君に届け 漫画 最終回。 【君に届いて7年】『君に届け』がついに完結でファン号泣「これが始まった時はまだ中学生。今は子持ちの主婦」

【完結】君に届け 最終回 ネタバレ感想まとめ【ついに最終話】

君に届け 漫画 最終回

ハイキュー!! 【第402話】最終回ネタバレ考察 さて 前回の401話では、ついに ブラックジャッカルとアドラーズの試合が幕引き。 そして勝敗がついたことで、 今回402話が最終回と確定してしまいました…! ということで寂しいですが、 今回最後の展開予想をしていきたいと思います。 バレーボール日本代表メンバー(スタメン) まず、前回401話で星海光来から 「日向とともに世界を倒す」宣言があり、 この1話で オリンピック日本代表編がちょっと描かれそう…?的な終わりでしたが。 ただ、ここから予想するのは、 もしかしたら本編では出ないかもな、とも思っています。 まあ、ちょっとこれはのちに語るとして、とりあえずスタメン予想しますね 笑。 まず 影山と日向のラインは出ると思うので、 セッターは影山で、 日向は…多分MBに戻るかなあと思います。 多分 OPは牛島がやるでしょうから、 そこを差し置いての日向OPはない気がするので。 で、私の予想としては 日向が入ったら星海は控えになりそうな気がするんですよね。 そしてその理論で行くと、 宮侑も控えになるだろうと思うんですよ。 だとすると、単純に考えて WSに木兎と佐久早…なんですけど。 でも 「日本代表」なわけなので、 誰だって選べちゃうんですよね 笑。 これってもしかして、以前にやっていた 「ベストオーダー投票」が生きてきちゃう展開ありますかね…? 笑 だと、 リベロは誰が来るんでしょうか? 一番有力は古森だと思うんですが、 あんまりプレーを見てないんだよなあ。 あと迷うのは、 もう一枚のMBですよね…。 一応 月島もプロに残っているので、 月島が入ってきても面白いとは思うんですけど。 ただもしかして、 天童が実はバレーを続けていて、MBとして入るとか、あるのかな? だから 進路がうやむやになっているとか…? なんか、 出ない気がしている割に考えちゃいますね 笑。 ちょっとでも出るのを期待したいです! 最終回の展開予想 さて、先に言った、 上のスタメン予想は本編に出ないかもというやつ。 というのも、最終回は 試合展開は見せないで、皆の「その後」にだけスポットを当てるものになりそうな気がするからです。 牛島が活躍した、とか。 影山と日向が世界を震撼させた、とか。 仲間だろうが関係なく、ロメロが攻め込んできて負けた、とか。 そういった 「報道」や テレビの音?とかだけ、本編に出そうな気がするんですよね。 そして 多分日向が、「第二の日向」を作り上げるんでしょうね。 そうやって、物語が続いていきそう。 しかも、 影山が「年をとっても」発言をしていたので、 もしかしたら、 かなり未来の方に話が飛んでいく可能性もあります。 だって ハイキュー!!は、春高編から急にプロ編に飛んだ実績 笑 があるから。 なんか、 かなり大人になった皆が、 指導者側に回ったりしながら、一緒にバレーしてたらいいですよねえ。 どこまで描いてくれるのか、かなり注目して待ちたいと思います。 春高時代の人はまだ来るか? そして、 ついに黒尾が来てお祭り騒ぎだった前回 笑。 ただでも、 実はまだまだ、出ていない人たちがいるので、 最後に滑り込んでくるのかが気になっています。 私的には、 灰羽リエーフあたりの音駒勢と 、花巻・松川あたりの青葉城西勢が、滑り込んでこないのかな~と期待中です。 そして、 本当に明らかにしてほしいのは天童ですね 笑。 あんな思わせぶりに出てきておいて、 何をしているのか分からないのズルい。 さらにもっと言えば、 及川も「現在」が何しているのか知りたいです。 そもそも、 及川は日本代表として出てくるのでしょうか?っていうのも知りたい。 もしかして、 日向と及川のビーチが、日本代表の伏線だったとしたら、熱くないですか? そうなるとしたら、 及川の「現在」に関しても、ふれられるのかもしれませんね。 サイシューカイ!は一体どこまで掘り下げられていくのか! 期待しながら、楽しみに待っています! 続きを含め漫画ハイキュー!の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 の最新巻を無料で読む 以上、ハイキュー!! 最終回【第402話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます! 週刊少年ジャンプの漫画の 最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことはできますのでオススメです! ハイキュー!! の 最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 」を全巻読みたい方はコチラ! ハイキュー!! 最終回 第402話のネタバレ情報まとめ 以上、ハイキュー!! 最終回【第402話】のネタバレ・考察・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

【完結】君に届け 最終回 ネタバレ感想まとめ【ついに最終話】

君に届け 漫画 最終回

最初は戸惑う風早だったが爽子の意思の強さに気持ちを固める風早。 「戻ろ!アパート!」 風早はそう言い、二人はアパートに帰っていく。 帰らない事を母親に告げる爽子。 「今日・・帰らない・・」 母親は冷静に答える。 「『帰れない』じゃなくて『帰らない』のね?」 そして二人は風早のアパートへ・・・ アパートに帰り最初はドキドキしていた二人も自然と思いが溢れ出す。 爽子が風早に抱きつき泣きながら言う。 「風早くんとずっとずっと一緒にいたい」 風早も気持ちが溢れ出し爽子を抱きかかえるとベットに運ぶ。 ベットの中でキスをする二人・・・ そして翌朝、幸せそうに抱き合い眠る二人がいた。 スポンサーリンク 漫画『君に届け』最終回123話 ネタバレ・感想 君に届け最新30巻が発売となり、完結しました。 最初から最後まで絵がずっと綺麗で丁寧で、胸キュン要素が満載で。 最後の最後まで感動させてくれました!だいぶうるっとしながら電車内で読みました。 3ラストライブ! naomin1990 ついに爽子が札幌へと旅立つ朝がやってきた。 爽子は一人で駅まで向かうことにする。 父親がオーバーリアクションで涙を流しながら言いう。 父親「ほんとーについていかなくていいのかい?」 爽子「大丈夫、この家から見送られたいから」 母親「遊びに行くからね」 母親がクールに言う。 爽子「18年間お世話になりました。 お父さんとお母さんから最初に貰ったプレゼント大 事にして生きていきます」 爽子は笑顔で出発した。 駅につくと、そこにはちづがいた。 ちづ「ついに最後のひとりの見送りだよ」 爽子「ちづちゃん・・ありがとう・・・」 ちづ「爽子、友達になれてよかった」 その言葉を聞いた瞬間、爽子の頭の中には『友達になりたい』と初めて自分から発した時の思い出がフラッシュバックする。 ちづ「爽子とやのちんのおかげで、高校生活楽しかったわ!」 涙ぐんでしまうちづ。 爽子も涙ぐむ。 涙を隠すように爽子を抱きしめるちづ。 ちづ「会ったらいつでも戻れるんだらあたし達・・・!できるんだからね友達!!もう爽は・・・がんばれ!!」 爽子「うん・・わたしもそう思う!そう思えるようになったよ・・!!」 泣きながら抱き合う爽子とちづ。 風早到着 風早「黒沼・・・!」 そこに風早が到着する。 走ってきてくれた風早に爽子はお礼を言う。 ふたりで過ごした夜の事を思い出し顔を見合わせながら二人は赤面する。 ちづはそれを見て何かを感じ取り、風早を蹴飛ばす! そして、ちづは二人に気を利かせ用事があると言いながら去っていった。 二人きりになる爽子と風早。 二人は駅のホームでキスをする。 周りの目を気にし真っ赤になる爽子。 爽子「風早くん・・人が・・・」 風早「いや、いいでしょもう!大事な局面だし!!」 そう言った風早も顔を真っ赤にして下を向く。 それを見た爽子はそっと風早の手を握った。 二人が立つホームに電車がやってくる。 ホームに電車が止まり二人の時間も終わりが近づく。 その時、風早はポケットから手紙を取り出す。 風早「手紙書いてきた・・・あとで読んで」 真っ直ぐ見つめ合う二人。 手紙を受け取った爽子は頷く。 電車の発車音が鳴る。 風早「あっそれとこれ!遅くなっちゃったけど、黒沼が持ってて!」 爽子に何かを手渡す風早。 その感触を感じた瞬間、ハッとする爽子だったがそのまま黙ってうなずく。 駅員「まもなく扉が閉まります」 最後のアナウンスがホームに流れる。 もう一度キスをする二人。 涙が溢れ言葉が出ない爽子。 爽子は風早に背を向け電車に乗り込む。 風早「爽子!!」 爽子は驚き振り向く。 風早「だいすきだ!なにがあっても!!」 そこには笑顔の風早が立っていた。 爽子「・・・・・・しょうた・・」 泣きながら言う爽子。 少し考えた後、悲しい気持ちを押し殺し 爽子「私も」 と、笑顔で言う爽子だった。 大学入学式 電車は動きだし風早のいるホームからも見えなくなる。 電車の中で手紙を見る爽子。 ~黒沼へ~ から始まった手紙には風早の爽子への感謝と愛する気持ちが長文で書かれていた。 泣きながら読む爽子。 手紙は続く中そのまま場面は大学の入学式へ。 母親「ふふ、爽子緊張してる?」 父親「晴れの日だもんな」 両親と離れて座った爽子の隣にはまったく知らない同級生。 深呼吸して爽子は笑顔で話しかける。 爽子「はじめまして」 ~私たちは変わっていく それでも変わらない気持ちがあります~ 風早「風早翔太、中学で内野をやっていました。 よろしくお願いします!」 風早は野球チームの自己紹介をしている。 ~あなたは私の世界を壊し新しい景色をみせてくれた あなたが生きてそこにいて、なるべく元気ならそれでいい~ やのちん・・ ケント・・くるみ・・ ピン・・ ちづ・・ それぞれの新しい生活が始まる。 ~次に会ったらまたきっと笑ってくれるでしょう? あの変わらない笑顔で私の心を難なくほどいてしまうでしょう?~ 木の下で待つ風早のもとに聞こえてくる足音。 笑顔の風早を見つめる爽子。 帰って来た爽子はカバンを置いて風早に抱きつく。 ほんとに青春。 爽子ちゃん可愛いし風早かっこよすぎる 恋愛漫画 アニメの中でダントツでキュンキュンできる!素晴らしかった👏 — ひろし【酸】 sanketsu0218 唯一まだ集めていた漫画、『君に届け』がついに終わってしまった。 最終話も泣けた。 あんなに絵もストーリーも綺麗な漫画は無いと思うんだ。 最終話の1ページ目でぶわってきた… TT はー幸せ。 今回U-NEXTをオススメする理由はずばり!!! 現在、 31日間無料キャンペーンというお得なキャンペーンを実施中だからです! 私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました! そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ! 何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。 また、最新配信状況は公式HPにて確認してみて下さいね。 ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非利用してみて下さいね。 まとめ 君に届け最終話のために、別マ本誌復活。 本当に素敵な終わりで、爽子の成長と変わらない部分と素敵な終わりでした… なんか、12年前って中校生とかで高校時代にみんなで回しよみとかしててね。 本当に自分の青春も一緒にいてくれたのが君届が終わったのが本当にグッと来ます。 いやぁ、最後の手紙のシーンは感動しました。 最後は明るく話す爽子。 最後までさわやかだった風早。 今後みんながどうなっていくのか気になってたまりません!! まだまだ記事に書ききれていない部分もたくさんあります。 まだ読んだ事ない人も読んだ事ある人も一話から読み返してみてはいかがでしょう?? 最後までお読みいただきありがとうございました。 JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。 スポンサーリンク.

次の

君が隣にいるなんてのネタバレと結末(最終回)!あらすじや感想もあり!

君に届け 漫画 最終回

最初は戸惑う風早だったが爽子の意思の強さに気持ちを固める風早。 「戻ろ!アパート!」 風早はそう言い、二人はアパートに帰っていく。 帰らない事を母親に告げる爽子。 「今日・・帰らない・・」 母親は冷静に答える。 「『帰れない』じゃなくて『帰らない』のね?」 そして二人は風早のアパートへ・・・ アパートに帰り最初はドキドキしていた二人も自然と思いが溢れ出す。 爽子が風早に抱きつき泣きながら言う。 「風早くんとずっとずっと一緒にいたい」 風早も気持ちが溢れ出し爽子を抱きかかえるとベットに運ぶ。 ベットの中でキスをする二人・・・ そして翌朝、幸せそうに抱き合い眠る二人がいた。 スポンサーリンク 漫画『君に届け』最終回123話 ネタバレ・感想 君に届け最新30巻が発売となり、完結しました。 最初から最後まで絵がずっと綺麗で丁寧で、胸キュン要素が満載で。 最後の最後まで感動させてくれました!だいぶうるっとしながら電車内で読みました。 3ラストライブ! naomin1990 ついに爽子が札幌へと旅立つ朝がやってきた。 爽子は一人で駅まで向かうことにする。 父親がオーバーリアクションで涙を流しながら言いう。 父親「ほんとーについていかなくていいのかい?」 爽子「大丈夫、この家から見送られたいから」 母親「遊びに行くからね」 母親がクールに言う。 爽子「18年間お世話になりました。 お父さんとお母さんから最初に貰ったプレゼント大 事にして生きていきます」 爽子は笑顔で出発した。 駅につくと、そこにはちづがいた。 ちづ「ついに最後のひとりの見送りだよ」 爽子「ちづちゃん・・ありがとう・・・」 ちづ「爽子、友達になれてよかった」 その言葉を聞いた瞬間、爽子の頭の中には『友達になりたい』と初めて自分から発した時の思い出がフラッシュバックする。 ちづ「爽子とやのちんのおかげで、高校生活楽しかったわ!」 涙ぐんでしまうちづ。 爽子も涙ぐむ。 涙を隠すように爽子を抱きしめるちづ。 ちづ「会ったらいつでも戻れるんだらあたし達・・・!できるんだからね友達!!もう爽は・・・がんばれ!!」 爽子「うん・・わたしもそう思う!そう思えるようになったよ・・!!」 泣きながら抱き合う爽子とちづ。 風早到着 風早「黒沼・・・!」 そこに風早が到着する。 走ってきてくれた風早に爽子はお礼を言う。 ふたりで過ごした夜の事を思い出し顔を見合わせながら二人は赤面する。 ちづはそれを見て何かを感じ取り、風早を蹴飛ばす! そして、ちづは二人に気を利かせ用事があると言いながら去っていった。 二人きりになる爽子と風早。 二人は駅のホームでキスをする。 周りの目を気にし真っ赤になる爽子。 爽子「風早くん・・人が・・・」 風早「いや、いいでしょもう!大事な局面だし!!」 そう言った風早も顔を真っ赤にして下を向く。 それを見た爽子はそっと風早の手を握った。 二人が立つホームに電車がやってくる。 ホームに電車が止まり二人の時間も終わりが近づく。 その時、風早はポケットから手紙を取り出す。 風早「手紙書いてきた・・・あとで読んで」 真っ直ぐ見つめ合う二人。 手紙を受け取った爽子は頷く。 電車の発車音が鳴る。 風早「あっそれとこれ!遅くなっちゃったけど、黒沼が持ってて!」 爽子に何かを手渡す風早。 その感触を感じた瞬間、ハッとする爽子だったがそのまま黙ってうなずく。 駅員「まもなく扉が閉まります」 最後のアナウンスがホームに流れる。 もう一度キスをする二人。 涙が溢れ言葉が出ない爽子。 爽子は風早に背を向け電車に乗り込む。 風早「爽子!!」 爽子は驚き振り向く。 風早「だいすきだ!なにがあっても!!」 そこには笑顔の風早が立っていた。 爽子「・・・・・・しょうた・・」 泣きながら言う爽子。 少し考えた後、悲しい気持ちを押し殺し 爽子「私も」 と、笑顔で言う爽子だった。 大学入学式 電車は動きだし風早のいるホームからも見えなくなる。 電車の中で手紙を見る爽子。 ~黒沼へ~ から始まった手紙には風早の爽子への感謝と愛する気持ちが長文で書かれていた。 泣きながら読む爽子。 手紙は続く中そのまま場面は大学の入学式へ。 母親「ふふ、爽子緊張してる?」 父親「晴れの日だもんな」 両親と離れて座った爽子の隣にはまったく知らない同級生。 深呼吸して爽子は笑顔で話しかける。 爽子「はじめまして」 ~私たちは変わっていく それでも変わらない気持ちがあります~ 風早「風早翔太、中学で内野をやっていました。 よろしくお願いします!」 風早は野球チームの自己紹介をしている。 ~あなたは私の世界を壊し新しい景色をみせてくれた あなたが生きてそこにいて、なるべく元気ならそれでいい~ やのちん・・ ケント・・くるみ・・ ピン・・ ちづ・・ それぞれの新しい生活が始まる。 ~次に会ったらまたきっと笑ってくれるでしょう? あの変わらない笑顔で私の心を難なくほどいてしまうでしょう?~ 木の下で待つ風早のもとに聞こえてくる足音。 笑顔の風早を見つめる爽子。 帰って来た爽子はカバンを置いて風早に抱きつく。 ほんとに青春。 爽子ちゃん可愛いし風早かっこよすぎる 恋愛漫画 アニメの中でダントツでキュンキュンできる!素晴らしかった👏 — ひろし【酸】 sanketsu0218 唯一まだ集めていた漫画、『君に届け』がついに終わってしまった。 最終話も泣けた。 あんなに絵もストーリーも綺麗な漫画は無いと思うんだ。 最終話の1ページ目でぶわってきた… TT はー幸せ。 今回U-NEXTをオススメする理由はずばり!!! 現在、 31日間無料キャンペーンというお得なキャンペーンを実施中だからです! 私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました! そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ! 何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。 また、最新配信状況は公式HPにて確認してみて下さいね。 ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非利用してみて下さいね。 まとめ 君に届け最終話のために、別マ本誌復活。 本当に素敵な終わりで、爽子の成長と変わらない部分と素敵な終わりでした… なんか、12年前って中校生とかで高校時代にみんなで回しよみとかしててね。 本当に自分の青春も一緒にいてくれたのが君届が終わったのが本当にグッと来ます。 いやぁ、最後の手紙のシーンは感動しました。 最後は明るく話す爽子。 最後までさわやかだった風早。 今後みんながどうなっていくのか気になってたまりません!! まだまだ記事に書ききれていない部分もたくさんあります。 まだ読んだ事ない人も読んだ事ある人も一話から読み返してみてはいかがでしょう?? 最後までお読みいただきありがとうございました。 JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。 スポンサーリンク.

次の