ハク cm 女優。 アレジオンCM(2018年)の女優は誰?出演女性の名前やプロフィールを調べた!

ハリス 「イ・デハク、これからは女優として勝負すべき」│韓国音楽K

ハク cm 女優

資生堂マキアージュ歴代CMモデルまとめ 資生堂マキアージュは女性に大人気の化粧品ですよね。 20代から40代までの幅広い女性に大人気で、CMもその当時大人気の綺麗な女性を起用しています。 今回はその中でも大人気だった女優やモデルをピックアップしました。 「蛯原友里」 2005年から2009年までマキアージュのモデルとして活躍。 エビちゃんのようになりたいと多くの人が買いに走ったという現象が起きています。 1979年10月3日生まれの宮崎県宮崎郡土原町出身のファッションモデル。 大学時代にデパートのチラシのファッションモデルのアルバイトをしていました。 その後、モデルを目指しゴールドキウイのオーディションでグランプリを獲得しています。 その後はファッション雑誌の専属モデルとして活躍しています。 「エビちゃんOL」という言葉が生まれるくらい大人気で、女子大生やOLから絶大な人気がありました。 私生活ではリップスライムのイルマリさんとご結婚し、お子さんもいらっしゃいます。 現在でもファッション雑誌の専属モデルとして活躍中です。 「篠原涼子」 2005年から2009年までマキアージュのモデルとして活躍。 綺麗な姿に憧れる女性が多く存在していました。 1973年8月13日生まれの群馬県桐生市出身の女優・歌手。 オーディションに合格したことで芸能界入りしました。 その後はアイドルグループの一員として活動し、ソロでのミリオン歌手としても知られています。 最近では、女優業をメインに活躍しています。 主役級の女優として、とても大人気な女優です。 私生活では、市川正親さんとご結婚されお子さんもいらっしゃいます。 お子さんが生まれてからも第一線でがんばっている女優です。 「伊藤美咲」 2005年から2008年の冬までマキアージュのモデルとして活躍。 とても綺麗な女性だと話題にもなり、大人気のモデルでした。 切れ長の目が印象的でした。 1997年5月26日生まれの福島県いわき市出身の女優・タレント・モデル。 ビール会社のイメージガールをつとめ、ファッション雑誌の専属モデルとしても活躍しました。 また映画やドラマにもたくさん出演されています。 最近はあまりメディアに出演はしていませんが、相変わらず女性に大人気のモデルです。 私生活では一般男性とご結婚し、おこさんもいらっしゃいます。 スポンサーリンク 「栗山千明」 2005年秋から2008年冬までマキアージュのモデルとして活躍。 とても目が大きくかわいらしい感じがして人気がありました。 1984年10月10日生まれの茨城県土浦市出身の女優・モデル・タレント・歌手。 子役のころから雑誌のファッションモデルとして活躍していました。 モデルになるのが夢でしたが、身長が足りなかったため断念し、その後は女優をメインに活躍しています。 映画を中心に活躍してましたが、最近ではドラマへも出演するようになりました。 日本だけでなく、ハリウッド映画の声優にも挑戦するなど国際的にも活躍する女優です。 「杏」 2007年から2008年の冬までマキアージュのモデルとして活躍。 とても綺麗で華麗な雰囲気を醸しだしていました。 1986年4月14日生まれの東京都出身の女優・ファッションモデル。 ファッション雑誌の専属モデルとして活動をはじめ、そのあと女優として活躍しています。 パリコレにも出演したことがあり、世界的にも有名なモデルとして活動しています。 現在は俳優の東出昌大さんとご結婚し、双子を出産しました。 「土屋アンナ」 2009年にマキアージュのモデルとして活躍。 短い間でしたが、存在感は抜群でした。 1984年3月11日生まれの東京都出身のファッションモデル・歌手・女優。 ファッション雑誌の専属モデルとして活躍し、その後ロックバンドのボーカルとして活動しました。 映画に主演したことをきっかけに一躍有名となり、その後は映画やドラマ、ファッション雑誌で活躍しています。 私生活では結婚と離婚を繰り返し、それぞれの人のときに出産をしています。 最近では3人目のご主人との間にお子さんが誕生しました。 「上野樹里」 2009年にマキアージュのモデルとして活躍。 綺麗というよりはかわいらしいモデルさんでした。 1986年5月25日生まれの兵庫県加古川市出身の女優。 イメージガールとして芸能界入りし、その女優として活躍しています。 NHK連続テレビ小説「てるてる家族」に出演したことで有名となりました。 主役級のドラマ出演が多く、男性からだけでなく女性からも人気があります。 私生活では、TRICERATOPSのボーカリスト・和田唱さんとご結婚されました。 義理の母は平野レミさんです。 「ICONIQ」 2010年にマキアージュのモデルとして活躍。 綺麗な人で凛とした美しさがありました。 1984年8月25日生まれの鳥取県鳥取市出身の女優・歌手。 伊藤ゆみさんとしても活躍しています。 在日韓国人三世としてもしられ、アユミという名で韓国のアイドルグループとしてデビューしました。 ソロの歌手として活動し、伊藤ゆみという名前に変えて日本で女優をしていました。 その後はICONIQに名前を変え再デビューしています。 「後藤久美子」 2012年から2013年までマキアージュのモデルとして活躍。 さすが国民的美少女といわれるだけあって、とっても美しかったです。 1974年3月26日生まれの東京都杉並区出身のモデル・タレント。 小学生のときからモデルを始め、その後女優デビューをしています。 「国民的美少女」として美少女ブームに火をつけたさきがけです。 その後はたくさんの映画やドラマに出演しています。 私生活ではフランス人F1レーサーのジャン・アレジと事実婚ですがご結婚しています。 お子さんもいらっしゃって、三人のママとしてもがんばっています。 「武井咲」 2011年から2013年までマキアージュのモデルとして活躍。 若さが初々しくとても可愛らしかったです。 1993年12月25日生まれの愛知県名古屋市港区出身の女優・タレント・ファッションモデル。 全日本国民的美少女コンテストに応募し、賞を獲得したことにより芸能界入りしました。 雑誌の専属モデルとしてデビューし、その後はモデルだけでなく女優としても活動しています。 女優としては最近では主役をつとめるなど、これからが楽しみな女優です。 「満島ひかり」 2014年の春にマキアージュのモデルとして活躍。 とても色気のあるメイクをしていて素敵でした。 1985年11月30日生まれの沖縄県沖縄市出身の女優・タレント。 Folderの一員としてCDデビューしたことで芸能界入りしました。 その後子役として女優デビューし、女優業を中心に活躍しています。 主演を務めた映画の監督「石井裕也」さんとご結婚されましたが、離婚しシングルになっています。 「水原希子」 2014年1月からCMモデルとして活躍。 1990年10月15日生まれのアメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のファッションモデル・女優。 アメリカ人と韓国人のハーフです。 神戸で育ち、ファッション雑誌の専属モデルとして活躍しています。 海外を拠点にするモデルを目指してましたが、身長が足りないこともあり挫折しその後は日本を拠点にファッション雑誌のモデルや女優として活躍しています。 最近では女優としても注目されています。 さすがファッションモデルということもあり、かっこいいメイクが似合ってますよね。 「長谷川潤」 2014年冬からCMモデルとして活躍。 1986年6月5日生まれのアメリカ合衆国出身のファッションモデル・タレント。 ハワイで育ち日本に移りモデルとして活躍しています。 雑誌のオーディションを受け、専属モデルとして活躍しました。 幅の広いジャンルのスタイルを着こなすことができるモデルです。 同世代からもとっても人気があり、ファッションモデルとしてだけでなくタレントとしてもテレビに出演しています。 「白石麻衣」 2018年マキアージュ・ドラマティックパウダリーに出演しているのは「乃木坂46」の白石麻衣さん。 1992年8月20日生まれ。 アイドルでありながら、ファッションモデルとしても活躍中。

次の

アレジオンCM(2018年)の女優は誰?出演女性の名前やプロフィールを調べた!

ハク cm 女優

様々な災害時に役立つ東京電力の公式スマホアプリ「TEPCO速報」。 そのウェブCMがジワジワと話題になっています。 TEPCO速報のCMはいくつかあり、どれもバラエティに富んだ演出になっています。 その中には「似ていない父娘篇」というものがあり、父親と娘の心の感情を表わしているCMがあります。 CM自体もほっこりする内容でとても良いのですが、それよりも 出演している女優さんがとてもかわいいことに目が行ってしまいますw 一体このCMに出演している女優さんは誰なのでしょうか? ツイッターやYouTubeのコメントでもこの女優は誰だ?となっているので、僕以外にも気になっている人は多そうです。 そこで今回はTEPCO速報のCM「似ていない父娘篇」に出演している女優さんについて書いていこうと思います! 下記クリックで好きな項目にジャンプ• この鳴海唯さんという女優さんは、川栄李奈さん、加藤諒さんが出演している銀座カラーのCMでも共演していたようですね。 鳴海唯のプロフィール ここでは鳴海唯さんのプロフィールについて書いていきます。 5cm 職業 :女優 趣味・特技 :人間観察、モノマネ、トンカツ屋さん巡り、バレーボール(リベロ・歴3年) 所属事務所 :エムケールーム、プロアクターズラボ と、こんな感じです。 鳴海唯さんの所属事務所については2つ出てきました。 事務所の掛け持ちでもしているのでしょうかね?(はたまた事務所同士の業務提携とか?) 出演した作品では、 2017. 12 下北FMラジオ「きゃらあげ素敵曜日チャンネル」ゲスト出演 2018. 01 佐野智樹監督「P子の空」宮崎響子役 2018. 08 ラックライフ「走って」MVメイン出演 2018. 10 「シブいビルのナウい商店街」イメージモデル 2018. 10 宮坂武志監督「アマノジャク」主演 2018. 12 ハイパーヨーヨ「蓮等」MV 2019. 01 銀座カラーTVCM やに出演しているときの鳴海唯さんは一層と純粋さが際立ってかわいいですね~。 TEPCO速報のCM「似ていない父娘篇」とはまた違ったかわいさや魅力があり、女優として様々な顔を持っているのがわかります。 「似ていない父娘篇」の演技が評判! 鳴海唯さんの魅力はかわいさだけではなく、その演技もかなり上手いのがわかります。 鳴海唯さんの演技についての評判を載せようとしましたが、鳴海唯さんの知名度はまだそこまで多くなく(僕よりはるかに知名度がありますがw)、まだ評判がどうということになっていません。 ただ、TEPCO速報のCM「似ていない父娘篇」を観て分かるように、自然に役に溶け込む能力は相当高そうです。 短いストーリーではありますが、CMでは父親役の俳優さんと本当の父娘みたいですもんね~。 この演技力とかわいさがあれば、大ブレイクする日も近そうです。 そのポテンシャルは十分に秘めていますのでこれからの活躍に期待したいです。 TEPCO速報のCM「似ていない父娘篇」での演技の評判が出始めたら随時追記していきますのでお楽しみに! 関連: まとめ 以上、TEPCO速報のCM「似ていない父娘篇」に出演している女優の鳴海唯さんについてご紹介しました。 今はまだメディアへの露出が少ないですが、これからどんどん人気が出そうな女優さんでした。 TEPCO速報のCM自体もかなり良いので、これがキッカケでブレイクしていくと良いですね! 鳴海唯さんについて詳しいことが分かれば紹介していきますので、その際はぜひチェックしてください! 関連:.

次の

資生堂HAKU歴代CMモデル 初代から最新2018年まで!出演女優かわいい画像まとめ!白い服ワンピース

ハク cm 女優

第2次世界大戦の激戦地〈ハクソー・リッジ〉で武器を持たずに、 たった1人で75人の命を救った男の実話から生まれた衝撃作 銃も手榴弾もナイフさえも、何ひとつ武器を持たずに第2次世界大戦の激戦地〈ハクソー・リッジ〉を駆けまわり、たった1人で75人もの命を救った男がいた。 彼の名は、デズモンド・ドス。 重傷を負って倒れている敵の兵士に手当てを施したことさえある。 終戦後、良心的兵役拒否者としては、アメリカ史上初めての名誉勲章が授与された。 皆が殺し合う戦場で、僕は命を助けたい 今明かされる、デズモンド・ドスの知られざる真実 緑豊かなヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドスは、第2次世界大戦が激化する中、陸軍への志願を決める。 先の大戦で心に深い傷を負った父からは反対され、恋人のドロシーは別れを悲しむが、デズモンドの決意は固かった。 衛生兵として人を救いたいと願うデズモンドは、「生涯、武器には触らない」と固く心に誓っていたのだ。 上官と仲間の兵士たちから責められても、デズモンドは頑として銃をとらない。 とうとう軍法会議にかけられるが、思いがけない助けを得て、主張を認められたデズモンドは激戦地の〈ハクソー・リッジ〉へ赴く。 そこは、アメリカ軍が史上最大の苦戦を強いられている戦場だった。 1現在) 主人公のデズモンド・ドスを演じるのは、大ヒット作『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで人気を獲得し、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』で演技派俳優としても高く評価されたアンドリュー・ガーフィールド。 デズモンドの人並外れた勇気と深い人間愛の源を理解するために、家族や生い立ちを徹底的にリサーチした。 恋人のドロシーには、オーストラリアの注目の新鋭女優、『聖杯たちの騎士』のテリーサ・パーマー。 その他、友を戦争で亡くした悲しみを酒で紛らわせる父親には、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのヒューゴ・ウィーヴィング、大尉役に『タイタンの戦い』のサム・ワーシントン、鬼軍曹役に『Mr. スミス』のヴィンス・ヴォーンら実力派俳優が顔を揃えた。 ヴァージニア州の豊かな緑に囲まれた町で生まれ育ったデズモンド・ドスは、元気に野山を駆け回る少年だったが、家族に問題を抱えていた。 父親のトム ヒューゴ・ウィーヴィング は、兵士として戦った第1次世界大戦で心に傷を負い、酒におぼれ、母バーサ(レイチェル・グリフィス)とのケンカがたえない日々を送っていた。 月日は流れ、成長したデズモンド アンドリュー・ガーフィールド は、看護師のドロシー・シュッテ テリーサ・パーマー と恋におち、心躍る時を過ごしていた。 だが、第2次世界大戦が日に日に激化し、デズモンドの弟も周りの友人たちも次々と出征する。 そんな中、子供時代の苦い経験から、「汝、殺すことなかれ」という教えを大切にしてきたデズモンドは、「衛生兵であれば自分も国に尽くすことができる」と陸軍に志願する。 グローヴァー大尉 サム・ワーシントン の部隊に配属され、ジャクソン基地で上官のハウエル軍曹 ヴィンス・ヴォーン から厳しい訓練を受けるデズモンド。 体力には自信があり、戦場に見立てた泥道を這いずり回り、全速力で障害物によじ登るのは何の苦もなかった。 だが、狙撃の訓練が始まった時、デズモンドは静かにしかし断固として銃に触れることを拒絶する。 軍服や軍務には何の問題もなく「人を殺せないだけです」と主張するデズモンドは、「戦争は人を殺すことだ」と呆れるグローヴァー大尉から、命令に従えないのなら、除隊しろと宣告される。 その日から、上官と兵士たちの嫌がらせが始まるが、デズモンドの決意は微塵も揺るがなかった。 しかし、出征前に約束したドロシーとの結婚式の日、デズモンドはライフルの訓練を終えないと休暇は許可できないと言われ、命令拒否として軍法会議にかけられることになる。 「信念を曲げたら生きていけない」というデズモンドの深い想いに心を打たれたドロシーは、「何があろうと、あなたを愛し続けるわ」と励ますのだった。 ところが、意外な人物の尽力で、デズモンドの主張は認められる。 1945年5月、沖縄。 グローヴァー大尉に率いられて、「ハクソー・リッジ」に到着した第77師団のデズモンドとスミティ(ルーク・ブレイシー)ら兵士たち。 先発部隊が6回登って6回撃退された末に壊滅した激戦地だ。 150mの絶壁を登ると、そこには百戦錬磨の軍曹さえ見たことのない異界が広がっていた。 前進した瞬間、四方八方からの攻撃で、秒速で倒れていく兵士たち。 他の衛生兵なら見捨てるほどの重傷の兵士たちの元へ駆け寄り、「俺が家に帰してやる」と声をかけ、応急処置を施し、肩に担いで降り注ぐ銃弾の中を走り抜けるデズモンド。 ひるむことなく何度でも、戦場に散らばった命を拾い続けるデズモンドに、感嘆の目を向け始める兵士たち。 1983年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。 舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、すぐに映画にも進出。 最初に高く評価されたのは、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされた、デヴィッド・フィンチャー監督の『ソーシャル・ネットワーク』 10。 続いて、主人公のピーター・パーカーを演じた『アメイジング・スパイダーマン』 12 と『アメイジング・スパイダーマン2』 14 が、合計15億ドルの興行収入を上げ、世界中にその名を知られる。 その他の主な出演作は、トム・クルーズ共演、ロバート・レッドフォード監督の『大いなる陰謀』 07 、映画初主演を飾った『BOY A』 07 、テリー・ギリアム監督の『Dr. 最近では日本でも話題となったマーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』 16 でも主演を果たし、最新作『Under the Silver Lake』 17 が控える。 1976年、イギリス、サリー生まれ。 幼少時にオーストラリアに移り住み、オーストラリア国立演劇学院(NIDA)で演劇を学ぶ。 2000年、『タップ・ドックス』で映画デビュー。 その後、『ジャスティス』(02)や『グレート・レイド 史上最大の作戦』(05・未)、『マンイーター』(07)などの映画に出演して経験を重ねる。 2009年、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』の主役に大抜擢される。 同作は世界興行収入歴代1位の27億ドルを記録して社会現象を巻き起こし、一躍、時の人となる。 その後、『タイタンの戦い』(10)と続編の『タイタンの逆襲』(12)でアクションスターの座を不動のものとする。 その他の主な出演作は、『ターミネーター4』(09)、『恋と愛の測り方』 10 、『崖っぷちの男』(12)、『ドリフト』 13 、『Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~』(14・未)、『サボタージュ』 14 、『ハイネケン誘拐の代償』 15 、『エベレスト3D』(15)など。 最新作は、『アバター』の続編『Avatar2』 18 が控える。 1986年、オーストラリア、アデレード生まれ。 世界を舞台にその才能を発揮し、国際的に活躍している女優の一人。 初めて注目を集めたのは、主演を務めた『明日、君がいない』(06)。 その後、マイケル・ベイ製作の『アイ・アム・ナンバー4』(11)、ニコラス・ホルト、ジョン・マルコヴィッチ共演の『ウォーム・ボディーズ』(13)など、多くのメジャー作品に出演する。 近作には、クリスチャン・ベイル共演、テレンス・マリック監督の『聖杯たちの騎士』(15)、『X-ミッション』(15)、人気作家ニコラス・スパークス原作の『きみがくれた物語』(16)、ジェームズ・ワン製作の『ライト/オフ』 16 、ケイト・ウィンスレット、ケイシー・アフレック共演の『トリプル9 裏切りのコード』 16 などがある。 最新作は、『Berlin Syndrome』 17 がある。 1970年、アメリカ、ミネソタ州生まれ。 カルトの傑作と称えられた『スウィンガーズ』 96 で注目される。 その他の主な出演作は、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』 97 、『ムーンライト・ドライブ』 98 、『サイコ』 98 、『クール・ドライ・プレイス』 98 、『ザ・セル』 00 、『ドメスティック・フィアー』 01 、『Mr. スミス』 05 、『サムサッカー』 05 、『イントゥ・ザ・ワイルド』 07 、『フォー・クリスマス』 08・未 、『南の島のリゾート式恋愛セラピー』 09・未 、『僕が結婚を決めたワケ』 11 、『インターンシップ』 13・未 などがある。 1989年、オーストラリア、シドニー生まれ。 ベルビュー・ヒルにあるスコッツ・カレッジで学び、演技の世界へ入る。 デビュー作であるオーストラリアのTVシリーズ「Home and Away」 09~10 で話題となってハリウッド関係者の目に留まり、セレーナ・ゴメス共演の『恋するモンテカルロ』(11)に出演する。 2013年には、人気シリーズ『G. ジョー バック2リベンジ』でコブラコマンダーの役を獲得する。 また2014年には、ピアース・ブロスナン共演の『スパイ・レジェンド』でCIA工作員を熱演し、ニコラス・スパークスのベストセラー小説を映画化した『かけがえのない人』にも出演する。 2015年には、『ハートブルー』をリメイクした『X-ミッション』で注目される。 1960年、ナイジェリア生まれ。 『マトリックス』3部作 99・03 、ピーター・ジャクソン監督の『ロード・オブ・ザ・リング』3部作 01・02・03 などの世界的な大ヒット作で印象深い役柄を演じ、個性派俳優として広く知られている。 大ヒットシリーズ『トランフォーマー』 07 、『トランスフォーマー/リベンジ』 09 、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 11 ではメガトロンの声の出演をしている。 その他の主な出演作は、ナタリー・ポートマン共演の『Vフォー・ヴェンデッタ』 05 、『ウルフマン』 10 、『オレンジと太陽』 10 、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 11 、『クラウド アトラス』 12 、ピーター・ジャクソン監督の『ホビット 思いがけない冒険』 12 と『ホビット 決戦のゆくえ』 14 、『ブレイキング・ゴッド』 14 、ニコール・キッドマン共演の『虹蛇と眠る女』 15 など。 声の出演では、『ハッピーフィート』シリーズ 06・11 、『ガフールの伝説』 10 を担当している。 1956年、アメリカ、ニューヨーク州生まれ。 12歳で家族と共にオーストラリアへ移住する。 1979年、ジョージ・ミラー監督の目に留まり、『マッドマックス』に出演、世界中から一躍注目を浴びる最初の映画となる。 続編の『マッドマックス2』 81 と『マッドマックス/サンダードーム』 85 の大ヒットで名声を得る。 1984年、『ザ・リバー』でアメリカ映画への進出を果たす。 さらに全世界で破格のヒットを記録した『リーサル・ウェポン』シリーズ 87・89・92・98 により、ハリウッドでの確固たる地位を確立する。 その中でIcon Productionを設立し、『顔のない天使』 93 で監督デビューを果たす。 1995年、主演と監督を務めた『ブレイブハート』が興行的に大成功を収め、批評家からも絶賛される。 監督としての手腕も高い評価を獲得した。 メル・ギブソンとは『ブレイブハート』(95)に次ぐコンビとなるメカニック。 同社製作による作品には、ウォルター・サレス監督の『ダーク・ウォーター』(05)、テレンス・マリック監督の『ニュー・ワールド』(05)、オスカーにもノミネートされたヘンリー・セリック監督のアニメーション映画『コララインとボタンの魔女 3D』(09)などがある。 20世紀フォックス在任中に、『スピード』(94)、『トゥルーライズ』(94)、『ダイ・ハード3』(95)、『インディペンデンス・デイ』(96)、『スター・ウォーズ 特別篇』(97)、『タイタニック』(97)、『エントラップメント』(99)、『ボーイズ・ドント・クライ』(99)、『ビック・ママス・ハウス』(00)、『ホワット・ライズ・ビニース』(00)、『キャスト・アウェイ』(00)など数々のヒット映画を生み出している名プロデューサーの一人として知られる。 ピュリッツァー賞、トニー賞、全米脚本家組合賞の受賞者であり、エミー賞に2回ノミネートされた作家。 2014年のブロードウェイ作品「All The Way」では、ドラマ・デスク・アワードやアウター・クリティクス・サークル・アワード、ドラマ・リーグ賞やトニー賞など名だたる賞を独占し、歴代興行収入の記録を大幅に塗り変えた。 ミュージカル「The Twelve」(脚本、歌詞担当)では、2015年度のオー・ヘンリー賞を受賞する。 その他、TVでは、「スパルタカス」 04 、「アンドロメダストレイン」 08 、TVミニシリーズ「ザ・パシフィック」(10)、「オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男」 16 などを手掛ける。 オーストラリア屈指の実力ある作家、製作者。 30年以上に及ぶキャリアを持ち、コメディやドラマ、ミニシリーズやTVシリーズなど、あらゆるジャンルでヒット作を放っている。 1989年には自身の会社であるArtist Services Pty Ltdをスティーブ・バイザーと共に立ち上げ、同社はオーストラリアで最も業績を上げた会社の一つとなる。 主な作品は、『サイアム・サンセット』(99)、現在15シリーズ目に入っている「Rake」 10~16 、ラッセル・クロウ主演の『ディバイナー戦禍に光を求めて』(14)、「不良探偵ジャック・アイリッシュ」 16 などがある。 業界きっての尊敬を集める映像編集の第一人者。 ロジャー・ドナルドソン監督作品で知られ、『世界最速のインディアン』(05)、『バンク・ジョブ』(08)、『スパイ・レジェンド』(14)を手掛けている。 その他の作品は、『テラビシアにかける橋』(07)、『ブリッツ』 11 、『キラー・エリート』(11)、『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』(12)などがある。 オーストラリアのシドニーでCM監督として働きながら撮影のキャリアを積む。 バズ・ラーマン監督の『華麗なるギャツビー』(13)でオーストラリア映画協会賞最優秀撮影賞を受賞する。 その他の作品は、アレックス・プロヤス監督の『ガレージ・デイズ』(02・未)、『アイ・ロボット』(04)、レン・ワイズマン監督の『アンダーワールド:エボルーション』(06)、ロブ・コーエン監督の『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』(08)、アレックス・プロヤス監督の『ノウイング』(09)、ゲイリー・マッケンドリー監督の『キラー・エリート』(11)、ノーム・ムーロ監督の『300 <スリー・ハンドレッド>~帝国の進撃~』(14)、ダンカン・ジョーンズ監督の『ウォークラフト』(16)などがある。 録音担当としてのキャリアは30年以上を誇り、200以上の映画に携わっている実力者。 『スティーブ・マーティンの 四つ数えろ』 82 で初めて録音としてクレジットされた後、『愛と追憶の日々』 83 にてオスカー候補となると、『トップガン』 86 、『ブラック・レイン』 89 、『アルマゲドン』 98 、『パールハーバー』 01 、『トランスフォーマー』 07 などを手掛けた。 メル・ギブソン監督作品では、『パッション』 04 、『アポカリプト』 06 でも共に仕事をしている。 オーストラリア出身。 『Clubland』 未・07 、『Red dog』 未・11 、『Burning Man』 未・11 、『キラー・エリート』 11 、『Only the Dead』 未・15 )などに携わり、オーストラリアの映画賞で音響部門の賞の受賞・ノミネートを重ねてきた。 オーストラリア出身。 『アニマル・キングダム』 10 や、『ハンター』 11 、『さよなら、アドルフ』 12 、『グランド・マスター』 13 、『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 16 などを担当し、オーストラリア国内外で活躍している。 オーストラリア出身。 『DOWN UNDER BOYS』 98 や、ケイト・ブランシェット主演の『リトル・フィッシュ』 05 、『Jindabyne』 未・06 などでオーストラリア国内でのキャリアを築く一方、『ハッピーフィート』 06 、『ノウイング』 09 、『キング・オブ・エジプト』 16 、『エイリアン:コヴェナント』 17 など世界的なヒット作に参加している。

次の