ご教示意味。 「ご教示」と「ご教授」どちらが正解?正しい意味・使い方の決定版!

「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

ご教示意味

【概要】 この制度は 、貨物の輸入をお考えの方やその他の関係者の方が、輸入の前に税関に対して、当該貨物の関税分類(税番)、原産地、関税評価及び減免税についての照会を行い、その回答を受けることができる制度です。 事前に税番税率等がわかるので、原価計算より確実でき、輸入計画や販売計画を立てるための一助となります。 また、通関においても適正かつ迅速な申告が可能となり、結果として早期に貨物を受け取ることができるようになります。 【メリット】 事前教示は、原則として、文書による照会をしていただき、税関から文書により回答することによって行います。 事前教示回答書が示された回答内容は照会された商品の輸入通関審査に際し回答書が発出されてから原則3年間尊重されます。 なお、照会は、口頭等(電話や税関の窓口での照会)でも行うことができます。 ただし、口頭での照会は、文書照会の場合と異なり、輸入通関の審査上、尊重されるものではありませんので、より正確を期すため文書による照会をお勧めします。 また文書による回答以外は、照会者による意見の申出を行うことができませんのでご注意ください。 【その他】 文書回答の内容は、回答後原則として税関ホームページ等において公開することとしています。 公開に当たっては、行政機関の保有する情報の公開に関する法律に定める不開示情報に該当すると考えられる部分や守秘義務に抵触すると考えられる部分については、当該部分を伏せて公開します。 文書回答の内容が公開されることによる不利益を受けるおそれがある場合等、照会者が正当な理由を有する場合で、照会者から非公開期間(180日を超えない期間)の設定の要請があったものについては当該要請に係る期間後に、上記と同様に不開示情報等に該当する部分を伏せた上で公開することとなります。 具体的な照会方法につきましては、各分野別ページをご覧ください。 (下記のボタンをクリックすると各ページに移動します。

次の

「ご教示」と「ご教授」どちらが正解?正しい意味・使い方の決定版!

ご教示意味

読み方: ご教示【】 「示す」という意味の「」に、丁寧の「御」(ご)をた。 (に)教わる・もらう、・を受ける、というをするで用いられる。 「の」というの色濃い。 例としては、「ご教示いただく」「ご教示」「ご教示」「」といったが挙げられる。 も「」というを述べたである。 「(ご)」は、教わる側が、る者(のるという)を述べるであり、るの者が自らのをて「ご教示(する)」と述べるはない。 「(する)」のとして「(する)」というもある。 ただし「」はのにおいてするはほぼないよい。 「(ご)」はの等でもよく用いられている。 「」と似たのとして「」が挙げられる。 「」も「いただく」「」といったで用いられるが。 「ご教示」と「」のが特にされずに用いられているように例も。 「」は上「示す」という意味を、「」は「授ける」という意味を示す。 ・版では、「」の意味を「・をること」と定義している。 この点をと、「を渡す」というの「る」には「」がふさわしく、「をする」というの「る」には「」がふさわしい、といったが立つ。 たとえば、「のについて~」「もしでしたら私に~」という「ご教示」が合う。 「もたらしたについて~」「のについて~」という、これはでできるでもなく「」の方が合う。

次の

ご教示の意味とは

ご教示意味

「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」という意味をもつ表現は他にもあります。 全て「教える」というニュアンスがあり、その使い分けも何となくという感覚に頼りがちです。 ここで、それ以外の表現と簡単な例文を紹介します。 ・「指導」:わからないことや方法を教える 例)このファイルの保存方法をご指導ください。 ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 少し意味は違いますが、音が似ている表現も併せてみてみましょう。 ・「享受」:用意され与えられたものを、受け入れて味わい楽しむこと 例)自由を享受する。 他の表現と違い、「享受する」は相手からではなく第三者である誰かが用意したものを自分が受け取る際に使うので、「教授する」とは全く違う意味です。 ビジネスシーンでよくある間違いのひとつ、誤変換に注意しましょう。 このように、同じような意味でありながら、細かく使い分けが必要な表現がたくさんあります。 「ご教示」の意味と使い方を通して、書き言葉・話し言葉の違いや、よく似た表現をご紹介しました。 この違いがわかると、英語での「教える」の使い分けもしやすくなります。 「ご教示」は「tell」、「ご教示」は「teach」です。 社内でも英語を目にしたり耳にする頻度が上がってきている今だからこそ、こういうタイミングにまとめて覚えてしまうのもビジネスマンとしての業務効率化に繋がるのではないでしょうか。 敬語やビジネスマナーで一番気をつけなければならないのは、「誰かがやっていたからといって意味を知らずに真似をする」ことです。 言語は変化するものだと言われていますが、ビジネスメールで使うような書き言葉は話し言葉と違って、その使い方が崩れるケースはほとんどありません。 正しい日本語を理解しているであろう目上の人に対して使う敬語表現だからこそ、誤った表現が相手に不快な思いをさせたり、失礼になったりする可能性があるのです。 まず、よく使う表現から、その意味と使い方を見直してみましょう。

次の