僕 の 初恋 を キミ に 捧ぐ キャスト。 僕の初恋をキミに捧ぐ ネタバレあらすじと原作の結末。ラストシーンの謎とは

僕の初恋をキミに捧ぐ

僕 の 初恋 を キミ に 捧ぐ キャスト

あらすじ 8歳の少女・種田繭は、医師である父親の病院に入院していた少年・垣野内逞と出会い、お互いに淡い恋心を抱くようになる。 しかし2人は、逞が心臓の病気を患い、20歳まで生きられないことを偶然知ってしまう。 幼い2人は、悲しみに暮れる。 やがて時が経ち、2人は少しずつ成長していく。 自分の... 8歳の少女・種田繭は、医師である父親の病院に入院していた少年・垣野内逞と出会い、お互いに淡い恋心を抱くようになる。 しかし2人は、逞が心臓の病気を患い、20歳まで生きられないことを偶然知ってしまう。 幼い2人は、悲しみに暮れる。 やがて時が経ち、2人は少しずつ成長していく。 自分の余命が長くはないことを自覚した逞(岡田将生)は、繭(井上真央)への気持ちを自ら封印し、彼女を遠ざけるようになっていく。 お互いのすべてを知っている2人は、避けることのできない現実に直面し、苦悩する。 さらに、繭に好意を抱く昴や、逞と同じ病気を患っている照が現れる。 こうして繭と逞の気持ちが揺れ動いている間にも、逞の病気は進行していった。 しかし、残された時間が少ないことを知った2人のもとに、思いがけない知らせが届く。 それは2人にとって、さらなる悲劇の訪れを告げるものだった。

次の

僕の初恋をキミに捧ぐのネタバレ感想!泣ける名作漫画を動画で観よう

僕 の 初恋 を キミ に 捧ぐ キャスト

これ以上ない俳優陣を揃えたし、途中泣けたりもしたけど、終わってみるとイマイチしっくりこないというか、なんか空虚。 そもそも逞の「余命宣告受けているから大好きな女の子と別れる」という物語の入口も早々にブレてて萎える。 手つなぎながらじゃれあう岡田井上がかわいかったけど、中学生の設定と気づき、さすがに無理があるだろと。 途中ベタベタしすぎる繭もさすがにうっとうしい(少女漫画原作とはいえ、映像化するならバランスって大切だと思う)。 学園のアイドルでありながら孤独を抱えていたり、めちゃくちゃキーパーソンのはずの鈴谷に全く揺さぶられないので、ここだけは正直ミスキャストだった気がする。 今の美しく凛とした井上真央も好きだけど、この頃の喜怒哀楽全てが可愛い彼女も大好き。 鈴谷の何気に重く深い「自殺の手伝いみたいな真似できるかよ」のセリフ、志賀廣太郎さん、忘れた頃に登場して浄化していく窪田正孝…は良かった。 前情報なく観ててエンディングで流れる平井堅の「ですよね感」も、もはや清々しかった。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ドラマ【僕の初恋をキミに捧ぐ】のキャストとあらすじ!野村周平×桜井日奈子の評価は?

僕 の 初恋 を キミ に 捧ぐ キャスト

野村周平のインスタグラムより 野村周平主演の連続テレビドラマ『 僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系)の第2話が、今夜放送される。 前回の第1話は19日に放送され、平均視聴率は3. 3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。 同ドラマは同名のベストセラーコミックが原作で、2009年には岡田将生と井上真央の主演で映画化され、大ヒットしたもの。 そのため、ドラマキャストが発表された段階で「イメージと全然違う」「おもしろくなさそう」と不満の声が噴出する事態となっていたが、結果的に放送後も酷評の声が続出していた。 『僕キミ』は、心臓病で「20歳まで生きられない」と宣告された垣野内逞(野村)と、その幼馴染の種田繭(桜井日奈子)の甘酸っぱくも少しせつない純愛ラブストーリー。 だが、重い心臓病で幼少期から入退院を繰り返している逞を演じる野村は、色黒で肉付きもよく、どこからどう見ても健康優良児。 一方、映画版に出演した岡田は色白で細身の高身長なので儚い感じが役にぴったりとハマっていただけに、「キャスティングミス」との声が相次ぐのも仕方がない印象だ。 また、繭を演じる桜井についても「もっと元気な子じゃないと合わないよ」との声も多い。 ただ、それよりも気になったのは演技力の低さだろう。 』のヒロインを務めるなどやけに推されているが、演技力はまだまだといったところ。 しかも桜井は、どのシーンでも「驚いている」か「ポカンとしている」顔にしか見えないので、表情の乏しさも不安材料のひとつかもしれない。 そのうえ、内容までツッコミどころ満載ときたものだ。 今回は、部活後にシャワーを浴びていた種田のパンツが盗まれ、バスタオル1枚で校内を走り回るシーンがあったのだが、いくらドラマとはいえこの展開はあり得なさすぎる。 普通に男子生徒も大勢いる共学の学校で、ノーパンのバスタオル1枚で飛び出していくだろうか。 せめて制服に着替えてからのノーパンなら、まだわかる気もするが……。 しかも、プールに浮かぶパンツを発見し「見ないで!」と叫ぶと、飛び込んでパンツを取りに行く始末。 もはや「コメディなのだろうか?」とすら思えてくるほど、おかしな展開だ。 原作ファン、映画ファンからも「原作改変がひどいね」「つくりが雑すぎる」と完全に初回で見放されてしまったようだが、内容的にはなんとかラストまでには盛り返してほしいところだ。 (文=絢友ヨシカ/ライター).

次の