食パン オリーブ オイル。 パンとオリーブオイル

ホームベーカリーの食パン(オリーブオイル使用)のレシピ :HBK

食パン オリーブ オイル

オリーブオイル研究所の所員としては、これが少々不満であった。 そこで・・・ 今回はバターの代わりに オリーブオイル で 食パン を焼いてみた。 マニュアルというのは実によく出来ていて、素人が考えるような疑問にはたいがい答えてくれる。 「人に聞く前に、まずは説明書を 読め 」 と、うちの所長もよく言う。 読まずに聞いて、何度お小言をくらったことか・・ 私もかつては「 取扱説明書 」「 マニュアル」といったシロモノは敬遠しがちであったが、この研究をしているうちにその偉大さが良くわかった。 参照 ふむふむ、 バター の役割とは・・ 「風味をよくし、やわらかくしっとりとした パン に仕上げます」 なるほど。 でも、もっと詳しく知りたいので、ここは研究員らしく手当たり次第に調べてみる。 そもそも パン には油脂が不可欠なのか。 いやそうではないだろう。。 たとえば フランスパン の原材料には、ショートニングや バター などの油脂が含まれていない。 すると、油脂の役割とはパンを ふっくら させることなのか。 おお! ホームベーカリーの偉大な マニュアルにも大きなヒントがあった。 それは、「 フランスパン 風 メニュー」なるもの。 バター が入っているので「風」としたわけか。 どれどれ・・バターの量が極端に少ない。 普通の 食パン メニューに比べて5分の1。 スイートパン メニューと比較すると、なんと7分の1しか バター が含まれない! おおお!そういえば、ずーっと前にこの「 フランスパン 風 」で焼いた パン が、焼きあがった後にケースから取り出せなくて苦労したっけ。 これも生地の固さによるものと考えられる。 専門家の方々の書かれたものを読むと、 パン における油脂の役割はおおよそ以下のようだ。 1 風味 を良くし、コクを出す 2 グルテンの潤滑油となって伸びを良くする 3 薄い膜を作って水分やガスを逃がさない 2や3の効果で、 ふっくら とやわらかく、さっくりと軽く仕上がり、なおかつ パン の老化を防ぐらしい。 油脂の役割って偉大なのね〜〜 でも調べていたら無償に パン が食べたくなってしまった。 グ〜〜 よし!早速、 ホームベーカリーで オリーブオイル入りの 食パン を作るというミッションを始めよう。 指定された材料以外を機械に投入するのは、いつもながら少々不安だが。。 スイートパン メニューの、バターの分量のみを オリーブオイルに換える。 ポチっと・・・ 練りはどうだろう・・・ンゴンゴ、、と動き出す。 うん、大丈夫、ちゃんと粉と混ざっているわ。 発酵は・・うーん、ちょっとふくらみが少ないのかしら。。 焼き上がりは・・ちょっと色がうすいかな、でもまずまずの出来ね。 ピピー 、ピピー!! とりあえずちゃんと 食パン に仕上がっている姿に安心して、手にミトンをはめてケースを逆さにし取り出そうとすると・・ あら・・?くっついてる。 底の羽の部分に生地がくっついて逆さにしても落ちてこないのだ。 でも、 フランスパン 風 メニューの時ほどではなく、菜ばしをパンのふちに沿って差し込み、底をちょっとだけ押してやるとポコっと落ちた。 ちゃんと焼けてないのかしら・・と思ったが、スライスしてみると、綺麗に焼けている。 おまけに、ナイフを入れた感触が柔らかい。 焼き色を薄めに設定したせいもあるが、 バター 入りの時とは比べものにならないほど ふわふわだ。 う、嬉しい・・!! しかも、もっちり感と多少のコシもある。 今回は、 バター 以外は普通の スイートパン の材料なので、上新粉は入っていないのに、だ。 この点、 オリーブオイルは十分に柔らかさ、しっとり感を演出する役目は果たしていたと考えてよいだろう。 問題は風味。 パン が焼きあがるときの、あの香ばしい香りが無いのだ。 バター の風味、香りは パン には不可欠なのか。 ちぎって匂いをかいでみると、青草のような香りがする。 「所長、これって何の香りでしょうか?」 「うん?どれ・・あぁ、これは オリーブオイルの香りじゃないか」 あ、そうか! 使用したのは、研究員御用達で常用している、 オリタリア の エクストラバージンオイル だ。 このオイルは、そんなに強い香りを持っているわけではないが、 パン に練り込められるとその匂いの特質が残るのだろうか。 ということは、別のオイルを使えば、その オリーブオイル特有の香りのする パン になるというわけだ。 これは面白い。 口に入れると、心地よいもっちり感もあり、小麦粉の美味しさも味わえる。 バター を入れるより、粉の味がはっきりわかるかも知れない。 素朴といえば、素朴な パン。 しかし、あっさりしていて食事にはもってこいかも知れない。 強力粉と オリーブオイルを換えれば、いろいろな味わいの 食パン が楽しめそうだ。 ふふっ・・また楽しみが増えたわ。 それにしても、恐るべし ホームベーカリー !! 「所長、この残った 食パン 、トーストの味も確かめてみたいんですけど・・」 「好きにしたまえ。 まだお腹が空いているんだろう。 私の分も食べていいぞ」 いや、そういうわけじゃないんだけど。。 ホームベーカリーで焼いた パン をトーストすると、サクッと香ばしくて美味しいからねー オリーブオイル入りのパンはどうかな、食べてみたいなって。 やっぱりお腹空いてるかも・・ オリーブオイル入り 食パン バター入りと比べても遜色なく、美味しそうなクリーム色に焼きあがっている。 生地の伸びも良い。 オリタリア エクストラバージンオイル の紹介は 今回使用した強力粉 日清製粉の、パン専用小麦粉。 スーパーで手に入り、味も柔らかさもバランスの良い パンが手軽に焼ける。

次の

【食パンのおいしい食べ方】バターかオリーブオイルで簡単にお店のように焼くコツ

食パン オリーブ オイル

HBオリーブオイル食パン 食パン。 ホームベーカリーを導入してから毎日おいしく安くヘルシーなパンが焼けて大活躍。 今回は牛乳とバターを使わず、水とオリーブオイルで焼いた外はパリパリなフランスパンみたいな食パンにしてみました。 ホームベーカリーに材料セットしてスイッチONするだけで失敗なし• フランスパンモードでドライイーストを半分にカット• ドン・キホーテで買える国産中力粉を使うことで大幅コストダウンを実現 それでは、 の簡単・安い・美味しい痩せるレシピをご紹介します。 港区芝浦IT社長こと田中啓之の著書、ほぼ自炊だけで50kg減量した私のダイエットレシピはKADOKAWAより全国書店やAmazonなどで発売中です。 本にはブログに公開していないレシピやダイエットの話も盛りだくさん。 ぜひ手に取って食べたいけど痩せたい時、参考になれば嬉しいです。 オリーブオイル食パンの簡単レシピ 食材費49円で1斤。 8枚切り1枚あたり6円。 牛乳とバターという乳製品を不使用でもしっかり美味しいパンが焼けます。 小麦粉の風味とオリーブオイルの風味がマッチ。 外はパリッとしたフランスパン風に仕上がります。 材料(4食分)• 塩 5g• 砂糖 13g• エキストラバージンオリーブオイル 10g 24円• ドライイースト 1. 4g 作り方• ホームベーカリーに材料をセットしてフランスパンモードで焼けば完成。 外はパリパリなフランスパン風。 中はもっちり、ほんのりオリーブオイルの風味。 我が家は半分にして10枚切りにする20枚切りにするのがデフォ。 半分にカット。 10枚切り。 厚め、薄め、家族の好みにあわせ両方楽しめるように厚みは適当です。 薄切りの方がダイエットに良いのは、• 食べやすい• 食べ過ぎ防止になる• 冷凍した後にトーストしても中が冷たいことがない という3つの理由があるのですが、その切り方と理由の詳細、パンで食費をコストダウンする方法、美味しい食べ方についてまとめてみました。 なぜ食パン20枚切りで冷凍保存すると食費と体重が下がったのか?詳細がこちら。 コストダウンする方法• 粉は国産中力粉が1㎏98円でドン・キホーテで買える• フランスパンモードで焼くとドライイーストは半量で済む 美味しく作るコツ• 美味しいオリーブオイルを使う オリーブオイルは偽物もある?本物はどれか? オリーブオイルっていつから日本人にも馴染みでたかな?ちょっと前まではドレッシング作る時に基本はサラダ油、中華風ならごま油とかばっかでしたが、美味しいエキストラヴァージンオリーブオイルで慣れてしまうと、サラダ油の味はのっぺり平坦で香りが無くて物足りない印象に。 そんな日本人の市民権を得たオリーブオイル。 実は 日本に出回っているものが8割以上も偽物オリーブオイルだった、という衝撃な情報があります。 オリーブオイルの8割は偽物ってホント?• オリーブオイルの何が偽物でどれが本物なの?見分け方とは?• 本物と偽物のオリーブオイル、値段だけじゃなく味も栄養も違うの? 偽物オリーブオイルを掴まされないように、 本当に美味しくて健康的なオリーブオイルの選び方を調べてみましたのでご紹介します。 外はパリッと中はもっちりなフランスパン風の食パン。 何もつけずに食べても美味しい小麦粉の風味が生きた食パンです。 オリーブオイル入りなので美味しいエキストラバージンオリーブオイルをつけて食べると格別です。 一番のお気に入りは、このパクチー&ガーリックのアンチョビソース。 無限に食べれそうなほど合いますw なお、オリーブオイルをココナッツオイルにして作っても美味しかったです。 逆にミルキーな食パンはこれ。 オリーブオイルなしで焼けば最安の30円未満の食パンも作れます。 まとめ 「バター牛乳不使用【1斤49円】オリーブオイル食パンの作り方」ということで、今回は牛乳とバターを使わず、水とオリーブオイルで焼いた外はパリパリなフランスパンみたいな食パンにしてみました。 ホームベーカリーに材料セットしてスイッチONするだけで失敗なし• フランスパンモードでドライイーストを半分にカット• ドン・キホーテで買える国産中力粉を使うことで大幅コストダウンを実現 食材費49円で1斤。 8枚切り1枚あたり6円。 牛乳とバターという乳製品を不使用でもしっかり美味しいパンが焼けます。 小麦粉の風味とオリーブオイルの風味がマッチ。 外はパリッとしたフランスパン風に仕上がります。 ホームベーカリーおすすめ 食パン。 ホームベーカリーを導入してから毎日おいしく安くヘルシーなパンが焼けて大活躍。 毎日焼くほど食費が下がり、すぐに元が取れます。 おすすめはPanasonic。 ツインバードは安いのに焼き芋がやたら美味しく焼けるため、焼き芋専用として活躍中。 冷凍焼き芋にすると夏も美味しい。 を眺めても、うどん、餅、焼き芋、そしてパンとホームベーカリーの稼働率はかなり高め。 手入れも簡単だから食費コストダウンしたい場合は導入推奨。 節約したければ小麦を食え 小麦というと小麦粉になりますが、小麦粉にもいろんなタイプがあります。 一番定番なのが薄力粉。 そして強力粉。 その間の中力粉やフランスパンで使う準強力粉などタンパク質の含有量によって分別されますが、基本的に精製された白い小麦粉は大麦と違って食物繊維が少なく糖質は高いです。 押し麦もコスパ良いのですが、ダイエット中でなくとにかく食費を下げたいならば小麦粉が最強です。 痩せたければ大麦を食え 大麦というと代表的なものは押し麦です。 もち麦なども同じく大麦に分類されます。 小麦と違ってグルテンがなく、豊富な食物繊維が含まれている健康食材として最近ではむしろお米より高いぐらい。 ちなみにビールの麦も大麦でビール大麦(二条大麦)を使っています。 麦茶の麦も大麦で六条麦茶などが有名。 をご覧のとおり、1㎏98円の中力粉をドン・キホーテでゲットできたら恐ろしいほど食費は下がります。 パンを食べたいけど痩せたい、という場合は運動を増やすか量を減らせばOK。 フォロー&最新情報はこちら 今後も美味しく簡単で安上がりなレシピやダイエット情報を更新します。 港区芝浦IT社長ブログにご興味ありましたら ・ ・して更新情報をお受け取りくださいね。 もちろん、 お友達や知り合いに紹介・シェアも歓迎です。 レシピ本の無料ダウンロードはこちら まずは無料ダウンロードからお気軽にどうぞ。 体重と食費を落とす自炊ダイエット本が出ました• 無理すると必ずしわ寄せが自分に返ってくる• 多少増減があっても気にせず継続が命• 人は気にしない、自分との勝負 港区芝浦IT社長こと田中啓之の著書、ほぼ自炊だけで50kg減量した私のダイエットレシピはKADOKAWAより全国書店やAmazonなどで発売中です。 本には ブログに公開していないレシピやダイエットの話も盛りだくさん。 ぜひ手に取って食べたいけど痩せたい時、参考になれば嬉しいです。

次の

バター牛乳不使用【1斤49円】オリーブオイル食パンの作り方

食パン オリーブ オイル

ゆうきです。 今回は食パンにマーガリンやオリーブオイルを塗って食べると血糖値はどうなるのか?そういうテーマです。 前回の動画で食パンを食べると何もつけなくても血糖値がすごく上がったんですよ。 白米100gを食べた時と比較してもすごく血糖値が上がりました。 これを今回の検証で食パンでも血糖値血が上がらない方法を考えてみたいと思います。 カナダのトロント大学の研究によってパンにキャノーラ油を混ぜると血糖値コントロールが改善することが分かっています。 でも実際はパンにキャノーラ油を混ぜたりつけたりする人って少ないと思います。 じゃあパンにつける頻度の高い「マーガリン」とか「オリーブオイル」これをつけるとどうだろうと思ったのが今回の実験の動機になっています。 以前、ご飯と一緒にオリーブオイルで焼いた目玉焼きを一緒に食べると血糖値を抑える事に成功しましたが、おそらく今回も血糖値を抑えられるんじゃないかなーと思っています。 ======== まずマーガリンから行きましょう。 マーガリンはコチラを使っています。 雪印メグミルクのバター仕立てのマーガリンです。 こちらは15%はバターになっています。 成分はこんな感じです。 10g中の脂質は8. 1g、炭水化物は0. 1gなのでほとんど脂質です。 前回と食パンのグラム数が同じになるように53gに合わせてマーガリンを10g塗りました。 なので合計63gですね。 ======= 血糖値測定の様子は動画で! ======= これが何も塗っていない食パンとマーガリンを塗った食パンの血糖値の違いです。 ブルーラインが何も塗っていない食パンですね。 食パンのみは血糖値の上昇幅は68、マーガリンを塗ると上昇幅は51.何も塗っていない時に比べてマーガリンを塗ると血糖値の山がなだらかになっていますね。 下降の方も緩やかになっています。 ======== 次にオリーブオイルにつけながら食べていきます。 オリーブオイルはマーガリンと同じ10g使用します。 オリーブオイルは10g中10gが脂質となっています。 これに一つまみの塩を入れました。 パンの質量は焼いた状態で53gに合わせています。 オリーブオイルすごいですね。 かなり血糖値を抑えてくれています。 上昇幅は26です。 マーガリンの半分です。 オリーブオイルが一番血糖値を抑えられて、次にマーガリン、一番血糖値が上がるのが何もつけずにそのままの食パンでした。 ちょっとコレだと見づらかったので初めの基準点を合わせてみました。 こんな感じで何もつけていない食パンは血糖値の上昇は群を抜いていますね。 これは、ご飯の時も同じような事が言えました。 ご飯だけではなく、1品何かを付ける。 このように工夫すると血糖値が抑えられるんです。 脂質についてはやはり血糖値を抑えてくれますね。 脂質と言うのは栄養素の中でもカロリーが抜群に高いです。 糖質は1gあたり4キロカロリーですが脂質は9キロカロリーです。 糖質の倍以上のカロリーがあります。 カロリー信者になってしまうと何もつけないで食べるという選択肢を取ってしまいそうですが、血糖値的にはオリーブオイルをつけたほうが良いことが分かりました。 もちろん、脂質を摂ればとるほど良いというわけではないですよ。 揚げ物なんかは衣に糖質が含まれているので血糖値が抑えられなかったり、脂質の摂り過ぎは脂質異常症などの疾患にかかるリスクも上げてしまいますので脂質は適度にとる事が肝心になってきます。 そしてマーガリンはトランス脂肪酸などの体に良しとされない脂質が含まれていたりとマイナス面もあるので、油の質も大切です。 そういったものも気を付けながら摂取していくと血糖値をコントロールしながら健康的な食事ができるのかなと思います。 はいということで今回は以上になります。

次の