君がいない生活は。 調教開発生活~君が堕ちるまでやめられない~ 2

リニア開業延期濃厚で…ゆるキャラ「リニー君」が激白「リニアつながるまで死ねない」

君がいない生活は

取材・文/沢木文• お話を伺ったのは、宮本光昭さん(仮名・63歳・会社役員)。 結婚35年、3歳年下の妻が、年末の同窓会以降、明らかに態度が変わっていったという。 長男は30歳で英国在住、28歳の長女は美容師として活躍中。 理想的な家庭を築いてきた。 【その1は】 * * * 家事は一切しなくていいという家庭 お話を伺ったのは、宮本光昭さん(仮名・63歳・会社役員)。 結婚35年、3歳年下の妻が、年末の同窓会以降、明らかに態度が変わっていったという。 長男は30歳で英国在住、28歳の長女は美容師として活躍中。 理想的な家庭を築いてきた。 「還暦記念の同窓会みたいなものがあって、妻はずいぶん楽しそうにして帰ってきた。 行くまでどうしようか迷っていたから、『行ってよかったね』と伝えると、ギョッとした顔をしたことがおかしいといえばおかしかった」 光昭さんに妻はどのような女性かと聞くと、「包み込むように優しい」という。 「体型のこともあるんだろうけど、とことん世話を焼いてくれる。 察して体が先に動く人ともいえる。 この35年間、家事を一切やったことがないし、文句を言われたこともない」 なぜ、そのことに気が付いたかを伺うと、40代の部下のグチを聞いたから。 共働きならいいけれど、ウチの会社は給料がいいから奥さんが専業主婦という家庭も多い。 先日、喫煙室で部下がしきりに私をうらやましがるから、何のことかと思ったら、彼らの奥さんはすごく怖いんだ。 靴下を丸めて脱いで部屋に置いておくと激怒される。 靴を3回揃えなかったら家出された。 洗濯が終わった洗濯物をほぐさずに乾燥機にかけたら口をきいてもらえなかったなど、驚くくらい厳しい。 『宮本さんの奥さんみたいな人が理想ですよ』と口をそろえている。 妻は一切の家事を私にさせていない。 やろうとすると、『いいわよ。 私が好きでやってるの』と笑ってくれる」 長男と長女は、かゆいところに手が届くような母親の世話を嫌がって、早々に独立した。 「いい大人なんだからやめろよ、と何回言っても、部屋を掃除したり、洗濯したりする。 それを嫌がって、2人とも家をすぐに出てしまった。 「ということは、10年前から、浮気を繰り返していたということになるね。 そうなると、たくさんの謎が解けてくる。 短大の同級生と小旅行に出かけたり、帰宅が遅くなったり。 私も仕事で遅くなっていたし、妻は家事の手を抜くことがなかったので気にも留めなかった」 「女として必要とされたい」と、何度か言われていた【次ページに続きます】.

次の

調教開発生活~君が堕ちるまでやめられない~ 2

君がいない生活は

休み時間• 校外学習• 修学旅行 全てが楽しくありませんでした。 その理由を考えてみました。 集団行動が得意ではなかった 学校が苦手だった大きな理由は 集団行動が得意じゃなかったこと。 みんなと一緒に何かをするのが大嫌いで、常に一人で何かをしていました。 学校から家に帰れば、一人でゲームをずっとしているし、修学旅行では夕食をさっさと食べ終え、「ごちそうさま」を待たずして、規則を破って部屋に帰り、テレビで野球観戦。 集団行動の「し」の字もないような人間で、学校に馴染めるわけがなかったのです。 友達とつるむことをしようとせず、全く学校が楽しくなかったというのが学校生活の率直な印象です。 学校は楽しくないねぇ。 まぁ~楽しくないこと。 でも、学校以外の時間の方が長いんだよね! 遠足の試練 私は遠足を楽しんだことがありません。 小学校時代は毎年遠足がありましたが、そのどれもが楽しくなかったのです。 修学旅行を含めても、一番楽しかったのは修学旅行中に一人で野球中継を見ていた瞬間でした。 友達がそんなにいないという理由もありますが、遠足が楽しめなかった理由の一番はバス酔い。 とにかく、バスに酔う人間で遠足にいくのは試練だと考えていました。 学校での行事ごとは全て嫌いで、基本的に勉強している方がマシという私の小さい頃。 卒業式は心の底から喜んでたのを思い出します。 とにかく楽しいことがなかった 学校はつまらないとよく言いますが、普通はつまらない中にも、楽しいことはあるもの。 楽しくなかった。 でも、それを悲観することはない。 「学校がつまらない」を受け入れよう。 苦しまなければいい。 正直、学校がつまらないのは仕方がないです! だって、今はスマホやゲームなんか小中学生でもやりまくるし、遊ぶ道具も山ほどある。 数え切れないほどの娯楽がある。 私の時代だって、テレビやゲームはすでにあって、そっちが楽しかった。 テレビもゲームも何もなく、家で何もすることができない環境だったら、学校が楽しかったかもしれない。 でも、今はそうじゃないんです。 学校はつまらないのも当然です! それは仕方がないこと。 どうやったって、つまらない人にとっては学校はつまらない。 自分だって、つまらなかった。 学校にもう1回行きたいなんて微塵も思うことはありません。 だから、つまらないのは仕方がない。 学校で、苦しみさえしなければいい。 そう思ってます。 学校はつまらないのはある程度受け入れる。 学校が苦しいと思いさえしなければ、それでいい! つまらないだけなら、まだ幸せです。 学校がつまらないって、実はいいんだ! 学生の頃に戻りたいと将来思わないのがいい! 私、竹内ゴローは学生時代に戻りたいと思ったことがありません。 それは学校が面白くなかったから。 先ほども言いましたが、 二度と学校には行きたくありません!! 学校生活を終えて、10年以上経った今でもそう思っています。 でも、そういう考えでいると、一つメリットがあることに気付きました。 それは、 「昔の方がよかった」と思うことがないということです。 学校時代があまりにも楽しかったら、「あの頃はよかったなぁ」などという考えになっていたかもしれません。 でも、そういったことが一切ない。 過去に戻るのが嫌なので、昔に戻ろう思わず、今と未来に集中できる。 学校を卒業しないとわからないメリットですが、これはものすごいメリットです。 今がつまらないというのは最悪です。 学校がつまらないと感じている方は「今が最悪」だと思っているかもしれませんが、 大人になった時に今が最悪だと思っているのはもっと最悪です。 学校生活よりも、さらに長い期間苦しむことになります。 学校がつまらないと、将来こういう考え方もできるということを心に留めておいて欲しいです! 楽しいことがあまりない時だってある。 1日1つ楽しいことを見つけに行こう! 学校がつまらないの原因はほとんど友達 学校がつまらない原因はほとんどが友達関係。 友達がいないことによって、学校生活を楽しくことができていないわけですが、そこをどう打破するかが大事です。 シンプルに答えは2つ。 友達を作るのか• 友達を作らずに他で楽しみを作るのか どちらを選んでも問題ないと思います。 大事なのは割り切りです。 どっちつかずの考えでいると、友達が多い人を羨ましがったりしてしまいますので、 どちらかの考えにしっかり割り切って、そこに集中しましょう! 私は友達以外での楽しみをしっかり作っていました。 それで、なんとか卒業まで乗り切って、卒業式では思わずガッツポーズしてしまうぐらい嬉しかったのを覚えています。 まとめ~学校・大学がつまらない人へ~ 学校がつまらない。 大学がつまらない。 学生時代がつまらない。 私はそうでした。 でも、心配いりません。 過去を振り返ることなく、今を私は生きれています。 学生時代を振り返るのは、ブログに書く時だけ。 それ以外では思い出すことがないし、過去を振り返らず、今を生きれてるという点では、学校なんて楽しくなくてもいいのかなと感じてる。 18歳~22歳ぐらいまで、学校生活だけど、言ってしまえば、そこまでで学校は終わるわけで、大学なんかは自由な空間だから、1人でいても問題なし。 学校生活以外の時間の方が人生では圧倒的に長いわけだから、そこを考えていく生活の方がいいし、学校にこだわる必要はない。 私、竹内ゴローは学校に授業だけ受けに行っていたし、学校に行く目的は他になし。 でも、 そんなんでも、別にいいじゃない!? だって、 学校生活が全てじゃないし、学校以外にも人生は広がってるんだから!!!.

次の

調教開発生活~君が堕ちるまでやめられない~2巻がzipやrarなら完全無料で読めるは本当?

君がいない生活は

新型コロナウイルス感染拡大の影響で2カ月以上に及ぶ休校生活を余儀なくされた全国の子どもたち。 楽しい時間や掛け替えのない時間を失ってしまいましたが、この自粛期間で学校の大切さを改めて感じることもあったようです。 東京・府中市でコミュニティーラジオの「こどもDJ」を務める2人の男の子を取材しました。 府中市に密着したFM局、ラジオフチューズの番組「こども放送部の時間」。 そこでDJを担当しているのが、小学6年の山室悠介君(11)と中学2年の石井誠也君(13)です。 学校の再開がみえてきた先月24日、2人はそれぞれ、今回の自粛生活を振り返りました。 小学6年・山室悠介君:「(Q. 自粛期間中に心境の変化とかあった?)最初、休みが決まった時は申し訳ないですけど、素直に学校休みだーって」「学校そんなに好きじゃないんです。 学校側には申し訳ないんですけど。 気分としてはヤッホーみたいな」 学校が休みになった時、多くの子どもたちも、山室くんと同じことを感じたかもしれません。 ただの「ながーい休み」であれば、誰しもうれしいはず。 しかし、今回はいつまで経っても学校は再開しません。 山室君の心の中にはある不安が募り始めていました。 小学6年・山室悠介君:「どんどん日を重ねるごとに、やばい、深刻なのかなという感じになっていきました」 39県の緊急事態宣言解除が発表された先月14日、「学校のない生活」は約2カ月。 安倍総理大臣から学校の再開について、はっきりとした言及がなかったことに山室君は。 小学6年・山室悠介君:「学校のことがなかったのは、正直がっかりした。 なかったんだなと思いましたけど、子どもたちも学校がどうなってるかが、僕だけかもしれないですけど、学校が始まるか始まらないかそわそわしている感じなので、そこら辺が発表されないと落ち着きませんね」「1年遅れで自分だけ周りの世代と比べて頭が悪くなったり、そういう恐怖があります」 休校当初は、素直に「休み」を楽しめると思っていた山室君ですが、この長く続く生活のなかで、「学校の大切さ」を感じたようです。 小学6年・山室悠介君:「早く始まってほしいです。 安全が確保できるまで家で学習で良いと思いますけど、確実に勉強ができる場としては学校が再開してほしいです」 一方、13歳の石井くんは、山室君より2歳年上のお兄さんです。 中学2年生の少年は、今回の自粛期間でどんな事を感じたのでしょう。 中学2年・石井誠也君:「学校は先生がいることによって教科書の進め方とか何ページかとか質問できるけど、家だと電話することしか。 ずっと話せるわけじゃないので、学校という場所は他の国とか、行けない子とかもいるので、そう考えると日本の義務教育って良い制度だなって思います。 この自粛期間中で、学校は大切だなって思いました」 黙々と勉強机に向かう石井君。 学校では生徒会の仕事もこなす優等生です。 学校の大切さは石井君にとって、ただ勉強をする環境が整っているだけではありません。 勉強以外にも1年半前に始めたドラムの練習をしたり、趣味の鉄道に没頭したりと学校のない生活を楽しんでいるように見えますが。 中学2年・石井誠也君:「学校がないと『(友達と)どこで会おう』とかもないと思うし、『遊ぼう』とも学校で約束するので」 改めて思うのは、やっぱり友達の大切さです。 石井君は今月3日午後、学校再開後、初めての登校を迎えます。 中学2年・石井誠也君:「(Q. 学校行ったらまず何がしたい?)1年に1回クラス替えをするので、知らない人の名前を覚えるとか顔だけでも覚えるようにしたい」「(Q. 楽しみ?)そうです」.

次の