虫歯 見た目。 虫歯の進行と治療法。虫歯を治すためには

虫歯の初期症状と見た目や治し方!痛みの程度や歯磨きのコツも

虫歯 見た目

歯の検診は定期的に行うようにしましょう 虫歯の進行度の中でも特に重要と考えられているのが、C2とC3の分岐点。 C2は穴を埋め戻すだけで完治することが多いが、C3では神経を抜かなければならないケースが増えてきます。 「C3虫歯」の症例画像を中心に紹介します。 C1虫歯とは、歯の表面の「エナメル質」という白くて固い部分(約0. 1~2mm まで、虫歯が進行した状態。 C2虫歯はさらに内部の象牙質と呼ばれる部分にまで、虫歯が進行してしまったもの。 そしてC3虫歯とは、さらにその奥の歯の神経などがある組織「歯髄」まで虫歯が進行してしまった状態です。 C2虫歯に関する詳しい解説は、「」にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。 奥歯のC3虫歯画像・症状・見た目 実際の症例をご紹介しましょう。 治療前の症状として、患者さんが訴えがあったのは、以前から少し水がしみていたが、最近は痛くなる時間や回数が増えてきたこと。 さらに最近はお湯も少ししみるようになったこと。 歯科医院には5年ぶりで、定期検診などはついつい先延ばしになっていたとのこと。 C3虫歯画像。 神経にまで虫歯が進行したため、出血が起こる 一般にC2虫歯とC3虫歯の違いは、虫歯の進行が象牙質で止まっているか、「歯髄」まで到達しているかの違いです。 このケースでは、虫歯検知液を使って、さらに慎重に虫歯を取り除いたところ、虫歯の穴の中に赤い出血が起こった。 これが歯の神経にまで、虫歯がたどり着いていた状態なのです。 C3虫歯がどうかは、レントゲンである程度予想することはできますが、実際には虫歯を取り除いてみないとはっきりしないがこの写真からも分かると思います。 C3虫歯の治療法 C3虫歯の治療法は次のようになります。 局所麻酔を行なう• 虫歯を取り除く• 露出した神経を保護、もしくは取り除く• 樹脂で詰める、金属をはめ込む、被せる 歯の神経はできるだけ残した方が、歯の寿命、治療期間、治療費用は有利に働きますが、歯髄に虫歯菌が大量に感染した状態では、神経を保護して穴を塞ぐと、後日強く痛みが出て、結局は神経を取ることになってしまいます。 今回の写真のケースでは、露出している神経部分も小さく、虫歯菌の感染もそれほどひどくないため、神経を保存して治療を行ないましたが、臨床的にこのあたりはケースバイケース。 神経を取るか残すかは、誰にとっても悩みの種になります。 そのようなことのないように、できるだけ定期検診をこまめに行なって、早期発見、早期治療で済ませることをオススメします。

次の

C3虫歯の画像・写真・症状 [虫歯] All About

虫歯 見た目

「C3」段階の虫歯の治療内容 虫歯の治療内容を想像した時、ほとんどの人が「歯を削って詰め物を入れる」と想像するでしょう。 しかし虫歯の治療内容は進行度によって異なり、「C3」段階の虫歯になるとそれだけでは治せません。 まず削る範囲が深くなるため、詰め物ではなく被せ物で処置しなければならない可能性が高いです。 さらに治療内容が1つ加わり、根管治療が必要になってきます。 根管治療とは神経が通る歯の根の管…つまり根管内の清掃や消毒を行う治療で、 虫歯菌に感染した神経も除去しなければなりません。 痛みを伴う治療のため、治療時は麻酔を使用します。 根管治療について 根管の形状は人によって異なりますし、見えない根管内の細菌を全て取るのは難しいです。 このため、歯科医にとっても根管治療は難易度の高い治療になります。 根管内の清掃と消毒を終えた後は薬剤を詰め、その上に被せ物を立てて処置します。 この時細菌の取り残しがあると再び痛んでしまい、その際は再治療が必要です。 こうした難易度の高さから、患者さんも根管治療を行う場合は歯科医院に選びにこだわるべきでしょう。 失敗のリスクをゼロまでは減らせませんが、腕の良い歯科医に治療してもらえば成功率が高まります。 歯の神経を失うことの問題 「C3」段階まで進行した虫歯は、治療の中で神経を除去しなければなりません。 もちろんそれは良いことではないですが、ここまで虫歯が進行するとやむを得ないのです。 除去した神経は再生しないため、治療後は患部に神経のない生活を送らなければなりません。 その中ではどうしても以下のようなリスクが生まれます。 歯の見た目が悪くなる 神経を除去した歯は栄養が行き届きにくくなり、他の歯のような白さを維持できません。 このため、神経を除去した歯は変色して見た目が悪くなってしまいます。 歯が脆くなる これも栄養が行き届きにくくなることで起こる問題です。 栄養が不充分な歯は他の歯に比べて脆く、細菌にも感染しやすくなり欠けや割れも起こりやすくなります。 歯の異状に気付けない 神経を除去した歯は、今後歯に何かが起こっても痛みを感じることはありません。 そして痛みという自覚症状が失われるのは、歯の異状に気付くきっかけを失うということになります。 …歯の神経を除去する以上、これらのリスクはどうしても避けることができません。 だからこそ、ここまで進行する前に虫歯は治療しなければなりません。 いかがでしたか? 最後に、激痛を感じる時の虫歯の状態についてまとめます。 虫歯の段階 :進行度によって「C1」~「C4」の4段階に分けられ、激痛を感じる痛みは「C3」段階である 2. 「C3」段階の虫歯の状況 :歯の神経まで進行しており、重度の虫歯の状態 3. 「C3」段階の虫歯の治療内容 :歯を削るだけでなく、神経の除去などを行う根菅治療が必要 4. 歯の神経を失うことの問題 :歯が変色して脆くなる、痛みを感じなくなるので歯の異状に気付けない これら4つのことから、激痛を感じる時の虫歯の状態が分かります。 仮にこの「C3」段階の虫歯でも治療しなかった場合、虫歯は「C4」段階に進行します。 そうなると神経は死に、歯はボロボロでほとんど失われた状態になってしまいます。 ここまで進行すると治療しても歯を残せないため、処置として抜歯するしかありません。 つまり現在「C3」段階の虫歯を自覚している人は、 今すぐ治療しなければ近い未来に歯を失うことになってしまうのです。

次の

【漫画付き】虫歯になりかけている状態の見つけ方&見つけた後の対策

虫歯 見た目

虫歯は、歯磨きをきちんとしているつもりでも、日頃の疲れやストレスによって知らずにリスクを上げているということもあり注意が必要です。 急に痛みが出始めたという場合にも、見た目ではわからない虫歯になっていたというケースが多く、かなり進行してしまっていることがあります。 ここでは、そんな急な痛みを伴う虫歯の原因と予防方法について紹介していきましょう。 トンネル虫歯にご用心!急な虫歯の意外な原因 トンネル虫歯と聞いて、あまりピンとこないという人が多いでしょう。 これは気づかない間に進行してしまい、自覚症状が出始める頃には神経にまで到達してしまうこともある虫歯です。 この虫歯が発生するメカニズムは、歯と歯の間に入り込んだ虫歯菌が、歯の上部ではなく側面から虫歯を形成していってしまうこと。 ちょうどトンネルのように横穴を形成することからこの名前が付けられており、とても気づきにくい虫歯の一つです。 そしてある日、内部にできた空洞がつぶれて表面から穴が開き、虫歯による痛みが急に発生します。 歯間から発生するため検診でも見逃されやすく、きちんと定期健診を受けていても異常なしと診断されてしまうこともしばしばです。 トンネル虫歯は入り口が見えにくく、進行中でもほとんど自覚症状が出ない(時々しみる程度)ので、目視だけでの検診の場合はスルーされてしまうのです。 トンネル虫歯の早期発見と、その対処方法とは? セルフケアをしっかりしているつもりでも、トンネル虫歯は気づきにくいもの。 では、どのようにすれば発見しやすくなるでしょうか? 健診の際には目視によるチェックだけでは十分ではない場合があるので、確実に発見したい時にはレントゲンによる検査が最も有効です。 既に進行している状態であれば、治療をすぐに開始しなければなりません。 しかもその際には通常の治療と同じく歯の上部を削って治療していかなければならず、比較的大規模な虫歯治療になることを念頭に置いておきましょう。 セルフケアでは、歯と歯の間に挟まった食べカスが原因になるため、デンタルフロスを使用していくのが良いです。 加えて就寝前の飲食は控え、歯と歯の接触部分に対して虫歯の原因になる余計な糖質を与えないようにしましょう。 こうすることによって、トンネル虫歯の原因を大きく減らすことができます。 健康な歯にも起こり得る、激痛を伴う歯髄炎 歯髄炎は歯の髄(中央)に起こる炎症で、激痛が伴います。 何らかの原因で歯髄が圧迫され、血流によって神経が直接刺激されることにより、激痛が走るようになります。 ほとんどの場合は抜髄しなければならないことが多く、最悪の場合は抜歯もあり得ます。 軽度の場合は鎮痛消炎治療で歯を残すことができますが、詰め物や被せ物をするケースが多いでしょう。 歯髄炎の多くは、虫歯によって虫歯菌が歯髄に到達することにより引き起こされます。 通常の虫歯以外にも歯周炎が歯髄にまで達してしまった場合や、歯ぎしり・食いしばりなどの外的な刺激によっても発症することがあります。 そのため、虫歯が無い場合でも急な歯の痛みを引き起こす可能性があるのです。 痛みが出てしまってからは早期治療が必要です。 緊急で痛みを軽減する方法としては鎮痛剤の服用や、氷・水により患部を冷やす方法があります。 予防方法としては虫歯や歯周病にならないことはもちろんのこと、余計な刺激を歯に与えないようにするのが一番でしょう。 気づきにくいトンネル虫歯や歯髄炎。 一度なってしまうと取り返しがつきません。 定期検診や細部へのセルフケアでしっかりと予防に繋げていきましょう。 カテゴリ:.

次の