うぶ か た 皮膚 科。 皮膚トラブルは鴻巣、北本、加須の皮膚科、第一さくらい医院

札幌市厚別区の一般・美容皮膚科 いなむら皮ふ科医院

うぶ か た 皮膚 科

5月7日(木)より、通常通り診療いたします。 翌日、1月6日(月)より、通常通り診療いたします。 ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承ください。 翌日10月23日(水)は休診日の為、 10月24日(木)より、通常通り診療いたします。 ご迷惑をお掛けいたしますがご了承ください。 9月6日(金)午後から通常通り院長が診察いたします。 ご迷惑をお掛けいたしますがご了承ください。 8月15日(木)より、通常通り診療いたします。 ご迷惑をお掛けいたしますがご了承ください。 なお、 5月2日(木)は通常通り診療いたします。 ご迷惑をお掛けいたしますがご了承ください。 院長 稲村 圭一 医療にたずさわる者が最優先に配慮すべきことは、患者様の安全だと考えております。 それを確実に満たした上で、治療がうまくいくように導いていくことが医療従事者の役割といえるでしょう。 当院では、薬の投与だけではなく、レーザー治療、イオン導入や、レーザーピーリング、そして化粧品指導までお肌におけるありとあらゆるトラブルにも対応できるよう万全を期しております。 患者様の症状が良くなることによって、私達いなむら皮膚科職員一同は、患者様の喜びを自分の喜びとし、日々邁進している所存でございます。 経 歴 札幌東高校卒業、1984年北里大学医学部卒業。 皮膚科学教室入局、東京都老人医療センター、北里大学皮膚科、上村病院皮膚科医長 勤務 1990年 いなむら皮膚科医院 開院 当院は「患者様に支持される医院であること」をモットーに、開院から丸20年を迎えました。 いろいろな病院に行ったけれどもなかなか改善されない、それでも何とか治したいという患者様に対して、可能性のあくなき探求というのが当院の基本姿勢です。 あざや傷あと、シミやニキビ、しわなど、つねに最新のレーザー機器や治療法を導入し、診療にあたっています。 最近では、これまで既存のレーザーでは除去できなかった、薄いシミなどの治療を可能とする高性能・多目的最先端レーザーシステム「レーザートーニング」を導入し、より一層患者様のご要望にお応えできるよう努めております。 また独自の薬の研究開発を行っており、なかなか治りにくい踵などの硬くなった水虫、爪の水虫の改善に効果的な軟膏が評判です。 このほか最近話題の高濃度ビタミン注射(カクテル注射)も好評です。 経口での栄養・ビタミン補給に比べ、注射で血液中から直接に全身に届けるため、より効果的に体内に吸収されます。 美肌効果や皮膚の健康維持に「ビタミン注射」、疲労回復に「にんにく注射」、美白作用に有効な「グルタチオン注射」、更年期の症状などには「プラセンタ注射」があります。 あわせてシワを取るためのボトックス注射やヒアルロン酸注入など、あらゆる肌トラブルを内面と外面から改善するプラセンタ療法なども行っております。 一般診療、美容診療ともに患者様の安全と治療の成功を第一に、新しく良質な医療の提供を行えるよう邁進しております。

次の

皮膚科の病院・クリニック 13,784件 【病院なび】

うぶ か た 皮膚 科

新型コロナウィルス感染症に対する注意点• 発熱やせき・倦怠感などの体調不良がある方は待合室の利用ができません。 コロナウィルスによる感染を疑われ経過観察中の方は受診をお控えください。 待合室ではできるだけマスク着用をし、他の患者さんと距離を置いてお待ちください。 医院の入口で、手指のアルコール消毒のご協力をお願いします。 当院での対応• 空気清浄器を設置しています。 入口自動ドア・待合室の窓等を定期的に開放し、換気を十分行っています。 午前と午後の診察前に、患者様の触れやすい場所はアルコール消毒をしています。 職員の手指の洗浄およびアルコール消毒は徹底しています。 キッズスペースの備品を一時的に撤去しています。 職員の検温、健康管理は毎日行っています。 お知らせ• 第4土曜日のみ、受付時間が9:00~13:00となりました。 埼玉県鴻巣市の皮膚科クリニック「第一さくらい医院」です。 診察の予約について 水・土曜日は予約制です(初心の方も予約可能)。 1週間前より受付しますので電話または受付にてご予約下さい。 当日ご予約なしで来院された場合は予約の方を優先させていただきます。 月・火・金曜日は予約不要です。 当院は診察予約を10分ごとにとっていますが、予約時間はあくまでも目安の時間です。 初診の患者さん・検査や処置が多い日は、おひとりずつの診察に時間がかかりますので、目安の時間より遅れてしまう場合もあります。 予約制は少しでも患者さんの待ち時間を少なくするための対策ですので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。 第一さくらい医院 皮膚科 鴻巣院の5つの特長! POINT1 あらゆる皮膚トラブルに対応させていただいています! POINT2 医師がやさしく、話をよく聞いてくれると鴻巣エリアで評判の皮膚科です! POINT3 鴻巣エリアの皮膚科として医療脱毛、シミ取り治療を行っている数少ない皮膚科クリニックです ! POINT4 お子様が遊べるキッズスペースが充実しています! POINT5 保険診療・自費診療を問わず、お支払いにクレジットカードがご利用いただけます! 医療機関情報 院長名 医療法人櫻樹会 第一さくらい医院 診療科目 皮膚科,美容皮膚科 専門外来 診療科目の説明、特記事項など 郵便番号 〒365-0038 所在地 埼玉県鴻巣市本町3丁目10-34 電話番号 048-543-0022 FAX番号 連絡方法 お電話にてお問い合わせください。 【休診日】木曜・日曜・祝日 診療時間 時間外における対応 診療予約など 水・土曜は予約制にて診療いたします。 予約優先となりますので、電話もしくは受付にてご予約下さい。 当日予約なしで来院された場合は、予約の方を優先させていただきます。 待ち時間について その他.

次の

クリニック案内

うぶ か た 皮膚 科

花粉が多い時期、鼻水やくしゃみだけでなく、肌が乾燥したり、かゆくなったりなんていう肌トラブルを感じることってありませんか? 実はそれ、「花粉症皮膚炎」という症状なのかも。 そこで今回は、働く女性に、花粉の季節に起こる肌トラブルについてアンケート調査。 さらに、花粉症皮膚炎の症状や対策を、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に教えてもらいました。 花粉の時期になると、肌トラブルを感じることはありますか? まずは、花粉の時期に肌の不調を感じるかどうかをアンケートで聞いてみたところ、約3割の人が感じたことがあるという結果に。 具体的な症状は? 目の周辺と鼻が気になる…… ・「鼻をかみすぎて、鼻の頭がひび割れて出血する」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系) ・「かゆくてかいてしまい、目のまわりがごわごわになる」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職) 目のまわりと鼻が、かゆい&痛くなるという意見が多数。 目をこすったり、鼻をかむことによって、摩擦で肌が傷ついてしまっていることが考えられそうです。 乾燥で肌がガサガサ…… ・「乾燥がひどくなり、粉を吹いたようになる」(27歳/建設・土木/事務系専門職) ・「乾燥で皮膚がはがれたり、かゆくなった」(31歳/情報・IT/技術職) 顔全体、また部分的に、かさつきや乾燥を感じている人も多かったです。 冬に続き、保湿は徹底したほうがよさそう。 化粧水がヒリヒリしみる! ・「いつも使っている化粧品が、突然ヒリヒリしだして、痛くなったりかゆくなったりする」(31歳/建設・土木/事務系専門職) ・「花粉の季節に、肌が敏感になって化粧水が合わなくなることがある」(25歳/医療・福祉/専門職) なかには、スキンケアをするのもひと苦労……という人もいるようです。 しみるだけでなく、化粧水が肌に浸透しなくなるという声も聞こえました。 「花粉症皮膚炎」という言葉を知っていますか? 次に、「花粉症皮膚炎」という言葉を知っているか聞いてみた結果、約9割の人が知らないとのこと。 花粉による肌トラブルを感じている人でも、それがなぜなのかは知らない人が多いみたい。 症状の原因がわかれば、対処方法も見えてくるかもしれません。 <皮膚科医に聞く、花粉症皮膚炎の特徴と対策法> そこで渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に、花粉症皮膚炎の特徴と対策法を教えてもらいました。 鼻や目のかゆみが出ず、花粉症という自覚がない人でも、花粉が原因で肌が荒れることがあります。 症状としては、主に、顔や首など、肌が露出している部分がかゆくなります。 特に、目のまわりや首のかゆみには注意が必要です。 皮膚が薄い部分なので、かゆいからといってかいてしまうと、色素沈着が起きて黒ずみが残ってしまいます。 なかには、乾燥がひどく肌がガサガサになったり、かゆみや赤みは出ないけれど、皮がむけてしまうという人も。 皮脂が少なく乾燥している部分に症状が出やすくなるので、保湿を心がけることも効果的です。 ただし、対策はできても、症状が出てしまったらセルフスキンケアだけで治すのは困難。 もし肌に異変を感じたら、早めに皮膚科で治療を受けることをおすすめします。 また、かゆくてもかきむしらないように注意してください。 かいてしまうと、治るのにも時間がかかってしまうし、傷や黒ずみなど、肌の二次トラブルになりかねません。 キレイに治すためにも、かゆくても触らないようにして、皮膚科を受診しましょう」 <さいごに> 花粉が原因の肌トラブルは誰にでも起こる可能性があることにびっくり。 しかも、赤くなる、かゆくなる、乾燥するなど、症状はさまざま。 「わたしは花粉症じゃないから」と安心している人も、花粉の時期は特に、肌の変化に気をつけていたほうがよさそうですね。 そして、症状が見られたら迷わず皮膚科へ。 正しい処方をしてもらい、美しい肌を取り戻しましょう! 吉田貴子先生 皮膚科・美容皮膚科医。 2004年に渋谷スキンクリニックを開業。 一般皮膚科と美容皮膚科を開設し、あらゆる肌の悩みに向き合っている。 なかでもニキビ治療を得意とする。 また、肌トラブルだけでなく、ダイエットやアンチエイジング、発毛治療など、美容にまつわるさまざまな悩みに対応してくれる。 テレビや雑誌などのメディアでも活躍中。 予めご了承ください いよいよ12月に入り、今年も残すところあとわずか……。 寒さと気ぜわしさで、心も体もガチガチになっていませんか? 第23回の今日は、体をのびのびと広げることで、足のむくみや冷えまで緩和する「ピラミッドのポーズ」を紹介します。 その名の通り、開脚しながら前屈を行い、ピラミッドのような三角形をつくることで、日ごろあまり使わない、足の裏側の筋肉を伸ばします。 このストレッチ効果によって、滞りやすい血液やリンパの流れを促進し、足のむくみや冷えの緩和にも効果を発揮! また、ポーズの仕上げに両手を組み、頭上に引き上げることで肩甲骨まわりがほぐれ、肩こりのケアにも役立ちます。 心地よい刺激を楽しみながら、深い呼吸と一緒に、寒さと疲れで縮こまった体を大きく広げるようなイメージでポーズを行いましょう。 両手を腰に置き、背筋を伸ばしつつ、両足の裏をしっかりと床に根付かせる。 (2)背筋をまっすぐに保ったまま、息を吐きながら、腰の辺りから上半身を前に倒す。 (3)足裏で床を踏みしめ、座骨を天井に持ち上げながら頭頂は床の方向に。 頭の重さを感じながら、首の力を抜く。 (4)両手を背中で組み、肩甲骨を寄せながら天井方向に引き上げる。 このままの姿勢で3~5呼吸キープ。 ポーズを解くときは、両手を腰に戻し、頭が最後に持ち上がるようにゆっくりと上体を戻して、ひと息リラックス。 かかとから親指の付け根まで均等に、足の裏全体で床を踏みしめましょう。 年の瀬の慌ただしい時期だからこそ、ヨガでメンテナンスを行いながら、心機一転、新しい年を向かえる準備をはじめましょう! (監修・文:村上華子、撮影:masaco).

次の