コンパウンド 磨き 方。 コンパウンドの使い方~車の傷消しのコツと手順

ポリッシャーとバフを使用した車磨きのテクニック

コンパウンド 磨き 方

プラスチックの場合「極細」で磨いて効果がなければ妥協した方が良いかもしれません。 目の粗いコンパウンドを使うと、傷を増やしてしまうだけなので注意してください。 コンパウンドの使い方 私が行っている方法です。 まずはコンパウンドをクロスに少量出して、磨きたい周辺へ軽く叩きながらコンパウンドを乗せていきます。 磨きたい部分に乗せた 塗布した コンパウンドを「クロスの磨く部分」で集めるように撫でて なでて 、クロスと傷周辺にコンパウンドを馴染ませます。 磨く範囲はできるだけ狭く、動かし方は直線的に、極力弱い力で磨き始めます。 細かく表面の状態を確認しながら傷が消えるまで徐々に力を入れていきます。 傷が消えないからと言ってゴシゴシ擦るのは厳禁です。 傷が消える最小限の力で磨くイメージで作業を行います。 傷が消えたことを確認できたら、余ったコンパウンドは優しく拭き取って作業終了です。 クロスについて.

次の

フロントガラス汚れを劇的に落とす!おすすめのコンパウンド3選

コンパウンド 磨き 方

がっつり磨くのではなくて、細かい傷を消すだけなのでいつもの洗車プラス30分くらいで磨きからコーティングまで終わらせています。 3、風が無い日 風が強い日に磨くとなると、磨いている途中に目で見てわかるほど砂が車に飛来します。 ポイントとしては、砂を気にするコトと、車の表面温度を下げるコトです!! 準備するもの ポリッシャー 今では安いものもたくさんありますが私が使っているのはこちら! ポリッシャーにはシングルアクションとランダムアクションの2種類があります。 シングルアクションは磨く時に切削スピード(磨く強さ)が早く、プロがよく使いますが、 素人が使うと磨きすぎてしまったりするリスクがあります。 この液体をポリッシャーにつけてウィーンって磨いて行きます笑 コンパウンドには、細かさが色々とあるのですが、 数字が大きいほどコンパウンドの粒子が細かいと思ってください。 プロは荒いものからだんだん細かくしますが、 今回用意するのはこれだけでいいと思います。 あまりにも水滴が多い場合は少し拭きます! そしてポリッシャーにスポンジバフをくっつけて、コンパウンドを小豆大くらい(コッシは適当w)つけて車を磨いて行きます。 コツとしては、 1、一箇所でポリッシャーを止めない 2、車を区切って、部分ごとに磨いて行く 3、角などは磨きすぎない です! 一箇所でずっと磨くと摩擦熱でコンパウンドが焼きつきやすくなります。 そして使っている コンパウンドが細目以上でゆっくりな研磨ですし、ポリッシャーもランダムアクションでまったり磨きなので、何往復かゆっくり動かしてじっくり磨いてあげましょう。 動かし方はこんな感じ! ポリッシング 多分この写真をプロが見たらいじめられそうですがw こんな感じでガンガン磨いて行きます笑 注意点をいくつか! 1、ポリッシャーのコードがボディーに当たらないように注意! 2、ポリッシャーのスポンジじゃ無い部分がボディーに当たらないように この辺は良くやりがちなところなので注意してください! それと、塗面以外のドアのモール?(ゴムっぽいところ)にはコンパウンドがつかないようにしてください。

次の

プラスチック製品の傷の消し方【補修】

コンパウンド 磨き 方

がっつり磨くのではなくて、細かい傷を消すだけなのでいつもの洗車プラス30分くらいで磨きからコーティングまで終わらせています。 3、風が無い日 風が強い日に磨くとなると、磨いている途中に目で見てわかるほど砂が車に飛来します。 ポイントとしては、砂を気にするコトと、車の表面温度を下げるコトです!! 準備するもの ポリッシャー 今では安いものもたくさんありますが私が使っているのはこちら! ポリッシャーにはシングルアクションとランダムアクションの2種類があります。 シングルアクションは磨く時に切削スピード(磨く強さ)が早く、プロがよく使いますが、 素人が使うと磨きすぎてしまったりするリスクがあります。 この液体をポリッシャーにつけてウィーンって磨いて行きます笑 コンパウンドには、細かさが色々とあるのですが、 数字が大きいほどコンパウンドの粒子が細かいと思ってください。 プロは荒いものからだんだん細かくしますが、 今回用意するのはこれだけでいいと思います。 あまりにも水滴が多い場合は少し拭きます! そしてポリッシャーにスポンジバフをくっつけて、コンパウンドを小豆大くらい(コッシは適当w)つけて車を磨いて行きます。 コツとしては、 1、一箇所でポリッシャーを止めない 2、車を区切って、部分ごとに磨いて行く 3、角などは磨きすぎない です! 一箇所でずっと磨くと摩擦熱でコンパウンドが焼きつきやすくなります。 そして使っている コンパウンドが細目以上でゆっくりな研磨ですし、ポリッシャーもランダムアクションでまったり磨きなので、何往復かゆっくり動かしてじっくり磨いてあげましょう。 動かし方はこんな感じ! ポリッシング 多分この写真をプロが見たらいじめられそうですがw こんな感じでガンガン磨いて行きます笑 注意点をいくつか! 1、ポリッシャーのコードがボディーに当たらないように注意! 2、ポリッシャーのスポンジじゃ無い部分がボディーに当たらないように この辺は良くやりがちなところなので注意してください! それと、塗面以外のドアのモール?(ゴムっぽいところ)にはコンパウンドがつかないようにしてください。

次の