桜川 六花。 桜川六花と鋼人七瀬の関係は?虚構推理7話で犯人となっている人物なのか

「虚構推理」桜川六花の正体は?鋼人七瀬との関係や再登場についても

桜川 六花

虚構推理 8話 鋼人七瀬を生み出した従姉の桜川六花の存在は、九郎も琴子も関係のある人物だった。 互いの人柄を知る存在の行動に、何故こんな行動に出たのか、視聴者を置いてきぼりにさせる印象が残る。 謎が謎で無くなった事実をどう受けいればいいのか悩む。 この話いつまで引っ張るつもりなのか。 おひいさまと交わってしまったせいで強制的にギャグキャラにされる六花さん(笑)。 1時間半あればいろいろ出来る😆 琴子 めちゃくちゃ至れり尽くせりされてるな流石お嬢様 琴子懐柔するの上手い 六花 何が目的なんだ… 紗季怖がりやなぁカワ 名無しさんw 上手い虚構を作った方が勝ちって事か アニメ アニメ好きと繫がりたい 虚構推理 8話。 六花さんは亡くなったわけではないんですね。 言われてみれば。 九郎の中での六花さんと琴子の差がひどい。 で、やっと場が整ったようですね。 どんな嘘が飛び出るのか楽しみです。 虚構推理 虚構推理 8話 少々後出し感のある六花の物語だが、その痩せこけた造形がなかなかに魅力的。 また今更ながら自分が語り手の琴子の声に聞き入っていることに気付いた。 敵に立ち向かう九郎とパソコンを前に構える琴子という謎の構図 笑。 後は説得力のある議事が行われるかどうかだな。 非常に楽しみだ。 皆の反応 虚構推理 第8話 条件.. 九郎の部屋の合鍵w真顔で無茶を言うなでw 家事.. 六花との共同生活とは正反対すぎる琴子との共同生活w追い込まれて死にそうになってるw 六花に健康ランド提示され渋々琴子の合鍵了承する笑 初めて会った時.. サイトの閲覧者はどちらの意見を支持するのだろうか。 九郎と同じく六花も不死と未来決定能力を持っていた。 琴子はかわいい一面もあり鋭利な推理を展開する。 さすが怪異達の知恵の神たる所以である。 この結末はアニメでお楽しみ下さい 虚構推理 8話 鋼人七瀬を生み出した従姉の桜川六花の存在は、九郎も琴子も関係のある人物だった。 互いの人柄を知る存在の行動に、何故こんな行動に出たのか、視聴者を置いてきぼりにさせる印象が残る。 謎が謎で無くなった事実をどう受けいればいいのか悩む。 この話いつまで引っ張るつもりなのか。 ん? よく分からんが六花さんはナツキスバルと似た能力があるのか? スバルと違うのはセーブポイントが死んだ直後で死んでる最中に未来を見てるってことかな? すると『死に先見』とか『死に進み』かな? 時間軸が変わらないって事は福音書持ちのロズっちみたいな感じかな? 虚構推理 虚構推理 8 六花さん不気味だけど話すと意外と普通で良い人だなって思ってしまった。 けど何を考えているかわからない怖さは底知れず。 自分で首を切る場面は痛々しくて目を覆いました。 いよいよというかやっと決戦?虚構にも恋敵にも決着がつくと良いですね、おひい様。 虚構推理 8話 六花さんに気を使わせる琴子で笑った。 このふたりが仲良くなるのはやはり変人同士は惹かれ合うということなのだろうか。 インターネットの特性を利用して虚構で真実を覆すのはダークヒーロー的展開で熱いと思った。 次回も楽しみ 『虚構推理』8話。 最終決戦突入前に六花がどんな人物かを説明する回だった。 しかし、同じ「家事」という言葉から九郎が思い浮かべるイメージ、六花と琴子とで違いすぎだろw ともあれ九郎が六花と琴子にそれぞれどういうイメージを抱いているかはたいへんよく解った …それにしたってちょっと落差がありすぎではなかろうかw 虚構推理 虚構推理8話観た。 1時間半あればいろいろ出来る😆 琴子 めちゃくちゃ至れり尽くせりされてるな流石お嬢様 琴子懐柔するの上手い 六花 何が目的なんだ… 紗季怖がりやなぁカワ 名無しさんw 上手い虚構を作った方が勝ちって事か アニメ アニメ好きと繫がりたい 虚構推理 第八話 ・六花さん痩せ過ぎでは ・九郎の家がダメなら公園へ ・相談されて嬉しそうなおひい様 ・同衾!同衾! ・『この子は良くないと思う』から『同感です』の素敵な笑顔 結局六花さんと九郎くんのあり方の差はどこで生まれたんだろうか 虚構推理 8話。 六花さんは亡くなったわけではないんですね。 言われてみれば。 九郎の中での六花さんと琴子の差がひどい。 で、やっと場が整ったようですね。 どんな嘘が飛び出るのか楽しみです。 虚構推理 虚構推理 第八話 虚構を紡ぐ者 視聴 前回やや後出し感を感じさせた六花の説明回 まいどまいどの情報量にもう一回見ないと整理つかない感じw いよいよ鋼人七瀬と対決開始~ アニメ『虚構推理』第8話を見ました。 掴みどころがない匿名個々の集団を相手にどう戦うかが気になるところなのに、ライバル(新たに登場したキャラ)へと相手が変わっていくの? 比喩でわかりやすくならともかく、長い二段階の仕込みの結果、六花を負かすことが目的になったりしないよね? 虚構推理 お昼ごはん食べつつ虚構推理8話見た。 九郎の想像の中の六花さんと琴子のギャップに吹いたwwwww裸エプロン琴子ちゃんかわいいじゃないかwwwww kyokousuiri 虚構推理 六花さんの琴子評と九郎の返し、それにもめげぬおひい様が素敵 その後の病室の様子を見たかった!w この二人は大丈夫か?と思わせておいて、鋼人と対峙する直前の 「九郎先輩、お願いします」 「岩永、頼む!」 という短い遣り取り一発で、信頼関係をしっかり魅せてくれるのが素晴らしい😊 虚構推理 虚構推理 8話 少々後出し感のある六花の物語だが、その痩せこけた造形がなかなかに魅力的。 また今更ながら自分が語り手の琴子の声に聞き入っていることに気付いた。 敵に立ち向かう九郎とパソコンを前に構える琴子という謎の構図 笑。 後は説得力のある議事が行われるかどうかだな。 非常に楽しみだ。 六花さんの胸鎖乳突筋にドキドキしとる 虚構推理.

次の

鋼人七瀬の正体ネタバレ!桜川六花や七瀬かりんと怪異の関係も【虚構推理アニメ考察】

桜川 六花

『虚構推理』についての質問です。 重要な情報を明かします。 見ていない方はご注意ください。 この作品の、桜川九郎と、桜川六花はいとこと言われていますが、実のいとこですか? 九郎と六花は共に「くだんと人魚の一部を食べたことで、未来決定と再生能力のある体を手に入れた」とされますが、この体質に血縁は関係ないようです。 また桜川家は、この能力を与えるために家の人間を多数実験し死なせ、養子も取っていたそうです。 そして、回想以外で、九郎と六花以外の桜川家の人間がほとんど見当たりません。 どちらかが養子、あるいは共に養子で、血の繋がった実のいとこではないという可能性はありますか? 原作小説でも、漫画版でも、アニメ版でも、それを否定か肯定出来る箇所はありますか? あればどこか教えていただけませんか? 同じ原作者の『絶園のテンペスト』では、不破真広と愛花が最初兄妹と説明されながら、途中で両親の再婚による連れ子だと判明しました。 そのため、九郎と六花も気になります。 見落としがあるかもしれませんが、ご了承ください。 面白い着目点ですね。 単純に従姉弟とだけ、特に考えもせずに何となく見ていました。 漫画版とアニメしか見ていないのでその範囲ですし、アニメは漫画版をなぞっただけだったと思いましたけど。 とりあえず最初のほうをパラパラめくりで見てみました。 回想で幼少期の妖怪の肉を食って生き残った後の九郎が姉さまと言ってるのはたぶん立花でしょうし、どちらかあるいは両方が養子だとしたら、たぶん物心つかない内の養子でしょうね。 その時点では何とも言えませんが、九郎が慕って初恋らしきものになっても、それ以上発展しなかったのはどこかで血のつながりがある実の従姉弟だったからではないでしょうか。 必ずではないですが、人間は近縁の仲は本能的に避ける傾向があるようです。 それに、二人がくだんと人魚の肉を受け入れられたのが同じような体質、即ち近縁の者だった可能性が高いんじゃないでしょうか。 それが元々の桜川家の血縁かどうか分からないし、近縁の養子どうしあるいはその子孫だったのかも知れません。 そもそも桜川家がどのように子孫を続けたのか分からないんですよね。 九郎のお婆さまというのが回想で出てきますが、そういう妖怪の肉を食べないで生き残っていた子孫はいる訳です。 九郎と立花の代でようやく先祖の念願が叶った訳なんですけどね。 二人以外にはいなさそうですし。 とりあえずこんな所で。 また先を読み返したらまだ何かあるかも知れませんが、忘れちゃったらごめんなさい。 次の方のご意見ももっともです。 一度中止されていたが祖母(かその少し前の可能性もあると思うが)が再開させたというのもあり得ますね。 ただなぜ従姉弟なのか、姉弟ではないのか。 九郎が兄たちと呼んでいる者たちは妖怪の肉を食らって死んでいますね。 その子供たちはどういう関係なのか。 その場には立花はいなかったようだし、祖母が九郎の生存に喜んでいる様子から立花はその後に肉を食らったのか。 それとも同じことを考えていた立花の親族がいたのか。 色々と謎だらけですね。 身も蓋も無いですが、ぶっちゃけ作者もそこまで設定していないだけかも知れません。 とりあえず実の従姉弟と考えておけばいいのでしょう。 鋼人七瀬の後にもとことん仲が悪くなったようには思えませんし。 いや、大した根拠無いですけど。

次の

九郎の従姉・桜川六花のことを思い出す紗季――TVアニメ『虚構推理』第8話あらすじを紹介

桜川 六花

『虚構推理』についての質問です。 重要な情報を明かします。 見ていない方はご注意ください。 この作品の、桜川九郎と、桜川六花はいとこと言われていますが、実のいとこですか? 九郎と六花は共に「くだんと人魚の一部を食べたことで、未来決定と再生能力のある体を手に入れた」とされますが、この体質に血縁は関係ないようです。 また桜川家は、この能力を与えるために家の人間を多数実験し死なせ、養子も取っていたそうです。 そして、回想以外で、九郎と六花以外の桜川家の人間がほとんど見当たりません。 どちらかが養子、あるいは共に養子で、血の繋がった実のいとこではないという可能性はありますか? 原作小説でも、漫画版でも、アニメ版でも、それを否定か肯定出来る箇所はありますか? あればどこか教えていただけませんか? 同じ原作者の『絶園のテンペスト』では、不破真広と愛花が最初兄妹と説明されながら、途中で両親の再婚による連れ子だと判明しました。 そのため、九郎と六花も気になります。 見落としがあるかもしれませんが、ご了承ください。 面白い着目点ですね。 単純に従姉弟とだけ、特に考えもせずに何となく見ていました。 漫画版とアニメしか見ていないのでその範囲ですし、アニメは漫画版をなぞっただけだったと思いましたけど。 とりあえず最初のほうをパラパラめくりで見てみました。 回想で幼少期の妖怪の肉を食って生き残った後の九郎が姉さまと言ってるのはたぶん立花でしょうし、どちらかあるいは両方が養子だとしたら、たぶん物心つかない内の養子でしょうね。 その時点では何とも言えませんが、九郎が慕って初恋らしきものになっても、それ以上発展しなかったのはどこかで血のつながりがある実の従姉弟だったからではないでしょうか。 必ずではないですが、人間は近縁の仲は本能的に避ける傾向があるようです。 それに、二人がくだんと人魚の肉を受け入れられたのが同じような体質、即ち近縁の者だった可能性が高いんじゃないでしょうか。 それが元々の桜川家の血縁かどうか分からないし、近縁の養子どうしあるいはその子孫だったのかも知れません。 そもそも桜川家がどのように子孫を続けたのか分からないんですよね。 九郎のお婆さまというのが回想で出てきますが、そういう妖怪の肉を食べないで生き残っていた子孫はいる訳です。 九郎と立花の代でようやく先祖の念願が叶った訳なんですけどね。 二人以外にはいなさそうですし。 とりあえずこんな所で。 また先を読み返したらまだ何かあるかも知れませんが、忘れちゃったらごめんなさい。 次の方のご意見ももっともです。 一度中止されていたが祖母(かその少し前の可能性もあると思うが)が再開させたというのもあり得ますね。 ただなぜ従姉弟なのか、姉弟ではないのか。 九郎が兄たちと呼んでいる者たちは妖怪の肉を食らって死んでいますね。 その子供たちはどういう関係なのか。 その場には立花はいなかったようだし、祖母が九郎の生存に喜んでいる様子から立花はその後に肉を食らったのか。 それとも同じことを考えていた立花の親族がいたのか。 色々と謎だらけですね。 身も蓋も無いですが、ぶっちゃけ作者もそこまで設定していないだけかも知れません。 とりあえず実の従姉弟と考えておけばいいのでしょう。 鋼人七瀬の後にもとことん仲が悪くなったようには思えませんし。 いや、大した根拠無いですけど。

次の