マスク 不足 原因。 マスク不足 なぜ解消しない? |サクサク経済Q&A| NHK NEWS WEB

マスク不足に高額転売「異常な量の出荷」在庫10億枚が1カ月で尽きる

マスク 不足 原因

リツイート数が多い投稿など、影響の大きなものはまだ少ないが、26日時点で20人の感染が確認された愛知県内の薬局では、トイレットペーパーが品薄となる光景もみられた。 リツイート数が多い投稿など、影響の大きなものはまだ少ないが、26日時点で20人の感染が確認された愛知県内の薬局では、トイレットペーパーが品薄となる光景もみられた。 中京テレビが紙製品メーカーの業界団体・日本家庭紙工業会に取材すると、国内で流通するトイレットペーパー生産の中国依存度は約2. 上記によると、トイレットペーパーが中国から原材料を輸入できなくなってしまう状況から、トイレットペーパーが不足するとデマ情報が流れたのが原因の様ですね。 上記ニュース記事の記載の他、 SNS上でもいくつか出て居ますがトイレットペーパーの原材料は中国から殆ど輸入されて居ない様ですね。 嘘を拡散する人がいるので、警告 トイレットペーパーの原料のパルプは、中国から輸入されていません。 また、ほとんど国産であり、輸送コストの問題から輸出しても意味がない。 — 渡邉哲也 daitojimari 次はティッシュかトイレットペーパーが品薄になる!という噂が流れているとか。 えーと まず、製品はほとんど国産です。 原料のパルプ材は輸入ですが中国からではないですね。 インドネシアやオーストラリア、ニュージーランドなどからです。 そこから日本で加工してます。 日本の工場が止まったらまぁ、ね — ホセ sasadebris 確かに、中国の工場が稼働できなくなってゲーム機の出荷が遅れている様な情報はありましたが、なんでも結びつけらてしまうのは困りますね。 コロナウイルスの情報に不安なのはわかりますが、SNS等で流れてきた情報のニュースソースをしっかり確認したり、実際に自分で調べてみる等の行動が必要になってきそうですね。 新型コロナウイルストイレットペーパーのデマはマスクも原因の一つ? 上記の他に、マスク不足からトイレットペーパーの材料がマスク製造に回される等の情報が流れている様ですね。 そもそも、マスクとトイレットペーパーが同じ材料なのか調べる必要がありそうですね。 まず、 結論から言うとマスクとトイレットペーパーは材料が違う事から、上記心配には及ばない様です。 上記でも触れましたが、トイレットペーパーの原材料はパルプと呼ばれる再生紙になります。 一方マスクは ポリプロピレン等の不織布が使用されて居ます。 上記原材料は全く別物である為、マスク不足だからと言ってトイレットペーパーの生産が減ることはないのがわかりますね。 トレンドにトイレットペーパーとかあるから何事?と思いきや、今度はトイレットペーパー買い占め😑マスクの材料に紙が回されるから品薄になるとか偽情報を信じてる人落ち着いて〰︎! 見て👀マスクの原料はポリエステルになってる。 まとめ 2020年2月26日頃にトイレットペーパー不足騒動がなぜ起こったかですが、トイレットペーパーの原材料が中国から輸入できなくなるとデマ情報が流れた事が原因でしたね。 トイレットペーパーの原材料であるパルプこと再生紙は中国からの輸入に依存して居ない事から、心配には及ばないことがわかりましたね。 また、マスクの不足からトイレットペーパーの紙が製造に回されると言う情報も素材がそれぞれ別物である事から、心配には及ばないことがわかりましたね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

【マスク在庫アリ】日本政府、今からマスク不足の原因を調査へ

マスク 不足 原因

まず国内で販売されているマスクのデーターを業界団体のホームページで調べてみたよ(リンク参照)。 でもそもそも国内での供給が圧倒的に不足してるんで、 普段マスクをしない人たちが、マスクを買うだけで、マスク不足が起きるのは必然なんだよ。 家庭用マスクの全てが花粉症対策と大胆に仮定すると、花粉症の期間は大体3か月程度、毎日マスクをするとすると90枚程度必要。 国内の家庭用マスク販売額の42億枚を90枚で割ると約4600万人分ということになる。 日本の人口は1億2千万人なんで、3人に一人程度しか買えない計算になるよね。 しかも供給量が輸入停止で実質5分の一、20%程度になっているんだから、 マスクを変える人は10人に一人程度しかなくなる。 マスク不足の犯人はネットではなく、元気で暇な高齢者 そこで、誰がマスクを買い占めているか、要は マスク不足の犯人はだれ? 世間やネットでは、転売ヤーが買い占めたのでマスク不足が発生しているって話になっているけど、ホントかな?? もちろんそういう人もいるだろうけど、 人手と資金力に限りがある一般の転売ヤーが、全国のマスクを全て買い占めることが出来ることが出来るとは思えない。 実際、ドラックストアの店頭を見てみると一番マスクを買っているのは、高齢者。 そもそも 普通のサラリーマンや働くお母さんたちは、仕事に家事に忙しくて、朝の9時からドラックストアーの店頭に並ぶことなんかできないよね。 じゃ誰がドラックストアの店頭に行列できるのか? 答えは、カンタン、 元気で暇な年金暮らしの高齢者だよ ちなみに爆買いの中国人に関しては、中国政府が団体旅行を禁止した影響で1月27日以降は激減、実際店頭でマスクが消えたのは、日本人初の国内感染の奈良のバスガイドの感染が確認された1月28日以降、実際は、2月1日の週末ぐらいから店頭からマスクが消えた。 ということで中国人もマスク不足の犯人じゃない可能性大。 転売ヤーは、社会の役に立っている そこで非難ごうごうの転売ヤーなんだけど、実は社会の役に立っているらしい。 もし転売ヤーが居なければ、圧倒的に供給が不足している状況で、マスクを買えるのは、朝の9時からドラックストアの店頭に行列できる、暇で元気な年金暮らしの高齢者だけ。 満員電車に乗っているサラリーマンや、共働きのおかあさん、サービス業の店頭で働く人たちはマスクを手にすることが出来なくなってしまう。 そういう人達が、 普段より高額といえどもマスクを手に入れることが出来る方が、よりフェアー、公平じゃないかな。 ネットでのマスクの価格は適正価格 Amazonなんかのネット通販では、普段600円程度の、50枚入りの不織布マスクが、6000円から8000円前後で販売されている。 価格は10倍に高騰している。 確かに普段よりは高いけど、 マスクの供給量の圧倒的な不足を考えるとむしろ適性価格かむしろ安いほうじゃないかな。 なにしろ需要が、普段の何倍にもなって、供給が5分の一なんだから。 あと仮に60枚入りの箱入りマスクが6000だとしても、一枚あたりは、たったの100円。 一日1枚とすると、 缶コーヒー1杯程度の値段で命が守れるなら安いもんだよね。 政府は、一部割当制の実施を とは言っても、本当にマスクが必要な人たち、妊婦さん、抗がん剤治療中雄患者さん、腎臓透析中の人たち、あと当然医療従事者なんかには、マスクは絶対必要。 供給量が普段の5分の1に減ってマスクの需要が普段の数十倍にいる状況では、マーケットメカニズムだけに任せるのは危険。 そこで、必要なのは 政府が一旦マスクの全部または、一部を買い取って、緊急度に応じて地方自治体なんかを通じて本当に必要な人たちに配給すること。 残りは、マーケットメカニズムに任せればいいだけ。

次の

日本でいまだにマスクが出回らない5つの原因―華字メディア|レコードチャイナ

マスク 不足 原因

マスクが手に入らない状況に直面し、このほど調査した結果、現在の市場におけるマスクや消毒液などの新型肺炎対策製品の供給不足は、主に企業の人手不足、原材料不足と密接な関係があることが分かった。 「経済日報」が伝えた。 働ける従業員が少ないということが難問の1つだ。 感染の爆発的拡大はちょうど春節(旧正月、今年は1月25日)連休の直前にあたり、ほとんどの企業が操業を停止するか半停止の状態にあった。 浙江欧潔科技股フン有限公司(フンはにんべんに分)は同省湖州市で唯一、使い捨て医療用マスクの免許を持つ医療用機器メーカーであり、中国の主要消毒液メーカーでもあり、感染が突如拡大すると、賃金を3倍にして従業員を働かせるとともに、「値上げしない宣言」をした。 同社の責任者は、「当社は旧暦の1月2日からマスクの生産を開始し、医療用マスクの製造ライン2本を毎日2交替で稼働させ、1日に大体10万枚を生産している。 しかし感染の影響により、当社では現在、実際に現場で働く従業員は通常の70%にとどまり、賃金が上昇し、コストも上昇しながら、マスクの価格を引き上げるわけにはいかず、生産に圧力がかかっている」と明かした。 マスク不足は政府による生産能力の統一的調整配置とも関係があり、資源が相対的に不足している場合、第一線の医療関係者と感染が深刻な地域への供給が優先的に保障される。 欧潔公司の関係責任者は、「当社が生産するマスクの90%は地方政府の統一的調達の対象となっており、主にマスクを最も必要とするところに届けられている。 現在のような特別な時期における供給方法は市場に出回る量を大幅に減少させる」と説明した。 医療防護用品メーカーを最も制約するのは、なんと言っても原材料不足だ。 多くの企業と同様、河南省戈爾医療機械有限公司はマスク原材料の深刻な不足に陥った。 同社の関係責任者は、「当社の生産ラインは半負荷での稼働も保障できず、一時は稼働が停止した。 旧暦の大晦日(1月24日)の夜には、原材料を使い果たし、元日は稼働停止にするしかなく、材料が届いてやっと再稼働できた。 原材料不足に続いてやって来たのは原材料価格の上昇で、マスクの価格が据え置かれる中、多くの企業は『採算割れでの生産』を余儀なくされている。 しかし企業が最も頭を悩ませるのは上昇する原材料価格ではない」と話す。 欧潔公司の匿名の責任者は、「原材料価格が少しくらい高くても大丈夫で、感染流行中には企業も社会的責任を果たさなければならないと考える。 しかし今は防護用品や消毒用品を製造するための各種原材料や、さらにはパッケージ材料さえも省外のメーカーには販売されず、これまで順調だった産業の供給チェーンが遮断され、生産効率も供給効率も大幅に低下し、市場のニーズに応えることができなくなっている」と話した。 現在、省・自治区・直轄市によって医療防護用品の生産能力には開きがあり、生産能力は高いが原材料は外部頼みというところもあれば、原材料の生産量は多いが完成品を大規模に生産する能力はないということろもある。 省・区・市をまたがった管理コントロールが行われれば、大規模生産の能力を備えた企業が原材料を使い果たし、頑張りたいと思いながらもその気持ちを支えるものがない状態に陥り、市場の供給がさらに逼迫することになる。 こうした状況に対し、複数の防護用品メーカーが、「非常時には地域間の物資の流動を推進・加速し、供給チェーンの整備とスムーズな流れを維持し、効率の高い生産供給システムを形成することが必要だ」と呼びかける。 (編集KS) 「人民網日本語版」2020年2月4日.

次の