菊水 酒造。 菊水酒造の「アルコール77」の購入方法・効果は?高知県のメーカーがお酒として発売!|とまとまり木

菊水酒造 恩返しの価格は?消毒用アルコールと同じ度数のお酒とは?

菊水 酒造

高知・安芸市の菊水酒造株式会社が、消毒用アルコールと同等のアルコール分を含む、度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」を10日から販売する。 8日、同社の春田和城社長が取材に答えた。 スピリッツは酒税法では蒸留酒と同一ではないものの、一般的には蒸留酒のことを指す。 本商品も酒類に分類される。 開発のきっかけとなったのは18年7月豪雨。 同社が被害を受けた際に支援を受けた経験から、恩返しの意味も込めて、役に立つ製品を提供したいとの思いからだ。 「新型コロナウイルスの流行により、酒類原料である醸造アルコールは潤沢に流通しているにも関わらず、同じエタノールである消毒用アルコールや除菌用アルコール製剤が手に入らない状況が長期化していることに対し、酒類メーカーとして何かできるのではないかと考え開発致しました」。 2月下旬頃に開発を想定した検討に入り、3月中旬頃から製造開始に向け本格的に始動した。 通常の商品開発に比べ、関係省庁が多く、確認事項が多岐にわたったが、「各省庁には丁寧なご指導を頂き商品の製造に至りました」と振り返った。 本商品はすっきりとした高濃度エタノールを含むスピリッツであるためクセはなく、ほんのりとしたレモンの風味がついている。 度数が高くそのまま飲むのは難しいが「お客様のお好みに合わせて割材で割って頂く等していただければ、おいしく召し上がることができます。 また、アルコールが物足りないと感じた時などにもご利用いただけます」と説明した。 500ミリリットルで価格は1200円(税別)。 tosa-kikusui. html 上では「9日夜に販売サイトを掲載いたします」と告知している。 現在は1日1000件を超える問い合わせがあり、対応に追われている。 高齢者や子供がいる家庭、病院等医療関係からの注文もあるという。 7日には7都府県で緊急事態宣言が発令された。 経験したことがない危機に、江戸時代から続く伝統ある酒蔵が立ち上がった。 【南谷竜則】.

次の

菊水酒造からアルコール77が発売!消毒にも使える?

菊水 酒造

噴霧口をONにし、30cmくらい離してご使用ください。 使用後は噴霧口をOFFにして保管して下さい。 噴霧後は、ふきとりや水洗いは必要ありません。 菊水酒造のアルコール77は、キャップ付きの容器で売られていますので、スプレーボトルに入れかえて使うと便利です。 スプレーボトルは、PET容器だとアルコール濃度により容器破損の原因になります。 高濃度アルコールOKのものが安心です。 ショッピングのアルコール対応スプレーボトル一覧はこちらでご覧になれます。 ・フローリング ・塗装製品 ・皮革製品 ・ワックス等塗布面 ・樹脂 ・ゴム など 2)火気の近くでは使用しない 3)大量に使用の際は換気をする 4)初期火災の場合、水又は消化器で消化してください 5)眼や粘膜に触れた場合は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受けてください。 火気厳禁のため、注意が必要です。 パストリーゼについては、こちらからもご覧になれます。 次で説明します。 菊水酒造の「アルコール77」の使い心地や使用感は? 「アルコール77」は、手指の洗浄に使ったりした場合でも、お酒の臭いが残ったりはしないとのことなので、安心して使えそうです。 使った方によると、使用感はパストリーゼと同じだそうです。 アルコール度数が同じだからそうなんだろうけど、もっと他の酒造会社のアルコールが出回ってほしいわ~。 そうしたらパストリーゼの高額転売が無駄になってくるのに。 においはありません。 「アルコール77」飲めるのか?どんな味なのか?口コミや評判は? 「アルコール77」は飲めます。 実際に飲んだ方の声を集めました。 軽めのスピリタスといった感じでした。 との声です。 とのことです。 味的には、まあ甲種焼酎がいけるなら大丈夫だと思う。 — ねずみのティム 目? と飲みすぎが心配との声です。 私が飲んでる。 酔っぱらえて消毒もできて素晴らしいですねえ。 とのことです。 喉奥まで焼けるようなアルコール感を味わうには最適。 ロックなら香料の爽やかさも相まってすっきりした味わいに。 手元のジャスミン茶で割ってみたが、割材としても高ポテンシャル。 — じんのすけ jinnosukk ちょっとだけ味見したけど消毒用に使うのもったいないそうです。 ちょっとだけ味見したけど消毒用に使うのもったいない。 — コージ?? 使い心地や使用感は、パストリーゼ77と同じような感じです。 飲むことができ、味は好評です。 お読みいただきありがとうございました。

次の

あくまでもお酒、でも拭いた後はレモンの香り 消毒用アルコールと同じ度数の「アルコール77」、菊水酒造が発売

菊水 酒造

「アルコール77」はスピリッツに分類されるお酒 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の広がりで消毒用アルコールの品薄が続く中、消毒用アルコールと同じ度数のお酒を開発した。 通常、企業が消毒用アルコールを造ろうとすれば薬事法で定める医薬品等の製造許可の取得に時間がかかってしまうが、酒造会社がお酒を作って売ることに問題はない。 同社の発表文には「消毒や除菌を目的に製造されたものではありません」と記載しているが、中身は醸造アルコール(エタノール)、香料(レモン)、水のみ。 製造に当たっては「厚生労働省、県庁、経済産業局、国税局、消防等の関係省庁に確認し、ていねいな指導を受けた」という。 関連記事• 世界的にマスクが品薄となる中、古くからメリヤス業が盛んな東京・墨田区である試みが始まった。 地元企業の支援を兼ね、町会が布マスクをまとめて発注、各世帯に配布するという。 政府は4月1日、国内の全世帯(約5000万世帯)に布マスク2枚を配布する方針を示した。 なぜ布マスクなのか。 台湾のデジタル担当政務委員であるオードリー・タン氏が、使い捨ての医療用サージカルマスクを家庭で消毒する方法を紹介した動画を公開し、日本のネットユーザーの間で話題に。 消費者庁は、在庫がないにもかかわらずマスクの値段などを書いたチラシを配っていた2事業者に対し、景品表示法(おとり広告告示)に基づき再発防止の行政指導を行った。 関連リンク•

次の