日蓮正宗 日蓮宗。 日蓮宗と創価学会、顕正会の教えの違いは何ですか?日蓮宗や日...

日蓮正宗の歴史(昭和時代)

日蓮正宗 日蓮宗

日蓮宗とは 日蓮宗は、お釈迦様が説法された中で最も尊いと言われている 『法華経』をよりどころとして、それを信じていれば仏となれるという教えです。 南無妙法蓮華経という一説を唱えることで、仏に近づけると信じられています。 これを説いたのが日蓮聖人で、とても気性が激しく、 日蓮宗以外の宗派に対して激しく反論したりなど、 その当時評判が良くなかったそうです。 そのため日蓮聖人は山で弟子を育てることに専念しました。 日蓮正宗とは 日蓮の弟子の中で直弟子となった6人の僧侶がおり、 それぞれ、日昭、日朗、日興、日向、日項、日持と言います。 この弟子たちは、日蓮聖人のように激しく批判したり、 日蓮宗を信じろと強く広めていくのはやめようと決めて、 もう少し優しく教えを説いていこうではないかと決めました。 しかし、6人のうちの一人である日興は、原理主義だったために他の5人に反発し、 新たに日蓮正宗を作り上げたのです。 日蓮正宗は、別名日興派とも呼ばれています。 しかし、日興のやり方についていけないものも多く、 さらに孤立化してしまったという事です。 日蓮宗と日蓮正宗 2つの宗教の違い まず、日蓮宗では日蓮の直弟子6人で、それぞれを認め合って 大きな組織として形成されていました。 一方、日蓮正宗は、宗教を立ち上げた日興のみを弟子として認めるよう変更し、 他の5人をないがしろにしました。 その後は、日蓮から日興へ、そしてまた次の弟子へと、 一人の師匠から一人の弟子へと伝えていく形式になっています。 次に、ご本尊の違いです。 2つの宗派とも、曼荼羅を本尊としていますが、 日蓮宗の場合は仏像がご本尊でも認められます。 しかし、日蓮正宗では仏像をみとめていないのです。 また、日蓮宗では、お寺の住職が書き写した曼荼羅を、 信徒に与えることができるのですが、日蓮正宗では大石寺の貫主だけが、 書き写して与えることができる唯一の役割となっています。 このように、宗派の成り立ちから見ても、対立している2つの宗派。 人を救う立場のお坊さんたちが争っているとはどういうことだ…と感じてしまいますが、 そんな2つの宗派でも同じ点があります。 それが、救われる呪文である「南無妙法蓮華経」を唱えるという点なのです。

次の

日蓮宗とは

日蓮正宗 日蓮宗

初盆は故人が亡くなって初めて迎えるお盆ですので、準備について戸惑われる方も多いのではないでしょうか。 初盆を迎えるにあたっては、いろいろと準備すべきことがあり、宗派によっても準備すべきことが違ってきます。 日蓮宗の初盆で準備すべき事項は一般的なお盆の流れとなりますので、以下の項目を確認しつつ 日蓮宗の初盆で準備すべきことを確認してみてください。 お坊さんと打ち合わせ お盆を迎えるにあたっては、先祖代々のお墓のあるお寺である菩提寺の僧侶を招いて読経をあげてもらいます。 お盆の時期はお寺も込み合いますので、 早めに連絡をし手配しておくことが望ましいでしょう。 会食を手配 初盆では、供養のあと お斎(会食)の場を用意することが一般的です。 お斎(会食)は自宅で行う場合とお寺や料理屋で行う場合で手配の仕方が異なります。 自宅で行う場合であれば、遺族の方で料理を作って用意するか仕出し屋さんに依頼する場合があります。 お寺や料理屋で行う場合には、早い段階で予約する必要があります。 そのため、なるべく早く参加人数を確定しておくとスムーズに手配できるでしょう。 案内状の送付 参加者の都合やお斎(会食)の準備、返礼品の用意など、参加人数が確定していないと準備が進まないものもあります。 ですので初盆の日程が確定したら遅くとも 1か月前までには案内状を送付するよう手配をすると良いでしょう。 精霊棚の飾り付け 初盆を迎えるにあたっては、 精霊棚の飾り付けも重要です。 精霊棚は、お盆の期間に帰ってきたご先祖の霊が一緒に過ごすための場所です。 精霊棚は、精霊馬やご先祖が生前好きだったもの、季節の果物などをお供えし、飾り付けを行います。 返礼品の用意 お盆では、お供えをいただいた方に対するお返しである返礼品の用意も必要です。 返礼品としては、一般的にはお菓子の詰め合わせやお茶のセット、タオルのセットなどです。 返礼品の相場は参列者の方一人に対して、 3,000円~5,000円程度となっています。 日蓮宗の初盆の飾り方とは?• 精霊馬• 水の子• まこも• お供え物 それぞれについて詳しく解説していきます。 精霊馬 精霊馬はなすやきゅうりに割り箸を4本さし、馬や牛にみたてたものです。 ご先祖がお盆の時期に、精霊馬にのって帰ってくるというならわしから、お盆の時期に 夏野菜を用いて精霊馬を作ります。 提灯 お盆の時期には、先祖の霊が迷わず自宅に帰ってこれるように、本来であれば 玄関などに提灯を飾ることとされています。 しかし、自宅の場所などの問題から軒先やベランダに飾る場合もあります。 水の子 水の子は、なすやきゅうりを賽の目状に細かく切り、器に乗せた蓮の葉の上に盛り付けたものです。 水の子は すべての精霊を浄化するものであり、ご先祖の霊だけでなくお盆の時期に帰ってくるすべての精霊の供養となるようにお供えするものです。 まこも まこもは精霊棚に盆飾りを飾る際に、 盆飾りの下に敷く敷物です。 まこもはイネ科の植物で、お釈迦様が病人を寝かせる寝床を作る際に編んだもので神聖なものといわれています。 お供え物 精霊棚など供えるお供え物としては、一般的には 果物や故人が好きだったものなどを供えます。 地域によっては地域独自のお供え物があったりしますので、ご家族やご親族に確認してみると良いでしょう。 お膳の置き方 帰ってきたご先祖にお供えするため、お盆ではお膳を用意します。 お膳として用意する料理は 精進料理となり、飯椀、汁椀、平椀、高杯、壺椀を用意します。 それぞれの置き方は宗派によって異なるため、宗派に応じたお膳の置き方を整理していきます。 お盆では先祖を迎えるための迎え火を焚き、先祖を送るための送り火を焚きます。 では、それぞれどのように火を焚くのでしょうか。 初めてお盆を迎える方で迎え火や送り火のやり方をご存知の方も少ないでしょう。 ここでは、 迎え火や送り火のやり方について、どのようなものを用意しどのように焚けば良いのか解説していきます。 用意するもの 迎え火・送り火を行うにあたっては、 陶器のお皿と苧殻(おがら)を用意します。 苧殻(おがら)とは皮を剥いだ麻であり、ホームセンターなどで購入することができます。 苧殻(おがら)が用意できない場合には、藁やロウソクを用いる場合もあります。 日蓮宗では、玄関先で送り火を焚きます。 マンションなどの玄関先では火を使えませんので、そのような場合は無理に火を焚く必要はなく盆提灯が送り火の代わりとなります。 迎え火も、送り火と同様に玄関先で焚くこととなります。 迎え火も、マンションなど玄関先で火を使うことができない場合には無理に火を焚く必要はなく、送り火と同様に盆提灯を代用します。 日蓮宗の初盆のお布施のマナー 初盆のお布施を用意する際に、どのくらい包めば良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。 お布施は一般に、いくらくらいという金額が決まっておらず、僧侶からも「お気持ちで」と言われることがほとんどです。 一般的な相場を知っておくことで、準備の段階で迷うこともありませんので、以下の項目を参考に、 お布施のマナーについて確認してみてください。 お布施の金額相場 一般的に、普通のお盆を迎える際のお布施の相場としては5,000円~2万円程度とされていますが、初盆を迎える際の相場としては、 3万円~5万円程度と少し多めの金額が相場とされています。 また、僧侶を家に呼んで初盆を迎える場合、お車代として5,000円~1万円を別途用意する場合もあります。 お布施の金額については地域や風習によっても違ってきますので、上記の相場を参考にしつつご家族等に確認してから用意するのが望ましいでしょう。 お布施の書き方 お布施は白い無地の封筒に入れて用意をします。 表書きは「 御布施」と記載してお渡しするのが一般的ですが、何も書かずにお渡ししても特に失礼にはあたらないとされています。 封筒の裏側には住所と氏名を記載するようにしましょう。 日蓮宗のお参りの際のマナー• 日蓮宗の初盆で準備すべきこととしては、お坊さんとの打ち合わせ、会食の手配、案内状の送付、精霊棚の飾り付け、返礼品の準備などがある。 それぞれ余裕をもって準備を進めるようにすることが重要。 初盆においては、仏壇以外に精霊棚などの祭壇を用意し飾り付けを行う。 日蓮宗の場合、仏壇の両端に青竹を飾り、仏壇の最上段には日蓮大聖人の像を配置しその奥に曼荼羅を飾る。 精霊棚には、精霊馬、提灯、水の子、まこも、お供え物を飾る。 また、お膳の置き方は宗派によって異なるので、それぞれの配置の仕方を確認しておく必要がある。 先祖を迎えるためにお盆の入りで迎え火を焚き、先祖を送るために送り火を焚く。 送り火・迎え火を焚く準備として、陶器のお皿と苧殻を用意する。 日蓮宗では玄関先で火を焚くが、マンション等で玄関先で火が焚けない場合には提灯を代用する。 僧侶にお渡しするお布施は、初盆の場合、3万円~5万円と普通のお盆と比較して少し高めの金額が相場とされている。 お布施は白地の無地の封筒に入れ、表書きは「御布施」と記載すれば問題ない。 日蓮宗では、焼香は基本的に1回となる。 宗派に応じたマナーに沿っていなくとも失礼にはあたらないが、自身の宗派のマナーは知っておいた方が無難。 今回の記事を参考に、日蓮宗における初盆の準備の仕方や精霊棚の飾り方などについて知識を深めてみてください。

次の

[mixi]日蓮宗と日蓮正宗の教義の違い

日蓮正宗 日蓮宗

日蓮宗とは 日蓮宗は、お釈迦様が説法された中で最も尊いと言われている 『法華経』をよりどころとして、それを信じていれば仏となれるという教えです。 南無妙法蓮華経という一説を唱えることで、仏に近づけると信じられています。 これを説いたのが日蓮聖人で、とても気性が激しく、 日蓮宗以外の宗派に対して激しく反論したりなど、 その当時評判が良くなかったそうです。 そのため日蓮聖人は山で弟子を育てることに専念しました。 日蓮正宗とは 日蓮の弟子の中で直弟子となった6人の僧侶がおり、 それぞれ、日昭、日朗、日興、日向、日項、日持と言います。 この弟子たちは、日蓮聖人のように激しく批判したり、 日蓮宗を信じろと強く広めていくのはやめようと決めて、 もう少し優しく教えを説いていこうではないかと決めました。 しかし、6人のうちの一人である日興は、原理主義だったために他の5人に反発し、 新たに日蓮正宗を作り上げたのです。 日蓮正宗は、別名日興派とも呼ばれています。 しかし、日興のやり方についていけないものも多く、 さらに孤立化してしまったという事です。 日蓮宗と日蓮正宗 2つの宗教の違い まず、日蓮宗では日蓮の直弟子6人で、それぞれを認め合って 大きな組織として形成されていました。 一方、日蓮正宗は、宗教を立ち上げた日興のみを弟子として認めるよう変更し、 他の5人をないがしろにしました。 その後は、日蓮から日興へ、そしてまた次の弟子へと、 一人の師匠から一人の弟子へと伝えていく形式になっています。 次に、ご本尊の違いです。 2つの宗派とも、曼荼羅を本尊としていますが、 日蓮宗の場合は仏像がご本尊でも認められます。 しかし、日蓮正宗では仏像をみとめていないのです。 また、日蓮宗では、お寺の住職が書き写した曼荼羅を、 信徒に与えることができるのですが、日蓮正宗では大石寺の貫主だけが、 書き写して与えることができる唯一の役割となっています。 このように、宗派の成り立ちから見ても、対立している2つの宗派。 人を救う立場のお坊さんたちが争っているとはどういうことだ…と感じてしまいますが、 そんな2つの宗派でも同じ点があります。 それが、救われる呪文である「南無妙法蓮華経」を唱えるという点なのです。

次の