ドライバー プッシュ アウト。 ドライバーがプッシアウトしてしまう原因と直し方

ドライバーでプッシュアウトが出始めたら

ドライバー プッシュ アウト

まずドライバーのプッシュアウトの原因を考えてみます。 慢性的なものの場合、やはりスイング軌道がインサイドアウトになっていると考えられます。 インサイドアウトになってるスイングを修正するには、どのように対策をすればいいのでしょうか?まずは、スタンスの確認が必要です。 打ち出す方向を確認し、それと平行になるように、スティック、なければクラブをボールの前後に2本置いて行きましょう。 その、2本のせんと両肩を結んだ線、両足を結んだ線、両膝を結んだ線、左右の腰を結んだ線、全てが平行になっているのかを確認します。 このスタンスが真っ直ぐでないためにスイングがインサイドアウトになることがあります。 平行になっていない場合は、平行になるようにしましょう。 平行になっていた場合、ボールの位置が問題となっていることがあります。 打つべき位置より、右側にある場合、インサイドアウトの軌道なります。 よって徐々にボールの位置を左側に持って行くことで、ベストの位置を見つけることにします。 この時、打球がフックしたりすることもありますが、そこは後からグリップをウィーク気味にすることなどで、解決していきましょう。 まずはまっすぐボールが打ち出されているのかに集中してチェックを行い練習を行ってください。 打ち出しに関しては10ヤード先まで真っすぐ行っていたら、問題はないでしょう。 練習方法としては打ち出し方向に平行にスタンスを取る。 ボールの位置が右過ぎないようにする。 以上の2点を意識して練習をしてみてください。 ドライバーのプッシュアウトの原因のひとつは、振り遅れです。 プッシュアウトは初心者にはあまり発生しません。 クラブの正しい軌道であるインサイドアウトが身についている中級以降に比較的よく見られるミスです。 下半身から始動する技術も身に付いている中級者が、ここ一番で思いっきり飛ばしたいと思ったときに出てしまいます。 飛ばす時は下半身を大きく速く動かします。 それに伴い腕も速く動かす必要があるのですが、腕の振りを忘れたり、スピードが足りなかったりで、腕が胸の前から外れて遅れてきます。 これによりインサイドアウトが強くなり、なおかつフェースを閉じてくるのが間に合わないため、フェースが開いた状態でボールに当たり、そのままプッシュアウトになってしいます。 対策は腕を速く振るです。 飛ばす時は下半身が激しく動くのを頭に入れて、その分腕を速く振るのだということを意識します。 それだけで大幅に改善されます。 練習方法は鏡に映したフォームの確認です。 強く振るときの体の動きをゆっくりと再現し、インパクト付近で静止します。 そのときに腰が開きすぎているようだと、それは振り遅れです。 腰の開きが30度? 45度くらいの間でおさまるように腕の振りを調整してください。 それでプッシュアウトのミスは減るはずです。 私は当初スライスで悩んでしました。 特にドライバーのスライスがひどい。 その一因が、スイング軌道がアウトサイド・インになっていることでした。 そこで軌道がインサイド・アウトになるように練習をしました。 しばらくして確かにスライスは治ってきました。 しかし、今度はプッシュアウトが出るようになり、結局右にOB。 それで右を嫌がっていると、また軌道がアウトサイド・インになってしまいスライス! もうゴルフをやめようかと思いましたが、私のプッシュアウトを見たインストラクターから思わぬ一言。 「良くなってきましたね」と。 でも結局右にOBなんです……。 すると「良くなってきている過渡期ですからしょうがないですよ」との返事。 決して悪いことではないそうです。 そう言われてもなあ、といろいろ聞いてみました。 私のプッシュアウトの原因は、ヘッド軌道がインサイド・アウトで、インパクト時のフェースの向きもアウトサイドになってしまっているのだそうです。 つまり、ヘッド軌道がインサイド・アウトなのはOK。 しかしフェースが同じように右を向いてしまっては、ボールは右に打ち出されてしまうのだそうです。 軌道はインサイド・アウト、フェースは飛球線方向。 これがベスト。 しかしこれが難しい。 フェースを閉じようとすると、またスイング軌道がアウトサイド・インになってしまう。 どうすれば? 「フェースを閉じようとするからです。 はじめから開かず閉じたまま振りましょう」とのこと。 そこでグリップから見直しました。 手首をこねくり回さないように、対策としてフックグリップ。 バックスイングでフェースを開いてしまわないように、常にフェースがボールを見ているようにシャットフェースでバックスイングする練習をしました。 もちろん軌道はインサイド・アウトのまま変えずに。 ドライバーは長く、ヘッドの重心が後ろにあるので、スイング中にフェースを開いたり閉じたりは難しいのだそうです。 この練習方法のおかげでプッシュアウトも治り、ドローボールが出るようになってきました。 あのアドバイスがなければ、プッシュアウトとスライスを行ったり来たりでゴルフをやめていたかもしれません。 ボールを打った途端にドライバーが右方向に大きく曲がっていくプッシュアウト、私の場合は調子が出ずに焦りの気持と緊張から体がこわばっている時に出がちです。 私のプッシュアウトの原因は、力が入りすぎて右肘を絞り過ぎたり、飛ばさなくては!という気持ちが強くなってフォローで極端に外側に振り抜こうとすることだと思います。 スイング軌道から外れてインサイドアウトにならない対策は、右肘を閉めすぎないことと左腰のスエー、そして右肩が下がらないよう気をつけるのがポイントです。 ほどよく肘と脇を連動させる力加減は卵をはさんでも割れないイメージだというアドバイスがピンと来たので、力みを感じる時ほど意識して緩めます。 左腰のスエーは腰の回転がスムーズにいかないせいなので、解消するための練習方法として、下半身つまり膝回転を先行させることを強く意識して、スイングプレーンがゆがまないように注意しています。 そして特に右肩が下がる癖があるので、骨盤も平行になっているかをチェックします。 もう一つ、トップでタメを取り過ぎるのもプッシュアウトの原因になるそうで、スイングテンポが遅くなり過ぎないよう気をつけています。 タメの後速やかに下半身に引っ張られて右肘を伸ばしながらスクエアにボールをヒットして、頭を残せるとボールがストレートに飛んでいってくれます。 ゴルフを始めた頃はドライバーのプッシュアウトに悩みました。 打った瞬間から右方向へ飛び出してしまい練習場でもそのままネットへ突き刺さるような打球ばかり…プッシュアウトの原因はどこにあるのか?一緒に練習していた知人に聞いてみると、インパクトの瞬間にクラブのフェースが開いたままになっていることで起きる現象だと教えてもらいました。 プッシュアウトはインサイドアウト軌道が原因であることが多いので、対策としてスイング軌道の改善を心掛けた練習方法を取り入れました。 フェースをかぶせるためにダウンスイング時にシャフトが寝ていないか常にチェックしながらゆっくりとスイングするようにしました。 ダウンスイング時に左手の甲が上を向いているとフェースが開いたままになってしまうので、コックを効かせて左手の甲ができるだけ正面を向くようにスイングすることでプッシュアウトはぴたりと直りました。 またグリップを固く握りすぎると手首が硬くなりコックが使えずに、インサイドインの軌道が作りにくくなりプッシュアウトの原因にもなりますのでできるだけグリップは緩めに握ることも大切です。 どうしても直らない場合はフック形状のきついドライバーに変えてみるのも一つの方法です。 ドロー専用のドライバーやフェイスアングルを変えられるドライバーも販売されていますので、そんなドライバーを使ってみるのも良いかもしれません。 関東・甲信越• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 静岡県• 山梨県• 長野県• 新潟県 北海道・東北• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県 北陸• 富山県• 石川県• 福井県 中部• 岐阜県• 愛知県• 三重県 近畿• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県 中国• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県 四国• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県 九州・沖縄• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県.

次の

ゴルフ プッシュアウトの原因と直し方。アドレスから振り方まで徹底解説。

ドライバー プッシュ アウト

プッシュスライスの原因 ここでは、目標方向より右に飛び出し、さらに右に曲がっていく「プッシュスライス」の直し方をご紹介します。 プッシュスライスは実際のゴルフ場ではほぼOBになってしまう致命的なスライスです。 ただ、原因を知り、対策を施せばスグ直る症状です。 プッシュスライスになってしまう直接的な原因は、 スイング軌道がインサイドアウトになってインパクトでフェースが開いた状態 になってしまっている、ということです。 では、ナゼ、インサイドアウトになってフェースが開くのでしょうか。 いくつかの要因がありますが「間違ったスイング」になっているから他なりません。 プッシュスライスになる原因• トップで左手首が甲側に折れている• 切り返し~ダウンスイングの動作で、左肩が上がっている• ダウンスイングで尻が前に出ている これらの項目に当てはまっていませんでしょうか。 2点目の「左肩が上がる」ですが、いわゆるアッパースイング姿勢か、右足に体重が残ったままの状態であることがほとんどです。 3点目の「尻が前に出る」は、インパクト前に腰が伸び上がっている状態です。 本来はアドレス時の前傾を保っているはずなのですが、「尻が前に出る=腰が伸び上がる」ことにより、前傾角度がキープできていないことになります。 インサイドアウト軌道で腰が伸び上がっているスイング プッシュスライスの直し方• 左肩は低い位置でキープしたままダウンスイング• 腰を平行移動しながら左足へ体重移動 この2点を意識することでクラブは最短距離で降りてくるため、インサイドアウト軌道にならず、フェースが開くこともありません。 アドレスからインパクトに至るまで、尻のどこかの部分は壁に触れているイメージです。 尻全体がインパクトまでに離れていないか、を確認してみてください。

次の

ゴルフのプッシュアウトの原因と矯正方法

ドライバー プッシュ アウト

彼のスイングの特徴は両肩やスタンス向きをやや左を向いて、真っすぐヘッドを出して打っているという点。 要は右プッシュアウトを打っている感覚ですね。 アマチュアも経験があると思いますが、右プッシュのほうが当たりが強く非常に飛距離が出ると思います。 それを彼は常に実践しているのです。 最近のPGAツアープロはシャットフェース気味にヘッドを下ろしてくる傾向にあります。 そのまま振ってしまうと左へ引っかけてしまうため、少し体をオープンにしたほうが引っかけるリスクが減ります。 さらに左サイドの懐が広くなり左サイドの突っかかりがなくなるので、体の回転スピードを限りなく上げることとなります。 ヘッドスピードが上がるために強い弾道が打てるのです。 最近のヘッドは重心深度が深くて低スピン化傾向にあります。 フェースを早くボールに向けてしまいそのままスクエアな状態のままフォローを出していけば、長く球を押していけて飛距離アップにつながります。 フェースターンさせて飛ばすよりはフェースターンは控えめな方が、効率良く飛ばせるのです。 また、深い重心設計なので、インパクトロフトが増えて低スピン・高弾道の飛距離の出る球が打てますよね。 右プッシュ打法は今どきクラブ的にも非常に効率よく飛ばせる打ち方だと思います。 もちろん彼も他のプロ同様にインパクトで左ヒザを伸ばすジャンプアップの動きを取り入れることで、ヘッドスピードを上げているのも飛距離アップの要因となっていますが、彼の場合はやはり左を向いて真っすぐ打ち出す点は、他のプロとスイングにおいて一番異なる点ですね。

次の