アメリカ 大統領 地獄 の ホット ライン。 キューバ危機をわかりやすく解説!核戦争を回避したケネディ大統領│アメリカ info

世界史ジョーク

アメリカ 大統領 地獄 の ホット ライン

まさかのトランプ大統領誕生に、アメリカだけでなく世界中のLGBTの間で「終わった……」「ショックが大きすぎる」「ひどい時代になる」といった声が次々に上がりました。 多くの人たちが驚き、落胆し、涙を流し、これからどうなってしまうのか…と頭を抱える様子が目に見えるようでした。 アメリカから出て行こうと真剣に考える人によりカナダの移民の公式サイトはパンクし、が鳴り止まず、自殺を思いとどまるよう呼びかける人もいました。 今回は、「トランプ大統領誕生がLGBTに与える影響」と題し、トランプに勝利をもたらした時代的・社会的背景や経済の問題はさておき、LGBTや他のマイノリティにとってトランプ当選がどういう意味を持つのか、これからどういう時代が訪れようとしているのか、といったことについて書いてみたいと思います。 日本のメディアではあまり報じられない、現地のLGBTのリアリティに寄り添えるよう、アメリカのLGBTサイトの記事もたくさん盛り込みました。 この記事では、LGBTに対するどんなヘイトがあったかをお伝えします。 同日、ゲイだからという理由で暴行を受け、「大統領は新しくなるんだ、おかま」と言われたという若者が頭から血を流している画像がTwitterにアップされました。 二人は結婚して何年も経っていますが、こういうことは初めてだそうです。 「これが自分に起こったことが信じられなくて、打ちひしがれています」「本当にいやな気持ちになりました」 ゲイとして史上最年少で市長に当選したアレックス・モース。 これまでにも怒りの手紙を受け取っていましたが、今回のメモは違った種類のものだったといいます。 は、「お前はゲイ。 最もわがままな人種の一つだ。 そのうち倒されるだろう」というメモを受け取りました。 市長は18日、Facebookにこれをアップし、「いつもより怖かった」「トランプが選ばれたことでエスカレートしていると思う」「同性婚を支持しないといった言説とは異なる、ゲイの人権を根本的に損なうような言葉だ」「今の状況に落胆している人も多いと思うが、もっと声をあげ、連帯していくことが大事だ」とコメントしました。 こうした報道が毎日のように出てきています。 TV番組『ル・ポールのドラァグ・レース』の司会を務める世界的に有名なドラァグクィーンのル・ポール(先日、エミー賞も受賞)は「」と語りました。 として、 「フルーツ(ゲイを意味するスラング)は装飾的な方がいい。 人目にさらされるところに吊るされたら感謝されるだろう。 飾り付けの指示はワイオミングにお願いするといい」と発言していたことが明らかになりました。 つまり、「おかまは吊るし首にしろ!」という意味です。 ワイオミングというのは明らかに、1998年、ワイオミング州でゲイの大学生マシュー・シェパードがヘイトクライムによって惨殺された事件のことを指しています。 しています。 移民、有色人種に対する攻撃に次いで、LGBTへの攻撃が多くなっています。 によると、当選後24時間以内にたくさんのトランスジェンダーの子どもたちが自殺を図ったそうです。 トランスジェンダーのためのホットラインへの電話は、当選が伝えられて数時間後には平常時の4倍になったといいます。 「トランス・ライフライン」の創設者グレタ・マーテラは、みんな日々の安全が脅かされると怯えていたと語っています。 「2日目になっても減っていません。 これは始まったばかりなのです」「トランプ当選は人々に希望を失わせています。 オバマ政権は、トランスジェンダーにとって素晴らしいものでしたが、トランプとマイク・ペンスはアンチLGBTだとみんな知っています」と。 マイノリティへの差別発言を繰り返し、人々の憎悪を煽ってきたトランプの選挙戦の影響を受け、当確の報とともに一気にこうしたヘイト行動が噴出しました。 そして、トランプの勝利は、以前から暴力にさらされてきたLGBT(特にトランスジェンダー)の人々を、次の4年間、どうやって生き延びるか、果たして安全に生活できるのか、という不安や絶望に駆り立てるものだったのです。 これは、冗談ではなく、命に関わることなのです。

次の

大統領が再び立ち上がる? フロム・ソフトウェアの『メタルウルフカオス』に再発やリブートなどの展開を匂わせる動き

アメリカ 大統領 地獄 の ホット ライン

ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏。 REUTERS 「弟、クリス・クオモ(CNNアンカー)が、新型コロナウイルス検査で陽性となった」 米ニューヨーク州知事アンドリュー・クオモ氏(62)は3月31日(米東部時間)、新型コロナ対策の定例記者会見中、突然こう明かした。 新型コロナウイルスは、国境も人種も貧富の差も超えて感染する「驚異的に人類を等しくするもの」(クオモ氏)だから、「(外出しないなどの)個人の責任」の重要性を訴えていた会見最後の下りだった。 連日午前11時ごろから開かれる定例会見でクオモ州知事は、ニューヨーク州で3月31日現在、感染者が7万5795人、州内の死亡者は30日の1218人から1550人に急増と発表した。 まさにニューヨーク州は「爆発的感染(オーバーシュート)」の中心地だ。 政治的に保守派である福音派キリスト教医師の慈善団体が、マンハッタンの中心にあるセントラル・パークに野営病院と臨時遺体安置所を設置。 LGBTQの患者が入院できるのかなど議論を呼んでいる。 REUTERS 弟クリス氏(49)は感染しているものの症状は軽く、自宅の地下室に自己隔離しながら、そこからニュース解説番組「クオモ・プライム・タイム」の放送を続けている。 米メディアによると、検査を受けたきっかけは発熱、寒気、息切れという新型コロナの症状3点セットがあったためという。 クオモ州知事は、弟の感染を話す間も、全く感情を見せなかった。 患者やスタッフの移動を簡単にする病院システムの統合など、この日発表した対策の目玉を話していた時と同じ表情と口調だった。 このクオモ州知事の人気が、アメリカで急上昇している。 アメリカ人の4人に3人が自宅待機という行き詰まった環境の中、他州の住民までが「癒しになる」と、定例会見のストリーミングを見ている。 以下のツィートからその心理がよくわかる。 「クオモ(の記者会見)で目が醒めるのは最高。 過去3年間、私たちが失ってたものを万物が与えてくれたような気がする。 困難な時におけるリーダーシップの自信に満ちた声」(人気コメディアン、チェルシー・ハンドラーのツィート) I love waking up to Andrew Cuomo. A confident voice of leadership during terrible times. The truth, for starters. — Chelsea Handler chelseahandler 3月24日には、「クオモを大統領に( CuomoForPresident)」というハッシュタグがトレンド入りするほどの人気だ。 リベラル派市民にとっては、独裁と朝令暮改のトランプ大統領にうんざりとしてきた反動とも言える。 彼の記者会見を毎日見ていると、アメリカ国民が求める「リーダーシップ」が浮き彫りになる。 と同時に、大都市で感染爆発が起きたらどんな経緯を辿るのか。 東京にも参考になるだろう。 初感染者から5日で緊急事態宣言 自宅待機が命じられているニューヨーク。 普段なら世界中の観光客で賑わうタイムズスクエアも閑散としている。 REUTERS 彼の新型コロナ対策会見を、州内で感染者第1号が発表された日から、時系列で辿ろう。 会見のプレスリリースは、英語のほかスペイン語、ロシア語、韓国語、中国語、ハイチ・クレオール、ベンガル語で提供されている。 3月2日 仲が悪いとされるビル・デブラジオ・ニューヨーク市長と異例の共同会見• 州内で初の感染者。 この時点で検査を受けた州住民が4人だったのに対し、1日1000人の検査を目指すと発表• 学校、公共交通機関、政府機関などに手を20秒間洗うこと、咳をするときに手ではなく肘で口を覆うことなどを指導 3月3日 2人目の感染者を発表。 前日に4000万ドルの緊急対策歳出をニューヨーク州議会が可決 3月4日 米疾病対策センター(CDC)の方針に従い、中国、日本、韓国、イタリア、イランにいるニューヨーク州立大、ニューヨーク市立大の留学生や研究員の帰国と、帰国後2週間の自己隔離を表明 3月5日 感染者数が22人となり、米最大都市ニューヨーク市内から3人が陽性になったため、州都オーバニーに緊急作戦センターを設置 3月7日 緊急事態宣言を発動。 州内感染者数は76人。 消費者保護局にホットラインを設け、マスクや消毒液などの便乗値上げを通報できるようにした 州内で初めての感染者が発表されて5日目、感染者数76人で緊急事態宣言が発動されている。 家賃未払いの立ち退き90日間免除 ニューヨーク市のホットスポットにある病院は、完全に医療崩壊を引き起こし、遺体収容場所がないため、路上にある冷蔵車に遺体を一部保管している。 REUTERS 3月9日 州ブランドのハンドサニタイザー(手の消毒液)を1週間に10万ガロン生産し、感染拡大地域、教育機関、自治体、公共交通機関などに配布すると発表。 州内感染者数は142人。 3月15日 ニューヨーク市出身の旧友・トランプ大統領に、検査体制、学校閉鎖、病院の受け入れ態勢に対する連邦レベルの戦略設定を公開書簡で要請。 ニューヨーク市など人口密集の5地域に2週間の自宅勤務を命令。 州内感染者は729人。 3月20日 3月22日午後8時から絶対不可欠ではない(non-essential)ではない事業の閉鎖、出勤禁止、自宅待機など事実上の外出禁止令を発令。 州内感染者数は7102人。 重症となる可能性が高い70歳以上の高齢者を守るための「マチルダ法」(マチルダは州知事の母親の名)を発表• 個人・事業の賃貸からの家賃未払いによる立ち退きを90日間免除• 医療用マスク、ガウンなど保護用具(PPE)の提供と増産を製造業者に要請 3月22日 米連邦緊急事態管理局(FEMA)が、国際会議場など4カ所に緊急病院を建設すると発表。 病院が新型コロナ患者の治療に集中できるように他の疾病の患者を収容する。 州内感染者数は1万5168人。 この日の夜からニューヨークは事実上の外出禁止、店舗などの営業禁止期間に。 14万床確保のためホテル・寮を利用 ニューヨークでのショッピングの中心地である「5番街」も、ほぼ全ての店が閉まっている。 REUTERS 3月25日 爆発的感染ピーク時の病院体制を発表。 州内の病床5万3000に対し、ピーク時には14万床が必要になるとし、ホテルや学校の寮などの利用を発表• 現存3000台の人工呼吸器に対し、4万台が必要として、連邦政府などへ要請 3月27日 FEMAなどがニューヨーク・マンハッタンの国際会議場内に1000床の緊急病院建設完了を発表。 州内感染者数は4万4635人。 3月29日 事実上の外出禁止令を当初の4月1日までから4月15日までに延長。 州内感染者数は5万9513人。 クオモ州知事の会見では毎回、新型コロナの空気中の粒子による感染を抑えるため、家族以外の人とは180センチ離れることを強調。 このため、事実上の外出禁止令を出した後は、会見ステージにいる関係者とも180センチ離れているほか、記者席も180センチ離れた状況で行なっている。 3月27日、マンハッタンの国際会議場を1週間で緊急病院に改築したことを発表したクオモ州知事(中)の会見。 改築に携わった州兵を招待したが、知事も州兵も180センチ離れて座っている。 Getty Images これに対抗するかのように、午後5時過ぎに開かれる新型コロナ対策の定例会見をしているトランプ大統領は、対策チームの医師も閣僚も演台付近にひしめく。 口では「180センチの社会的距離(social distancing)を」と言いながら、「高齢のスタッフ、そして会見に出席する記者やカメラマンの命を軽んじている」(元ホワイトハウスフォトグラファー)との批判を浴びている。 一方、クオモ州知事の「自信」と「リーダーシップ」の目玉とされているのが、データに基づいた透明性だ。 「私は医師、米連邦捜査局(FBI)、米疾病対策センター(CDC)などの専門家と毎日話している。 そしてデータに従って、感染拡大の推定をしている。 『どう思うか?』と聞く人がいるが、『思う』ではなく『認識している』ことを伝えている」(3月31日会見) クオモ氏は2011年に州知事に就任し、現在2期目。 同性愛者の結婚を合法化し、環境汚染の原因となる天然ガス発掘のフラッキング(水圧破砕法)を州内で禁止するなど、断固としたリベラルな政策で支持を得ている。 2020年大統領選挙に立候補するかメディアから追求されていたが、「任期が半ば」というのを理由に今年は立候補しなかった。 父親の故マリオ氏は1983年から2期の元ニューヨーク州知事。

次の

大統領が再び立ち上がる? フロム・ソフトウェアの『メタルウルフカオス』に再発やリブートなどの展開を匂わせる動き

アメリカ 大統領 地獄 の ホット ライン

新型コロナウイルス流行によるアメリカの死者が、4カ月足らずで10万人を超えた。 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で、新たに1桁増えた。 アメリカの死者は世界最多。 同国で確認された新型ウイルス感染者は169万人に上っており、世界全体の約3割を占めている。 最初の感染者がワシントン州で見つかったのは1月21日だった。 世界全体では、新型ウイルスの感染者は約560万人、死者は35万3414人が確認されている。 新型ウイルスは昨年末、中国・武漢市で見つかった。 <関連記事>• (日本時間28日午前現在)では、アメリカの死者は10万396人となっている。 同国の人口は約3億3000万人。 ただし、同大学によるとでは、アメリカは世界9位となっている。 ベルギー、スペイン、イギリス、イタリア、フランス、スウェーデン、オランダ、アイルランドが、アメリカより多い。 BBCのジョン・ソープル北米編集長はこの人数について、アメリカが朝鮮、ヴェトナム、イラク、アフガニスタンで44年間にわたり戦ったそれぞれの戦争で戦死した、米軍人の総数とほぼ同じだと指摘する。 ロイター通信の調査では、ニューヨークなど感染拡大が深刻な州において新型ウイルスの死亡率は落ちている一方、20州では24日までの1週間の新規感染者数が増えている。 ノースカロライナ、ウィスコンシン、アーカンソー各州で、感染者が増え続けているほか、シカゴ、ロサンゼルス、首都ワシントン郊外などの大都市圏でも目立った減少が見られていない。 ニューヨーク州は特に流行が深刻で、これまでに2万1000人以上が死亡しているが、死者数ははっきりと減り続けている。 同州内のホットスポットだったニューヨーク市ではピーク時、1日当たりの死者が数百人に上った。 病院は患者であふれ、医療施設の外には仮設の死体安置所が急造された。 アメリカの失業者は約3900万人に達している。 トランプ氏は、自らの政権の対策が無ければ、死者ははるかに多かっただろうと主張。 26日には、死者は現在の25倍に上っていた可能性があると述べた。 一方、トランプ氏に批判的な人は、対応が遅いと非難している。 トランプ氏は今回の感染流行を、当初は季節性のインフルエンザになぞらえるなど、あまり重視していなかった。 2月時点では、アメリカは新型ウイルスを「制圧した」と述べ、4月までには「奇跡のようにいなくなる」だろうとしていた。 死者については5万~6万人と予測。 その後、6万~7万人とし、さらに「10万人よりはかなり少ない」と変えた。 今月20日には、アメリカで確認された。 「我々の検査がはるかに優れていることを示しているからだ」と述べた。 ニューヨーク市にあるコロンビア大学の研究は、としている。 新型ウイルスの感染症COVID-19のワクチンは、現時点で存在しない。 効果が実証された治療法もないが、いくつかの治療法について試験が進められている。 死者数が増える中、アメリカ各州では社会経済活動の再開に向けた動きが続いている。 世界最大のテーマパーク、フロリダ州のディズニー・ワールドは、知事の許可が出れば7月11日に営業を再開する予定だ。 同州オーランドにあるディズニー・スプリングスはすでに、客数を制限しながら店やレストランの営業を始めている。 同時に、マスク着用を義務付けるなどのCOVID-19対策を講じている。 ラスベガスでMGMリゾーツが経営するカジノ4施設は、7月4日の営業再開を予定している。 同社は従業員に対しCOVID-19の定期検査を実施するとしている。 今月AP-NORCが実施したでは、米国民の49%がコロナウイルスのワクチン接種を希望すると回答した。 感染対策• 基本情報:• 予防方法:• なぜ外出を控えるのか:• 社会的距離とは:• 感染したか判断するには:• 心の健康: 在宅勤務・隔離生活• 在宅勤務:• 自主隔離:• 必要なものの調達: (英語記事 ) 提供元:.

次の