妊娠 報告 親戚。 妊娠報告の例文!メール・ラインなどでの書き方は?上司・親・友達など相手別に紹介!

親族への妊娠報告について

妊娠 報告 親戚

タグ 100均 10代 15歳 2時間 30代 37歳 NG アイデア アイテム アレンジ いとこ イメージ ウエディング ウエディングドレス ウェルカムボード オープニング おしゃれ おすすめ お呼ばれ お泊り お礼 お色直し お車代 お返し お金 ガーランド カラー カラードレス キレイ クラッチバッグ グリーン グループ グローブ ケーキ ケア ゲスト コーデ コート コツ コマ撮り ご祝儀 サイズ サイン サブバッグ サプライズ しおり したくない しない ジャケット ショート ショートヘア ショック シングルマザー シンプル ステンレス ストレス スニーカー スピーチ タイミング デート テーブル デザイン デメリット ドタキャン ドライフラワー トラブル ドレス ネイビー ネイル ネックレス パーティドレス バツイチ バラ ヒール ブーケ ファッション ブライダル ブライダルフェアー プラチナ フラッシュモブ プリンセスライン プレゼント プレッシャー ブロッコリートス プロフィール プロフィールブック プロフィールムービー プロポーズ ベール ベールガール ヘアーアレンジ ヘアアレンジ ヘアスタイル ヘッドドレス ポイント ボブ ボレロ マナー マリッジブルー ムービー メイク メガネ メッセージ メリット メリット・デメリット モラハラ やりたくない やり方 ラッピング リスク リスト リングピロー ルール レンタル ワンピース 一人暮らし 上手 上着 下 不備 不安 両家 両親 中身 乾杯 二次会 交際 交際期間 人数 仕事 仕草 付き合い方 代表 休日 会場 会社 会話 会費 低い 住む場所 何歳 余興 作り方 例 例文 価値観 便秘 保存 値段 元カノ 元嫁 兄弟 免許証 入籍 入籍後 全員参加 公務員 共働き 内容 内祝い 再婚 写真 冬 初デート 判断 割合 午後 印象 印鑑 原因 友人 友人代表 友達 反対 収入 受付 受理 可愛い 同棲 和装 品物 土日 報告 場所 変更 外す 外国人 大切 大学生 太い 夫 夫婦 失敗 失礼 女 女性 女性から 好印象 好意 妊娠 妥協 妻 娘 婚姻届 婚活 婚約 嫉妬 嫌 子あり 子供 季節 宅配 安い 定年 実家 家族 家計 寂しい 寝顔 対処 対処法 専門店 小物 届け出 席札 席次表 平均 年の差 年下 年収 年賀状 年齢 幹事 幼馴染 引き出物 引っ越し 彼女 彼氏 後悔 従兄弟 心理 必要 必要なこと 性格 恋愛 悩み 意味 意見 感動 手作り 手書き 手紙 手続き 折半 披露宴 拒否 持ち物 指輪 指輪なし 挙式 挨拶 捨てる 捨印 提出 提出先 文字 文字入れ 料理 新婚 新婦 新婦から 新郎 新郎新婦 方法 旅行 既婚 旦那 旧姓 時期 書き方 書き間違い 服装 期間 条件 楽しい 欠席 正社員 母子家庭 氏名 気になる 決め手 決め方 決断 注意 注意点 洋装 洋髪 流れ 浮気 渡し方 準備 演出 焼き増し 特徴 独身 理想 理由 環境 生活 生活費 生花 男 男友達 男性 白無垢 相場 相手 相談 着物 祝 祝儀 祝辞 秋 種類 窓口 管理 節約 簡単 結婚 結婚報告 結婚式 結婚指輪 結婚相手 結婚祝い 結納 緊張 縁 老後 職場 職業 背中 脈アリ 自作 自分 自分で 自宅 自由 良い点 色 花 花嫁 花束 苦しい 荷物 衣装 装花 親 親の気持ち 親戚 親族 言葉 訂正 証人 証人欄 誕生日 誘い方 説得 負担 貯蓄 貯金 費用 賢い 購入 赤 赤口 身内 転職 辞めたくない 返さない 迷い 退職 造花 過ごし方 違い 遠距離 遠距離恋愛 選び方 郵送 重さ 金額 集合写真 離婚 難しい 雨 青 面白い 靴 項目 頻度 顔 顔合わせ 風船 飛ばす 食事 食事会 飾り付け 高い 高学歴 髪型 黄色 黒 黒字 「私の娘が結婚する事になりました」 とご両親に報告するのが、マナーです。 あなたのご両親が、電話で親戚にする事もあります。 それで、大体の親戚の方は、 「あら、結婚することになったの?」と知るハメになります。 結婚したら妊娠、出産もしますよね?そのタイミングも大体は、あなたの親がします。 「1人目を妊娠しました」「この日に出産しました」親が親戚に報告するのが、正しいマナーな様です。 他の結婚式の招待状なども、あなたの親と相談して行うべきです。 結婚報告、出産報告、あなたの親がスピーカーになります。 親戚に結婚の報告をするタイミング 親が大体の場合は、親戚に子供の結婚について、報告します。 でも、それはどんなタイミングで親戚にする物なのか、一般的にはどんな形なのかも、これから結婚する方は、気になる点だと思います。 結婚式の日程が決まった時点でする 大体の場合、結婚式の日取りが決まっていれば、入籍の日も決まっていると思います。 あなたが結婚する事を親を通して報告するベストなタイミングは、話が固まって、入籍する日や挙式の日程も決まった段階でします。 そこまで話が決まると、恐らく結婚式の招待状も送らなくてはいけません。 その段階で親に結婚の意志を親戚に伝えてもらうのです。 親戚の方も結婚式に向けて準備もできます。 そのタイミングで報告するのが一番かなと思います。 また、挙式を挙げないのであれば、「入籍しました」と事後報告でも構わないと思います。 ただ、入籍に関しては、きちんと親戚に伝えるべきです。 後から、「知らなかった、どうして教えてくれなかったの?」と言わないと、やはり怒られると思います。 親戚に結婚報告をするときの挨拶回りについて これから結婚する事を親戚に報告する際、どの親戚には伝えて、どの親戚には省くべきなのか、その「範囲」を決めるのも、あなたの親と相談してから行うべきです。 あなたの親の方が親戚に関してはよく知っています。 また、親戚の中でも誰に報告の挨拶をするのか、決めて、実際に結婚報告をする際も、一本電話をかけて、あなたの親も親戚の挨拶周りに参加してもらうべきです。 なんだかんだいって、あなたの親は親戚への挨拶や報告をする際に、コミュニケーションの「クッション」になってくれます。 その方が、あなたのパートナーも緊張する事なく、結婚報告を済ませる事ができます。 また、結婚報告をするつもりで親戚の家に行っても、留守の事もあります。 それを避ける為にも、一度電話して、相手が家にいるかどうかも確認して下さい。 後から親戚に「来るのなら一本電話して」なんて怒られない様に気をつけるためです。 礼儀を守っていれば、きっと祝福されます。 あなたの親もつれて、結婚報告を親戚にしましょう。 親戚への結婚報告を手紙で行うとき なかなか遠くて、親戚への結婚報告も、直接あります。 実家からも離れているし、親戚の家も遠いと、折角決まった結婚の報告も現実です。 そんな時は、手紙であなたの結婚を報告できます。 その際は、いつも何かとお世話になっている親族であれば、あまり堅苦しい文章である必要はありません。 ただ、それでも年齢が上の方であれば、やはり手紙の初めは、拝啓という言葉を使い、終わりにも敬具は使いましょう。 基本的なマナーは守った方が無難です。 特に住所が遠くて、あまり普段からコミュニケーションをとれない方で、年上の方には、少し畏まった文章にするべきです。 遠くに住んでいる親戚という事ですから、これまでもあまりコミュニケーションをとれない状況にあったと思います。 あなたからの手紙も久々だと思うので、失礼のない文章で、結婚の挨拶をするべきです。 相手からしても「しっかりとした文章を書いている」という評価を得ましょう。 メールやLINEで親戚に結婚報告をすることについて 友達ならともかくとして、親戚にあなたの結婚報告をメールがLINEでするのは避けるべきです。 親戚への結婚報告は、上記でも触れている通り、親を通して親戚に報告するのが、正しいマナーです。 いくら時代が変わり、メールがLINEがよく使われている時代だとしても、親戚への結婚報告は、親を通して行うのがマナーです。 もしあなたが、親戚への結婚報告をメールやLINEで行おうとしているのなら、即辞めるべきです。 親にきちんと相談して、親を通して親戚に結婚報告を行いましょう。 そのマナーが守れないのなら、親戚からも白い目で見られます。 その時代ならではのトレンドは確かにあります。 でも、それとマナーは別です。 あなたが結婚をするのなら、親戚への結婚報告は親を通して行うべきです。 結婚報告をするにあたり、友達でもなく、親戚に対しては、どのように行うべきなのか、上記で説明しました。 親を通して親戚に報告をするのが一番マナーにかなったやり方です。 また、挨拶周りをする際も、親つきの方が会話も弾みます。 一本電話をかけて、結婚報告を生涯のパートナーと親と共に行うべきです。 できない方には、手紙で報告しましょう。

次の

妊娠報告のベストタイミングって?親や親戚に報告するとき気をつけること

妊娠 報告 親戚

会社へ妊娠報告する時期 働いている場合は、会社へ必ず妊娠報告をします。 妊娠による体調の変化によって業務に支障が出たり、休むことが増えたり、場合によっては早めに産休に入らなければいけないことがあるからです。 妊娠期間中に問題がなかった場合でも、いずれ出産のために必ず仕事を休むことになりますから、妊娠を最後まで秘密にしておくということはできません。 また、産休・育休を取得する人、退職を予定している人、そのどちらも産休に入る前までに仕事の引継ぎをしなければなりません。 なかには引き継ぎに時間がかかるというケースもあるため、会社への妊娠報告は、妊娠が分かってから比較的早い段階で報告をする人が多くなっています。 早めに妊娠報告をしておくことで、妊娠・出産で自分が抜けた後に会社に与える負担を減らすことができますし、つわりなどで体調が悪いときにも配慮してもらいやすくなります。 両親へ妊娠報告する時期 両親へ妊娠を報告するタイミングで悩んでいる妊婦さんも多くいるようです。 自分の両親と夫の両親(義両親)の双方に伝える必要がありますが、一般的には両家のトラブルを起こしにくい同じタイミングで報告することが良いといわれています。 しかし実際のところ、自分の両親には妊娠2カ月(妊娠4~7週)ごろの比較的早い段階で報告することが多いようです。 一方、義両親の場合は安定期に入ってからの報告という人が多くなっています。 ただ、義両親であっても一緒に暮らしているのであれば報告するタイミングが早かったり、自分の両親でも疎遠になっている場合には報告が遅かったりなど、環境に合わせて報告する時期は異なる場合もあると思います。 両親以外の両親戚に報告する場合は、安定期以降に伝えることが多いようです。 会社で真っ先に伝えるべき相手は誰? 会社に妊娠報告をするといっても、すべての人に同じタイミングで伝える必要はありません。 最初に伝えるべき相手は、直属の上司です。 早めに上司に伝えておけば体調が悪いときや妊婦健診で仕事を調整したいときに相談しやすくなります。 同僚などに先に話してしまうと、自分の口から正式に伝える前に上司の耳に入ってしまうこともあり得ますので気を付けましょう。 上司のほかには、体調がすぐれないときにフォローしてもらうことが多くなる同僚にも早めに伝えておくのがベストです。 ただ、フォローをしてもらう前提での妊娠報告は、相手に悪い印象を与えてしまうため、できる業務は変わらずに取り組んでいくという姿勢を忘れないようにしましょう。 両親以外の両親戚には誰まで伝える? 赤ちゃんの祖父母となる実の両親・義両親には、早めに伝えるという人が多い一方で、両親戚となると誰まで報告するべきか悩んでいる人も珍しくないようです。 きょうだいが両親と一緒に暮らしている場合は、両親と同じタイミングで伝えることもあるようですが、身内が不妊治療をしているなどの場合は報告するタイミングを考えた方が良いでしょう。 さらに、両親戚の場合は自分で報告せずに、両親から伝えてもらうというケースが多くなっています。 体調不良や流産の心配がある場合は、安定期に入るまでは伝えずにいてほしいと両親にお願いしておき、安定期以降に伝えてもらうようにする方法もひとつの方法です。 ただ、地域によっては両親戚にもしっかりと妊娠報告をするのがマナーとなっているところもあるため、事前に両親や夫などに確認しておきましょう。 友人への妊娠報告は誰まで伝えればいい? 友人への妊娠報告は、現在の付き合いの頻度や関係性によって異なります。 特に仲のいい友人の場合は安定期に入ってから伝えることが多くなっていますが、それ以外の友人の場合には、安定期以降に連絡したり、会う機会があったときに報告するというケースもあります。 しかし、同じ友人グループ内で妊娠報告を受けている人と受けていない人がいる場合、自分で伝える前にほかの友人から妊娠したことが伝わり、関係がギクシャクしてしまうこともあるようです。 このような心配がある場合は、報告を先にした友人に「ほかの人には後で自分の口から伝えるため、それまでは話さないで欲しい」とお願いしておくといいでしょう。 <ママ友への報告は必要?> 2人目以降の妊娠の場合、上の子どもの関係でママ友としての付き合いをしていることもあると思います。 特に親しくしている場合は、子育てや妊娠中の相談相手として早めに伝えるという人も多いようですが、友人と同様に安定期に入ってから伝える人もいます。 もし、ママ友としてそれほど親しい付き合いをしているわけではない場合には、安定期以降またはおなかが目立ってきた時期をみて報告しても問題ありません。 深い付き合いをしていないママ友の中には不妊治療をしている人もいるかもしれないので、あえて自分から妊娠報告はしないという選択もあります。 会社への妊娠報告で一緒に伝える必要のあること 会社の上司に妊娠報告する場合は、出産予定日はもちろんのこと、今後の仕事についてどのように考えているのかも伝えておく必要があります。 特に、「いつから産休に入る予定なのか」「退職するのか産休・育休取得後に復職するのか」、復職するのであれば「いつから復職するのか」ということは重要です。 もちろん、出産してみないと分からないことではありますが、予定を伝えておかないと会社側も対応が取りにくくなります。 そのため、あらかじめ家族と話し合って、出産前後の予定をシミュレーションしておきましょう。 伝え方の例としては、妊娠した事実と現在の妊娠数週、出産予定日を報告した後、出産後に復職したいのか、退職するのかを伝えます。 復職を希望している場合は、育休の取得が可能かどうかも聞いておきましょう。 さらに、復職後に赤ちゃんが体調不良を起こしたときにはどう対処する予定なのか(夫や家族の協力の有無)も伝えておくとベストです。 もし、妊娠報告の時点で体調がすぐれない場合は、今後の業務内容を配慮してもらえるかどうかも確認しておくようにします。 引継ぎに関しては、妊娠報告をした日ではなく改めて時間を取り、誰にどのような方法で引継ぎをしていくのかを相談して決めます。 友人へメールで妊娠報告する場合の伝え方 友人の場合は、メールで妊娠報告をすることも多くあります。 特に仲がよい友人や、妊娠を心待ちにしていたことを知っていたり相談にのってもらっていたりした友人であれば、喜びを全面に出した内容でも問題ありません。 しかし、グループメールなどで複数の友人へ一斉に知らせる場合には、簡潔に報告した方が相手も受け取りやすくなります。 メール文面の例としては、「急なご報告ですが、このたび妊娠しました。 現在、妊娠〇カ月です。 もっと早くに報告したかったのですが、安定期に入ってからと伝えようと思い、この時期の報告になりました。 予定日は〇月〇日です」のような内容です。 自分の状態を詳しく書きすぎるとマタニティハイと受け取られてしまうこともあるため、最初の報告では必要最低限の情報だけ伝えるようにしましょう。 友人へ妊娠報告するときの注意点 友人へ妊娠報告する場合は、相手のおかれている状況を考えないといけないことがあります。 特に、友人が不妊治療を受けている場合やなかなか妊娠できずに悩んでいることを知っている場合は、妊娠報告をするタイミングや伝え方に配慮が必要です。 ただ、妊娠したことを伝えないでいると、相手は「気をつかわせた」「同情された」とマイナスに受け取られてしまう可能性もあります。 ですから、安定期を過ぎたあたりにほかの友人と同じタイミングで報告するのがいいでしょう。 また、SNSなど不特定多数が閲覧できる場所での妊娠報告は、マタニティハイや幸せをアピールしていると受け取られ、相手を不快にさせてしまうことがあります。 自分ではそんなつもりがなくても、あくまでも妊娠報告は親しい友人間だけでおこなうようにしましょう。

次の

妊娠報告を親や親戚にする時に必ず知っておきたい8つのこと

妊娠 報告 親戚

産婦人科の超音波検査で、子宮内に胎嚢(たいのう)が確認され、その約一週間後に赤ちゃんの心拍が確認されると妊娠が確定します。 嬉しい反面、だれにどのタイミングで妊娠を伝えれば良いか悩むかもしれませんね。 おめでたいことなので一刻も早く伝えたくなるかもしれませんが、妊娠初期は他の時期に比べて流産のリスクが高い時期です。 親や両親に伝えるタイミングは、夫やパートナーと相談して慎重に検討したいものですね。 妊娠報告のタイミングとして、以下の時期に伝えた先輩ママが多いようです。 ・心拍確認ができる妊娠6週頃 ・出産予定日が確定する妊娠8~10週頃 ・早期流産ではなくなる妊娠4ヶ月頃 ・安定期に入る妊娠5ヶ月頃 さまざまなケースが考えられるので、妊娠の経過などを見ながら自分の親や義父母に報告すると良いでしょう。 自分の親には、何週目に妊娠を報告すると良いのでしょうか。 とくに決まりはありませんが、心拍が確認できた後から、安定期を過ぎるまでのあいだに報告する人が多いようです。 親との関係が良くない場合や、妊娠を報告したくない場合は夫婦でしっかり話し合っておく必要があります。 里帰り出産で実家に帰るのであれば、分娩予約やいろいろな準備も必要になるので少し早めに相談したほうが良いですね。 可能であれば、電話やメールよりも、直接会って報告したほうが良いでしょう。 喜ぶ姿を目の前で見られるかもしれません。 報告するときは、できればママだけではなく夫やパートナーも一緒に行きましょう。 服装は相手にもよりますが、いつもよりフォーマルなものにしておくと改まった雰囲気になるかもしれません。 未婚の場合の妊娠報告は、非常にデリケートな問題になります。 婚約中で、両方の親が結婚、妊娠ともに認めている状態であれば報告しやすいですが、それ以外では報告しにくいかもしれません。 しかし、報告しないまま出産するのはリスクがあります。 生んだ後、両親や義父母の協力を得られない可能性があるからです。 18歳や19歳などの未成年が出産する場合、親の承諾は不要です。 しかし、未成年との結婚には、原則として父母両方の同意が必要となります。 つまり、両親や義父母の承諾がなければ、出産したとしても戸籍に不都合が生じる可能性があるのです。 未婚の場合はできる限り、早い段階で両親に妊娠を伝えて、今後のことを相談するのが良いでしょう。 伝え方は人それぞれですが、妊娠週数と出産予定日、結婚前に妊娠となったお詫び、今後の計画などを織り交ぜて、パートナーと一緒に報告するのが良いかもしれません。

次の