折り紙 七夕飾り。 七夕飾り 天の川の作り方。折り紙で子供でも簡単な切り方をご紹介♪

折り紙の吹き流しに紙衣の折り方!七夕飾りの簡単な作り方

折り紙 七夕飾り

では、さっそく天の川からご紹介していきますね。 七夕飾りを折り紙で天の川編 まずはよく見かける天の川の作り方です。 【Part 1】 折り紙を半分に折って それをまた半分に 右側から、ハサミで切り込み(途中まで)を入れていきます。 (1㎝幅くらい) 左側も同様に(右側と交互になるように) 開いて、伸ばしたら完成です。 【part 2】 折り紙を3回三角に折っていきます この状態でさっきと同じように右からと左から、交互に切り込みを入れて 1回折った状態まで開いたら 伸ばして完成です。 三角の形に伸びますよ。 では続いて、こちらもお馴染みのちょうちんの作り方です。 半分に折って、真ん中に折り目をつけて開きます 下を少しだけ折り曲げたら 両端を、中心の折り目に向かって折ります さらにもう半分に 開いたら、折り目に沿って、山折り谷折りと交互に折っていきます こんな感じになります 白の折り目の部分を残して、反対側から3等分になるように切り込みを入れます こんな感じ 開いたら 上が十字の形になるように折ったら 完成です 最後の部分は糊でとめます。 スポンサードリンク 七夕飾りささつづり編 画像は7. 5cmの折り紙で作ってます。 笹つづりは小さい方がおすすめです。 白い方を内側にして三角に折ります 頂点を下にして、半分より少し大き目に(3分の1くらい)折り曲げて もう片方も折り返します 最初に大きく折りすぎると、ここで綺麗に揃わないので、 できるだけ3分の1になるように折ります 上の部分を赤のラインで折り返して もう片方も同様に折り返します 折る時は、上下入れ替えて折って大丈夫です ひっくり返せば完成です 裏側の部分は開きやすいので、糊でとめておいた方がいいです。 同じ様にして、数個作ります 裏側の赤丸の部分に先を入れ込むようにして、つなげていけば できあがりです 七夕飾りを折り紙で番外編 では最後に、少しだけ変わった笹飾りをご紹介します。 作るのはこちら 一見難しそうに見えますが、とっても簡単なので安心してくださいね。 5cmサイズの折り紙で作ってます。 三角に2回折ります 開いている方を上にして、図のように持って 下から4本切り込みを入れていきます 一番右の、小さい部分は結構ギリギリまで切り込みを入れた方が後で助かります。 開いたら 中心部を、輪っか状にして、糊でくっつけます この時、切り込みが短いと、輪っかを作るのが大変です。 ひっくり返して、中心から2番目を先ほどと反対方向に輪っかを作ります。 輪っかが小さいうちは、中に鉛筆などを入れると、くっつけやすいですよ。

次の

折り紙の吹き流しに紙衣の折り方!七夕飾りの簡単な作り方

折り紙 七夕飾り

では、さっそく天の川からご紹介していきますね。 七夕飾りを折り紙で天の川編 まずはよく見かける天の川の作り方です。 【Part 1】 折り紙を半分に折って それをまた半分に 右側から、ハサミで切り込み(途中まで)を入れていきます。 (1㎝幅くらい) 左側も同様に(右側と交互になるように) 開いて、伸ばしたら完成です。 【part 2】 折り紙を3回三角に折っていきます この状態でさっきと同じように右からと左から、交互に切り込みを入れて 1回折った状態まで開いたら 伸ばして完成です。 三角の形に伸びますよ。 では続いて、こちらもお馴染みのちょうちんの作り方です。 半分に折って、真ん中に折り目をつけて開きます 下を少しだけ折り曲げたら 両端を、中心の折り目に向かって折ります さらにもう半分に 開いたら、折り目に沿って、山折り谷折りと交互に折っていきます こんな感じになります 白の折り目の部分を残して、反対側から3等分になるように切り込みを入れます こんな感じ 開いたら 上が十字の形になるように折ったら 完成です 最後の部分は糊でとめます。 スポンサードリンク 七夕飾りささつづり編 画像は7. 5cmの折り紙で作ってます。 笹つづりは小さい方がおすすめです。 白い方を内側にして三角に折ります 頂点を下にして、半分より少し大き目に(3分の1くらい)折り曲げて もう片方も折り返します 最初に大きく折りすぎると、ここで綺麗に揃わないので、 できるだけ3分の1になるように折ります 上の部分を赤のラインで折り返して もう片方も同様に折り返します 折る時は、上下入れ替えて折って大丈夫です ひっくり返せば完成です 裏側の部分は開きやすいので、糊でとめておいた方がいいです。 同じ様にして、数個作ります 裏側の赤丸の部分に先を入れ込むようにして、つなげていけば できあがりです 七夕飾りを折り紙で番外編 では最後に、少しだけ変わった笹飾りをご紹介します。 作るのはこちら 一見難しそうに見えますが、とっても簡単なので安心してくださいね。 5cmサイズの折り紙で作ってます。 三角に2回折ります 開いている方を上にして、図のように持って 下から4本切り込みを入れていきます 一番右の、小さい部分は結構ギリギリまで切り込みを入れた方が後で助かります。 開いたら 中心部を、輪っか状にして、糊でくっつけます この時、切り込みが短いと、輪っかを作るのが大変です。 ひっくり返して、中心から2番目を先ほどと反対方向に輪っかを作ります。 輪っかが小さいうちは、中に鉛筆などを入れると、くっつけやすいですよ。

次の

七夕飾りを折り紙で手作り 簡単な作り方8選~吹き出し・笹・短冊・天の川・星など~

折り紙 七夕飾り

天の川 あみかざり) 幼稚園児でも簡単に作れる天の川です。 網飾りは、大漁を願って放たれる魚の網を表し、魚が沢山とれる事や豊作を意味します。 笹の葉は、邪気を追い払う力があると言われ、 災いを寄せ付けないようにという意味が込められています。 短冊は、 願い事を書いて笹の葉に飾る事で、願い事が天に届くと言われています。 短冊の色は5色(青・赤・黄・白・紫)あり、短冊の色によって願い事の意味が変わってきます。 途中ハサミを使用するので、幼稚園や保育園の子どもさんが作るときは、注意して下さい。 沢山の平面の小さな星が完成するので、吊るして飾るよりは、何かに貼り付けて飾るのにオススメです。 星飾りには、願いが星に届き、お星さまが願いをかなえてくれますようにという意味があります。 短冊と合わせて星飾りも作ってみて下さいね。 しっかりと厚みのあるお星さまなので、 吊るして飾るのにもオススメです。 沢山の星飾りで、願い事がお星さまに届きますように^^ 立体の提灯 ちょうちん) 立体の提灯 ちょうちん)です。 提灯は、織姫と彦星にあかりを捧げるための物で、 心を明るく照らしてくれますようにという意味が込められています。 幼稚園、年長、5歳の娘も簡単に作る事が出来た提灯なので、良かったら作ってみて下さいね。 立体の巻貝 貝殻) 立体でかわいい貝殻です。 貝飾りは、 海の恵みが沢山得られますようにという意味が込められています。 吹き流しは、織姫が織る糸を表していて、 織姫のように裁縫や機織りが上手になりますようにという意味が込められています。 スイカには豊作を願う意味があります。 その他にも、ナス等の夏の食べ物を飾るのもオススメです。 七夕飾りにはその他にも、 輪飾り、菱飾り ひしかざり)、くす玉等、沢山の飾りがあります。 輪飾り、菱飾りは簡単に作れそうでも、くす玉っていうとちょっと難しそうですよね。 そこで、ユーチューブの動画で、 簡単に作れるかわいいくす玉を見つけたので、良かったらご覧になって下さいね。

次の