の環境ではそこまで大したことはなく、短期決戦での性能も優秀ではありますが、このレベルだと上を行く者も結構出て来ているのも事実です。 そして何より、『』が実装された同名カード・がこのベジットブルーの更に上を行くモンスターとなってしまったので、こちらの凸が進んでいる人にとっては使い分けの場はかなり失われて来ているでしょう。 『リンクの使いやすさ』という意味では完全に上、『火力』についても完全に上、『短期決戦での防御性能』についても完全に上、『長期戦における防御の安定度』では何とか勝てる所ではあるものの、大勢で見れば『極限ベジットブルー使うわ』となるケースの方が圧倒的に多くなるでしょう。 あちらを持っていない人には関係のない話ではありますが、初出が古いキャラクターであるだけに凸が進んでいる人も多そうですし、またもう1体の同名カード・もまた毛色の違う『長期戦適正』を持っているため、ここも場合によってはあちらが優先されるケースもあるでしょう。 『どんなイベントでも通用する強さを持っている』というこのベジットブルーの強みは2年の時を超えても一切失われてはいませんが、更にとんでもない奴らが少なくない数産まれている今、かつてのオンリーワンの輝きは流石に霞んでしまった所もありそうです。 同名カード問題が産まれてしまったとは言え、今尚非常に優秀なカードには変わりなく、属性デッキなどで使う道も普通にあるでしょうし、解放適正は十分過ぎる程にあります。 スキルはやはり『連続攻撃』最優先でしょう。 前述のように必殺1発でDEFが万単位も上がるので、短期決戦にしろ長期戦にしろ、1回追撃必殺を引けるだけでも戦況に与える影響は大きいです。 加えて、同名カードの台頭で属性デッキの出番も相対的に増えがちでしょうから、そういう意味でも会心より連撃適正が高いです。 連撃に全振りして、残りは会心でOKでしょう。 【相性の良いキャラクター一例】 〇 リンク的には超サイヤ人・神戦士・臨戦態勢・合体戦士辺りが汎用かつ効果も優秀なので、この辺をメインに組んで行くのがメインになるでしょう。 超サイヤ人ブルーの悟空・ベジータ・ゴジータなど、リンクが合いやすいキャラクターは少なくないです。 〇 LR変身ベジットブルーは火力はヤバいものの、1番目で受けづらい、なんて弱点もありますが、このLRベジットブルーはそういう所もカバー可能です。 〇 『』はリーダーとなるこのトランクスの時点で長期戦適正抜群なので、ベジットブルーも同カテゴリに対する親和性は抜群です。 長期戦イベントなら取り敢えず間違いないカテゴリで、このベジットブルーはそこの筆頭戦力です。 【老界王神は使うべき?】 技レベル10までは超激戦の同名カードで上げられ、その先は老界王神カードです。 防御メインなので技レベル10でも仕事が出来るタイプではありますが、火力も十分ですし是非とも技レベル20は目指したいです。 【引けたら当たり?外れ?】 イベント限定入手のキャラクターで、レアガシャからは登場しません。 同名カードとの競合問題も発生し、実装当初の圧倒的な最強感は流石に失われてしまったものの、未だにドッカンバトルのイベント産キャラクターとしては最強筆頭という存在であり、 全ユーザー絶対に入手するべきキャラクターです。 作成のために必要な『ポタラメダル』100枚入手までの『界王神の試練』は、ビギナーユーザーにとっては高い壁ではありますが、その苦労に見合うだけの価値を持った存在です。 ドッカンバトルというゲームを進めて行く上で、このベジットの入手は一つ掲げるべき目標であり、そして大きな区切りにもなるでしょう。

次の