トイレリフォーム 費用 ぼっとん。 トイレのリフォーム費用の相場はどのくらい?

トイレリフォームは補助金を使うのがお得!

トイレリフォーム 費用 ぼっとん

トイレの床は突然腐食するのではなく、ある程度時間をかけて腐食します。 トイレの床が腐食してしまう原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。 トイレの床が腐食する原因と症状をそれぞれ見ていきましょう。 トイレの床が腐食する原因 トイレの床が腐食する原因は水漏れや水はね、トイレの湿度が高いことなどが考えられます。 水漏れや水はね トイレから水漏れや尿などが水はねすることによって、水分が床に吸収されトイレの床は腐食します。 トイレから水漏れした場合、その都度乾いた雑巾などで拭き取らないと床の表面がふやけて腐食しやすくなるでしょう。 また、トイレから水漏れを起こしている場合は、まずトイレのどこから水漏れしているのか原因を探し出す必要があります。 そして、トイレの水漏れの修理が完了した後に床の張り替えなどのリフォームを行います。 湿度が高い トイレの湿度が高くなると、タンクや便器の周りに水滴がつきやすくなります。 これはタンク内の冷たい水と暖かい室温の温度差によるもので、空気中の水分がタンクに結露を発生させます。 その他にトイレ内の湿度が高いと床などが常に湿っている状態なので、カビが発生することもあるようです。 トイレの湿度が高い場合は、換気扇をこまめにつけてトイレの中の湿度を一定に保つようにするといいでしょう。 トイレの床が腐食したときの症状 トイレの床が腐食した場合はどのような症状が床に現れるのでしょうか。 床が腐食することで変形して浮く トイレの床が腐食すると床材がフローロングの場合、床板が変形して浮くことがあります。 また、クッションフロアの場合、接着剤の効果が弱まりクッションフロアが浮いてしまうことがあります。 クッションフロアが浮いた部分は膨れたように見えたり、踏みこむと沈み込むような感触になるようです。 接着剤の効果がない状態なので、クッションフロアが剥がれてしまうこともあります。 床が腐食することで柔らかくなる 床は腐食すると柔らかくなり、ぶよぶよとした触感になります。 軽度の腐食の場合、床材の表面だけが腐食するのですが、水漏れなどが進行すると床を支える根太や大引きなどの基礎部分が腐食する恐れがあります。 床材が腐食すると広範囲に広がる恐れがあるため、床の腐食を見つけ次第早めに対処するようにしましょう。 トイレの床が腐食した場合のリフォーム内容と工期 トイレの床が腐食した場合のトイレリフォーム内容と工期などの例をご紹介します。 トイレの床下基礎を含む床材の張り替えと新規トイレの設置をした場合 トイレの床下地が腐食した場合、腐食した部分は取り除き床下の根太や大引きなど床を支える土台を修復し、床材の張り替えをしなければなりません。 また、トイレの水漏れが原因だった場合、トイレのタンクや便器などの水漏れの修復が不可能ならば、新しいトイレに交換する必要があります。 トイレの床下地の修復を含んだ床材の張り替えと新規トイレを設置した場合の工期は、約1日で費用相場は約30万円からです。 トイレの本体のグレードや床の素材、工期によって費用は変動します。 腐食した床材の修復とトイレを再度設置した場合 トイレの床材が腐食し、トイレが約1cm沈んでいたりグラグラするような場合は、一度床材と便器を外し床下の下地や土台の劣化状況を確認します。 床材だけが腐食している場合は、床の張り替えをし便器を元の場所に戻します。 腐食した床材の修復とトイレを再度設置した場合の工期は約1日で、費用相場は約12万円程度です。 トイレの床が腐食した場合の床の張り替え費用相場 トイレの床が腐食した場合、床の張り替えリフォームをするときの費用相場はどれくらいなのでしょうか。 トイレの床の張り替え費用相場やトイレの床下の下地や土台から交換するときの費用相場などをご紹介します。 トイレの床の張り替え工事の費用相場 トイレの床を張り替えするときの費用相場は、どのような床材を使用するかによって変わります。 トイレに使われる床材別に費用相場を見ていきましょう。 【トイレが1畳の場合】• クッションフロア:約2万円~約4万円• フローリング:約3万円~約6万円• フロアタイル:約3万円~約5万円• タイル:約4. 5万円~約12万円 クッションフロアの場合、トイレに使用する床材の中では比較的安価な価格相場となります。 またフローリングとフロアタイルは大体同じくらいの価格相場で、タイルが最も高額になりやすい傾向にあります。 トイレの床下の基礎を交換するときの費用相場 トイレの床下が腐食した場合、床を支える根太や大引きなどの基礎を交換をして補修する必要があります。 床下の基礎を補修し、新しいクッションフロアを張り替えるときの費用相場は約10万円になります。 床材と床下の状態で費用が大きく変わる トイレのリフォームをするときに、床材のみ腐食しているのか床下の土台まで腐食しているのかによって、かかる費用は変わります。 例えば、クッションフロアだけ腐食しているのであれば張り替えるだけなので費用が安く済みますが、トイレの床下の基礎まで傷んでいる場合は、基礎を補修しなければならないため費用もその分高額になるようです。 トイレの床を張り替えるときの床材の選び方 トイレの床を張り替えるときの床材はどのような素材を選んでいけばいいのでしょうか。 クッションフロア、フローリング、タイルの床材別にメリットやデメリットを見ていきましょう。 掃除がしやすいクッションフロア クッションフロアはビニール製のため、水に強いのが特徴です。 水や尿が付着しても簡単に拭き取ることができ、掃除がしやすい床材にのためトイレの床材としてコストパフォーマンスが高い素材と言われています。 またクッションフロアは水に強い特性のため腐食しずづらいのがメリットです。 一方、ビニールがゆえに歩くとくっつくようなべたつきを感じてしまうのがデメリットだと言えるでしょう。 しかし、デザインや色も豊富で施工しやすい床材であるため価格も安くなり、トイレの床材の中では一番選ばれている床材です。 無垢のフローリングは変色しやすい 無垢のフローリングは素足で触れると気持ち良く、トイレの床をリビングや廊下と同じフローリングにすることで統一感が出るでしょう。 しかし、無垢のフローリングは水分に弱く変色しやすい床材です。 また、尿がはねた場合は、シミになったりアンモニア臭がなかなかとれないことがあるため、トイレの床材としてはあまりおすすめできません。 トイレも周りと同じフローリングにしたい場合は、フローリングの表面に防汚加工や防臭加工などが表面に施してあるフローリングを選ぶといいでしょう。 タイルは機能的なものが豊富 タイルをトイレの床材にするだけで高級感を演出することができます。 タイルと言ってもテラコッタタイルなどの吸水性が高いタイルではなく、施釉タイルのような吸水性が低いタイルの方がトイレの床に向いています。 またタイルには近年様々なデザインや色があり、トイレ用に加工されているタイルも多いようです。 例えば、臭いや菌を抑制するセラミックタイルや汚れが落ちやすいタイルなどがあります。 一方タイルのデメリットは、目地が汚れたりカビが生えることです。 そのため、タイルを選ぶときはお手入れしやすく、目地の面積が少ない約30cm~約45cmサイズの大きめのタイルを選ぶのがおすすめです。 トイレの床にタイルを選ぶと費用は少し高額になりますが、お掃除が簡単でメンテナンスも楽になり、満足感を得ることができるでしょう。 トイレの床を張り替えるときのリフォーム業者の選び方 トイレの床を張り替える場合、リフォームにかかる費用の目安が分かりにくいことがあると思います。 1社に見積もりを依頼してもその金額が高いか安いか判断できかねないため、正確な金額が知りたいときは複数の業者に相見積もりを依頼すると、おおよその費用相場が見えてくるでしょう。 また、業者選びの際は水回りのリフォームに強い専門業者を選ぶのがおすすめです。 水回り専門のリフォーム業者の場合、トイレなどの設備機器を大量に仕入れることでコストダウンすることが可能なため、費用が割安になる可能性があります。 その他に、トイレの下地部分が傷んでいた場合は床を支える下地や土台を修復しなければならず木材を組み直す必要がありますが、いい加減な工事をされてのちにトラブルになるケースもあるようです。 作業に職人の技術力が必要になるため施工不良を防ぐためには、熟練した職人が在籍している業者を選ぶことで安心できるのではないでしょうか。 水回りに精通している業者は多いため選ぶのも大変ですが、見積り金額で決めるだけでなく施工実績が多く信頼できる施工会社に依頼するようにしましょう。

次の

TOTOネオレストNXは高い!デザインが素晴らしく掃除も楽だから?|リフォームカンタ【費用や工事のことなどお役立ち情報を発信中】

トイレリフォーム 費用 ぼっとん

トイレの変更内容• 水洗式便器(TOTO ネオレストEX)への変更。 壁と天井は構造用合板とベニア張りのクロス(壁紙)仕上げ。 3.床は根太を追加して、合板張りのクッションフロア仕上げ。 4.手洗い(レストルームドレッサー)の取り付け。 5.手すりと紙巻器の取り付け。 クロスはホームセンターで巾920mmの5mロールを買いました。 値段は忘れました。 工事の注意点 トイレ工事をする場合はトイレが使えなくなりますので、簡易トイレを設置する必要があります。 最近はダンボールでできた安い携帯簡易組立トイレがあるみたいです。 組立式ですので、アウトドアにも便利ですね。 トイレの内装&配管工事 これより前の 衝撃画像もありますが、あまりにも 衝撃画像なので自主規制させて頂きました。 以前は公開していましたが、今はリンクしておりません。 古いトイレによくある、下はタイル張りです。 友人にエアーハンマーを借りてハツリました。 便器は今まで見た事が無いくらい汚く、これの取り外しのみで私は2万円位もらわないとやりたくないです。 中央の白い板は臭い防止に置いています。 床を解体します。 約20年経過しているので、釘の頭が取れてしまい、釘は抜けません。 床の合板をバールで壊しながら取りました。 床を解体するだけで半日以上かかりました。 下に床がバラバラになり、散乱してます。 ここで下水道工事に入りました。 DIYでしたかったのですが資格が必要なので諦めました。 見積もりしてもらうと、穴掘りを自分でして70万円の業者と全て任して50万円と80万円の業者がありました。 もちろん50万円の業者に発注しました。 配管が全部で80メートル以上あるのでかなり高いです。 なんと3人で、たった2日半で終了してしまいました。 部材は10万円程度なので、重機のレンタルを入れてもかなり高いような気がします。 こんなにいい商売なら水道屋になろうかと思いました。 壁の下地を作りました。 少しでも空間を広くする為に柱の面に合わせて胴縁を取り付けました。 合板を張り付け、ネジの部分や繋ぎ目にパテを塗り段差をなくしました。 排水と水道の配管も便器の施工説明書通りにして、合板に穴を開けてネジで固定しました。 便器&手洗いの設置 とりあえず、すぐにトイレは必要なのでクロス(壁紙)を2面のみ貼り、床にクッションフロアを張って、トイレを取り付ける為の部品を付けました。 まず、陶器の部分から取り付けします。 そして、上部の機能部を取り付けして、リモコンを付けたら完成です。 前のトイレがあまりにも汚かったので、奮発してTOTOのタンクレストイレ・ネオレストEX(定価35万円)を取り付けしました。 施主の色変更で業者が在庫していた物を安く購入しました。 タンクレストイレですので、手洗いがありません。 yahooオークションで高級なレストルームドレッサーGT(定価10万円)が安く出ていたので購入しました。 ちょっと大きすぎたかな。 完成 ほぼ完成しました。 後は紙巻器と手すりを付けて、窓枠を付けたらドアだけかな。

次の

一戸建てのトイレリフォーム費用・相場をチェック|「ホームプロ」リフォーム会社紹介サイト

トイレリフォーム 費用 ぼっとん

トイレのリフォームを安く出来ないかな?と思っても• ・適正な価格が判らない• ・どのようにコストを削っていけばよいか判らない という悩みがあるのではないでしょうか。 トイレのリフォームは人生でそう何度もすることではないので、費用に関しての悩みがどうしても出てきてしまいます。 そこでこのページでは、• ・トイレリフォームの費用相場• ・安くトイレリフォームを実施するコツ• ・格安でトイレリフォームを行った事例 を紹介しますので、読み終わった段階で、トイレリフォームの相場観と安くするコツ、完成のイメージまで思い描けるよう解説していきますので、最後まで読んでご自身のリフォームの際に参考にしてください。 費用相場は30万円~40万円が中心価格帯 ホームプロ経由でリフォームしたトイレ約1700件の事例を見ると、費用の相場は30万円~40万円が中心価格帯となります。 参考ページ: こちらの価格は中心価格帯になるので、もちろん製品のグレードや壁や床をどこまでリフォームするかなどで金額は上下します。 このページをご覧のあなたは、少しでも金額を安くしてトイレのリフォームをしたいと思いますので、以下から工事の金額を抑える方法を解説していきます。 トイレを安くリフォームするコツ トイレを安くリフォームするコツの代表的な例として以下の7つが挙げられます。 もちろん、譲れない部分や時間の兼ね合いで、すべての方法ができるとは限りませんが、十分参考になる情報ですので参考にしてみてください。 工事内容を考える 最初に紹介する安くリフォームするコツは、工事内容を考えるということです。 具体的には、トイレの空間すべてをリフォームするのではなく、便器の交換だけ実施すると 製品の代金+旧便器の撤去・運搬費+設置費 だけで済むため、思った以上にコストを圧縮することが可能になります。 製品のグレードを考える 続いて考えたいのは、製品のグレードを考えることです。 これは、某有名メーカーの例ですが、最安のグレードと最高のグレードとで以下の定価の差があります。 295,000円~604,000円 もちろん最高のグレードになると、除菌機能や特殊な洗浄方法で水が流れる、デザイン性が良いなどのメリットもあります。 ただ、上記に挙げたような機能が本当に必要かどうかコストと労力を検討することで、安くトイレのリフォームができるかどうかが決まってしまいますので、時間をかけて考えてください。 床材や壁紙のグレードを考える トイレの室内すべてをリフォームするなら床材や壁紙に関しても、コスト削減をする余地はあります。 例えば壁紙は安いものを選ぶ、床はクッションフロアを選ぶなどの工夫をすることでコストを圧縮することが可能です。 DIY 水道の元栓を締めて自分で便器を入れ替えることができるのであればDIYも可能です。 ただ、便器を取り外したあとの撤去や新しい便器の搬入で力仕事が発生しますし、旧便器を引き取ってもらう先を探すなど、事前に考えることがあります。 これらの条件をクリア出来そうなDIYで工事費を浮かすことができます。 なお、ボルト等の締め付けや設置する場所がズレてしまうと水漏れが起こる可能性もあるので、本当にDIYが可能かはよくよく検討してください。 施主支給 前提として、リフォーム会社から出てきた見積もりよりも製品代金やすくなれば、施主支給もコストを安くする方法として使えます。 ただ、施主支給だと本体に不具合があった場合に、最初からあったのか工事をする会社が問題があったのか判らないケースになる場合もあり、嫌がる会社も多いのが現状です。 そのため、商品を自分で仕入れて工事だけやってくれるか事前に確認する必要があります。 トイレリフォームが得意な会社に頼む 例えば、外壁のリフォームを売りにしている会社は、あまりトイレのリフォームの数をこなしていません。 基本的に仕入れ数が多いほど、金額が安くなるため、あまりトイレのリフォームをやっていない会社は仕入れ数が少なくなり、商品代金が高くなりがちです。 また、トイレのリフォーム数が少ないことから、自社施工であれば対応できる職人さんの数も限られ、スケジュールが空いておらず、着工までが長くなる可能性もあります。 以上の理由からトイレの工事を多く取り扱っている会社に頼むのも安くするポイントになります。 複数業者から見積もり 一つのリフォーム会社からしか見積もりを取らないと、その価格が高いのか安いのか判断ができません。 リフォームはその家ごとにダメージやトイレ室内の形状が異なるため、都度見積もりとなり、定価が存在しません。 そのため、一つのリフォーム会社からしか見積もりを取ってない場合、安いのか高いのか判断がつかないのです。 そうは言っても、複数のリフォーム会社を探すのは大変ですよね? ホームプロなら審査に通過した1200社以上のリフォーム会社を、最大8社紹介できるので自分で探す必要がありません。 また、他の一括見積もりサイトと違い、最初は匿名 現地調査の依頼を出すまで で利用できるため、しつこい電話営業など受けることはないので、実績を吟味した上でリフォーム会社を自宅に見積もりに呼べるので安心です。 お得にトイレのリフォームをしたいなら、ぜひ以下のボタンから会社紹介を申し込んでください。 安くトイレリフォームを実施した事例 最後の安くトイレのリフォームを実施した事例を3つ紹介します。 安くてもかなりしっかりとしたトイレリフォームが出来た事例となりますので、ぜひ参考にしてみてください。 マンションのトイレ交換工事 床と壁、天井はそのままで、トイレ本体のみを交換した事例になります。 10万円とかなり安く工事をしましたが、最新型のトイレを短い期間で導入することが出来た事例です。 参考事例: 戸建て住宅トイレ交換工事 本体の交換を行うことで、節水やメンテナンス性が上がりました。 温水洗浄便座付きなので、冬場のトイレでの寒さも改善された事例です。 参考事例: ローコストで手すりも設置 ローコストでウォシュレット付きのトイレにリフォームをした上で高齢者でも利用しやすいよう、手すりもつけた事例になります。 参考事例: ホームプロでは、このページ以外にもトイレリフォームの役立つ情報を発信していますので、以下のページから気になる情報を確認してみてください。 関連ページ:.

次の