温まる レシピ。 特集「体が温まる料理」│キリンレシピノート

水餃子スープの人気レシピまとめ!意外と簡単で体がほっこり温まる!

温まる レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

【みんなが作ってる】 温まる鍋のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

温まる レシピ

健康の基本は体を温めること。 特に寒い季節の食事は、体を温めることをいちばんに考えたいものです。 そこで、体を温める食材の豆知識や調理のポイントなどをご紹介します。 食事で体をしっかり温めて、寒い季節を乗り切りましょう! 体を温める食材と冷やす食材 東洋医学には、自然界にあるものを陰と陽に分ける考え方があります。 食品についても、体を「温めるもの(陽性)」「冷やすもの(陰性)」「どちらでもない(間性)」に分けられています。 体を温めるには、陽性の食品を意識的にとるようにしましょう。 産地や収穫時期によって異なる場合があります。 体を温める調理のポイント 基本は火を通すこと 体を冷やす陰性の食材は、熱を加えると体が温まる陽性になるといわれています。 特に野菜は生ではなく、温野菜にしていただきましょう。 とろみをつけて保温性アップ 「あんかけ」のように、とろみをつけることであたたかさを閉じ込めます。 そして、とろみづけには片栗粉よりも葛粉がおすすめです。 というのも、昔から風邪をひいた時に「葛湯」を飲むとよいとされたように、葛には体を温めて発汗を促す作用があるためです。 漢方においても葛は生薬として「葛根湯」の主原料となっています。 体を温める香辛料をプラスして 唐辛子 唐辛子の辛さはカプサイシンによるもので、血行を促進して代謝を上げる作用があります。 七味唐辛子やチリパウダー、ラー油などさまざまな調味料があり、辛味付けに便利です。 生姜 辛味成分のジンゲロンが、血行促進と代謝アップをサポート。 生のままでは体を冷やすため、加熱するか乾燥させて。 甘酒やハチミツと一緒にお湯に溶かして飲んでもおいしい。 シナモン お菓子作りに重宝するシナモンは世界最古の香辛料の1つといわれています。 漢方では「桂皮」といい、生薬として用いられています。 生姜との相性が良く、一緒に使うと温熱作用がより強力に。

次の

まだまだ続く寒い日に… 体の芯から温まるレシピ5選

温まる レシピ

がおいしい! ゲストさん 22:15• がおいしい! ゲストさん 21:59• がおいしい! ゲストさん 21:44• がおいしい! ゲストさん 21:44• がおいしい! ゲストさん 20:58• がおいしい! ゲストさん 20:32• がおいしい! ゲストさん 19:57• がおいしい! GOMAさん 19:56• がおいしい! ゲストさん 19:53• がおいしい! ゲストさん 19:53• がおいしい! ゲストさん 19:52• がおいしい! ゲストさん 19:35• がおいしい! ゲストさん 19:34• がおいしい! ゲストさん 19:27• がおいしい! ゲストさん 19:18.

次の