コンクリート ゴミ。 水たまり対策「DryTech ドライテック」 透水性舗装仕上材|生コンポータル

コンクリートブロックやレンガの捨て方。重くても普通ゴミでOK!

コンクリート ゴミ

DIYなどで、庭や塀などにコンクリートを使ったことのある方も多いのではないでしょうか。 そのなかで、「余ってしまったり、古くなってしまったりしたコンクリートの処分方法がわからなくて放置してしまっている!」という方はいませんか? じつは、コンクリートの処分は単純に不燃ゴミに出せばいい……というものではありません。 処分するのにもいろいろと決まりがあります。 そこで今回は、そんなコンクリートの処分方法について、簡単にまとめていきます。 「どういった処分方法があるの?」「そもそも産業廃棄物なんじゃ……?」といった疑問に答えていきますので、今お困りの方も、今後DIYなどでコンクリートを使いそうな方も、ぜひご確認ください! コンクリートは不燃ゴミでは処分できない ご家庭でゴミとして出てきてしまったコンクリートの多くは、ブロックやパネルなど、それなりの大きさがあるものが多いのではないでしょうか。 こういったゴミを不燃ゴミとして処分しようとすると、その大きさが問題になることがあります。 あまりに大きいゴミになると、不燃ゴミではなく粗大ゴミという区分になってしまうのです。 ゴミの処分についての基準は自治体によっても異なりますが、多くの場合、ゴミの一辺の長さがある程度以上になると、不燃ゴミとして処分することはできません。 粗大ゴミの処分は特殊である場合が多いので、各自治体にきちんと確認してから処分する必要があります。 費用がかかる場合も多いので、まずはホームページなどで問い合わせるとよいでしょう。 ただし、大きさの問題さえクリアできれば不燃ゴミとして処分することができる自治体もあります。 そういった場合は、コンクリートをばらばらに細かく砕くことで不燃ゴミとして処分することができるのです。 不燃ゴミであれば、多くの場合は通常のゴミと同じように処分することができ、手間がかかりません。 「粗大ゴミとして処分するのが面倒!」という方は、細かく砕いて処分することを検討してみてはいかがでしょう。 粗大ゴミとしてコンクリートを処分する場合も、不燃ゴミとして処分する場合も、自治体によって規則が異なってきます。 まずは地域の自治体やクリーンセンターに問い合わせるなどして、正しい処分方法を選ぶようにしましょう。 特に粗大ゴミではかなりしっかりとした決まりがあることが多いので、事前に確認することが大切です。 ここで注意しなければいけない点として、自治体によっては、そもそもコンクリートの処分自体をおこなっていないところもあるということがあげられます。 そういった自治体では、コンクリートが「適正処理困難物」というものに指定されていることがあるのです。 適正処理困難物とは、市町村が処理する一般廃棄物のうち、処理が困難なもののことで、不燃ゴミとしても粗大ゴミとしても回収してもらうことはできません。 コンクリートは産業廃棄物? ご家庭でコンクリートを処分するとき、「産業廃棄物なのではないか?」と不安になる方もいるかもしれません。 業務上出た金属くずや汚れた泥などは、国によって産業廃棄物に指定されています。 これらの産業廃棄物は、本来は国が定めた業者や施設によって、適切に処分されなければなりません。 そんななか、産業廃棄物の処分にはコストがかかるため、不法投棄などが問題視されているという現実もあります。 コンクリートの処分をするうえで、もし自分もそういった不法投棄に加担してしまっていたら……といった心配もあるでしょう。 しかしご安心ください。 産業廃棄物とは、「事業活動にともなって生じた廃棄物」であると国によって定められています。 つまり、業務によって出たゴミでなければ、産業廃棄物とは呼ばれません。 ご家庭で出たゴミは事業活動によるものではありません。 したがって、たとえコンクリートであったとしても、産業廃棄物にはあたらないのです。 そのため、ご家庭で出たコンクリートを処分する場合には、産業廃棄物について心配しなくても大丈夫です。 粗大ゴミや不燃ゴミとして、各自治体の規則にしたがって処分してください。 大量のコンクリートがあるときは 大量のコンクリートを処分するとき、それらすべてを粗大ゴミや不燃ゴミとして処分するのはとても大変です。 粗大ゴミとして処分するためには自治体の発行する回収シールを買ったり、ゴミ処理施設であるクリーンセンターまで持って行かないといけなかったりと手間がかかるし、不燃ゴミとして処分するにも大量のコンクリートを細かく砕くのは大仕事になってしまいます。 そういったときは、不用品回収業者に依頼してコンクリートを回収してもらうというのも1つの手です。 回収業者に依頼する最大のメリットは、手間がかからないという点でしょう。 コンクリートはかなり重量があるため、自分で処分しようとすると運び出すだけで一苦労です。 しかし回収業者に依頼すれば、自宅まで引き取りに来てくれる場合もあるので、捨てる手間がぐっと減ります。 自分で処分するのが大変!という場合は、まずはお近くの不用品回収業者に見積もりをとってみるのもありかもしれません。 まとめ 自治体によっては、大きなコンクリートは粗大ゴミとして、小さなコンクリートや細かく砕いたコンクリートは不燃ゴミとして処分することができます。 ただし、コンクリートの回収をしていない自治体もあるので、まずは問い合わせてみることが大事です。 大量のコンクリートを処分したいという場合は、不用品回収業者に依頼するという手段もあります。 重くて運ぶのが大変そうだというときは、検討してみてもよいでしょう。 また、ご家庭で出るゴミは産業廃棄物にはあたりません。 産業廃棄物を取り扱っていない不用品回収業者に依頼することも問題なくできるので、ご安心ください。 コンクリートの処分を考えている方は、まずはお近くの業者に相談・見積もりをしてみることから始めてみましょう。 不用品回収を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

世界初の「コンクリート資源循環システム」を開発・実用化|TEPCOニュース|東京電力

コンクリート ゴミ

物干し台のコンクリートはどうやって廃棄処分するのか教えて下さい ご家庭の中では捨てにくいものは案外多いですが、特に捨てにくいものとして「物干し台のコンクリート」があります。 そう、あの物干し台が安定させるための重石です。 あのコンクリートってどうやって処分すべきなのでしょうか?そのような疑問を持つ主婦のお悩みを解決していきましょう。 自治体のごみの日に処分可能 物干し台のコンクリート部分は、自治体によりますが、基本的には「粗大ごみ」として処分することが出来るようになっています。 そのため、地域の処理局に連絡を取って処分が可能かどうかを確認するといいですね。 また、大きさによっては「燃やせないゴミ」に分類される場合もあるので、自治体ごとの処分ルールに従って、コンクリートを処分するといいですね。 「物干し台」と「コンクリート」は分類すべきか? 物干し台のコンクリートを捨てる時に疑問になるのが、「物干し台ごと処分することが出来るのか?」と言うことですよね。 これは自治体ごとに決まっていて、物干し台として処分できる場所と、コンクリートと分類して処分する自治体があるようです。 そのため、自治体に処分する依頼をする場合には、事前に確認をしておくのがよさそうです。 物干し台のコンクリートを処分するに困った場合は、基本的にはどの自治体でも粗大ごみとして処分することが出来るようになっています。 また、この処分時には、場合によっては物干し台ごと処分できることもあるので、物干し台全部の処分を依頼する場合には確認しておくのが良いですね。 ただし、お住まいの場所によってはゴミ処分できないこともあるので、そうした場合には地域の不用品回収業に回収依頼をしましょう。 当社においても、コンクリートブロックの処分を承っております。 東京 埼玉 千葉 埼玉の対象エリアでしたら、大量にあるコンクリートブロックの出張回収も可能です。 ぜひお気軽にご連絡ください。

次の

【コンクリートの捨て方】ゴミとしての出し方や処分・廃棄費用などを紹介!

コンクリート ゴミ

物干し台のコンクリートはどうやって廃棄処分するのか教えて下さい ご家庭の中では捨てにくいものは案外多いですが、特に捨てにくいものとして「物干し台のコンクリート」があります。 そう、あの物干し台が安定させるための重石です。 あのコンクリートってどうやって処分すべきなのでしょうか?そのような疑問を持つ主婦のお悩みを解決していきましょう。 自治体のごみの日に処分可能 物干し台のコンクリート部分は、自治体によりますが、基本的には「粗大ごみ」として処分することが出来るようになっています。 そのため、地域の処理局に連絡を取って処分が可能かどうかを確認するといいですね。 また、大きさによっては「燃やせないゴミ」に分類される場合もあるので、自治体ごとの処分ルールに従って、コンクリートを処分するといいですね。 「物干し台」と「コンクリート」は分類すべきか? 物干し台のコンクリートを捨てる時に疑問になるのが、「物干し台ごと処分することが出来るのか?」と言うことですよね。 これは自治体ごとに決まっていて、物干し台として処分できる場所と、コンクリートと分類して処分する自治体があるようです。 そのため、自治体に処分する依頼をする場合には、事前に確認をしておくのがよさそうです。 物干し台のコンクリートを処分するに困った場合は、基本的にはどの自治体でも粗大ごみとして処分することが出来るようになっています。 また、この処分時には、場合によっては物干し台ごと処分できることもあるので、物干し台全部の処分を依頼する場合には確認しておくのが良いですね。 ただし、お住まいの場所によってはゴミ処分できないこともあるので、そうした場合には地域の不用品回収業に回収依頼をしましょう。 当社においても、コンクリートブロックの処分を承っております。 東京 埼玉 千葉 埼玉の対象エリアでしたら、大量にあるコンクリートブロックの出張回収も可能です。 ぜひお気軽にご連絡ください。

次の