この国で二番目に強い侍になります。 『鬼滅の刃』 177話 弟 感想 : 兄の嫉妬の裏にあったもの

侍ジャパンが10年ぶり世界一!宿敵韓国下し初優勝

この国で二番目に強い侍になります

時は戦国時代。 各々の実力が試される血生臭い時代に、私は生まれた。 ……いや、生まれ変わったと言うべきか。 私には前世の記憶というものが曖昧に残っていた。 今より遥か未来の、いわゆる現代に生きていた平凡な人間だったという記憶はある。 そして今のこの身が、その前世の世界のある物語の中にいる人物のものであると思い出した。 『鬼滅の刃』という作中にその人物はいる。 今世の私の名は継国巌勝。 鬼滅の刃で『黒死牟』と呼ばれる鬼となる人物である。 この人物は弟への嫉妬心から人間から鬼へとなり、作中で驚異的な力を振るう。 その厳勝に生まれ変わったのだ。 そして、本来の巌勝が鬼となる原因である双子の弟も確かに存在した。 名前は継国縁壱。 私に残る記憶の通り、圧倒的な才を持って生まれた。 本来の継国巌勝には嫉妬の対象かもしれないが、私にとっては血を分け共に生まれた可愛い弟である。 この時代、双子はお家騒動の元になるとして不吉とされ、更に縁壱の方は生まれつき額に痣があり周囲からも不気味に思われ、そのため忌み子として生まれ、疎まれていた。 それこそ実の父親に殺意を向けられるほどに。 弟は父に殺されそうになったが、それは母が阻止したそうだ。 少し成長した今でも父の差別はあるが、私はそんなものは関係無いと可愛がった。 そんな私に父がお咎めを口にする事も多々あったが、それでも私は縁壱を愛した。 憑依転生してしまったものはしょうがないと受け入れ、武家の長男として生きていた。 しばらく過ごす内にこの世界についてわかってきた事がある。 この世界は鬼滅の刃の世界ではないという事だ。 まず鬼が存在しない。 鬼滅の刃での敵方として出てくる鬼が噂話すら出てこない。 無理に探したとしてもそれは物語の中の事。 そして私が鬼滅の刃の世界では無いと確証を得たのは、この身に宿った異能と魔力の存在だ。 鬼滅の刃の作中でも鬼は異能を使用していたが、それは魔力ではなかったはずだ。 私の中の薄れ始めた不確かな記憶でもそれは間違いない。 この魔力を扱い異能を使える者がこの世界では『侍』と呼ばれ、戦等で活躍している。 この魔力を持つ人間は千人に一人の割合とされ、一人前に能力を使える者は大名や豪族に召し抱えられている。 また戦国大名といった下克上を果たし、成り上がった者には本人自体が強力な能力者の例もある。 そして私は武家の長男である。 代々続く家だった事から、魔力持ちが生まれやすい家系なのだろう。 例に漏れず私も弟も魔力と異能を持って生まれた。 この未知の世界で生き残るため、そして武家の長男として私はこの力と向き合って生きることとなった。 鬼滅の刃の事を知っているため、弟がどんな存在かはわかっていたが、それにしても埒外だった。 本来の継国巌勝が弟を「この世の理の外側にいる」「神々の寵愛を一身に受けて生きている」と評したが、正しくその通りだった。 「俺も兄上のようになりたいです。 俺はこの国で二番目に強い侍になります」 生まれ変わった私からすれば本当に可愛い弟だ。 ただ、私には弟程の才がない。 弟の期待には応えられない。 それはただただ申し訳なく感じた。 一応、私もだいぶ才がある方だと周りから言われるが、弟の縁壱と比べられれば霞む。 まるで月とすっぽん。 私の十や二十の努力を、弟が一で超えていく。 天才としか言い表せない存在だった。 見てる世界が違う……いや、住んでいる世界そのものが違うのではないか思うほどだ。 確かにこれは知っていなければ嫉妬心も芽生えるというもの。 私は前々からどんな存在かわかっていたのであまり苦に感じなかった。 転生者であり精神が年齢より成熟していたというのもあるのかもしれない。 私は私。 弟は弟だ。 必ずしも兄が上であるという必要も無いだろう。 それに私たちは双子だ。 私が兄なのも、縁壱が弟なのも母より産まれ出た順番が少々違うだけの事。 ただ、兄として弟の目標になれないのならば、いっその事その旨を伝えた方がお互いの為だろう。 「良いか縁壱。 お前は私よりもずっと強い侍になれる。 私に遠慮することはない。 ……お前がどこまで強くなるか、私はそれがとても楽しみなのだ」 次第に周りからは弟に劣る兄と侮蔑や憐みの目を向けられるが、そんな事は私にとっては些細なことであった。 今の私にはこの弟がどれ程の高みへと行けるのか、それを見てみたいという気持ちしかない。 とある時期に、縁壱に家督を継がせた方がいいのではないかという議論も出たが、それには必死に抗った。 別に家を継ぎたかった訳ではない。 ただ、弟の枷となるような事をして欲しくなかったのだ。 しかし、武家を継ぐにあたっては私もそれなりの存在感と実力を見せねばならない。 しかも比較対象である弟が出鱈目な存在だ。 ただ、この時代長男という立ち位置は絶対的なものである。 多少劣りはすれども近しい実力ならば、長男である私がこの家を継げる筈だ。 弟に近づく為、必死に自らを鍛えた。 気づけば歳を重ね元服し、戦場へと兄弟で赴くようになった。 戦場で弟と振るう剣は楽しかった。 命の危機は幾度あれども、背を弟に任せていればなんの不安もなかった。 それに修練の成果が目に見えてわかる。 私の才も捨てたものではないと思えた。 しかし、弟は満足していなかった。 さらに高みへと飛び立とうとしていた。 ならばと私は前世の微かに残る鬼滅の刃の記憶から、全集中とそれを用いる呼吸について弟ならばできるだろうと提案してみた。 なんの根拠もない、実際の人間にはできないのではないかという案だったが、その提案を受け弟はすぐさまそれを自分のものにし、剣術の形へともっていった。 この時は感動したものだ。 私が記憶から引っ張ったものを弟が実践する。 そうして出来上がったのが、最強の剣術と言っても過言ではない"日の呼吸"である。 私も必死に会得しようとしたが、原作の通り私には不可能だった。 だが、日の呼吸は使えずとも、鍛錬は私を強くした。 私は後に月の呼吸と呼ばれるであろう派生剣術も生み出し、その頃から戦場が一変した。 周りからは自分たち兄弟を起用した方が勝つとまで言われ、最強の兄弟として讃えられた。 私は嬉しかった。 兄として、弟が生み出した剣が最強と呼ばれることに大きな幸福感を抱いていた。 そして派生とはいえ、その剣術を自分も使える事に満足感を覚えた。 弟はそんな事には興味は無いと、再び剣を磨く道を進んだ。 私が少し悦に浸っていたのは恥ずべき秘密である。 だが、この感情こそが後々私の人生を変えることとなった。 私は弟に並び立てる存在に居続けようと必死に修練を重ねていると、自分の中で枷が外れたような感覚に至った。 そして有り得ないはずの魔力が増加するという現象も起こった。 この現象を調べてみるとごく一部の有力な侍がその境地に到り、彼らはそれを《覚醒》と呼んでいると判明した。 ちなみに弟は結構前からこの境地に至っていたらしい。 これを機に私は日の呼吸の習得に見切りをつけた。 私には手の届かない理想だったようだ。 それに私は厳勝だ。 ならば本来の黒死牟が使う"月の呼吸"を極めねばならない。 これがまぁ上手くいかない。 弟がポンポンと生み出していたのに比べて、私のは地道なものだった。 まず、記憶中の月の呼吸は鬼となった黒死牟のものだ。 前提からして人間の身では不可能な型が存在する。 今の私に無く、黒死牟にあったもの。 それは刀を肉体から生み出す能力である。 それにより刀の形状を変えていたのだが、私にはそれが出来ない。 使える型はかなり絞られていた。 数個の型であっても、強力な剣術には違いなく、弟からも「兄上はその呼吸で妖でもお切りになるのか?」と暗にやり過ぎだと言われたが、一言だけ言わせてもらいたい。 未だ日の呼吸を極め続けるお前が言うな。 その後は戦にも出ることもなく、お互いの呼吸を高め合う日々を過した。 その中で私にはとある感情が芽生えてきた。 最強の座を護りたいという傲慢にも似た感情だ。 ただこれはもちろん自分の事では無い。 私の弟が、日の呼吸こそが最強だと証明したいという思いであった。 私では弟を超えられない。 それはつまり、私程度を超えることが出来なければ、弟には届きもしないという事。 その思いから武者修行と称して各地を巡り、強者を下す旅を始めた。 噂が広がり私に対する挑戦者も現れだし、それにも勝ち続けた。 勝ち続ける事はこの継国厳勝の宿命かもしれない。 本来の厳勝も最強の剣士である弟に負け、弟が寿命で決着がつかなくなってから負けるわけにはいかなくなった。 修行の旅の中、私の身体に変化が起きた。 本気で刀を振るう際に、正しく鬼滅の刃の黒死牟に変貌していたのだ。 同時に肉体も異様な再生能力を持ち始めていた。 どうやら私は《覚醒》のその先にまで行ってしまったらしい。 そうして私はただただ勝ちを求める鬼となった。 鬼と言っても、鬼滅の刃の鬼というわけではないらしい。 身体能力が飛躍し、肉体の再生能力も上がり、歳も取らなくなった。 だからといって昼に出歩けないとか食人衝動に襲われることも無く、鬼舞辻無惨が聞けば殺しに来そうな素敵な鬼となった。 また、黒死牟の六つの瞳は本気の時だけ開いてしまうが、平時は人間の姿でいられるのには安堵した。 その報告も兼ねて弟の下へと帰ると、案の定驚愕された。 思えば私が弟を驚愕させたのは初めてではないだろうか。 今までは私が弟の剣の才に驚かされてばかりだったが。 そして私の野望を伝えた。 どうせ歳を取らなくなったのだ。 お前の最強の座、そして日の呼吸を守ると。 弟は当然の如く、そんな事をする必要は無いと説いたが、これは私の自己満足であり我儘なのだと伝える。 その決意を聞くと、弟は諦めたようにため息を吐き私に言った。 「兄上、私はそれ程大そうなものではない。 長い長い人の歴史のほんの一欠片にすぎない。 私の才覚を凌ぐ者が今この瞬間にも産声を上げている。 彼らがまた同じ場所までたどり着くだろう」 などと謙虚な言葉を吐いたが。 「ぬかせ。 お前みたいな奴が歴史上に何人もいたら、それこそ世が壊れる。 そろそろ自分の力を自覚しろ」 一応兄として咎めておいた。 時間は飛び、この世界に生まれて80の年が過ぎた。 未だに私は弟以外には不敗。 そして弟は歳を取ったとはいえ未だに私に勝ちを譲ってはくれなかった。 徐々に老いていく弟に尋ねたことがある。 「お前ならいとも容易く私のように人を超えられるだろう。 どうしてそうしない?」 私が出来たのだ。 弟に出来ないはずがない。 そうすれば伸びた寿命、強化された肉体で更なる剣を極めることも出来たはずだ。 「私は人として生まれ、人として死にます。 ……なに、兄上がいるのです。 磨き上げた技も生きた証も、何も心配しておりませぬ」 何度聞いても返ってくるのはこの答え。 私は弟の意志を尊重しているが、先に逝かれると思うとどうも悲しいものだ。 だが、どうせ言っても聞かんし、私も野望がある故にまだ逝く事はできん。 「そうか……任せておけ。 当分最強の座はお前のものだ」 「いえ、意外とすぐに彼岸でお会いすることになりますよ……きっと」 それ即ち私を超えるような者、それこそ縁壱のような者が早々に現れると弟は予想するらしい。 その言葉には確信がある様にも見えた。 死ぬまでこの弟は自分がどういう存在か自覚せずにいた。 「お前にもっと常識を教えるべきであったと酷く後悔している……」 まぁ、たとえ自覚したとしてもこの天才が生き方を変えたとも思えないが。 そしてまるで原作の再現のように、私と死期を悟った弟は最期の戦いを行った。 唯一原作と違うのがお互いの心境と表情だろうか。 お互いに言葉は要らず、これまでの全てを一刀に込めた。 「……見事だ」 いつも通り私は地に伏した。 弟は立ったまま逝ってしまった。 老いた身体とは思えない、私が見た中でも最高の一振りだったと言える。 切られた私が感動する程の、神の如き一閃。 「まったく……実の兄を切り捨て……満足そうな顔をしおって……」 私の胴体は泣き別れる様に切られており、鬼の身体でなければ確実に死んでいた。 一切の容赦の無かった最強の剣。 それを記憶と身に刻み込み、私は俗世を離れる事にした。 私の目的は弟の最強の座を守る事。 その野望が破られた時、それすなわち縁壱と同等、もしくはそれ以上の猛者が現れた時。 それまでこの身が持つのかはわからぬが、願わくばあの神の如き剣を超えるもので生涯を終えたいものだ。 それからおよそ四百もの年が経った。 雪の降る夜。 世間は元旦を祝っていたが、私はとある約束を守る為にある山中にいた。 山の中腹の少しばかり開けた場所。 そこで私は男と向き合っていた。 「嬉しいぜ『黒死牟』。 約束を守ってくれてよ」 私の前に立つカイゼル髭を生やす老人。 そのしゃがれた声からは老いたとは思えない覇気を感じる。 黒鉄龍馬。 ここ四百年の間で唯一私に傷をくれた男だ。 この男相手ならば、私も久々に鬼としての力を表に出せる。 普段は隠している『黒死牟』としての顔で向かい合う。 「礼は要らん……約束を果たしに来た…………いや……待て……」 小さき者が近づいている気配を感じる。 龍馬もそれに気がついたようで、その方向を向いた。 その先には年端もいかない少年がコチラを見ていた。 私の姿を見て震えているようだ。 目からは涙が零れていた。 これは私が悪いのだろうか。 確かに鬼としての私の表情は恐怖を与えるものであろうが。 「ん?厳のところの小僧か」 どうやらこの少年は龍馬の知り合いであるようだ。 それが私とその後私の弟子となる、黒鉄一輝との出会いであった。

次の

✅ 鬼滅の刃176話ネタバレ

この国で二番目に強い侍になります

今回は 【継国縁壱】(つぎくによりいち)名言から分かる孤高の剣士の性格や兄に対する気持ちを考察【最新情報】について検証していきたいと思います。 今回の鬼滅の刃は少し趣向を変えて継国縁壱 の名言・名台詞から紐解く性格と真相心理についてネタバレ・感想をご紹介していきたいと思います。 鬼滅の刃は私たちに多くの感動を与えてくれました。 その名言についてまとめてみたいと思います。 今もなお伝説として残っている、縁壱は剣士としても、人格者としても魅力があります。 無惨を逃亡させてった為に鬼殺隊を除名されていたのです。 この内容はジャンプ最新刊(最終話)までのネタバレを含みますので注意して下さい。 この中では私の考察などを交えて紹介したいと思います。 では【継国縁壱】名言から分かる孤高の剣士の性格や兄に対する気持ちを考察【最新情報】について検証していきたいと思います。 app. goo. 全ての呼吸の源流である「日の呼吸」の使い手で、現在の鬼殺隊の基礎を築きあげた人物です。 炭治郎の祖先。 炭吉に日輪の耳飾りと「日の呼吸」を伝え、それは「ヒノカミ神楽」として伝えられています。 80歳まで生きてなお強さが健在だった剣豪 侍の家系の双子の弟として生まれたものの、当時縁起が悪いとされていた忌子であったこともあり、兄継国巌勝とは差別されて育ちました。 しかし縁壱には抜きんでた剣術備わっていました。 母の死後、自ら家を出て兄と袖を分かつ形となります。 その後再会した兄と鬼殺隊を牽引しますが、再び兄とわかれそして60年後、鬼になった兄と2度目の再会を果たすのです。 名言・名台詞から紐解く性格と深層心理 第99話より「私は大切なものを何ひとつ守れず 人生において為すべきことを為せなかった者だ 何の価値もない男なのだ」 気絶している炭治郎の心に現れた縁壱の言葉。 話を聞く炭治郎の祖父・炭吉は、命の恩人であり最強の剣士である縁壱が自分の無力さに、絶望している様子を哀しみます。 心傷ついた人間としての縁壱と恩人の心を癒したいと願う炭吉。 縁壱は炭吉だけに弱みを見せることができたのかもしれないですね。 第174話より「お労しや 兄上」 鬼となった巌勝と六十年ぶりに遭遇した時のセリフです。 60年もの間時が止まったかのような感覚に陥り、人を捨て鬼となってしまった兄 巌勝 を憂います。 第176話より「俺は この国で二番目に強い侍になります」 これが縁壱が人生で初めて話した言葉です。 兄に憧れ、尊敬し、兄のことを愛していました。 だから自分は兄の次でいい、次がいいという子供心からも、縁壱の仁徳ある言動が表れています。 第177話より「いただいたこの笛を兄上だと思い どれだけ離れていても挫けず 日々精進致します」 縁壱は兄 巌勝 を尊敬しており、 巌勝から貰った壊れた笛を大切にすると喜んだり、兄の次に強い剣士になると言っていました。 それに対して 巌勝 は弟縁壱に負けたくないというプライドがありました。 剣術の基礎を教わっただけで、大人の剣士に勝ち、母の左半身が病に侵されていることを察して、支えていたり、日の呼吸の会得といい・・・ 全てにおいて自分の手の届かない縁壱に、巌勝は憎悪を抱くようになります。 その感情は実は憧れであったことを巌勝は何百年も経ってから知るのです。 切なすぎる2人の感情に涙が止まりません。 第186話より「出会った瞬間に 私はこの男を倒すために生まれてきたのだとわかった」 家族と静かに暮らしたいという夢さえも無惨に奪われた縁壱。 無惨を一瞬で切り刻みます。 とどめは刺せなかったものの、今もなお残る強烈なトラウマを無惨に植え付けることになりました。 縁壱は生まれながらに持つ自分の身体能力や剣技の才能は、無惨を倒すために与えられたものだと本能的に悟ったのです。 app. goo. 「日の呼吸」を編み出した縁壱は、太陽のような存在であり、、それゆえに人を焼き尽くすほどの威力を持っていました。 実際に兄の巌勝は縁壱の存在によって、己の限界を知り、それゆえに鬼へと変貌したのです。 代々炎柱を務める煉獄家の先祖も、縁壱を鬼殺隊に招き入れたにもかかわらず、歴然とした実力の差に苛まれ、苦悩に陥ることになるのです。 できたああ!もうこのシーンで何とも言えない感情になって…表情も台詞も好き。 「頂いたこの笛を兄だと思い、 どれだけ離れていても挫けす、 日々精進致します」 — もふもふ mofumofuewokaku まとめ【鬼滅の刃】継国縁壱の名言集・ネタバレ考察・感想【最新情報】 今回は【継国縁壱】名言を深掘り!新たな真相を解説!【最新情報】について検証してみました。 作中では最強の剣士であり、幼き日から人格者でもありました。 継国縁壱の世界へ戻ってまた鬼滅の刃がスタートしtらいいのに残念です。 最後まで最強であり続けた縁壱!今まで、色々支えてくれてありがとう!!! 今回も最後までご愛読ありがとうございました。

次の

最強の前にて君臨する鬼

この国で二番目に強い侍になります

日本が初優勝を飾り、09年WBC以来10年ぶりとなる世界一となった。 15年の第1回大会の準決勝で9回に逆転されて敗れ、優勝をさらわれた宿敵韓国を下した。 勝利の瞬間に男泣き、歓喜の胴上げで8度宙を舞って笑顔を見せた稲葉監督は試合後のインタビューで「最高です、はい。 日の丸をつけて野球界のためにとにかく世界一になりたいという思いが非常に強かったですから。 何とか(選手に)勝たしてあげたいという一心で。 本当に選手がよく頑張ってくれた」と興奮気味に話した。 宿敵韓国に勝利。 「アジアのライバルとして、非常に強いので。 今回は世界一になりましたが、来年の東京オリンピックでもいい勝負ができれば」と胸を張った。 先手を許す苦しい立ち上がりだった。 先発山口俊が1回無死一塁で2ランを食らった。 2死後にも一発を浴びた。 それでも直後の1回2死一塁で4番鈴木が左翼フェンス直撃の二塁打。 一塁走者の坂本が一気に生還し反撃を開始した。 2回には2死から会沢が四球、菊池が内野安打でチャンスを作ると、1番山田が左翼席へ突き刺す逆転1号3ランで形勢をひっくり返した。 3回以降は膠着(こうちゃく)状態。 日本は好守連発で韓国に流れを渡さなかった。 4回1死一塁、金宰煥が放った左中間最深部への左飛で一塁走者がタッチアップ。 捕球した左翼近藤が素早い返球で二塁でタッチアウトにした。 5回には1死一塁で田口が空振り三振に斬ると、飛び出た一塁走者を挟殺プレーでアウトにした。 7回には浅村の適時打で貴重な追加点。 投げては2回以降、高橋礼、田口、中川、甲斐野、山本由、山崎と無失点でつないだ。 大会直前になって秋山が右足薬指骨折で緊急離脱、丸が急きょ招集された。 アクシデントも乗り越え、東京五輪で骨格を担う選手たちでつかんだ世界一。 目標に掲げている五輪での金メダル獲得へ大きな弾みをつけた。 とにかく集中して自分のスイングをしようと、後は今大会僕自身、チームに迷惑をかけて全然打ててなかったので、悔しい思いを胸にフルスイングしました。 4年前も韓国に負けて悔しい思いをしたので、今日はそれが晴らせてよかった。 決勝も7回に登板し3者凡退)僕は追加招集。 何とか力になろうと思っていた。 打つので貢献したかったが、まったく打つ方でできなかったので、チームを盛り上げるように徹した。 賞金総額521万ドル(約5億7310万円)。 photo• 野球 高木勇人がBC神奈川入り メキシカンリーグ中止 []• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 10:44]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球 [7月16日 10:33]• 高校野球 [7月16日 10:32]• プロ野球 [7月16日 10:29]• プロ野球 高木勇人がBC神奈川入り メキシカンリーグ中止 []• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球戦評 [7月16日 10:37]• プロ野球 [7月16日 10:33]• プロ野球 [7月16日 10:29]• プロ野球 [7月16日 10:00]• プロ野球 [7月16日 10:00]• 高校野球 中標津「ワンチーム」でつかんだ初甲子園/1990年 []• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 10:44]• 高校野球 [7月16日 10:32]• 高校野球 [7月16日 10:25]• 高校野球 [7月16日 10:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 7:20]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 21:01]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 21:01]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月15日 20:15]• 大学・社会人 大商大・吉川を9球団が視察「短いイニングなら」 []• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 17:51]• アマ野球 [7月13日 13:43]• アマ野球 [7月10日 17:48]• アマ野球 [7月10日 17:16]• アマ野球 [7月5日 18:29]• アマ野球 [7月2日 17:12]• アマ野球 [7月2日 8:53]•

次の