エバー テイル ストーリー。 【エバーテイル】序盤攻略のコツ!毎日イベントを周回してとことんキャラを育成しよう!

エバーテイル:ストーリー、バトルにおいてクオリティーは折り紙付き!今年やるべきスマホゲームの1つ!|アプリぽっけ

エバー テイル ストーリー

ここから記事本編です! キャラクター・モンスターについて エバーテイルでは、キャラクターやモンスターを仲間にしてパーティを組みます。 主な入手方法は 捕獲と 召喚の二種類になります。 パーティ編成については以下の記事でも解説しているので、合わせてご覧ください。 オフラインストーリーの草むらで捕獲 モンスターの多くは 草むらで捕まえることが出来ます。 HPを減らした分だけ捕獲率がアップするので、適度に弱らせてから捕まえましょう。 召喚ガチャでキャラを入手 ソウルストーンを使ってガチャを行い、キャラクターや武器を入手出来ます。 低確率ではありますが、 SRや SSRのキャラクターも排出されます! ガチャについては以下の記事でも解説しているので、合わせてご覧ください。 初心者におすすめ!おすすめ万能キャラクター どんなパーティにも編成できる 万能キャラクターを紹介します。 ノーザ ノーザは雷属性の アタッカーです。 攻撃時、自身に状態変化 「カウンター」を付与する強力スキル 「カウンターブロウ」を持っており、攻撃を受けると即座にターンが回ってきます。 さらにパッシブスキル 「カウンターハート」により、カウンターを維持することでかなりの耐久力を得ることも可能です。 状態異常を打ち消しながら短いTUで攻撃を行える上、ターン経過で解禁される攻撃スキル 「サバイバルブロウ」も非常に強力です。 とにかく隙が少なく、一体でもある程度立ち回れるキャラクターなので、初心者にもオススメです! リュドミラ リュドミラは光属性の ブロッカー&サポーターです。 また壁役以外にも 「クリア」で状態異常の回復や、 「ターンギフト」で味方のサポートも行える、とても器用なキャラクターです。 リュドミラを入れることで パーティの生存率が跳ね上がるので、対人戦では必須級のキャラクターでしょう。 攻撃・防御・補助すべてをこなす彼女は、初心者にはうってつけの性能です。 正月ロロティア 「ロロティア」の正月姿のバージョンです。 味方のTUを短縮するスキルを複数持っており、特にスキル 「クロノコマンド」は使い方を考えることでアタッカーの着火剤になります。 味方が倒されると使用可能になる攻撃技 「レイジブラスター」も持っており、 ブロッカーとも相性が良いキャラクターです。 万能なサポート役としてパーティの力を引き上げてくれます。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。 最強キャラ・モンスターランキング 性能が高いキャラクターをランキング形式で紹介していきます。 1位 ウラハ ウラハは水属性の、 スリープ戦法を軸に闘うキャラクターです。 スリープ持ちの中では珍しく サバイバルブロウを習得しており、状態異常を維持することで大暴れが可能です。 倒されてしまっても ランダムにスリープをばらまくスキルを持っており、後続を支援出来る点も嬉しいポイントです。 幅広い活躍が期待できるキャラクターなので、スリープ軸のパーティを組むならば是非仲間にしたいキャラクターです! 2位 輪廻のリゼット 輪廻のリゼットは、 ポイズン戦法を軸に闘うキャラクターです。 パッシブスキル 「ウルトラポイズン」と 「ポイズンスキン」の恩威で、 ダメージ4倍の超強力な毒を敵に即座に拡散します。 更に毒状態の相手に攻撃し、自身のHPを半分回復するスキル「ポイズンドレイン」により、 回復と攻撃を一人でこなす最強アタッカーです! 毒メインのキャラクターの中では破格の性能なので、ぜひとも入手したいキャラクターです。 3位 アルタイラス アルタイラスは雷属性の、 スタン戦法を軸に闘うキャラクターです。 攻撃してきた相手を50TUスタンさせる強力なパッシブスキル 「スタンスキン」により、相手を遅延させることに長けています。 スタンさせた相手を 「タイムドレイン」で叩き、自身がピンチになれば 「アイアンハート」で耐えた後に 「ガッツインパクト」で大ダメージを与える戦法がとても強力です。 単体でも場にいるだけでプレッシャーになれるキャラクターです。 まとめ 最後までご覧下さりありがとうございます。 エバーテイルでは、様々なキャラクターやモンスターがプレイヤーを待っています。 魅力的なキャラを育てて、自分だけの最強パーティを作り上げましょう! まだダウンロードしていない方は下のバナーから公式のDLページへいきますので、ダウンロードしていって下さい! 現在キャンペーン中でアイフォンは無料! アンドロイドは99円!.

次の

【エバーテイル】今から始めても楽しめるのか!?本格的な戦闘が面白い!本音満載がっつりレビュー!

エバー テイル ストーリー

モンスターを仲間にする収集要素と、本格的なファンタジーストーリー、戦略性の高いコマンドバトルを備え、本編後の物語や対戦モードまで用意されている、注目のスマホRPGが登場しました。 『エバーテイル』(Evertale)です。 『ドラゴンアイランドBLUE』や 『ハンターアイランド』(共に公開終了)、から続く、一連のモンスター収集RPGの後継作。 ストーリーや世界観に繋がりはありませんが、ターン制のコマンドバトルとTCG(トレーディングカードゲーム)を合わせたような、 独特でやり応えのあるバトルは引き継がれています。 このシリーズは ストレスなく遊べる配慮と、やり込み重視のシステムが評価される一方で、グラフィックはやや劣り、B級感のある作品群でした。 しかし今作は グラフィックが見違えるほどパワーアップ。 格好いいキャラクターデザインと細かい描き込みのフィールドを備えており、バトル演出も強化され、 一級のRPGに仕上がっています。 しかも価格は 120円。 相変わらず 格安。 Android版は 99円で、なんと100円しません。 ソーシャルゲームのようにガチャやスタミナがありますが、仲間モンスターはフィールドで捕獲可能、ストーリーの進行によって主要キャラがどんどん加わり、仲間にできるサブキャラも豊富で、無理にガチャは必要ありません。 実際、私も本編(第一幕)は最後まで、ガチャで得たキャラは主力になりませんでした。 スタミナも強化クエストや第二幕以降でしか消費せず、本編(第一幕)の進行には無関係。 そして 第一幕だけでも10時間近くのボリュームがあります。 ゲームの進行で得られる課金通貨も多めで、課金は必須ではありません。 リリース当初に頻発していたサーバーの接続不良は、3月末のアップデートでかなり解消されました。 魔物が活発になる「劫魔節」が到来し、魔族が各地で襲撃を開始。 村を焼かれた主人公とその幼なじみが、王国の「赤竜騎士団」に加入して平和のために戦うという、 王道ストーリーのRPGです。 今回は『ハンターアイランド』や『ネオモンスターズ』ような、他のモンスタートレーナーと戦うポケモン的な展開ではありません。 普通のファンタジーRPGの物語が綴られます。 画面タップでフィールドを移動し、敵に出会ったらターン制のバトルを行うJRPGらしい形式ですが、このゲームは フィールド移動中にランダムで戦闘が起こることはありません。 敵に襲われるのは「茂み」の中、もしくは特定の地点のみで、普段は敵の襲撃を気にせず走り回れます。 さらにバトルは「逃げる」を選択すれば確実に逃げられるようになっており、 もし敗北しても直前からすぐに再開可能。 ストレスを受けない、割り切った作りになっています。 また、各地のチェックポイントにいつでもワープで移動できます。 経験値やお金を稼ぎたいときは、「茂み」の中を走り回ればバトルを繰り返せます。 レアモンスターが潜んでいる茂みもあり、見つければゲットのチャンス。 レアがいる茂みはガサガサと揺れているので、出てくるまで戦闘を繰り返す必要はありません。 あやしい茂みがあったら、しばらく観察してみましょう。 フィールド画面。 湖に映る空が綺麗。 過去作と比べるとグラフィックの向上が著しいです。 草むらの中では野良モンスターが出るので、レベル上げをしたいときはここをうろつきましょう。 草むら以外では敵がでないので、のんびり探索できます。 町のシーン。 描き込まれた背景に世界観を感じることができます。 このアジア風の町はカエル族の領地になっていて、他にもトカゲやネコなど、人間以外の獣人キャラが豊富に登場します。 カエルが侍風の剣士なのはJRPGのお約束。 このシリーズはバトルシステムが最大の特徴。 基本的には4対4で、各キャラが持つ様々な 「スキル」を使って戦いますが、特定の条件で一撃必殺の攻撃を繰り出せる反面、回復スキルは少なめ。 そのためメンバーがやられてしまうのは避けられません。 しかしメインメンバーの他に4人の控えメンバーを加えた、 最大8人のパーティーを組むことができ、やられる端から控えが飛び出してきます。 スキルの中には自爆技も多く、やられた時に発動する特性もあり、TCGのように場のモンスターをどんどん入れ替えながらの戦いになります。 もちろんTCGのデッキ構成のような、 交代を加味したメンバー構成も重要。 進行は完全なターン制ではなく、待機時間がなくなったキャラから順番に行動する形。 そして待機時間はスキルに付いている 「TU」という数値で決まり、 これが大きな技ほど強力ですが、次に行動できるまでの時間が長くなります。 画面左下にはキャラの行動順を示すタイムラインがあり、スキル使用時に次の行動がいつになるのかを確認できるので、それを加味したスキル選びが重要になります。 さらに今作には 「スピリット」というステータスが追加されました。 これは パーティー全体で共有するMPのようなもので、通常攻撃で増加し、特殊技で消費します。 このスピリットの存在により、今回は特殊技ばかりを連発することはできなくなっており、どこでスピリットを溜めて、いつ使うかも大切です。 スキルの中には「ダメージを受けてスピリットを増やす」といったものも存在します。 戦略性の高かったバトルは、これらによりますます奥深くなりました。 と言っても決して複雑ではなく、 倍速進行やオート化も可能で、サクサク進められます。 ただ、ボス戦やイベントバトルでは、システムを考慮した、パズル的な攻略が必要になることもあります。 今作にはオートマッチングの 「リアルタイム対人戦」があり、他のプレイヤーとバトルをすることも可能。 戦略性をより高めたのは、この対人戦を面白くする狙いもあると思われます。 バトル画面。 最初に仲間になるモンスター「ビリドラ」は敵を「ポイズン」で毒にして、その後に毒化している敵に強烈なダメージ与える「ポイズンイーター」で追い打ちをかけるのが得意。 ただしこのゲームは敵にトドメを刺すと「ヘイトブラスター」で反撃される危険があり、ポイズンイーターはTUが多いので「タイムブレイカー」を食らう危険もあります。 倒れたときにマヒや睡眠を返してくる「リベンジ」系のスキルを持つ敵もいるので、倒されたくないキャラはワザとトドメを刺しにいかないという手も。 時間が経つと使えるスキルを持つキャラには、HPバーの下に経過時間を示す時計が表示されます。 強力な技が多いので、時計がある敵は早めに狙いましょう。 編成画面。 順番は非常に重要。 スキルの組合わせを考えて配置し、倒された後の反撃技である「ヘイトブラスター」や、飛び出してきたときに発動する「エンター」系の技を持つキャラは控えに回しましょう。 敵を引き付ける「ブロック」は2種類あり、コマンドで使うものは100%発動で青い盾マーク、オートブロックは60%発動で赤い盾マークが付きます。 主人公のフィンは最後の一人になったときに使える技を持つので最後尾にしておきましょう。 敵が強くてレベルが上限いっぱいでないなら、レベル上げも考えましょう。 第二幕からはマスの上を進んでいく形式になり、戦闘のあるマスに入るにはスタミナが必要になります。 ただ、スタミナは進化素材を得るための「強化クエスト」でも必要なので、どちらか択一に……。 無理に進化させなくても第三幕まで戦えるので、まずはストーリーを進めた方が良いでしょう。 評判のゲームシステムに、優れたグラフィックとRPGらしいシナリオが加わり、文句なくお勧めの作品になりました。 『ハンターアイランド』はガチャが加えられたことで、行き詰まった人から「レアが出ないと進めないガチャゲー」と言われることもありましたが、少なくとも今作は本編(第二幕・第三幕を含む)は無課金でクリアできます。 終盤に行き詰まった人は、チュートリアルを兼ねている「イベント」の「トレーナー道場」で戦い方を学びつつ、編成を考えてみましょう。 このゲームはレアリティが高くてもスキルを有効に使えないと弱く、戦法に合った低レアキャラの方が強いです。 手ごわいボスに出会ったら相手のスキルやステータスをチェックして、対策を練るのも忘れずに。 ただ、レアリティにより最大レベルが決まっていて、それを引き上げるには同キャラ合成が必要、しかもレア以上でないと合成できないため、 「対人戦大会」で勝ち抜きたい人は課金が必須かもしれません……。 でも対人戦は本編とは関係なく、やり込み要素と言えます。 なお、このゲームの対人戦は実際に相手のプレイヤーと戦う「リアルタイム対人戦」であり、ソシャゲによくある「他のプレイヤーのチームと戦えるけど、相手の操作はAI」といったエセ対人戦ではありません。 無料アプリでない点や、戦略性の高いバトルも含め、これらの仕様には制作者のこだわりを感じます。 今後の拡張も期待できそうで、相変わらず 「120円でこれだけ遊べて良いのか」と思ってしまう作品。 バトルがテクニカルなため、「レベルを上げて物理で殴る」ことしかできない人には向きませんが、そうでない人にはぜひ遊んで欲しいゲームです。 エバーテイル 大幅にグレードアップした人気モンスター収集RPGの後継作 (画像はエバーテイル — AppStoreより) ・RPG ・ZigZaGame(日本) ・120円、課金あり.

次の

【エバーテイル】ソウルストーンの集め方・入手方法まとめ|ノマドGamer

エバー テイル ストーリー

エバーテイルの概要 アプリ名 エバーテイル 会社 ZigZaGame ジャンル RPG リリース開始 2019年3月 対応機種 iOS、Android エバーテイルってどんなゲーム? 村のハンターをしている 主人公の少年【フィン】が雨の中、モンスターに 襲われている少女【リゼット】とその 弟【ティオ】を救うところからストーリーが始まります。 モンスターを倒し少女【リゼット】と弟【ティオ】を助けることができた【フィン】は2人を連れて戻ると【フィン】の住んでいる村が襲われていた・・・ そこで出会う 赤竜騎士団の隊長【リュドミラ】に事情を聞いているとき現れたのが 劫魔将がひとり【邪骸のミボーネ】 【ミボーネ】の圧倒的強さの前に赤竜騎士団の隊長【リュドミラ】も【フィン】も手も足もでない。 そして弟の【ティオ】が攻撃され【リゼット】と【ティオ】が連れ去られようとしたとき主人公の【フィン】の瞳が赤色に! さっきまで圧倒的な強さでやられた 【ミボーネ】を一撃で退けてしまうほどの攻撃を繰り出します。 危機を退けた 【フィン】自身もなぜこんな力があるのかわからないままひとまず赤竜騎士団の隊長【リュドミラ】と共に 王都に向かい劫魔節を退けるべく勇者になる決意をする。 その後【フィン】に様々な試練が待ち受ける・・・ というストーリーになっており王道感満載のこれからどんなストーリーが繰り広げられるのか楽しみになってきますよね。 バトルシステム紹介 エバーテイルで特に注目したいのが バトルシステム。 慣れるまで最初は苦労するとは思いますが 今までに無いバトルシステムで考えながらすることにより強敵にも勝ててしまう可能性もあるのでしっかり理解してバトルに備えましょう。 TU(タイムユニット) TU(タイムユニット)といって通常攻撃やスキル、必殺技を使うときに生じるコスト。 画面左下に敵と味方の攻撃ターンが表示されていますがこのTUの 大きい数字のキャラクターは攻撃が後回しにされます。 必殺技など強力な攻撃をするとこのTUの数字が大きいので次に攻撃するまでに時間がかかるというもの。 スピリット スキルや必殺技を使うために必要なゲージです。 味方の攻撃ターンが来てもこのスピリットが溜まっていないとスキルや必殺技を使うことができません。 基本は 通常攻撃をすれば溜まっていきます。 移動方法 移動方法はタップした方向にキャラクターが勝手に進んでくれるようになっている。 しかしタップした場所にいくのはいいが 画面の色んなところを触らなければいけないというのをストレスに感じているプレイヤーはいるようです。 また、第二章になると操作方法がガラッと変わるのでどちらも善し悪しがあるようですね。 目的地 RPGで良くある 『どこに進んでいけばいいかわからない・・・』という問題を解決してくれるシステムとして第一章では 目指すべき方向を矢印で指示してくれるため『どこいいけばいいのか・・・』なんてことを悩む必要は無いですね。 口コミ 1章をクリアしての感想。 ガチャを一切回さなくてもクリアできる調整で、自分は無料期間にインストールしたのだが100円払ったとしても後悔しない、というかむしろ安いと思うくらい非常にクオリティの高いゲームでした。 ソシャゲに比へるとガチャ石をあまり配らない印象なので、もっともっと遊びたいなら改めて課金するといいと思います。 ソシャゲの本来あるべき形…なのかも。 慣れるまでは移動に癖があるのが難点か。 出典: ゲームストーリーも良く、ガチャの当たる確率はひくいですがこのままでよいとおもいます。 その代わりソウルストーンを手に入れる機会を少し増やした方がいいと感じました。 とても素晴らしいゲームです。 出典: エバーテイルのまとめ ストーリーの内容やキャラクターのデザインなどかなりクオリティーが高い! バトルシステムも慣れるまでは難しく感じるところはあるが色々な攻撃パターンを考えることができて強敵にも勝てるチャンスがあります。 (AUTO機能もあり) 全体的に質が高くやっていて飽きのこないスマホゲームで人気というのも当然かなと思います。 リリース1周年で300万ダウンロードも達成した大人気スマホゲーム【エバーテイル】 一度触れてみる価値ありなゲームだと思います!.

次の