ハケンの品格 再放送 広島。 『ハケンの品格』は“2020年のリアル”を描いているのか 実際の派遣社員に聞いてみた|Real Sound|リアルサウンド 映画部

【最新】ハケンの品格再放送地上波日程と無料視聴方法!

ハケンの品格 再放送 広島

4月から「同一労働同一賃金」が導入され、正規雇用社員と非正規雇用社員の待遇格差が見直されるきっかけとなっている。 奇しくも時を同じくして、この6月から放送が始まった『ハケンの品格』(日本テレビ系)。 13年前のヒット作の続編で、脚本家・中園ミホが描く伝説のスーパー派遣・大前春子(篠原涼子)が令和の世に帰ってきた。 本作は中園が初めて自分からテレビ局に企画を持ち込んだ作品だといい、企画にあたり実際の派遣社員に取材を重ね、彼女らとはいまだに月に1度飲み会をする関係だそうだ。 前作が放送された2007年は日本も好況に湧いており、派遣社員は増加の一途を辿っていたが、2008年のリーマンショックの影響を直に受けて「派遣切り」が横行。 「年越し派遣村」が作られたりもした。 未曾有のウイルス感染に見舞われている現在、派遣社員を取り巻く実態はどうなっているのか、リアルな声を聞いてみた。 大前春子同様に営業系部署の事務職で派遣社員として働く30代女性によると、「大手企業の派遣ということもあってか、以前正社員として働いていた中小企業よりも余程待遇も良く、特段不満はありません。 派遣の意見も取り入れてくれる会社なので、ドラマ内で描かれていたように派遣社員が正社員に対して業務面で『出過ぎた真似かな』と遠慮したりすることはあまりありません。 福利厚生でグループの親睦を深める飲み会などへの補助金が会社から支給されますが、その人数にもカウントされています。 年に1度、会社への貢献度が高かった派遣スタッフの表彰もあります」とした上で、最近の悩みを教えてくれた。 「ただ、ここ最近コロナの影響を受けて業績が一気に落ち込んでいるのを見ると、この状況が続けば一番最初にしわ寄せを受けるのは自分たち派遣社員だろうなとは思っています」と本音を漏らす。 ちなみに、ドラマ内では大型受注を祝う営業部の輪から少し離れたところに若手派遣社員の福岡さん(吉谷彩子)や千葉さん(山本舞香)がいて、控え目に拍手を送っていたシーンがあったが、むしろ派遣社員が表彰のトロフィーを手配したり、部会での表彰スライドの作成を任されたりしているようで、それは双方にとって変に遠慮をさせない上手い役割分担として作用し、一体感を高めることに成功しているようだ。 「うちの会社は元々リモートワーク(在宅勤務)が推進されていたのですが、このコロナ禍においては完全リモートワークに。 緊急事態宣言が解除されてからも営業職の正社員はほぼ全員在宅勤務ですが、そんな中でもFAXや郵送物のチェックなどのために我々事務側はローテーションを組んで出社をしています」。 これは、派遣社員というよりは事務職という職種によるところも大きいようだが、少し思うところはあるようだ。

次の

杉野遥亮&山本舞香ら新メンバーがメイン「ハケンの品格」スピンオフ配信

ハケンの品格 再放送 広島

コロナの影響で、ドラマの撮影ができず、各局 過去の名作の再放送をやっています。 「逃げ恥」など10%以上の視聴率です。 日テレの「ハケンの品格」も13年も前の作品なのに 好調だと聞きます。 近年、新作ドラマの視聴率でも二けたに乗るのはなかなか むずかしい状況です。 テレ朝の全日の視聴率が好調なのも 昼間の「相棒」の再放送が好調だからだと聞きます。 お金をかけて一桁しか取れない新作を作るより 名作と言われる過去のドラマを流したほうが、数字が取れるとなると 今後、ゴールデンでも再放送が増えるのではないかと思いますが。 例えば古畑任三郎を、ゴールデン地上波で流しても 二けたは行くのではないでしょうか。 経済的に考えたら、そのほうがはるかに儲かります。 極端な意見ですが皆さんはどう思いますか。 視聴率に関しては、コロナという災害の中で人々が娯楽に飢えているにもかかわらず、自粛で劇場や新作を含む娯楽が不足しているので、その分、再放送の視聴率が高まっている面は否めません。 とはいえ、私個人としては、かねてから良質なドラマの再放送が増えるといいと思っていました。 例えば米国ではドラマが延々と再放送されるのが当たり前ですが、世代間の交流につながるとともに、何度も同じ物語を鑑賞することで、同じ本や映画や舞台作品を観るのと同じ効果を得られ、外国人にとっては語学の勉強にもなりやすいです。 したがって、無理をしてまで連ドラを途切れなく作るよりは、作れる時に高品質な新作を作って、再放送と織り交ぜながらゴールデンを埋めていただくのが、私の理想ではあります。 さらには、かつてのようにゴールデンのドキュメンタリーも増えるといいです。 また、このように、「作れる時にじっくりと時間と予算をかけて作っておく」という方法を取れば、製作側にとっては、スケジュールが押して労働が過酷になることも防げますし、いざ、コロナ禍のような災害が再び訪れても、作り溜めたものを放送できると思います。 なお、先に述べました目標をまず掲げたうえで、放送倫理や著作権や映像品質の寿命に対する考え方を改変していくのが望ましいと思います。 そもそもコロナ禍を受けて、世の中は激変を強いられているのですから。

次の

ハケンの品格 5話感想ネタバレ(7/15放送)見逃し動画あります

ハケンの品格 再放送 広島

そして、大人気のマグロ解体師「マグロの神様ツネさん」に解体ショーを依頼したけれど、ツネさんが右腕の骨を折ってしまう。 ツネさんの代打を必死で探すも見つからず、大量のマグロが無駄になり大損害を被る事態に陥る。 大前春子がツネさんに変わってマグロをさばく! デパ地下の店長もマグロの解体ショーを大々的に宣伝したにも関わらず、当日のドタキャンで面目丸つぶれ。 いよいよ万事休すと東海林が土下座をして謝るその時に、「地下食品売り場でマグロの解体ショーが始まります!」とアナンスが入り、大前春子が人の波をかき分けて登場! ツネさんの代打で大前春子が見事な捌きでマグロを次々と解体して売りさばいていく。 その様子に東海林は涙を浮かべて、大前春子に心の底から感謝する。 東海林が大前春子に突然のキス! 休日出勤をしない大前春子がマグロの解体ショーをしたので、部長が特別手当を出すと伝えるも、「会社の為にやったことではない。 派遣友達の為にやったこと。 」と言い切り手当を辞退する。 大前春子がバス停でバスを待っている時、東海林が現れて今まで派遣をバカにしてきたことを謝罪し、マグロの解体ショーのお礼を言う。 春子はツネさんの為にやったことなのに、東海林は自分のためにあそこまでやってくれたと1人勝手に勘違いをする。 そして、小雪がチラつく空を嬉しそうに見上げる春子を見て、東海林は思わずキスをしてしまう。 ここまでが「ハケンの品格2007版」の第3話にあたります。 ロシア人との商談で春子がロシア語で相手を圧倒! 東海林はロシアの会社との商談に大前春子を秘書に指名する。 東海林からの直接の頼みは即座に断る春子だが、里中主任から手伝うように言われると素直に応じる。 東海林はロシア語が出来る自分をカッコよくみせようと春子を商談に同席。 かなり強気なロシア人バイヤーに東海林は手こずり、なかなか商談はまとまらず、春子の定時18時が近づいてくる。 すると、春子はスクっと立ち上がり、ロシア語でロシア人バイヤーも後ずさりする勢いで一気にまくしたて、アッサリ商談を成立させてしまう。 春子の素直な気持ちをぶつける東海林 東海林はロシアとの商談をまとめてくれた春子にお礼が言いたくて、春子がフラメンコを踊るバーにやってくる。 春子は業務の一環でやっただけなので、イチイチお礼を言いに来るのは時間の無駄だとハッキリ伝える。 里中主任が「逢いたくて来てるに決まってるじゃないですか」と東海林の気持を代弁。 バーの外に出て二人きりで話す。 「俺のこと好き?嫌い?」と東海林はハッキリ単刀直入に聞くが、春子の答えは「すぐ辞める派遣だから誘いやすい。 軽く誘ってこじれたら切り捨てる。 そういう正社員をイヤというほど見てきた」と切り捨てる。 「所詮2カ月後にはいなくなる派遣」だという春子に、東海林は「二カ月後にはもっと好きになってるかもしれない」と告白をする。 ロシアとの契約日が急きょ早まるが東海林が不在! 寒空の中2人で言い合いしたせいで、2人とも風邪をひいてしまう。 東海林は会社を休むが、春子は仕事に穴を開けないように体調悪くても出社する。 東海林が会社に不在の時に限って、ロシアのバイヤーが帰国日が早まったから、今日中に契約をまとめたいと言ってくる。 急いで契約書を確認すると、書類の不備があることに気付く。 しかも、重要書類が紛れ込んでいると思われるロッカーのカギを森美幸が持っていて、肝心の森美幸は会社を休んでいた。 春子がバイク便を届けに来たバイクを借りて、森美幸がいる場所へと駆け付け、ロッカーのカギを無事受け取る。 そして、無事にロシアとの契約を結ぶに至る。 東海林がそのお礼をしたいと「フグでも食べに行かないか」と誘うが、「時給3000万もらっても東海林主任とは行かない」と言い張る。 そして、キスした仲じゃないかと言うけれど、あれはハエがたまたま口に止まっただけのことと言い切るのだった。 ここまでが「ハケンの品格2007版」の第4話にあたります。 リストラ候補に小笠原さんが候補にあがる 嘱託社員の小笠原が人事部のリストラ候補にあがる。 このままリストラさせたくない里中は色々模索するが、これといった打開案はなく、いよいよ明日小笠原に告げなければならなくなる。 東海林と里中は小笠原のことを「お荷物というな」と話にくるが、「派遣は3カ月に1度リストラの危機にさらされる。 小笠原さんは社員というポジションに甘えて危機感がなさ過ぎた」と言い切る。 そして里中主任は小笠原に契約更新できない旨を伝える。 小笠原は失意のまま、いつもの定食屋さんへ。 17時までに不足分の決算書類を提出しなければ粉飾決算になってしまうという緊急事態! 社員が必死で書類を探すが、なかなか書類が見つからない。 しばらくは知らぬ存ぜぬを通していた春子だったが、いつもの定食屋に小笠原を捕まえにいく。 胸倉をつかんで、昼休憩は終わってることを告げ、会社へと乱暴に連れ戻す。 その様子を見た一ツ木さんが、春子が小笠原さんに暴力を振るっていると勘違いをして、東海林に報告して大騒ぎになる。 書庫から春子が叫ぶ声が聞こえて、みんなが小笠原の身を案じて書庫に飛び込むと、1999年の決算書類が入っているダンボールを小笠原が見つけたところだった。 エレベーターに小笠原と里中主任が閉じ込められる! 無事に書類も見つかり、〆切の17時ギリギリで里中主任と小笠原が書類を届けようとエレベーターに乗る。 ところがエレベーターが止まってしまうという緊急事態が発生。 17時に書類を届けなければ粉飾決済となってしまう。 どうする!となった時、春子がロープを担いでエレベーターの点検口から姿を見せる。 春子はエレベーターのメンテナンスの資格も持っていたのだった。 里中主任をまず上にあげ、その次に書類が入ったダンボール。 小笠原は里中主任にダンボールを託すが、春子は「そのダンボールに小笠原さんの会社人生全てが詰まっているのだから、自分で持って行きなさい!」と叱咤し、小笠原も上にあげる。 そして、小笠原を里中は大急ぎで書類を届けに走るのだが、救出に使用したロープを降ろさずに去ってしまい、春子は上がれなくなってしまう。 そこに現れたのが東海林主任だったのだ。 初めは助けられることに抵抗をしていた春子だったが、最後は東海林の力を借りて無事に脱出する。

次の