安倍 晋三 ツイート。 安倍晋三は「何もかもやる気を失っている」のかもしれない

#安倍晋三に抗議します(2020/05/13 18:00)

安倍 晋三 ツイート

-先月下旬、安倍晋三は星野源の『うちで踊ろう』動画を勝手に使い、富ヶ谷私邸でソファーでゆったりくつろぎ、犬と遊んだり本を読んだりコーヒーを飲んだりしている動画を公開した。 どうせ今井尚哉や佐伯耕三などの茶坊主官邸官僚から、「自粛中の国民たちの心が和みますよ」などと知恵をつけられてのことだったのだろう。 だが安倍の意に反して、ネットでは「国民は仕事が出来なくなって生活に四苦八苦しているのに、いったい何様のつもりだ」などと非難が殺到した。 桜会大疑惑以来安倍は焼きが回っている上、コロナ対応の不手際で信用がた落ちである。 何をやっても負のスパイラル真逆さまなのだ。 と、今回は安倍晋三の不手際をこれ以上批判するものではない。 以下のツイートにもあるとおり、この時の安倍の様子におかしい点が見られるというのだ。 それは何か。 こんな画像からよく見つけたものだと思うが、安倍晋三の右足に犯罪者追跡用のGPS装置が装着されているのではないか、というのである。 なるほどよく見てみると靴下とズボンの下部あたりが少し膨らんでいるようだ。 足にGPS装置については、当ブログでも2、3年前、ヒラリーとマケインの足に装着されているのを画像つきで紹介した。 あのときの両人のGPS装置ははっきりそれと分かるものだった。 それに比べて、今回の安倍の場合は何とも私には判別できない。 でも安倍晋三は国際級の犯罪者である。 それはネットでも明らかになっている。 カナダのトルドー首相もカバール犯罪者で、GPS装置をつけられている画像が出回っている。 安倍も、国内のモリカケや桜会などとは別な国際的犯罪を犯していても不思議ではないのだ。 各国首脳級でGPS装置をつけられている者はその状況が分かる動画を公開する義務があるという。 うすつまらない自邸内動画はその目的のものだったのたろうか。 ともかく。 無能の上に国際級の犯罪者。 こんな者をいつまでも総理大臣の座に就かせていてはならない。

次の

「俺は安倍晋三が大っ嫌い」 元BOOWYの“反骨ツイート”が話題 安倍昭恵の「オキニ」となった布袋寅泰とどちらが本物の

安倍 晋三 ツイート

こんばんは。 そんな中でどうしても今まで見つけられないものがありました。 それは安倍晋三氏本人が書いた文章です。 国会答弁、記者会見、ツイートでも繰り返される 「いわば、まさに文体」。 官僚が書いて代読しているだけのいわゆる ポエム朗読スタイルの文章と言葉。 (あれも充分にひどいものですが)その奥にある安倍総理の本当の言葉、文章能力について考察するべく百田尚樹氏との対談本にまで手を出しましたが、そこでもやはり本人の文章は見つかりませんでした。 しかし昨日、友人のアルファツイッタラーであり、ネトウヨ研究の第一人者である RYO氏( )からついに 本人投稿疑惑ツイートの情報が入りました。 まずは安倍総理の通常のツイートです。 先ほど専門家会議の結果について報告を受けました。 緊急事態宣言のもと、国民の皆様の多大なご協力により、我が国においては諸外国のような爆発的な感染拡大を逃れており、一定の成果が現れはじめている、というのが専門家の皆様の評価であります。 それについては各自ググってください。 その一連の投稿が2018年のこちらです。 また、広範な知識に基づく高い見識を持っておられ、そして、また強い信念を持っておられました。 拉致問題についても、政府の取組について、正にボランティアとしてですね、ずっと協力をしていただきました。 本当に残念です。 心から御冥福をお祈りしたい思います。 しかしさらに 内容を読んで異常な文章能力の低さに驚愕したのです。 誤字脱字誤表現満載、、、これは 「津川さんへの追悼文なので今日は自分で書いてみるぽよ!投稿だけiPhoneからよろぴっぴ!」と 本人が書いた可能性が非常に高い文章ではないでしょうか? 以下、ツッコミと添削をしていきましょう。 まず1つ目のツイート。 「本当に」の重複や赤線部分に若干の違和感はあるものの無難に乗り切っています。 しかし次のツイートから一気に違和感が広がります。 まず 「本当に」がすでに3回使用されていることに幼稚さを感じます。 そして「感謝申し上げたいと思ってます。 」衝撃の「い」抜き。 今までの不自然なほどの謎敬語から一転、ここで急にバイトの後輩からのLINEみたいになってしまいました、、、泣 赤線の 「正に、」もじわじわきます。 これは安倍総理が口頭でもよく使う表現ですが漢字で文章化するケースは珍しいと思います。 そして最後の一文がなんとなくしっくりきません。 「特に、大河ドラマ徳川家康において、その圧倒的な存在感、風格を示しておられましたことを、今でも深く記憶に残っています。 」 赤線の おられましたことをがどうにも引っかかるので正しい日本語として添削すると、 「特に大河ドラマ徳川家康において、その圧倒的な存在感、風格を示しておられたことが、今でも深く記憶に残っています。 」 こちらのほうが文章としてしっくりくるのではないでしょうか?どうやらこれを書いた人物は、 敬語と、てにをはに難があるようです。 読点の多さも気になります。 安倍たんは故人の出演作についても事実誤認をしているようです。 細かいことですが、冒頭の 「そして」は不要ですね。 その後の一文で突然、 まったく読点がなくなるのも謎です。 今までの読点打ちまくりスタイルから急変しました、汗 さらに 「ジャポニズム2018津川さん」ここに句点がないので「 ジャポニズム2018津川さん」というイベント名になってしまいました、、、絶句 「思いますし。 」ここもなぜか読点ではなく句点。 なぜ?? 最後にまた出ました「至ったと思ってます。 」2度目の 「い」抜き。 バイトの後輩文体 、、、、 総理、、、残念っす。 そろそろシフト変わってほしいす、泣 いよいよ衝撃のラストです。 当然のように「また」の重複。 そして なぜか今回の「正に」には読点無し!統一しよう!さらに急な 「ですね」の口語調。 トリッキーです。 一応、文章で飯を食う者の端くれとして頭がクラクラしてきました。 口語と文語の壁を自由に往復する中学生ギャルのような文章です。 そして1億人の日本人全員を驚愕させる衝撃のラストを迎えます。 1億総ズッコケです。 「心から御冥福をお祈りしたい思います。 この文章を本当に安倍総理自身が書いたものだとすると、 ・てにをはに難がある。 ・謎の敬語。 (時々バイトの後輩) ・「また」などの不要不急な使用。 ・句読点の使用法がわからない。 ・口語と文語の違いを理解していない。 ・突然の関西弁。 (自分で文章を読み返していない) いわば、まさに、安倍晋三総理は小学生レベル。 siri以下。 成人としては異常に低い文章能力の持ち主だということになります。 そしてお付きの官僚が、この文章をチェックせずに投稿したと考えるとまた恐怖です。 裸の王様的な権力構造の歪みを痛感して寒気がします。 一国の総理が公に出す文章を本人はおろか、まさか官僚も誰も読み返していないなんて、、 (仮に本人以外の手で書かれた文章だとしても、恩人、津川雅彦氏への追悼文をこのような形で残していることは無能であると言わざるを得ません。 ) いずれにせよ、このような日本語能力しかない人々にもう7年半もこの国は政権を任せてきた。 人々の生命や財産、税金の使い方から経済、国防、コロナ対策まで任せてきた、、、、そりゃあ無理だ、、、めちゃくちゃになるわけだ、、、 私はこの事実に滂沱の涙が出るばかりです。 大企業などのスポンサーを持たないことで忖度の無い情報発信が可能です。 この記事は無料公開ですが、余裕のある方はクリエイターサポートから課金していただけると幸いです。

次の

【安倍晋三】今度は#安倍晋三に抗議します 国民怒り心頭で30万ツイート|日刊ゲンダイDIGITAL

安倍 晋三 ツイート

こんばんは。 そんな中でどうしても今まで見つけられないものがありました。 それは安倍晋三氏本人が書いた文章です。 国会答弁、記者会見、ツイートでも繰り返される 「いわば、まさに文体」。 官僚が書いて代読しているだけのいわゆる ポエム朗読スタイルの文章と言葉。 (あれも充分にひどいものですが)その奥にある安倍総理の本当の言葉、文章能力について考察するべく百田尚樹氏との対談本にまで手を出しましたが、そこでもやはり本人の文章は見つかりませんでした。 しかし昨日、友人のアルファツイッタラーであり、ネトウヨ研究の第一人者である RYO氏( )からついに 本人投稿疑惑ツイートの情報が入りました。 まずは安倍総理の通常のツイートです。 先ほど専門家会議の結果について報告を受けました。 緊急事態宣言のもと、国民の皆様の多大なご協力により、我が国においては諸外国のような爆発的な感染拡大を逃れており、一定の成果が現れはじめている、というのが専門家の皆様の評価であります。 それについては各自ググってください。 その一連の投稿が2018年のこちらです。 また、広範な知識に基づく高い見識を持っておられ、そして、また強い信念を持っておられました。 拉致問題についても、政府の取組について、正にボランティアとしてですね、ずっと協力をしていただきました。 本当に残念です。 心から御冥福をお祈りしたい思います。 しかしさらに 内容を読んで異常な文章能力の低さに驚愕したのです。 誤字脱字誤表現満載、、、これは 「津川さんへの追悼文なので今日は自分で書いてみるぽよ!投稿だけiPhoneからよろぴっぴ!」と 本人が書いた可能性が非常に高い文章ではないでしょうか? 以下、ツッコミと添削をしていきましょう。 まず1つ目のツイート。 「本当に」の重複や赤線部分に若干の違和感はあるものの無難に乗り切っています。 しかし次のツイートから一気に違和感が広がります。 まず 「本当に」がすでに3回使用されていることに幼稚さを感じます。 そして「感謝申し上げたいと思ってます。 」衝撃の「い」抜き。 今までの不自然なほどの謎敬語から一転、ここで急にバイトの後輩からのLINEみたいになってしまいました、、、泣 赤線の 「正に、」もじわじわきます。 これは安倍総理が口頭でもよく使う表現ですが漢字で文章化するケースは珍しいと思います。 そして最後の一文がなんとなくしっくりきません。 「特に、大河ドラマ徳川家康において、その圧倒的な存在感、風格を示しておられましたことを、今でも深く記憶に残っています。 」 赤線の おられましたことをがどうにも引っかかるので正しい日本語として添削すると、 「特に大河ドラマ徳川家康において、その圧倒的な存在感、風格を示しておられたことが、今でも深く記憶に残っています。 」 こちらのほうが文章としてしっくりくるのではないでしょうか?どうやらこれを書いた人物は、 敬語と、てにをはに難があるようです。 読点の多さも気になります。 安倍たんは故人の出演作についても事実誤認をしているようです。 細かいことですが、冒頭の 「そして」は不要ですね。 その後の一文で突然、 まったく読点がなくなるのも謎です。 今までの読点打ちまくりスタイルから急変しました、汗 さらに 「ジャポニズム2018津川さん」ここに句点がないので「 ジャポニズム2018津川さん」というイベント名になってしまいました、、、絶句 「思いますし。 」ここもなぜか読点ではなく句点。 なぜ?? 最後にまた出ました「至ったと思ってます。 」2度目の 「い」抜き。 バイトの後輩文体 、、、、 総理、、、残念っす。 そろそろシフト変わってほしいす、泣 いよいよ衝撃のラストです。 当然のように「また」の重複。 そして なぜか今回の「正に」には読点無し!統一しよう!さらに急な 「ですね」の口語調。 トリッキーです。 一応、文章で飯を食う者の端くれとして頭がクラクラしてきました。 口語と文語の壁を自由に往復する中学生ギャルのような文章です。 そして1億人の日本人全員を驚愕させる衝撃のラストを迎えます。 1億総ズッコケです。 「心から御冥福をお祈りしたい思います。 この文章を本当に安倍総理自身が書いたものだとすると、 ・てにをはに難がある。 ・謎の敬語。 (時々バイトの後輩) ・「また」などの不要不急な使用。 ・句読点の使用法がわからない。 ・口語と文語の違いを理解していない。 ・突然の関西弁。 (自分で文章を読み返していない) いわば、まさに、安倍晋三総理は小学生レベル。 siri以下。 成人としては異常に低い文章能力の持ち主だということになります。 そしてお付きの官僚が、この文章をチェックせずに投稿したと考えるとまた恐怖です。 裸の王様的な権力構造の歪みを痛感して寒気がします。 一国の総理が公に出す文章を本人はおろか、まさか官僚も誰も読み返していないなんて、、 (仮に本人以外の手で書かれた文章だとしても、恩人、津川雅彦氏への追悼文をこのような形で残していることは無能であると言わざるを得ません。 ) いずれにせよ、このような日本語能力しかない人々にもう7年半もこの国は政権を任せてきた。 人々の生命や財産、税金の使い方から経済、国防、コロナ対策まで任せてきた、、、、そりゃあ無理だ、、、めちゃくちゃになるわけだ、、、 私はこの事実に滂沱の涙が出るばかりです。 大企業などのスポンサーを持たないことで忖度の無い情報発信が可能です。 この記事は無料公開ですが、余裕のある方はクリエイターサポートから課金していただけると幸いです。

次の