スマトラ 沖 地震 津波。 スマトラ島沖地震

スマトラ沖地震・津波の震災孤児や女性に対する人身売買・暴力への危惧を相次ぎ表明

スマトラ 沖 地震 津波

2000年以降の主な「スマトラ島沖地震」 [ ] 時期 WIB 名称 マグニチュード 震源地 2000年06月04日 7. 9 スマトラ島南方沖 2004年12月26日 9. 1 南南東沖 2005年03月28日 8. 6 南西沖 2007年09月12日 8. 5 南西沖 2009年09月30日 7. 5 西北西沖 2010年04月06日 7. 8 付近 2010年05月09日 7. 2 バンダ・アチェ南南東沖 2010年10月25日 7. 7 パダン南沖 2012年01月10日 7. 2 南西沖 2012年04月11日 8. 6 バンダ・アチェ南西沖 2016年03月02日 7. 9 スマトラ島南西沖 スマトラ島周辺で起こる地震の概要 [ ] 周辺の地形図 から、、にかけて、とがぶつかり合うスンダ海溝()がある。 ここは世界有数の地震多発地帯で、スマトラ島周辺では100年から150年の周期で大きな地震が繰り返し発生している。 過去から地震を多数経験してきており、に入ってから発生した上記の地震もその一連の流れの一つである。 過去の記録では頃にMw 8. 9と推定される地震、にスマトラ島中部沖でM 8. 4と推定される地震、にスマトラ島南部沖でMw 8. 9と推定される地震、にスマトラ島北部沖でMw 8. 5と推定される地震などが起きている。 の地震では、スマトラ島北西沖からアンダマン・ニコバル諸島にかけてのプレートの境界(ジャワ海溝)が1,000km超にもわたる巨大な範囲でずれ、一気にマグニチュード9を超えるエネルギーが解放された。 これにより周辺のユーラシアプレートにかかる力が大きく変わり、の地震などを しているものと考えられている(「」も参照)。 インドネシアで2004年以降地震が急増しているのは、このためではないかと見られている。 なお、地震の種類としてはの地震()を除き、(海溝型地震)となっている。 この他、スマトラ島の沖で発生したものではないが、にはスマトラ島内(北部)でもM 5. 9のが発生している()。 本来、「スマトラ島沖」はスマトラ島北西沖からスマトラ島南東沖までの広い範囲を指すが、2004年12月26日にマグニチュード9. 1の地震が発生して大きく報じられて以来、「スマトラ島沖地震」はこの地震のことを指す場合が非常に多くなった。 これらの地震によりも活発となっており10以上ので地震が増加 、5月と10月にはが噴火に至っている。 また巨大地震の頻発により、におけるに繋がる可能性も懸念されている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

早朝の千葉沖地震は「東日本大震災の余震」 阪神大震災では発生後20年間で何度も: J

スマトラ 沖 地震 津波

はじめに ~自然災害はどこでも起こりうる~ 2018年は日本にとって、立て続けに大きな自然災害に見舞われる年となっています。 10月15日(月)までに発生した主な自然災害を挙げると、6月18日に発生した「大阪府北部地震」、7月初旬に発生した「平成30年7月豪雨」、9月4日に上陸した「台風21号」、9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」、9月30日に上陸した「台風24号」、10月初旬に猛威を振るった「台風25号」などがあり、いずれも各地に大きな被害をもたらしました。 これらの災害の影響は観光面にも及んでおり、宿泊キャンセル、鉄道や道路における交通網の寸断、鉄道の計画運休、空港の閉鎖、停電などによる旅行の中止や延期が発生し、宿泊事業者や交通事業者、観光事業者等の売り上げが大きく減少する事態となりました。 とりわけ交通網の寸断については、2016年の熊本地震を含め、未だに不通となっている鉄道や道路があり、1日も早い復旧が望まれます。 自然災害は日本だけでなく、世界各地で発生しています。 2018年5月3日のハワイ島・キラウエア火山の噴火では、ハワイ火山国立公園がしばらく閉鎖される事態となり、観光に大きなダメージを与えました。 また、8月6日には、バリ島に近いインドネシア・ロンボク島で強い地震が発生し、津波情報などによってバリ島などの観光地がパニック状態に陥りました。 さらに、9月28日にはインドネシア・スラウェシ島にて地震が発生し、津波や火山噴火が起きました。 このように、自然災害はどこでも発生しうるものであるため、災害発生に備えた復旧・復興対応策を事前に検討することは重要です。 観光においても、過去の事例などを参考にしつつ、ハード・ソフトの両面における効果的な復旧・復興対応策が求められます。 プーケット及びカオラックの被害内容及びその後の観光復興 以前のコラムに記したとおり、当財団では九州産業大学と共同で、「被害の階層性を踏まえた災害復興における観光地マネジメントに関する理論・実証的研究」に取り組んでいます(研究員コラムvol. 365を参照)。 この研究の一環として、2018年8月、2004年12月に発生したインドネシア・スマトラ沖地震によるインド洋大津波の被害を受けたプーケット(タイ)及びカオラック(同)を訪れました。 地震発生当時、それまでに津波に遭った経験がない現地の人は、津波がどのようなものなのか、またどこに逃げればいいのか分からなかったようです。 そのため、プーケット・パトンビーチでは、海岸沿いにあったデパートの地下街に逃げ込んだ人や、一時的に波が引いたことにより打ち上げられた魚を捕りに行った人がいて、残念ながら津波の犠牲に遭ったとのことです。 そのような状況下で幸いだったのは、当日は日曜日で、学校や公共施設等が休みだったため、平日よりも外出する人が少なかったということです。 写真1 多くの犠牲者が出たデパート跡地(プーケット・パトンビーチ) 写真2 津波により打ち上げられた船(カオラック・International Tsunami Museum) プーケットにおける復旧・復興の流れをまとめると、図1のようになります。 観光の復旧・復興には、国、タイ政府観光庁、自治体、民間それぞれが役割を分担して対応に当たりました。 そしてこの大津波をきっかけに、プーケットでは以下のような災害への対応策が施されました。 写真3 新たに設置された避難看板(プーケット・パトンビーチ) 写真4 新たに設置された警報装置(プーケット・パトンビーチ) 観光客の回復状況ですが、2005年1月のプーケットのホテル稼働率はわずか5~6%に過ぎませんでした。 その後、タイ国内の旅行業者や航空会社による価格訴求型旅行「ファン・パッケージ」の導入や、プロモーションやSNSなどにおける復旧アピールなどを行った結果、2005年12月時点でようやく70%まで回復しました(表1)。 ちなみに、国内客の回復が遅れた要因の一つとして、「被害にあったと思われる行方不明者の「お化け」が出るという噂が広がり、タイの人が恐れた」ことが指摘されています。 現在は、新たなホテル建設が進んでいることもあり、観光客は順調に伸びています。 そのようななか、回復が遅れているのは日本人観光客で、常に地震や津波を警戒しているようです。 表1 2005年のプーケットのホテル稼働率 おわりに ~プーケットの観光復興策から得た所感~ 自然災害発生直後に観光客数が大幅に減少することは、現地の物理的状況や旅行者の心理的状況を考えると致し方ないことと言えます。 ホテルの稼働率向上につながったことや、情報発信としての効果が高かったという点において評価する声があがりましたが、その一方で、外国人観光客は価格よりも地域の魅力を重視しているという調査結果も出されており、過度な価格訴求は地域のブランドイメージを低下させるだけという意見も聞かれます。 このため、災害後の観光復興策については、急減する需要に対して救済するための短期的な対応と、ブランドイメージを維持したうえで地域の魅力を活かした需要創出を図るという中長期的な対応を区分したうえで、断続的に取り組んでいくことが肝要であると思われます。 この研究員のその他のコラム• 最新研究員コラム•

次の

スマトラ沖地震・津波の震災孤児や女性に対する人身売買・暴力への危惧を相次ぎ表明

スマトラ 沖 地震 津波

2004年12月26日7時58分(日本時間9時58分)ころ、インドネシア・スマトラ島西方沖で発生した巨大地震、およびこれに伴って発生し、周辺の国々にも甚大な被害をもたらした大津波()。 この地震は、いわゆる海溝型の巨大地震で、規模はきわめて大きく、表面波(M S)9. 1、モーメントマグニチュード(M W)9. 0と求められている(表面波マグニチュード、モーメントマグニチュードについては後述する)。 震源は北緯3. 3度、東経96. 地震に伴って大規模な津波が発生した。 地震および津波による死者・行方不明者は30万人を超えており、きわめて大きな被害が生じた。 津波は海底や沿岸の地形に応じ、屈折したり反射したりしながら伝播 でんぱ するが、岬や島では波が収斂 しゅうれん することによって津波の勢力が強くなるという性質があるので、海岸における津波の高さはかならずしも波源からの距離によらず、場所によってそれぞれ異なる。 この地震による津波では、震源域に近いスマトラ島北部などはもちろん、スリランカ、インド、タイ、東アフリカ諸国、マレーシア、モルジブなど、広くインド洋上および周辺の国々で大きな被害が生じた。 とくに被害がひどかった地域は、インドネシアのナングロ・アチェー州、タイのプーケット島、インドのアンドラ・プラデシュ、タミル・ナド両州、スリランカ北東部のムトゥールなどである。 各国における死者・行方不明者はインドネシア(約17万人)、スリランカ(約4万人)、インド(約2万人)、タイ(約1万人)などとなっている。 また、日本人の犠牲者は40人である。 スマトラ島沖地震のような大規模な地震では、地震の規模を適切に表すのにモーメントマグニチュード(M W)を用いるのが望ましい。 モーメントマグニチュードは、その地震の「震源断層の面積」と「断層面上での平均的なずれの量」および「断層付近の剛性率」の積の対数に比例するように定義されている。 一方、古くから使われているマグニチュードは、地震によって射出された地震波の大きさから求められる実体波マグニチュード(m B)や表面波マグニチュード(M S)などである。 一つの地震についてこれら二つの異なった方法でマグニチュードを求めることはできるが、両者はかならずしも同じような値になるとは限らない。 古くからの方法によるものは、限られた周期の地震計により決められるので、ある程度大きい地震になると、地震の規模は大きくなってもその割にマグニチュードの値は大きくならないような現象、すなわち頭打ちの現象がおこる。 モーメントマグニチュードにはこのような現象はないので、スマトラ島沖地震のような巨大地震の規模を表すにはモーメントマグニチュードによらざるをえないことになる。 地震観測史上最大といわれている1960年のチリ地震のモーメントマグニチュードは9. 5であるが、表面波マグニチュードは8. 5となっている。 2004年のスマトラ島沖地震の後、この地域では、マグニチュードが7から8程度の地震が頻発している。 規模の大きなものとしては、2004年のものと同様、スマトラ島沖のプレート境界で発生した2005年3月28日および2007年9月12日の地震をあげることができる。 前者の震央は、2004年の地震の震央の南東約250キロメートルに位置し、その規模は、M W8. 6である。 後者は、スマトラ島南部で発生し、規模はM W8. 5である。 なお、2012年4月11日にはM W8. 6の地震が、2004年の地震の西方でおきているが、これはインド・オーストラリアプレート内部でおきた横ずれ型のものと考えられている。 2004年のスマトラ島沖地震による津波被害についての教訓から、インド洋に津波警報システムを構築する国際協力プロジェクトが2005年から進められ、2011年10月に津波警報システムの運用が始まった。 太平洋地域で発生する地震・津波については、ハワイ・ホノルルに設置されている太平洋津波警報センター(PTWC:Pacific Tsunami Warning Center)において常時監視されており、必要に応じ津波に関する情報連絡が日本を含む関係各国に対し行われるようになっている。 気象庁は北西太平洋域における津波情報提供の地域センターになっており、たとえば、日本海で発生した地震に伴う津波については、国内に対する津波情報の公表と同時に、関係各国の防災機関へ、予想される津波に関する情報を提供することになっている。 [長宗留男・山下輝夫].

次の